2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 竹宵まつり | トップページ | ピーカン日和のペタンク大会 »

2009年6月 7日 (日)

『彼女について』

久しぶりに小説を最後まで読み終えました。

著者は、よしもとばななです。

主人公の女の子が、暗く壮絶な過去を乗り越えるため、自分を取り戻す旅に出ます。

その旅をバックアップしてくれ、ともに歩んでくれるいとこの男の子。

でも、いちばんその旅を支えてくれいたのは、遠くから主人公を心配し想い続けた彼のお母さん(=おばさん)だったのです。

独りぼっちだった女の子ですが、旅が終わる頃には、確かな自分を取り戻します。

それには、辛抱強く寄り添ってくれる他人の力が必要でした。

トラウマがない人でも、誰しも人生のはじまりには、そんな温かい安心をくれる存在が必要なのかもしれません。

自分の土台となる部分ですから。

私も娘の土台をしっかり作ってやれる母親でいたい、そんな思いを強く感じた作品でした。

« 竹宵まつり | トップページ | ピーカン日和のペタンク大会 »

まるままの本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/29990570

この記事へのトラックバック一覧です: 『彼女について』:

« 竹宵まつり | トップページ | ピーカン日和のペタンク大会 »