2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 一年間、お疲れさまでした~ | トップページ | だるまさんじゃないよー »

2009年11月28日 (土)

『インターセックス』…箒木蓬生

インターセックスとは、文字どおり男性と女性の中間に位置するさまざまな性を指すそうで、

私は、この本に出会うまで、そういった男でも女でもない性があるということを知りませんでしたbook

大ざっぱな見方をすると、こういうインターセックスが生まれてくるのは、百人に1.5人の割合だそうで…

思ったより多いんですね。

これまた驚きですsign01

この本、推理小説なのですが、作家の経歴を見てみると、東京大学仏文学科と九州大学医学部を卒業していまして、

インターセックスについてや、性差医療などについて、とても詳しく書かれていて、ついつい殺人事件のことを忘れてしまいました。

最後に犯人がわかったあとも、今後の理想の産婦人科医療について淡々と語る院長の言葉のほうが印象に残ったりして…

なかなか興味深い本ではありましたconfident

« 一年間、お疲れさまでした~ | トップページ | だるまさんじゃないよー »

まるままの本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/32400668

この記事へのトラックバック一覧です: 『インターセックス』…箒木蓬生:

« 一年間、お疲れさまでした~ | トップページ | だるまさんじゃないよー »