2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« ママ、バイバイ! | トップページ | 「ちちまい、つれてって」 »

2009年7月23日 (木)

『春になったら苺を摘みに』

つい最近読み終えた『西の魔女が死んだ』の著者、梨木香歩の初エッセイ。

表紙の写真が、私の大好きな星野道夫が撮影したもので、どうして彼の写真が使われているのか…というのが、読みはじめてからずっと疑問でした。

というのも、エッセイのはじまりはイギリスで、星野道夫はアラスカの自然を撮る写真家で有名だからです。

その疑問は、読み終わった今も続いています。

それはさておき、なかなか読み応えのあるエッセイで、イギリスやニューヨーク、トロントなどが舞台となり、さまざまな人種が登場しました。

そして、一つ一つが短編小説のようなストーリーで、いつの間にか梨木ワールドに引き込まれていました。

« ママ、バイバイ! | トップページ | 「ちちまい、つれてって」 »

まるままの本棚」カテゴリの記事

コメント

happy01お久しぶりです
ままるちゃん、毎日の成長振りが読んでいてとてもほほえましいです。

大泣きの夜とか電車でのウインナーの話。
うちもそんなことあったかもと思い出して笑って読ませていただきました。

お母さんの子供を全面的に受け入れている器の大きさを感じます。

私は一人目からそんなことできなかったな~
素晴らしいお母さんとやんちゃなままるちゃんに拍手

happy02kyoukoさん、コメントありがとうございます!
先輩ママの温かい励ましが力になりますsign01

いやぁー、ひとえにまわりの家族のおかげです。
同居しているじーちゃやばーちゃんが、わりとのんびりした大らかな人たちなので、なんとか母業がつとまっていますsweat01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/30653649

この記事へのトラックバック一覧です: 『春になったら苺を摘みに』:

« ママ、バイバイ! | トップページ | 「ちちまい、つれてって」 »