2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

餅つきをしました

昨日は、毎年恒例の餅つきをしました。

義弟家族も集まって、みんなでワイワイやるのがお決まりです。

Dsc02463 嫁に来たときに驚いたのは、かまどを使って外でもち米を蒸かす風景です。

甥っ子たちやじーちゃが火の番をし、二時間近くかけてゆっくり蒸します。

そして、蒸かしたもち米を臼にうつして、杵でつぶします。

この作業や餅つきの手返しは、義母の仕事です。

それから、旦那がトントンとつき出すのですが、実際にその音を聞いていると、トントンというよりも、

バッタンバッタンというような、腹に響くものすごい音がします。

そんな大きな音にもまる子はビクともせずに近づいていくので、甥っ子たちがあわててつかまえていました

Dsc02468 出来上がったお餅でお供えを作ったり、切り餅用にのしたりして、残ったお餅をあんこときな粉を付けてみんなで食べました。

やっぱりつきたてのお餅はすごく美味しくて、餅好きではない私でもたらふく食べてしまいました

育ち盛りの甥っ子3人の勢いはそれ以上でして、みるみるうちに器のお餅がなくなり、

切り餅用に取っておいたお餅を追加したのでした。

家庭で餅つきをするところは稀だと思いますが、我が家では昔と変わらない道具とやり方で続いているので、すごいことだと思います。

それを私が受け継げるかというと、いささか心配ではありますが…

もう、今年も、残すところ今日一日になってしまいました。

4月から始めたこのブログも、みなさまのおかげで今日まで毎日つづき、年を越せることになりました

来年も健やかで良い年になりますように…

2009年12月30日 (水)

「パパの誕生日じゃないっ!」

今日は、パパの誕生日

午前中に、ケーキを買いに車で出かけたのですが…

まる子は、とっても不機嫌で、大声を出して大騒ぎ

「どうしたの?今日は、パパの誕生日だから、ケーキを買いに行くんだよ~」

と言っても、

「パパの誕生日じゃないっまるちゃんのっ

と真剣に怒っています(笑)

今朝も、パパが自分で

「今日は何の日か知ってる?パパの誕生日だよ」

とまる子に教えたのですが、

「ちがうっ

とムキになり、誕生日の歌もうたってあげませんでした。

でも、ケーキを買った後に、

「パパのだけじゃないんだよ。まる子ちゃんのケーキもあるんだよ

と説明するや否や、とたんに機嫌が直り、にんまりとするのでした。

そして、パパより先にご機嫌でケーキを食べた後、誕生日の歌をうたってくれたのでした

もちろん、名前のところはパパだけじゃなく、まる子自身の名前もしっかり付け足して…

2009年12月29日 (火)

まる子の災難は夜までつづく…

予防接種で大泣きした晩、一緒にお風呂に入っているときに、

「注射、痛かった?」

とたずねると、

「もう大丈夫だよ」

と言っていたまる子。

夜は、大泣きした疲れか、すぐにグッスリ眠ってしまいました

それを見届けて、旦那と2階の部屋でテレビを見ていたところ、階下のまる子が寝ている部屋から大泣きする声が聞こえてきました

寝てから一時間くらいで寝ぼけて起きることがたまにあるのですが、昨晩はちょっと泣き方の様子がちがっていました。

めずらしく寝たままの体勢で泣いているまる子をよく見ると、また夕飯に食べた物を戻してしまっていました

どうやら、また、咳き込んだときに戻してしまったようです

風邪をひいてから、早く良くなるようにと、義母がフリースで足まで隠れる温かいガウンを作ってくれたのですが、

昨日はそれに、寒そうだと言って、マオカラーのような襟を付けてくれたのです。

そして、その襟が戻したものを受け止めてくれ、布団が汚れずにすんだことが不幸中の幸いでした。

まる子の髪が汚れてしまったので、パパが一緒にまたお風呂に入ってキレイにしてくれ、そのあいだに私が汚れたものを片付けました

お風呂に入る頃には、まる子もケロッとしてきて、お風呂から出てからは、また朝までグッスリ眠ったのでした

予防接種であんなに大泣きした後だったので、すぐに一緒に寝てあげればよかったな、と反省する母でした

2009年12月28日 (月)

まる子、注射で大泣きする。

今日は、まる子の新型インフルエンザワクチンの二回目でした。

昨日、「明日は注射だよ」と私が言ったのを覚えていたようで、すでに行きの車のなかで、

「おうちに帰りたい」

と何度も言っていました。

そして、病院の駐車場へ到着するや泣き出し、待合室で大泣きに変わりました

注射するまえから泣いている子はまる子ただ一人きりでして、みんながこちらを振り返ります

幸いにも、ちょうど近所の子どもたちが何人か来ていて、その泣き声を聞きつけて励ましに来てくれました。

保育園年長さんのサナちゃんなどは、

「すぐに終わっちゃうからね」

とか、

「まる子ちゃんだけが痛いんじゃないよ、みんな痛いんだからがんばろうね

と大人が言うようなセリフで、一生懸命励ましてくれ、それでも泣き止まないのを見ると、本棚から絵本を持ってきてくれました

その絵本で一時的に泣き止んだものの、結局名前を呼ばれてからまた泣きはじめ、

先生の前では絶叫泣きに…

終わってからもしばらく泣いていたまる子でしたが、帰りに会計のお姉さんから、

「よくがんばったねぇ!」

とほめてもらうと、

「もう、痛くないよ」

とケロッとした顔で言うのでした

今日は、またまた近所の子どもたちに助けられたまる子でした

2009年12月27日 (日)

夢日記が100を超えました

昨日見た夢で、書きためた夢日記が111日分になりました

100を超えたあたりから、夢の質が変わり、より鮮明で、起きた後も覚えていることが多くなったように思います。

その111番目となる昨日の夢は、高校の同級生が、深夜に訪ねてきて、お土産に小さなめずらしいカメラをくれたのですが、

その女友達の誕生日が、1月11日ということで、ちょっとしたシンクロニシティでした

あと、半年前に見た夢で、病院の受付で長蛇の列ができ、私の受付番号が12番だった、

というものがあったのですが、

それも、実際、この間の新型インフルエンザワクチンの順番が12番で、これまたシンクロがありました。

書いていることで記憶によりとどまっている、ということはあると思います。

書きはじめた頃は、そんなにおもしろい作業ではなかったのが、

こんなふうに夢と現実がシンクロしていくと、なかなか興味深いものになってきます

2009年12月26日 (土)

おばけなんてないさっ!

バナナちゃんのこわいものは、「もー」だそうで、

「もーが、来るよ~~~

とチッチがこわそうに言うと、とたんに良い子になります。

当然ですが、まる子にはその手は通じず…

まだ、何を言ってもこわがってはくれません

でも、暗がりはこわいようで、暗いところへ行こうとするのを止めたいときには、

「おばけが出るよ~~~」

と言うと、あわててこちらへ引き返してきます。

しかし、昨日から、おばけが出るよ~、と言うと、

「小さいおばけ」

と言い返すようになって、ちょっとした強がりを見せています

まる子という人は、なかなか手ごわい相手です。

2009年12月25日 (金)

クリスマス☆リトミック

ちょうどクリスマスの今日がリトミックの日になったので、

今回は先生がミニコンサートを開いて、クリスマスケーキまで用意してくれました

「きよしこの夜」や「キラキラ星」、クリスマスソングやCMソング、童謡などなどもりだくさんの内容で、

そのなかには先生の大好きな、羞恥心の「泣かないで」も入っていました(笑)

子どもたちは、走りまわったり、ダンスしたり、手拍子をしたりしながら、思い思いに楽しんでいた様子

結局最後は、いつものように子どもたちがピアノに勢ぞろいして、好きなように弾いていました。

いつもおっとりしたユマちゃんが、バナナちゃんが使っていたイスを貸してほしくて、

「貸して

と大きな声で頼んだ場面では、今日いちばんの拍手が起きました

子どもの性格で、なかなか自分の思いを強く相手にアピールしないのは、ママにとっては心配なようでしたが、今日はバッチリでした

そうそう。今朝はまる子の枕元に例の手作り靴下を置いておいたのですが、

「可愛いっ

と見るなり言ってくれました。

そして、リトミックの先生から、

「サンタさんが来た人~?」

と聞かれて、まっさきにまる子が手を挙げたので、サンタの役目を果たした母はホッとしています

先生、サークルみちくさのみんな、今年も一年間ありがとうございましたっ

2009年12月24日 (木)

まる子のクリスマス

今日は、クリスマス・イブ

風邪ひきのまる子は、一日お家で過ごしました。

Dsc02447お昼頃に、頼んでいたケーキと、実家の母からのキッシュを受け取りに出かけたのですが、

街も店内も混み合っていました

クリスマスケーキは、このあいだまる子のバースデーケーキを頼んだところと同じです。

Dsc02451 そして、キッシュは、母の友達の洋菓子店のものですが、料理好きの旦那さんの特製と思われます

キッシュは夕食に、そしてケーキは夕食後にいただいたのですが、どちらも美味しかった

欲を言うと、もう少しまる子におとなしくしていてもらい、ゆっくりと味わいたかったです!

いつも食が細いまる子なのですが、今日ばかりは、キッシュもパスタもスープもパクパクと食べ、

見ていて嬉しかったです

まだまる子には、

「良い子にしていないと、サンタさんがプレゼントをくれないんだよ

という脅し文句が通用せず、いつにも増した腕白ぶりなのでした

リュックを探しに大あわてっ!

今朝、見た夢。

場所は学校で、今度の遠足に向けた授業をみんなで受けている。

教室の移動があり、そのときに自分のリュックをどこかに置き忘れてしまった。

リュックのなかにはお財布も入っているのに!

授業が終わり、みんなが下校していくところ、私はリュックを探しに向かう。

方向音痴だし、放課後の薄暗い校内がこわい私は、クラスは同じだけど話したことがない女の子に頼んで、一緒についてきてもらうことに…

そこで目が覚めた。

最近、ひんぱんに夢を見るようになりました。

しかも、けっこうストーリーが鮮明でよく覚えています。

今朝の夢のなかでは、お財布を入れたリュックサックをなくしてあわてていたので、

日々の生活もあわてず焦らず過ごしたいと思います

でも、夢辞典を見てみると、リュックは重荷や責任のことのようなので、

心の重荷やお金の心配は、どこかに置いてきたほうがいいんですよね

こわいときには、友だちがついていてくれることですし

2009年12月23日 (水)

ハスキーなまる子

鼻風邪をひいたまる子ですが、一昨日から咳が出はじめ、今日はなんだかガラガラ声です

昨日から、外に出ないように家のなかで様子を見ているのですが、

痰がからんだ咳をゴホゴホするようになると、食べた物を戻したりするのでかわいそうです

昨日は実家でしたが、別の部屋でお昼寝させていましたら、20分も寝ないうちに戸が開く音と、ドンドンドンと走ってくる音が。

「オイ

と大声で私を呼ぶので、驚いて戸を開けてやると、

戻した物で顔半分から髪を汚したまる子が、憮然とした顔をして私を見上げていました。

ちょっと離れた部屋にいたので音が聞こえなかったのですが、寝ているうちに咳き込んで戻したのです

熱もないし、ケロッとして元気なので病院に行こうかどうか迷ったのですが、

熱は菌やウィルスと戦っている証拠で、鼻水や咳は体内のバイキンを外へ出している最中だという、

先日の先生のお話を思い出し、もうすこし様子を見ることにしました

夜寝ているときに咳き込んでまた戻すとかわいそうなので、前に処方してもらった咳止めの薬を寝る前に飲ませたら、

今朝は咳も止まり、元気だけどハスキーなまる子になっていました。

小さい子どもが風邪をひき苦しそうな様子を見せると、こちらはどうしたらいいものかと動揺してしまうのですが、

先日の先生のお話のおかげで、あわてて病院へ行かずにすんだのでよかったです

明日は、クリスマス

完全に治って元気になったまる子と家族で、楽しく過ごしたいです。

2009年12月22日 (火)

まる子の記憶力

日曜日から3日間、千葉に住んでいる妹が帰ってきていましたので、昨日はまる子と実家に泊まって来ました

前回、バスで帰る妹のお見送りをまる子としたのですが、

「まる子も一緒に行くーーーーっ

と大変な騒ぎでして、運転手さんやガイドさんを困らせる始末でした

それ以来、バスを見るたびに、

「ミーミ(妹)が行っちゃったんだよね~」

と言っていました。

妹にしてみれば、自分がいなくなればもう忘れられてしまうだろうと思っていたみたいなので、

自分を覚えていてくれるまる子の姿は可愛く映るようでした

だいぶいろいろなことを覚えていられるようになったので、

先日9日に新型のワクチンを打ちに、かかりつけ医に行ったときなどは、

10月に熱が出てかかったときに、耳の掃除をしてもらって大泣きしたことを覚えていたらしく、

「みーみは、しないの?」

と聞いてきましたっけ

やっかいなことは、実家で私が隠したお菓子の場所を、次に行ったときにも覚えていて、自分で出してきてしまうことです

すごくよく人のことを観察しています

だんだん知恵がついてきて、もう赤ちゃんじゃないんだなぁ~、とつくづく思う今日この頃です。

2009年12月21日 (月)

ハナタレ小僧の雪遊び

昨日は、ここのところの雪で、車の上や庭に少しですが雪が積もっていました。

雪がめずらしいまる子は、鼻水がグズグズしているのにもかかわらず、喜んで外に飛び出していきました

そして、雪をつかんでは投げて、はしゃぐ、はしゃぐ

大人は、外は寒いですし、雪を触れば冷たいですし、

「もう、おうちに入ろう

と悲鳴を上げるのですが、まる子ときたら、そんなことはおかまいなしです

よく見れば、足の指をしもやけているのに…

でも、そういうあたりまえの風景にワクワクしたり、好奇心で突き進んでいく姿を見ると、ちょっとうらやましく思う母です

2009年12月20日 (日)

みちくさ忘年会

昨晩は、サークルみちくさの忘年会で、4組の夫婦が集まりました。

会場は、いつものお店で貸切りです

いつもママだけで集まると、腕白娘たちを追いかけるのに必死で、お料理を食べた気がしないのですが、

パパたちが一緒なので、誰か誰か見ていてくれる人がいて、いつもよりゆっくり食事やおしゃべりをすることができました

慣れないパパさんたちが一緒なので、はじめは緊張していた子どもらも、中盤を過ぎると調子が出てきて、

カウンターのイスやテーブルに上ったり、電源を入れてくれたエレクトーンに勢ぞろいしてはしゃいでいました

調子に乗ったまる子は、みんなのいるテーブルのイスの上に立ち上がって、

「♪グーチョキパーで、グーチョキパーで、なにつくろ~♪」

と、手遊びをしながら歌を披露。

それに合わせて、バナナちゃんのパパも一緒に歌ってくれたのですが…

なんとまる子ときたら、失礼にも、

「マネ、するなっ

と一喝する始末…

まったくKYな娘です(笑)

時間が経つのも忘れ、美味しいお料理と、少しのお酒と、おしゃべりを堪能し、ほんとうに楽しい夜を過ごすことができました

この年末の忙しい時期に、時間を作って集まってくれたパパさん方、ありがとうございました

2009年12月19日 (土)

「いてくれて、ありがとね」

こちらは、一昨日から雪が降り、冷え込みが厳しいです

一昨日の晩から、まる子は鼻風邪をひいたようでズルズルやっていまして、

昨日は、お昼頃から熱っぽくなり動きがにぶくなってきました

そして、お昼を食べるまえに、私と一緒にコタツに入っているうちに寝てしまいました。

おとなしくコタツに入っていることもめずらしいのですが、寝かしつけないうちに自然に寝てしまうのもめずらしいことでした

二時間ほど経ったときに、鼻が詰まったのか、泣きながら起きたのですが、もう少し寝るかと思って添い寝をしてあげていると、

まる子が私の肩をポンポンと叩きながら寝ぼけた声で、

「いてくれて、ありがとね

と言うのですが、耳を疑ったので「ナニナニ?」ともう一度聞くと、

「ずっと一緒にいようね」

と言いました。

ふだん腕白なまる子に振り回されっぱなしなので、こういう殊勝な言葉を聞くと、日ごろの育児が報われたような気持ちになります

そういうわけで、昨日は一日おとなしいまる子でして、食事のときもちゃんと座って食べていました。

しかし、そんなまる子もそう長くは続かず…

今日になれば熱が下がり、また元気が戻り、そしてまた振り回されるのでした

2009年12月18日 (金)

お風呂が臭いよ!

先日、旦那がMRIの検査をし、その結果、「依然に脳梗塞をした跡がある」ことがわかりました。

それで、高血圧の薬を処方されて、食後に飲みはじめています。

もともと高血圧の血筋ではあるのですが、いよいよお医者さんから薬を処方されて、本人もちょっとビビリ気味…

私はあんまり薬が好きではないのですが、ドロドロ血が血管を詰まらせてもいけないので、飲まないわけにもいきません

でも、あんまり薬にばかり頼るのも恐いので、アロマテラピーで何か得策はないかと思い、いつも行くアロマショップで相談してみました。

すると、高血圧にはラベンダーが良いとのこと

お風呂に垂らして入ったり、神経のたくさん集まった首の後ろあたりをオイルでマッサージするといいようです

ラベンダーの精油は持っているのですが、特に高血圧に役立つエステル類がたくさん入ったものが置いてあったので、それを買ってみました。

その晩、さっそくお風呂にラベンダーを垂らしてみたのですが、傾き加減がよくなくて、思ったより多く入ってしまいました

ラベンダーって、ほのかに香ると心地良いのですが、入れすぎるとキツイんですよね

後から入ってきたまる子はすぐに気づいて、

「なに、コレ なんか臭いよ ママ、薬塗ったの??」

と両手で鼻をおおいました

旦那も、キノコの匂いがする!と言って、顔をしかめます。

キ、キノコって…

今回はかなり家族から不評だったので、次回からは一滴垂らす程度にとどめて、快適な入浴タイムを取りもどしたいと思います

2009年12月17日 (木)

インドネシアへGO!

今朝、見た夢。

家族でインドネシアへ旅行に来たみたいで、広くて綺麗なホテルのなかにいる。

いつも行くバリ島ではなくて、ジャワ島にいるところがめずらしい。

ホテルの部屋でランチを食べて、デザートにチョコレートアイスを頼んで食べたあと、

トイレへ向かう。

そのトイレが遠くて、看板を頼りに歩いていく。

途中、ホテルのスタッフや売り子さんたちとインドネシア語で会話していた。

トイレはどこ?、とか、それはいらない、とか…

ホテルは綺麗なのに、トイレは現地の様式で戸惑う。

トイレから出ようとしたときに、

「手を洗って!」

とホテルのトイレ係に言われ、あわてて手を洗った。

かなり鮮明でハッキリした夢で、ほんとうにインドネシアへ旅行した気分でした。

夢のなかで、また来ることができて嬉しいなぁ~、なんて思ったりしていて…

目覚めが良かったので、良い夢だったと思います。

2009年12月16日 (水)

二歳児学級のクリスマス会♪

Dsc02432今日は、地域の二歳児学級のクリスマス会でした

寒い一日だったのですが、ふだんの倍以上の参加率で、会場は熱気で包まれていました。

会場の中央に大きなクリスマスツリーが置かれ、うちで作って来た飾りを各々で飾りました。

Dsc02437おりがみで作られたサンタさんや、綿を雪に見立てて作られたリース、アンパンマンやパイキンマンなど、個性的なものがたくさん飾られました

それから、みんなでゲームをしたり、楽器を鳴らしながらクリスマスの歌をうたったり…

Dsc02438 サンタさんもやって来て、子どもたちにプレゼントをくれ、みんなで記念撮影もしました。

お昼になり、子どもたちはアンパンマンのパンを、ママたちはサンドウィッチを食べて解散となりました

前々回のクラスから準備をはじめ、市の保健師さんや、保育士さんの協力で、今日の楽しいクリスマス会となりました。

まる子も大喜びではしゃいでいたのですが、母はといえば、自由気ままに動きまわって言うことをきかないまる子を参加させるのに必死で…

終わってから、どっと疲れが出て帰ってきたのでした

2009年12月15日 (火)

小児科の先生とのお話会へ

今日は、『小児科医に聞く病気・ケガの対処法』という講座に参加してきました

託児の施設もあったのですが、まる子は家族に預けて行きました。

お話をしてくださる先生が、ちょうどまる子がいつもお世話になっている先生でして、

どんなお話が聞けるのか楽しみに、会場に到着してみましたら…、

なんと四つのグループに分かれて座るように、イスとテーブルが配置されていまして、

先生のお話のまえにグループワークをするようになっていました。

黒板を背にスーツを着た先生がまえに座っていますし、まるで大学の講義のようです。

ドキドキ

はじめに、参加者が先生に聞きたいことを一個に付き一枚の付箋に書きました

たとえば、熱性けいれんや、発熱、今流行の新型インフルエンザのこと等など…

一人で何枚書いてもOKです

それを、まずはグループ内でリーダーさんを決め、一個ずつ発表して、大きな模造紙にカテゴリー別に貼ってまとめ、

最後にみんなの前で、どんな質問が出たのかグループごとに発表しました。

そのあと、そこで出されたみんなからの質問をもとに、先生がお話をしてくださいました。

ふだんの予防接種や病気のときに診てもらう真剣な表情とは違い、ユーモアを交えながら、楽しくお話ししてくださったので、

質問もしやすい雰囲気で、みんなが自由に質問でき、私もひとつ質問することができました

受診の判断や、任意ワクチンは何を優先的に接種すればいいのか、など、ふだん疑問に思っていたことを、気楽に先生から聞くことができ、

ほかのお母さんたちとも疑問を分かち合える場がもてて、とても有意義な時間を過ごすことができました

忙しい小児科の先生が、こういう場に参加してくださることもそうですが、

この地域の小児科の先生たちは、日曜日や祝日も、当番制で診てくれます。

今日先生もおっしゃっていましたが、

「子どもをみんなで守っていこう」

という体制がとれていることを強く感じ、かかりつけの先生との信頼関係がより強まったように思いました

でも、いちばんよかったのは、意外と面白い先生の人柄がわかったことかもしれません

雑貨屋とサンタクロース

今朝、見た夢。

薄暗い、いろんな物がごちゃごちゃ置いてある雑貨屋に立ち寄った。

そこでプラスチック製の親指くらいの小さいサンタクロースのおもちゃを発見。

サンタクロースのなかには水が入っていて、カラフルなビーズのような物が浮かび、

ネジをまわすと、水が動いてビーズたちが動き回る仕掛けになっているらしい。

まる子のプレゼントにぴったりだと思って、それをレジへ持っていく。

店主は男友だちのようで(よく知っている顔のようだけど、誰だかわからない)、

「それは、なかに小さいドーナツのお菓子も入っているからいいよ」

と言われ、あんまり高いと困るなぁ~、と思っていたら150円で意外と安かった。

でも、その150円がなかなか出なくて、不器用だなぁ~って言われながら、目が覚めた。

薄暗いなかに、キラリと光る可愛いサンタさんを発見した嬉しさ!

見た目も可愛いのに、仕掛けもあるし、お菓子まで付いているお得感を感じた夢でした。

ふだんの生活のなかでも、とくに変わりばえもなく期待もしていない場面で、

そういうキラリと光る物事が転がっているのかもしれません。

2009年12月14日 (月)

『誕生数秘学の智恵』…はづき虹映

日ごろから、数字には意味があると思っているので、この手の本はつい手に取ってしまいます

古代ユダヤのカバラ(数秘術)がマスターできればいいな…、と思いつつ、むずかしそうなので、わかりやすくアレンジされたこの本を読んでいます。

カンタンにいうと、誕生日占いの本、です。

まる子の生年月日から、彼女の数字をだして、性質を調べてみますと…

「オ~イ、どこまで飛んで行くの?

あなたは大空を自由に飛びまわる鳥です!」

とありました

その最初の見出しだけで、思わずナットク

家のなかにいても、突然靴下を脱ぎだして、玄関から外へ飛び出していってしまうし、

今日も、ハウスのなかで遊ばせてちょっと目を離したすきに、自分で扉を開けて外へ出て行ってしまっていました

思いついて行動に移すまでが超特急で、目的地までグイグイ行ってしまうのです。

…なかなかおもしろいので、自分のや旦那の数字も調べてみようと思いました

2009年12月13日 (日)

まる子の欲しい物!

もうすぐ、クリスマスということで…

まる子に、サンタさんから何が欲しいか聞いてみました。

すると、

靴下ーーーっ

と大きな声で答えました。

もう一度聞くと、

赤ーーーっ

と叫びます。

また何日かして、もう一度同じことを聞いてみても、答えは同じです。

なので、大きな赤い靴下を作って、中にお菓子やいろいろを入れてあげることにしました。

布屋さんで赤いフェルト生地を少し買ったあと、100円ショップでクリスマスらしいアップリケを探してみると…

なんと、100円ショップにクリスマスらしい赤い靴下の可愛いバッグが売られていました

それを買ったほうが安くてカンタンなのですが、生地を買った手前、意地があります。

クリスマスっぽい飾りだけを買って、帰って来ました。

100円ショップって、あなどれません。

いまや、100円で買える物のなんと多いことか…、びっくりです

3_dsc02428さっそく作ってはみたものの、きっとすぐに飾りなどは取られ、壊されてしまうのでしょう

不器用な母の力作、喜んでくれるといいのですが…。

2009年12月12日 (土)

バナナちゃんの抗議!

昨日のリトミックでの出来事です。

直前に接種した新型インフルエンザワクチンの影響か、テンションが高く、お友だちにも攻撃的だったまる子。

どうもバナナちゃんにつっかかり、引っかいたり、突き飛ばそうとしたりします

またまる子がバナナちゃんを突き飛ばしたので、あわてて私が引き離しました

そんな怒られて逃げていったまる子の後姿に、バナナちゃんが一言。

「(私が)なにした

「痛い!」、でも、「やめてよ!」、でもない、バナナちゃんの心情がストレートに表現された言葉に、

笑いごとではないのですが、思わず笑ってしまったのでした

カニになれたまる子

昨日、父の石川の友人から、たくさんのズワイガニが届きました。

そして、実家は両親のふたりだけなので、そのほとんどをうちでもらってきました

先日の収穫祭のときのカニをまったく食べなかったまる子ですが、

やっぱり、昨日もカニを見せられると「おっかい、おっかい(こわい)」と言って、

両手で顔をおおって見ないようにしていました。

その姿を面白がった父や旦那が、しつこくカニを見せようとすると、

「まるちゃんは、クリスマスを見ているのな!」

と、わけのわからない理由をつけて怒り出してしまいました。

そんなまる子でしたが、今朝、カニでお味噌汁を作ってみましたら、

その味が気に入った様子でゴクゴクと飲み干したうえ、お代わりをせがみ、

身までパクパクと食べてしまいました

「もっと、もっと

とせがむので、旦那とじーちゃが一生懸命カニの身をほじくり出してくれて、

すっかり身のなくなった殻が山のように積まれました

これだけキレイに食べてもらえれば、カニさんも本望でしょう…

いつもご飯は一杯しか食べない私ですが、この味噌汁だけで二杯も食べてしまいました

満足です

2009年12月11日 (金)

新型接種とリトミック♪

今朝、9時すぎに、突然かかりつけ医から電話がかかってきました。

新型インフルエンザのワクチンが余ったので、今からどうですか?…、と。

このかかりつけ医は、学校医をしている保育園や小学校を優先していて、

まる子のような健康な未就園児は、来年になってからになると言われたため、

新型ワクチンのことは、もうどっちでもいいと思っていた矢先のことでした。

突然の電話で驚いたものの、ラッキーな申し出を受け、あわてて仕度をして出かけました

10時からリトミックだったので、まる子には注射をするということは直前まで隠し、

「リトミックのまえに寄って行きたいところがあるからね~」

なんて言いながら、目的地をはぐらかして病院へ

小児科に到着すると、すぐに別室へ通され、問診から会計までをこの部屋でおこないました。

部屋に着くと、見慣れた景色にまる子も察しはじめ、先生が来るまえから

「まるちゃん、泣いちゃうかもね」

などと、自分で言いながら緊張を高まらせていました。

そして、案の定、注射をされる前から泣きはじめ、終わってからも落ち着くまで泣いていました

でも、リトミックといえば、おやつタイムがあるので、

「次はおやつだよ

の一言で、ケロッと気持ちが切り替わったらしく、すんなり車のチャイルドシートに座ってくれました

それから、リトミックへ少し遅れて到着し、みんなの輪へ混ぜてもらったまる子なのですが、

いつも以上にテンションが高く、お友だちに対して攻撃的です

先生曰く、

「新型インフルエンザのワクチンを接種したあとは、テンションが上がりやすいから、注意するように言われたことがある」

へぇ~。ワクチンを接種するだけでも、そんな反応が起こる場合があるとは…

でも、まる子の場合、いつもテンションが高くて腕白なので、ワクチンの影響かどうかは定かではありませんが。

それでも今日は、様子を見ていたほうがよさそうです

2009年12月10日 (木)

卒業式がはじまっちゃうっ!

今朝、見た夢。

どうやら中学校の卒業式らしく、その仕度にあわてている

同級生たちはもう集まっているのに、「持って行くバッグがないっ!」とか、探しまわっていた。

母に聞いても、わからないみたいで、すごくあわてながら目が覚めた。

こんなにあわただしい夢を見たあとは、起きたあとどうもスッキリしないです。

寝過ごしたかな…、と時計を見ると、いつも起きる時間ピッタリでした。

夢が、私を起こしてくれたのかも!?

2009年12月 9日 (水)

野生児なふたり

昨日の午前中、バナナちゃんとチッチがヤギさんを見に来てくれました。

Dsc02416 バナナちゃんはヤギさんが大好きなようで、たくさんキャベツの葉っぱをあげてくれました。

遠くにいるヤギさんにもあげようと手を伸ばしたところ、オットット…

足元のなにかにつまずいたようで、そのバナナちゃんのよろめきにヤギさんもビクッと驚いて後ずさりして…

ヤギさんは、臆病なのです

Dsc02420そのあと、ふたりは田んぼへ向かいました。

稲刈りが終わって広くなった田んぼで、「オーイ」とも「ヤッホー」ともつかない雄たけびを上げていました。

青空が広がる田んぼに、ふたりの甲高い声が交互に響きわたり、青春ドラマのよう(笑)

Dsc02424 そうそう。朝の冷え込みで、水たまりの水に薄い氷が張っていました。

めずらしかったようで、こわごわと指の先でチョンチョンと触るふたりです。

霜も降りて、白いシャーベットが葉っぱに薄くついているのも発見!

おひさまが当たると暖かいのですが、風はとっても冷たくて…。

冬を感じた散歩でした。

雪が積もれば、またおもしろいお散歩になりそうです

2009年12月 8日 (火)

お練祭りと福山のラーメン

今朝、見た夢。

場所は実家。もう亡くなったはずのおじいちゃんが、まる子とコタツに入っている。

私は、玄関を出て外へ。

すると、目の前に小学校のグラウンドが広がり、赤い装束を身に着けた人たちの行列が通っていくところだった。

どうやら、今日からお練祭りがはじまったらしい。

少し歩いて公園へ着くと、そのテーブル付きベンチに座ってラーメンを食べている福山雅治が、

「ラーメン、食べたがってたけど、全然食べてないみたいだから」

と言って、私にそのラーメンをくれ、新しいラーメンを食べはじめた。

食べる前に、目が覚めてしまった。

なんだか、いろいろなことがごちゃごちゃとした夢だったけれど、

赤い衣装と、福山雅治が印象的だった。

一昨日のゴスペルコンサートでの赤い衣装と、テレビCMの福山が、自分のなかに強いインパクトを残していたのだと思います。

でも、それほどラーメンは食べたくないんだけどなぁ…

2009年12月 7日 (月)

神様からのラブレター♪

昨日は、教会へゴスペルのコンサートを聴きに行ってきました。

私も独身の頃に短期間一緒に練習をした、地元のゴスペルクワイアーのクリスマスコンサートです

このクワイアーの指導をしてくれているゴスペル界の第一人者、Megさんも後半は参加して、

最後は会場がひとつに沸きあがるほどの盛り上がりでした。

Dsc02411 なので、撮影した写真も揺れてしまい、ボケてしまうほどで…

ゴスペルの言葉は、「ハレルヤ!」とか、「賛美する」といった、聖書独特の表現を含め、

「感謝します」とか、「喜び」のような、聴いているだけで気持ちが上向きになるものが多く使われています。

私はクリスチャンではないので、抵抗のあるフレーズもあるのですが、それでも、慣れてきた最後のほうは、みんなで一緒に歌ってしまいました

ゴスペルには、アフリカから奴隷としてアメリカへ連れてこられた黒人たちの苦しくも、熱い思いが込められているからか、

聴いているものの魂を揺さぶる強い魅力があります

ですから、コンサートが終わり風の冷たい外に出てからも、顔が上気し、体もポカポカと温まって、

心のまんなかに希望の灯がともったような力強さをもらって帰ってきたのでした

2009年12月 6日 (日)

「おなかが何か言ってるのー!」

今朝、おばあちゃんのところへタッタッタッター、と走っていったまる子

「なぁに?」

と聞かれて答えたことは…

「おなかが何か、言ってるのー

ですって

おなかをおさえて真面目な顔をするので、みんなで大笑いしたのでした

ぐるぐるぐるーーー、とかって鳴ったのがおしゃべりに聞こえたんですね。

2009年12月 5日 (土)

クリスマス気分でティータイム♪

P1000054_5今日は、旦那とまる子と3人で諏訪まで行ってきました。

旦那のお師匠さんのお宅へお歳暮を届けに伺ったのですが、お留守だったので、

お向かいにあるお嬢さんのお宅へお邪魔してきました

お孫さんのカノンちゃんが嬉しそうに出迎えて、まる子と一緒に遊んでくれました。

P1000052でも、このあいだ会ったときよりおしゃべりが達者になり、もっとやんちゃでマイペースになったまる子に、

おとなしいカノンちゃんは戸惑っているようでした

室内のハンモックに揺られて遊んだり、手作りのカエルの帽子をかぶって歩きまわったり、お菓子を食べたいだけねだったり…

P1000055_4まる子は、どこに行ってもまる子です。

大きめのクリスマスツリーや、ソファに座る大きなクマのぬいぐるみが可愛らしく飾られた室内は、絵本の世界のような夢心地の空間で、

美味しいティータイムを過ごして帰ってきたのでした

2009年12月 4日 (金)

美しきかなシクラメン

今日は、旦那の先輩のシクラメン農家へ行ってきました。

贈答用の鉢を用意してもらっていたので、それを取りに行ったのです

Dsc02400 シーズン真っ盛りですから、ハウスのなかは色とりどりのシクラメンがとても綺麗で、思わず写真を撮ってしまいました

やんちゃなまる子の声が聞こえたのか、小学三年生のお嬢さんが外に出て来て、

Dsc02407 「おねえちゃん、おねえちゃん」と人懐っこくすり寄るまる子を可愛がってくれました。

ハウスで作業をしながらそんな様子を見ていたおじさんとおばさんが、まる子にぴったりの小さいシクラメンをプレゼントしてくれ、

Dsc02403まる子も嬉しそうに抱えていました

お花屋さんやスーパーで見るシクラメンも綺麗ですが、ハウスのなかのものは、もっと瑞々しく色鮮やかに見え、元気をもらって帰ってきたのでした

2009年12月 3日 (木)

一年の汚れを落としに…

今日は、旦那とまる子と3人で温泉へ行ってきました

私は温泉が大好きで、寒くなると毎週でも行ってしまうのですが、

今日のお目当てはアカスリでした。

前々から、機会があればやってみたいと思っていたのです

旦那がまる子と一緒に男風呂に入っているあいだに、私は女風呂のなかでやっているアカスリコーナーへ。

受付で、「担当の者が呼ぶまで湯船に浸かって体を温めていてください」と言われたので、露天のお風呂で温まっていると、

「アカスリのお客様~、アカスリのお客様~」

と大きな声で呼んでまわっているのが聞こえてきました

恥ずかしかったので慌てて声の方へ行くと、韓国人の女性がアカスリコーナーの暖簾をくぐっていき、なかへ入るよう促されました。

初めてのドキドキ感と、これから何がはじまるんだろうという少しの不安のなか、

カタイ日本語の誘導に従って、目の前のベッドに仰向けになりました。

ボディと頭のシャンプーを含めた、全身のアカスリ30分というコースでしたが、

もっと長く感じられるほど、手早い動作で本当に体の隅々まで垢を落としてくれました

最後にボロボロと落ちた自分の垢を見て、よくこれだけ落としてくれたものだと大変満足しました

温泉で温まった体は気持ちが良く、余分なものが落ちたお肌はツルツルで。

アカスリがやみつきになりそうです

ちなみに、これは旦那からのクリスマスプレゼントでして…

私の長年の夢を叶えてくれて、ありがとうございました

2009年12月 2日 (水)

意味、わかってるのかな?

まる子が突然、私の顔を見てニコニコしながら、

「しあわせ。しあわせなの~」

って言った

意味、わかって言ってるのかな?

でも、そのあとすぐに、

「おうま、パッカパッカ~

って真似をはじめたので、やっぱりわかってないだろうな。

それに、今日は、交通整備のおじさんを見て、

「おじさん、ナイストゥッミッチュー、だねっ

と言っていた。

確かに、このおじさんとは初めて会ったには違いないけれど…

こんなゆきずりのおじさんにまで愛想をふりまかなくても…、って母は思うよ

2009年12月 1日 (火)

「ママ、怒らないで」

最近、まる子に、

「ママ、怒らないで…」

と、2回ほど悲しそうな顔で言われました。

まる子が何かいたずらをして、私が、

「コラ」とか、「ダメでしょー」と注意したときには、まったく懲りた風もない様子なのですが、

こちらがイライラしているときに、同じいたずらをしつこくされて、

私が本気で怒ってまる子を手荒く扱ったときに、

「ママ、怒らないで…」

と言うのです。

今までそういうときには、私に抱きついてくるだけだったのですが、

だんだん言葉を覚えてきたまる子は、言葉で表現するようになりました。

私の目を見ながら切に訴えてくる姿を見ると、一時の感情でまる子に当たってしまった自分を反省します。

『ANGEL POWER』…中森じゅあん

天使のことや鬼谷算命学で有名な、中森じゅあんさん

これは、一週間にひとつずつのテーマを日常に持ちこんで、一年間の心の旅に出る本です

今週のテーマは「大切にする」…。

「微笑み」からはじまった旅が、「生きる」、「感じる」、「開く」につづき第五週目に入りました

「あなたは

大切にする人やものやことを通して

自分を大切に育てているのです。」

目下のところ、大切にしているものは、もちろん娘のまる子です

朝から晩まで、24時間体制でお世話をする毎日を過ごしているわけですが、

ふとしたきっかけで、まる子を抱きしめているときに、かつての幼かった頃の自分自身を抱きしめているような錯覚に陥る瞬間があります。

共稼ぎで忙しい両親のもとで育った私は、一人で寂しい思いをした時間が、まる子よりも多かったと思うのです。

その頃の私の寂しさを抱きしめて癒しているような、そんな感覚です

そんなことを思うとき、子育ての時間をたっぷり与えてくれている旦那や義父母には、大きな感謝を感じます

そして、この旅はまだまだつづくのです…

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »