2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« ママに気を遣ったのかな!? | トップページ | 泥んこ、大好き! »

2009年5月 9日 (土)

夢見レッスン帳

夢日記を書きはじめて、2ヶ月ちょっと経ちます。

私が夢日記を書きはじめたきっかけとなったのが、この本。

『夢見レッスン帳』(岩倉ミケ著)。

本の帯には「読後、夢を見るたびに、あなたのまわりにいいことが起こる本です」とあり、

能天気な私は、すぐに飛びついてしまったんですね(笑)

夢は、忘れちゃうときもありますが、だいたい毎日見ます。

その夢に注目するだけで、夢がだんだん変わっていき、私たちのガイドとなり、恩恵にもなるようなのです。

夢がどんなふうに変わっていくかというと、まず、記憶に残りやすくなり、そして、鮮明な夢を見るようになります。

そして、夢を見ていることに夢の中で気づくようになり(明晰夢)、夢の中で自由に遊べるようになりますnotes

私は、まだ記憶に残りやすくなってきたかな…、というところです。

たま~に、素晴らしく景色の良い場所が夢に出てきて感動する、というような鮮やかな夢を見るくらい。

作者のミケさんは、こう書いてます。

「まずはいちいち意味を考えずに夢を味わってください。

それからご自身の現実に照らし合わせて、現実に即した答えを自分で考えるのが一番だと思います」

ちなみに、大神秘家のエドガー・ケイシーは夢について

「すべての夢は、個人の恩恵のために与えられる」--と。

この本には、他にも、ハッピーになるいろんなメソッドがぎっしりつまっています。

一冊で何度も美味しい、素敵な本なのですshine

« ママに気を遣ったのかな!? | トップページ | 泥んこ、大好き! »

まるままの本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/29527064

この記事へのトラックバック一覧です: 夢見レッスン帳:

« ママに気を遣ったのかな!? | トップページ | 泥んこ、大好き! »