2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 収穫と家族の絆 | トップページ | 微妙にちがうよー »

2009年9月22日 (火)

赤そばの里へ

Dsc02041 20日の日曜日に、実家の家族で「赤そばの里」へ行って来ました。

連休を利用して妹が帰省していたので一緒に行ったのですが、

行くまでにすごく迷ってしまって、やっとのことでたどり着いた場所でした。

Dsc02036 木立のあいだを通ってしばらく森林浴をした先に、それは見事な赤そば畑が一面に広がっていました。

標高900Mの高原に咲いたその赤い花は、ヒマラヤの地から持ち帰られた赤いそばの実を、

Dsc02042 地元の大学教授が品種改良し、地元の会社やボランティアの人たちの手入れで増えていったようです。

そばの花のひとつは地味な存在ですが、それが無数に集まった景色は、絵本の世界のような美しいものでした。

« 収穫と家族の絆 | トップページ | 微妙にちがうよー »

つれづれなる日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/31477545

この記事へのトラックバック一覧です: 赤そばの里へ:

« 収穫と家族の絆 | トップページ | 微妙にちがうよー »