2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

みちくさ新年会

Dsc02550 昨夜は、サークルみちくさの新年会でしたbeer

今回は、S女史夫婦とユマちゃん、M女史夫婦とりっちゃん、チッチとバナナちゃん、うちの夫婦とまる子が参加。

会場が先月の忘年会と同じ場所だったからか、子どもたちは最初から元気いっぱい!

ふだん人見知りするりっちゃんまで、パワー全開でしたup

Dsc02551食べきれないほどのお料理が次々と出てくるのにもかかわらず、まる子ときたら、

カウンターに座るおばさま方のほうへ行ってしまって帰ってきませんcoldsweats01

いつものように、おばさま方が召し上がっているお菓子が目当てのようでして(笑)

それに、バナナちゃんの持参したお茶を全部飲み干してしまって…。

子どもたちのことは旦那さまたちにおまかせして、今夜もお酒を飲みながら、楽しいおしゃべりをして帰ってきましたsmile

今朝、M女史から、

「飲みすぎて、記憶があんまりないんですよsweat01

なんて、メールが来たり(笑)

S女史もめずらしく飲んで、いつもよりテンションが上がったようでしたup

いつもお付き合いしてくださる旦那さま方、ありがとうございますshine

まる子を除く子どもらは、梅のおこわや手打ち蕎麦をモリモリ食べていて、その食欲に驚いてしまいました。

まる子ときたら、家に帰ってくるなり、おばあちゃんに

「ご飯食べる~」

と言って、ご飯をもらっていたのですが、そんなことなら、お店で食べてくればいいのに…、と苦笑した母なのでしたcoldsweats01

2010年1月30日 (土)

病院で赤ちゃんを堕胎しようとする夢

今朝見た夢は、意外な夢。

何人もの若い女性たちが、赤ちゃんを堕胎するために病院に来ていて、私もその一人。

女性たちはそろいの綿のシンプルなワンピースを着て、ひとつの部屋に集められ、準備ができた人から順番に処置をしていく様子。

私は、一時間半ほど待たなくてはならず、一度病室へ戻ってきた。

そこには、実家の家族が待っていて、特に心配そうな様子もない。

病院も暖色系の明るい雰囲気で、私自身も特にネガティブな感情をもっていなかった。

堕胎の理由は、まる子と年が近すぎる、というような軽い理由だった。

happy01

そろそろ二人目を…、と考えていた矢先の夢だったので、なんだか違和感。

赤ちゃんを堕胎しようとするわりには明るくて、家族もそばにいて、よくよく考えてみると変な夢でした。

2010年1月29日 (金)

『ゆほびか3月号』

気功の第一人者が誌上に登場し、付録のDVDで秘伝を実演している…、という話を聞き、

さっそく書店へ行って手に取ってみましたbook

表紙に「すごい気が出るDVD」と書いてあるとおり、気功師の張永祥老師の写真を見ただけで、手の指先がビリビリしてきます。

単純な私は、これは本当にすごいかもしれないと、結局買ってきたのでした。

この『ゆほびか』という雑誌を手に取ったのは初めてのことだったのですが、ほかにも「マヤ暦占い」などの特集もあって、おもしろいです。

さてさて、その秘伝の「ぷるぷる体操」ですが、とってもカンタンなうえ、5分ですみます。

気功をやっている人って、肌つやが良いイメージですから、健康にも美容にも良さそうですshine

実際にやってみると、ほどよい全身運動ができ、体が温まりましたspa

老師も強調していましたが、毎日やるのがいいそうでして。

この、毎日つづけるというのが、なかなかできないことなんですけどねcoldsweats01

『ゆほびか3月号』↓

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%86%E3%81%BB%E3%81%B3%E3%81%8B-2010%E5%B9%B4-03%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B0031A7J8C/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1264742604&sr=8-1

2010年1月28日 (木)

「まるちゃん、病院だいっきらい!」

今日は、まる子のおたふくかぜの予防接種でかかりつけ医へdash

今回もやっぱり、注射のまえから大泣きしたまる子crying

いよいよ順番が来て、先生から、

「泣いていたのは、君でしたか」

と苦笑され、

「これは任意の予防接種ですから、お母さんの希望ということならやりましょう」

と、あまりに泣きつづけるので念を押されてしまいました。

今日は、かかりつけの先生ではなくて若い先生だったので、

水ぼうそうやおたふくかぜの予防接種については、あんまり必要ないのではないか…、という考え方のようでした。

実際、おたふくかぜのワクチンは、効き目がおよそ85%だそうで…。

でも、先日のかかりつけの先生は、近年、おたふくかぜにかかった子どもの難聴が増えている傾向があるから受けたほうがいい、という考え方でした。

先生によって見解が分かれるのですが、せっかく来たのでやってもらうことに。

注射が終わって実家へ向かう車のなかで、ようやく泣き止んだまる子が、

「もう、まるちゃん、泣いてないよ」

とスッキリした顔で言いました。

それでもやっぱり注射はかなり嫌だったようで、うちの母からどうだったか聞かれたときに、

「お医者さんが、まるちゃんごめんねって、言ったんだよ」

と説明し、母が、

「まるちゃん、いいよって言ったの?」

と聞くと、

「言わないよsign01

と断固として言い切るのでした。

さらに、うちに帰ってきてから病院での話になったときには、

「まるちゃん、病院だいっきらいsign03

と声を大にして宣言したまる子です(笑)

死とダイヤモンドの夢

今朝、見た夢。

家の近所のおじいさんが亡くなり、家族や関係者があわただしくしていた。

私には関係ないようで、友だちの女の子に頼まれて、ダイヤモンドを探しに行く。

商店街を歩き、あちこちの店をまわっている最中に「エイトスターダイヤモンド」を思い出し、提案していた。

happy01

死やダイヤモンドが出てくる夢は、初めてかもしれません。

死は、今までのことが終わるということ。

ダイヤモンドは、純粋な自分の多様な側面。

エイトスター↓

http://www.eightstar.co.jp/main.cfm

そうそう。知らないうちにカウンターが5000を超えていました!

みなさま、いつもありがとうございますshineshineshine

2010年1月27日 (水)

なんでもやりたい盛りです

Dsc02536 私がネギの皮をむこうとしたら、

「まるちゃんも、やりたいsign01

むいてくれるのは嬉しいけれど、1本では気がすまず、2本、3本…とむいてくれちゃってcoldsweats01

トイレが少しでも匂うと、「クサイbearing」と言って出てきてしまうのに、

ネギの匂いはOKなまる子です。

2010年1月26日 (火)

「流れ」にはまるまる子

外は、小春日和sun

まる子とお散歩に出かけました。

Dsc02537 陽の光でキラキラと光った用水路の流れにしばし見入っていたまる子eye

ずいぶん前に、パパが笹の葉で舟を作って流してくれた、小さな川です。

今日は、何を思ったのか、その辺に生えた草や、松ぼっくり、石ころなど、手当たり次第に投げ入れては、行方を追っていましたdash

物によって、水のなかに落ちたときの音や、流れる速さがちがうのでおもしろいのです。

こういう遊び、私も小さい頃にやった覚えがあって懐かしい。

意外と流れが速くて、追いつけないんですよねcoldsweats01

神社の大きな石まで流そうとしたのには、

「神様のだから、ダメなんだよsign01

と、あわてて止めてsweat01

いつも聞き分けの悪いまる子ですが、神様を持ち出すと素直に聞くことを発見した瞬間でしたshine

それから、神社でお参りして帰ってきたのですが、手に持っていた松ぼっくりを、

Dsc02541「ちょっと持ってて。まるちゃんがこうやってやるから」

と、手を合わせて頭を下げる参拝のポーズをしたのでおかしかったです。

しかも、神様に何を言うかと思えば、

「あけましておめでとうございますsign01今年もよろしくお願いしますsign03

ですって(笑)

2010年1月25日 (月)

みんなで食べると美味しいね♪

昨日の夕方は、近所の中華料理屋さんへ行きましたnoodle

旦那の友達が来月結婚するので、その打ち合わせにみんなで集まったのです。

みんな昨日のバレーボール大会の参加者で、慰労会の後だったので、酔っ払った顔で集まってきましたsmile

よく知っている顔が入り口から入ってきたので、あいさつをしに走ってお出迎えをしたまる子ですが、

相手は酔っ払っているので、いつもよりテンションが高く、

「まるちゃ~ん、こんにちはsign03

と、まる子の顔スレスレのところまで接近。

その近すぎる距離に恐れをなして、私のところまで逃げ帰ってきました(笑)

カップルの年の差は、およそ15歳wink

私たち夫婦も13歳離れていますが、最近旦那の周辺では、こういった年の差カップルが急増中ですup

しかも、旦那さんの実家に同居するケースがほとんどで。

一般的に、夫婦だけで生活するカップルが多いなかでは、めずらしい地域性です。

中華料理屋さんには、まる子の好きなうずらの卵やエビを使ったメニューが多いので、

いつも少食のまる子ですが、みんなと一緒ということもあって、しっかり食べて帰ってきたのでしたdelicious

2010年1月24日 (日)

ワンバウンドふらばーるバレー

今日は、地域の班対抗ソフトバレー大会でしたrun

地域の親睦を深めながら、冬の運動不足を解消するのが目的のこの大会。

5人対5人で、ネット越しで変形ソフトボール(ふらばーる)を打ち合う、バレーボールのようなスポーツです。

うちの班は、私がいちばん年下でしたが、だいたい同じ世代の奥さんたちが集まりました。

他の班の人たちが私服のバラバラのジャージで参加するなか、

私たちは、昨年秋の運動会でそろえた紫色(どうやら、チームカラーのようです)のTシャツを着て、相手チームを心理的に追い込みます。

ふつうのバレーとはルールが異なるので、一試合目はこちらも相手も戸惑っていたのですが、

その隙をついて、40点以上の差で圧勝sign03

その勢いは衰えなかったのですが、対戦相手もなかなかのものでして、後の二試合は僅差で負けてしまいました。

運動が苦手な人も、得意な人も、最後の最後まであきらめずにボールに食らいつく、というのが我が班の熱意の表れなのですが、

久しぶりにムキになってやってしまいましたsmile

みんなでひとつのボールを追ったので、またまた班の団結は強まったように感じます。

まる子は、体育館は冷えるし、試合に乱入されても困るので、実家に預けて参加したのですが、

まる子を忘れて一生懸命になれる時間を持てて、今日はよかったと思いますshine

2010年1月23日 (土)

ウータンのお姉さんぶり

今日のリトミックは、第二子出産でお休みしていたナカミーが、赤ちゃんを連れて久しぶりに参加note

まる子もバナナちゃんも、小さくて可愛らしい赤ちゃんが気になって仕方ないようでした。

Dsc02516 「ちっちゃーいsign01

と、あまりにも小さい赤ちゃんの足に驚いたまる子。

その指の一本一本を触っていました(笑)

お姉ちゃんになったウータンは、最初ちょこっと人見知りをしていましたが、

慣れてくるとお姉さんらしさを発揮して、いろいろとまる子たちの世話を焼いてくれました。

飲み物のキャップを取ってくれたり、お菓子を分けてくれたり…。さすがですっshine

Dsc02522 それに、前より活発になって、元気に飛び回っていました。

数ヶ月見ないあいだに、体も成長していたんですね。

久しぶりのメンバーが加わって、子どもらはますますパワーアップup

お茶の時間には、お菓子もしっかりいただいて、思いっきり楽しい時間を過ごせました。

そうそう。上の階でおばあさんたちの集まりがあって、帰りが一緒になったのですが、

まる子はいつものお愛想で、ちゃっかりバナナをもらって帰ってきたのでしたbanana

2010年1月22日 (金)

雨上がりに見えたもの

昨日は、久しぶりの雨が降りましたrain

雨が上がって外へ出ると、心配そうな顔をして、まる子が空を指差しました。

「どうしたの?」

と聞いてみると、

「お空がぐちゃぐちゃになっちゃったdash

ですって(笑)sign01

晴れ間が見えた空に広がる雲が、いつもより多層に重なり、刷毛で散らしたようになっていたのですcloud

それから、道路にはいくつも水たまりができていました。

行きの道では何とか阻止できたものの、帰りの道では私もあきらめてしまい、

勢いづいたまる子は調子に乗って、水たまりで何度もジャンプッsweat01

もちろん、ズボンもズボン下もビタビタですcoldsweats02

それでも気持ち悪がらずに、もっともっととジャンプするまる子は、ほんとうに男の子顔負けの腕白娘ですdash

ヤレヤレ…

2010年1月21日 (木)

『賢者たちのメッセージ~エドガー・ケイシーに学んだこと』

これは、米国の霊覚者エドガー・ケイシーに深い関心を寄せる8人の識者と、

日本エドガー・ケイシーセンター会長の光田秀さんとのインタビューをまとめた本ですbook

エドガー・ケイシーは、催眠状態に入ると、病気の治療法や政治経済、科学など、質問者へあらゆる分野の解答を与えることができた人で、

今でもそのリーディングの一万四千件以上の記録が、エドガー・ケイシー財団によって保管されています。

8人の識者というのは、スピリチュアルな世界の代表、江原啓之さんや美輪明宏さんの他、

銀座まるかんの創業者、斉藤一人さんや、㈱船井総合研究所最高顧問、船井幸雄さん、

エッセイストの吉本由美さん、絵本作家の葉祥明さん、指揮者の小松長生さん、工学博士の五日市剛さんといった、そうそうたる顔ぶれです。

それぞれの方の生き方がユニークなので、どの方も興味深い内容なのですが、

なかでも、私は夢日記を記録しているので、ケイシー流夢解析を実践している吉本由美さんのインタビューをじっくり読みました。

芸術家をはじめ、商売人や会社の経営者の方々まで、ケイシーのことを学んでいるのはすごいことだと思い、

私もますます彼について興味がわいてくるのでしたshine

                                   

2010年1月20日 (水)

人形劇

今日の二歳児学級は、幼稚園で人形劇を鑑賞しましたart

園児のお兄ちゃん、お姉ちゃんたちも一緒に鑑賞したのですが、

まる子ときたら、最後列のお兄ちゃんたちの頭を後ろから順番になでなでしていきますcoldsweats01

「何すんだよーsign01」と振り返ってみると、相手がチビのまる子だとわかって、反応に困っている姿はおかしかったです(笑)

まる子が変な顔をしてお兄ちゃんたちを笑わしているうちに、なんとなくお互いに打ち解けはじめて、

結局、まる子はお兄ちゃんたちの列にまじって鑑賞することになりましたeye

ちょこんと正座をして、静かに見入っているので、こちらも安心して見守っていたのですが、

やっぱりそれは長くは続かず、短いお話がふたつ終わると、

「ママ~、おうちに帰りたい~」

と甘えはじめ、それからはじっとしていられなくなりましたdash

やっぱり二歳児学級の子どもたちと、園児たちのちがいは明らかで、

園児たちのほうが、おもしろい場面は声を出して笑うし、最後までちゃんと座って鑑賞できるのでした。

さすが、お兄ちゃん、お姉ちゃんsign03

今日の人形劇は、京都から来た女性の一人芝居だったのですが、

味わいのある素朴な音色の打楽器や、色彩の鮮やかな人形や背景を使った美しい世界を展開して、大人でも楽しめるものでしたshine

狭い舞台ですべてを表現することは不可能ですが、雨の音や絵で、「今雨が降っているんだな」などと想像しながら観るのは、

子どもたちの夢や想像力を養う良い機会となりましたhappy01

そして、帰りがけに園庭のすべり台やブランコで遊んだまる子たちですが、泥でぬかるんだ場所があって、泥んこになってしまいました。

一緒に遊んだバナナちゃんも、泥んこです。

やっぱりまる子たちには、人形劇より泥んこ遊びのほうがお似合いなのかもしれませんconfident

2010年1月19日 (火)

保育園のお話

今日は、お弁当を持って、子育てサロンへ行ってきました。

10月末のお誕生会に参加して以来ですから、ずいぶん久しぶりになります。

近所のダイちゃんや、チッチとバナナちゃん、M女史とユマちゃんも来ていて、子どもたち同士で嬉しそうに遊んでいました。

2_dsc02515 まる子は、お気に入りのすべり台やオモチャへdash

このオモチャをめぐる子どもたちのバトルを見るのも、久しぶりの光景でしたsweat01

今日は、来年の4月からまる子が通うことになる保育園の園長先生が、「幼稚園と保育園について」30分ほどお話をしてくれました。

保育園と幼稚園のちがいや、年少さんができるようになってほしいことなど、いろんなお話をしてくれたのですが、

動き回るまる子を追いかけているうちに、あっという間に終わってしまいましたcoldsweats01

この子育てサロンは少人数でアットホームな雰囲気なので、気楽に質問ができるのですが、

さっそく、まる子は幼稚園と保育園のどちらが向いているか聞いてみることにしましたear

すると、まる子のような激しい腕白娘は、集団生活で人間関係を学んでいく保育園がよさそう、とのことで。

S女史も同じ質問をしていたのですが、ユマちゃんは、きめ細かい教育ができる少人数制の幼稚園が向いているようです。

子どものタイプによって、どこに行くか選ばないといけないのですね。

私は近いところがいちばん良いと思っていましたので、園長先生にお話を聞いておいてよかったです。

それにしても、もう保育園に通うことを考える時期に来たとは…。

こちらが初めての育児でオタオタしているうちに、まる子のほうがどんどん成長していっているようですsweat01

2010年1月18日 (月)

修学旅行で美味しい物を食べた夢

今朝、見た夢。

修学旅行か何かの学校行事で、みんなで旅に出かけた様子。

新幹線を降りると、綺麗な薄い緑っぽい水色で統一された街並みが…

みんなで甘味処へ入ると、めずらしい食べ物が出され、美味しいと言いながら食べていた。

小さなピザの上に、そのめずらしい食べ物をのせて食べていたりした。

そのお店が温かかったので、

「快適でいいねぇ~」

なんて、話していた。

happy01

まる子が見ていたアニメのなかで、めずらしい食べ物を主人公の女の子が美味しそうに食べているのを見たから、こんな夢を見たのかもしれません。

それに、最近の寒さから、暖かい場所へ行きたい願望が夢のなかに表れたようです。

温かい場所で美味しいものを食べられるなんて、最高です(笑)

暖かさを感じた夢は、感情面での強さのバランスを表しているようです。

そういえば昨日、私の感情や精神面のバランスをとってくれているのは、義父母や旦那やまる子といった同居の家族のおかげだと感じたのですが、

そういう思いも、夢に影響したようです。

2010年1月17日 (日)

『カールじいさんの空飛ぶ家』

幸運にも映画の招待券が当たったので、久しぶりに旦那と映画を観にでかけました。

予告を観ただけで感動してしまった『カールじいさんの空飛ぶ家』movie

まわりの前評判も良かったので、期待がふくらみますshine

妻に先立たれ、人生も終わりに近づいたカールじいさんの愛情に支えられた勇気と、

ひょんなことから旅のお供に加わったラッセル少年のとぼけたユニークさに引き込まれ、

笑ったり泣いたりしながら最後まで観ていました。

今までに、こんなじーさんなヒーローっていたんでしょうかね…

じいさん同士の格闘シーンなんて、向かってきた相手の顔に自分の入れ歯を飛ばして攻撃したりなんかして(笑)

会場を出る前に、私がハンカチで涙を拭いていましたら、隣の旦那もそのハンカチを横取りして拭いていましたから、彼も楽しめたんだと思います。そして、

「優雅な時間を過ごせた」

と言っていましたから、仕事やいろいろで忙しい旦那にも良い息抜きになったようです。

年に一度くらい、こんなふうに夫婦で感動を共有する時間を持てたら…、と思わせる映画でしたconfident

2010年1月16日 (土)

ザクザク☆雪の散歩道♪

Dsc02505まる子の風邪が治ったので、昨日と今日の暖かい時間に、久しぶりのお散歩に出かけました。

お散歩に出ると何かしらの出会いがあるのですが、

今日は、近所のいずみちゃん(一歳)が、おばあちゃんとベビーカーでお散歩に出かけるところでした。

Dsc02507こちらもどこに行くという当てのない散歩でしたので、おばあちゃんとおしゃべりしながら、一緒にお散歩をすることになりました。

私とふたりだけの散歩ですと、主導権はまるっきりまる子のほうにあるのですが、

今日はちょっとしたお姉さんぶりを発揮して、スムーズに楽しいお散歩ができましたhappy01

昨日は、家の庭に積もった雪を見たり、水たまりに張った氷を割ったりしながら、冬らしいお散歩を楽しみました。

Dsc02511真っ白な雪に、自分の足跡をつけるおもしろさを発見したまる子は、何度も何度も、田んぼに続く坂道を上がったり下がったり…

  隣には、先客の小動物(どうもネコではなさそうです…)の可愛らしい足跡がありますfoot

そして、いろんなまわり道をしながら、ようやく目的地の氏神様にたどり着き、今さらながらの初詣をしてきたのでした。

2010年1月15日 (金)

ラン子ちゃんの訪問

昨日の午後、私の友達ラン子ちゃんが、まる子のためにニンジン入りのシフォンケーキを焼いて遊びに来てくれましたhouse

まる子がお昼寝しているあいだに、ふたりでお茶を飲みながらおしゃべりを。

ラン子ちゃんが来ることを、まる子には前もって話していなかったので、起きてきたときにはびっくりして目が点になっていました(笑)

そして、今朝、旦那とまる子の会話に聞き耳を立てていると、旦那が、

「昨日、ラン子ちゃんが遊びに来たんでしょ。どうだった?」

と聞いていました。すると、まる子は、

「恥ずかしかった」

と答え、

「どうして、恥ずかしかったの?」

と突っ込んで質問する旦那に、

「ウンチが出ちゃったの」

と答えていたので、思わず笑ってしまいましたhappy02

確かに、ラン子ちゃんがいるときにウンチが出たのですが、まる子の様子がいつもとちがい、

がんばってる最中はもちろん、オムツを替えるときも、別の部屋でしたのです。

恥ずかしいっていう気持ちが、まる子のなかに少しずつ芽生えはじめていることを感じたエピソードでしたconfident

手紙がどっさり届く夢

今朝、見た夢。

私のもとに、おばあちゃんや旦那から何通も手紙が届いた。

それから、ちょこっと知り合いのおじさん二人からは年賀状が届き、

以前に私が学んで途中で止めたことを、その人たちがマスターしたことを知った。

さらにその後、年上の友人が手渡しで手紙を私にくれた。

たくさんの手紙をもらった夢だった。

happy01

こんなに手紙が一度にどっさり届くなんて、人生で初めての経験です(笑)

手紙は、情報やニュースを表すそうなんですが、良いニュースがたくさん届くといいです。

2010年1月14日 (木)

懐かしのビデオ映像

携帯に、動画の機能があることをすっかり忘れていた私。

今日、ふと思い出して、過去のものをまる子と一緒に観てみましたmovie

すると、外で初めてヨチヨチと歩いている一歳頃のものや、湿疹ができて初めて病院へ行った時のものが出てきたりして、すごく懐かしかったです。

去年の春、二匹の子ヤギが生まれた頃に撮ったものでは、

まだ恐いもの知らずだったまる子が小屋のなかに入っていて、

子ヤギ二匹にTシャツの裾を引っ張られて逃げまわっている貴重な映像もあって。

これにはまる子も、自分のことなのに、ゲラゲラ笑っていましたhappy02

ビデオカメラだとわざわざ用意して撮らないといけませんが、携帯はその瞬間をとらえやすいのですごく便利です。

こんなに過去の映像が楽しめるのなら、これからももっと撮っておこうと思いますshine

2010年1月13日 (水)

危機一髪!!

昨日は、諏訪のお師匠さん宅へ、新年のご挨拶にうかがいました。

旦那を含めた弟子たちが5人集まり、師匠の奥さんと娘さんたちのお料理をいただいたのですが、

ここへ来るまでの道のりで、大変なことが起こってしまったのですsign03

諏訪までは高速を走って来たのですが、ハンドルを握る旦那が、タイヤの異変に気づきました。

乗っているだけの私は気づかなかったのですが、ハンドルを切ると、フラフラしたようです。

なんとかインターを出て、少し走ったところにあった紳士服のアオキで車を止め、タイヤを点検すると、なんと、右の後輪がパンクしていたのですcoldsweats02

ガソリンスタンドが近くにあったので、あわててそこまで走らせて、積んでいたスペアタイヤと交換してもらい、なんとか自宅まで帰ってきたのですが…。

後で、いつもお世話になっている車屋さんで詳しく原因を調べてもらったところ、

なんと、ただのパンクではなく、ホイールの空気を入れるバルブの付け根から、空気が漏れていたのです。

しかも、4本すべてのタイヤがですsign03

これは、タイヤを買った時点ですでに不備があった可能性が大で、もう3シーズン目に入っているので、今まで何もなかったのが奇跡でしたshine

今日も、無事に行って帰って来ることができて本当によかったです。

途中に寄ったガソリンスタンドのおじさんも、すごく紳士的な方で親切に対応してくれました。

まだ、私たち家族は初詣に行っていない不届き者ですので、早くお礼を言いに行かなければ…、と思っている今日この頃です。

2010年1月12日 (火)

りんごと友人とカフェバーの夢

今朝、見た夢。

母に、りんごを買ってきてほしいと頼まれて、街へ。

すると、露店のりんご売りを発見。

奥には店舗もあり、階段をのぼって行くと、地元の野菜やお惣菜を売っていた。

そこで、会いたいと思っている友人と再会。

今度結婚するというパートナーを紹介してくれたのだが、その人は、どうやらうちの旦那の古い友人のようだった。

その後、私の友人とパートナーは、カフェバーのようなお店を開いて、私たち夫婦もおじゃましていた。

そんな夢。

happy01

会いたいなぁ~、と思っている人に、夢の中とはいえ会えて嬉しいですnote

美味しそうなりんごは、健康や方向性の良い象徴のようですapple

2010年1月11日 (月)

たまには、ちんちゃんにも…

昨日、実家の母が浅草へ、新春歌舞伎を観に行ってきたらしい。

そのお土産があるというので、まる子を連れて実家へ行ってきましたhouse

いつもまる子は、お仏壇のご先祖様を「ちんちゃん」と呼んでいるのですが、

(遺影を見て、「ちんちゃん、可愛い」とも言っています 笑)

「ちんちゃんのとこに、行って来るsign01

と言っては、お供えしてある果物やお菓子を持ってきて、自分で食べてしまいますcoldsweats01

今日も、ちんちゃんのところからみかんを持ってきたまる子でしたが、

たまには自分もちんちゃんにあげないと…、といった感じで、めずらしく、自分の食べていたお菓子をお皿にのせて持っていきましたdash

そして、丁寧にお菓子をお供えして、「チンッnote」とリンを叩いて鳴らしたのですが、そのお菓子が惜しくなったらしく、

「やっぱり、ダメッsign03

と言って、持ち帰って自分で食べてしまいましたdelicious

ちんちゃんに持っていってあげたところまではよかったのに…

そして、後で、

「どうして、ちんちゃんにお菓子あげなかったの?」

と聞いてみると、

「いらないって」

とちゃっかり答えるまる子なのでした(笑)

2010年1月10日 (日)

どんど焼きと成人式と、ついでにもう一つ…

今朝は、去年のだるまや御札、門松などを地域のみんなで燃やす「どんど焼き」でした。

昨晩、「起きられるかなぁ~」なんて言っていた旦那でしたが、6時前に張り切って出かけていきましたrun

その時、私とまる子は夢の中でしたが、近くの田んぼでやっていたので、花火の音や、竹がバンバン爆ぜる音が強烈に響いて、目が覚めてしまいましたeye

それからもう一度寝て、起きてみると、焼いてきたお餅を持ち帰ってきた旦那が待っていました。

そのお餅を、朝ごはんにみんなで食べたのですが、これを食べると一年間は風邪を引かずに元気で過ごせるようです。

表面がちょっと黒焦げになっているので、まる子は「まずい」と言ってあまり食べませんでしたが、

この黒焦げな感じが、どんど焼きらしくて良いのですgood

そして、今日は成人式でもあったらしく、近所の男の子たちが家族と一緒に袴姿で集まっていましたshine

できれば、女の子たちの着物姿を見たかったのですが、まぁ何にしても華やかで喜ばしい光景です。

それから、本当は明日だった鏡開きを、私が今日だと勘違いして、夕ご飯にお供えしていたお餅を食べましたsmile

そんなわけで、今日は、朝から晩までお正月らしい行事がてんこ盛りの一日なのでしたfuji

2010年1月 9日 (土)

『だれかに話したくなる小さな会社』

「日本の開業率を10%引き上げます!」をミッションに、起業家を支援する仕事をしている浜口隆則さんと、

小さな会社のブランド戦略を手がけるコンサルタントの村尾隆介さんの共著ですbook

デフレスパイラルの不安定な今の世の中ですが、

第1章の「だれかに話したくなる小さな会社」の紹介を読むだけでも、世の中まだ捨てたもんじゃないな、と勇気がわいてきますconfident

例えば、社員は友人であり、一緒にアウトドアを楽しむ「遊び仲間」とするパタゴニア。

このアウトドア商品をつくる会社は、波の良い日には仕事よりもサーフィンを優先したり、裸足で仕事をする社員がいたりするほどの、自由なワークスタイルと、

環境問題の取り組みで、世界から尊敬を集めるブランドのようですwave

最後に、著者の浜口さんの詩の一部を抜粋。

shineスゴイことやステキなことっていうのは、

大人になっても、無邪気な動機から生まれてる。

純粋な動機から生まれてる。

それを知れて、ボクは強くなった。

ブランドを創れる人っていうのは、

そんな無邪気さを、持っている人だと思う。

無邪気な動機を、大切に出来る人だと思うshine

2010年1月 8日 (金)

個性がキラリ☆リトミック♪

今日は、年明け初めてのリトミックnote

第二子出産組や、帰省組がいたので、参加者は、バナナちゃんとユマちゃんとまる子の3人でした。

Dsc02487 なぜか今日は、子どもらがピアノの鍵を開けようと奮闘してdash

でも、なかなか開かない鍵をめぐって、先生と会議を開く場面も…

結局、ピアノはお休みして、みんなで「かごめかごめ」をしました。

Dsc02489 ユマちゃんは、真ん中はイヤだと泣いてしまう敏感な一面を見せ、バナナちゃんはすでに覚えていて楽しそうに歌いました。

そして、まる子は、涙を流すユマちゃんを「いい子、いい子」しに行って、ハンカチがないと不機嫌になり、

2_dsc02491私がハンカチを出して渡すと、その涙を不器用に拭いてあげるのでしたconfident

昔なつかしいこのわらべうたで、子どもらの個性を垣間見た先生と、母3人…eye

それは、明らかな成長の証です。

先生曰く、

「バナナちゃんとまるちゃんは、ライバルね」

姉妹のようだと思って見ていたのですが、ふたりでギューッheart04とする場面もある一方で、どつき合う場面も多々ありimpact

同じ10月生まれの子どもたちが定期的に集まるこの機会ですが、子どもらにとっても良い刺激になっているようです。

2010年1月 7日 (木)

こんなところに、あった!!

まる子の背が伸びて、今まで手が届かなかった棚に手が届くようになってしまいました。

さかのぼること数ヶ月前、いつものように置いておいたビデオカメラに手を伸ばしたまる子。

なんと、微妙に手が届いたため、つかみそこねて床に落ちてしまったのですcoldsweats02

幸いなことに、ビデオカメラに故障がなかったのでよかったのですが、そのあと置き場所を変えてしまってから、

次に使おうと思って探したときに、どこにしまったのか忘れてしまったのですsign01

掃除をしたときなどに、タンスの上や押入れのなかなどを探してみるのですが見当たらず、

二歳の誕生日も、新年あけましておめでとうも、撮りそこねてしまいましたsweat01

果たしてどこにしまいこんでしまったのか…。

途方に暮れていたところだったのですが、なんと、今日見つかったのですっflair

それも、まる子が低い戸棚を開けてガサゴソと物色しているときに、出てきました。

棚を荒らすまる子を叱ろうとした瞬間に見えたビデオカメラmovie

ふだん怒られる場面で褒められたまる子は、何が起きたかわからずキョトンとしています。

こんな低い場所にしまいこんでいたとは、盲点でした。

結局このビデオ紛失騒動も、まる子にはじまり、まる子で終わるのでした(笑)

2010年1月 6日 (水)

2010年、開運のコツは!?

風水カウンセラーの谷口令さんという方が、

「今年誰もが簡単に開運できるコツは、

温泉に入ってリラックス。

その土地のおいしい水や食べ物を味わい、

ワクワクしながら温泉を楽しむだけで、

運気の流れがかわりHAPPYな毎日をおくれますよ」

と言っていましたspa

真偽のほどはさておき、温泉好きの私としては、とっても嬉しいアドバイスですheart01

温泉は、お肌や健康にも良いですしっ!

まる子と一緒に…、できれば一人でゆっくり温泉を満喫したい2010年ですhappy01

2010年1月 5日 (火)

まる子、吸引で大泣きする

一昨日、救急で診てもらったまる子ですが、昨晩、やっぱりまだ咳き込んで苦しそうだったので、

今日は、かかりつけ医で診てもらうことに。

朝一に予約の電話を入れ、名前を名乗ると、

「あ~あ~sign01

と受付のお姉さんに言われてしまいましたcoldsweats01

先月末に新型インフルエンザのワクチンを受けた時に、まだ打ってもいないうちから一人で大泣きしていたので、覚えられてしまった様子ですsweat02

やっぱり、すでに病院の駐車場に着くやいなや、事情を察知したまる子は、

「おうちに、帰りたい~crying

と泣きはじめ、小児科病棟で大泣きに変わりましたsweat01

そんなまる子の様子に、先生から、

「鼻水の吸引は、たいていのお子さんが嫌がりますけど、どうしましょうか?」

という気遣いがあったのですが、母は声を大にして、

「ぜひ、お願いしますsign03

と頼んだのでした。

案の定、まる子は泣き続けたのですが、もうここまでくると、どれだけ泣いても母はひるみませんよsign01

なので、会計のときに、しっかりと次のおたふくかぜのワクチンの予約をしてきたのでしたsmile

2010年1月 4日 (月)

頼もしい義妹の家族観

30日の餅つきから、31日のお年取り、お正月…、と義弟家族がたびたびやって来るので、

まる子で大騒ぎな我が家ではありますが、ますますにぎやかになっていますnote

義弟とはいっても、旦那が私より13年上なので、ずいぶん年上の弟になり、

その奥さんの義妹は、姉さん女房で旦那と同い年なので、これまたやっぱり年上の妹になります。

義妹は、今は休職中ですが、事情を持った子どもを預かる施設の主任保母をしていただけあって、

何事もテキパキとこなし、性格も明るくサバサバとしていますhappy01

ふつうの保育園の保育士もしているので、まる子の相談をすると、いつも力強く励ましてくれます。

ちなみに、義妹は、まる子のことを、『あばれはっちゃく』のように激しい子…、だと思っているようですcoldsweats01

そんなふうに何かと頼りにしているのですが、義父母の話題になると、

「好きになった人の両親だし、せっかく出会って家族になれた人たちだから、

大切にしたいと思ってる。

保育園の子どもたちを見ていると、祖父母と同居している子どもたちはとっても優しい子に育っているから、まる子ちゃんにとっても良いことなんだよ」

私が嫁として良くやっていると思うと、またまた力強く励ましてくれ、義妹のその家族観と私のそれが共通していることをとても嬉しく思いましたheart02

旦那と結婚して3年目。

彼をとりまく人たちと良い関係を築いていくことも、大切なことなんだと思う、今日この頃ですconfident

2010年1月 3日 (日)

世の中は心の鏡

今朝、見た夢。

ちょっと殺伐とした感じ。

すれ違う人や近くの人が、なんだか意地悪そうで怖い雰囲気。

そのなかの一人が、こんなふうに私に忠告した。

「これはあなたの心そのままの世界」

私は驚いて、あわてて自分の心のなかを調べながら、良いことを考えようと決意した。

すると、それまでの世界が一変して、ふだんどおりの世界になった。

happy01

すごくメッセージ性の強い夢でした。

たぶん、寝る前に旦那とケンカしたまま眠ったので、こんな夢を見たのでしょう。

怒ったまま寝るのは、これからはやめようと思います!

休日当番医に感謝!

先月の終わり頃に風邪を引いたまる子ですが、熱もないし、元気いっぱい、食欲もあるというのに、年を越してもなかなかスッキリと治らず、

お昼寝や夜寝ているときにひどく咳き込むことがあり、そんなときにたまに戻してしまうことすらあり、

だんだん、ただの風邪ではないかもしれない…、と心配するようになりましたthink

そして、昨晩、市販のこども用せきどめシロップを飲ませたのにもかかわらず、またまた何度かひどく咳き込んで苦しそうだったので、

今朝になって、いよいよ病院に連れて行かなくてはsign01、ということになりましたdash

幸いにも、この地域は休日当番医があり、先月31日~3日までのあいだ交代で地元の小児科医がやってくれています。

新聞を調べると、今日はYこどもクリニックが当番医でして、まる子が生まれたすぐの検診をやってくれた先生の病院でした。

ちなみに、M女史はこの先生の大ファンでして、「ダンディ」と呼んでは頼りにしているようですsmile

朝早くに病院へ向かっていると知ったまる子は、車のなかですでに、

「びょういん、イヤ、びょういん、イヤッ!」

と繰り返していました。

混んでいると思って向かった病院は意外に空いていまして、

到着してすぐに、他の病気に感染しないように別室に通されて待っていると、

まる子の緊張は最高潮に達した様子。

表情がこわばり蒼ざめ、こちらにピタッと寄り添ったまま動かなくなりました。

いよいよ先生が登場し、聴診器を当ててくれる頃には、いつものように大泣きですcrying

もう二週間くらい咳き込んでいたので、もしや喘息では…、とおそれていたのですが、

なんと原因は、のどにたまりまくった鼻水でして、吸引してもらったら、管に30cmくらいたまっていましたcoldsweats02

そして、何度か吐いたのはこの鼻水を出すためだったということと、この鼻水がずっとあるから、風邪がなかなか治らなかったということがわかりました。

とても単純な原因で、ひとまずホッdash

まる子は鼻をかむのを嫌がるし、鼻を吸われるのも嫌がるのですが、こんな大変なことになるくらいなら、これからは気をつけてやらなければいけません。

先生に吸引されているあいだ、待合室で待っていた旦那がまる子の泣き声だとわからないくらいのギャン泣きだったのですが、

家に帰ってきて、おばあちゃんに、

「病院はどうだったの?」

と聞かれて、

「今日は、チクンはしなかったよ」

とすました顔して答えたまる子bleah

ママは、吸引よりも注射のほうがよっぽどいいと思いますけど…

2010年1月 2日 (土)

まる子の気がききすぎる一言

今日は、午後から実家へ行ってきましたhouse

夕方から旦那も来て、一緒に夕飯をいただいて帰ってきました。

みんなで食卓を囲み、テレビを見ていたときのこと。

まる子がテレビを指さし、

「パパ、見て見て!」

と旦那の注意をひくので、私もテレビを見てみると…

なんと、アデランスのコマーシャルをやっているところでしたtv

確かにパパの頭は薄くなってきてはいるけれど…

一同で大笑いでしたhappy01

そのあと、母が、

「まる子ちゃんは、半額シールが付いたものを選んで取りたがる(笑)」

と言いながら、夕食前にまる子と一緒に買いに行った飲み物を持ってきましたcoldsweats01

日ごろのパパとママの買い物風景をよく見ているのですね…

初笑いにはピッタリの、まる子のエピソードでしたsmile

2010年1月 1日 (金)

元旦の奇跡!?

今日、まる子が、初めて自分で補助便座にまたがってオシッコができましたshine

お昼寝から起きた後や、二時間以上過ぎてもオムツにしていないときに、

「トイレでおしっこしようか?」

と誘ってはいたのですが、そのたびに、

「イヤッsign01

と断られたり、稀にアンパンマンの補助便座にまたがることはあっても、

メロディボタンでしばらく遊んでおしまいでした。

私としては、まる子がその気になるまで気長に待つつもりでいたのですが、

やはり世代がちがう母や義母にしてみると、一歳を過ぎてもまだオムツがはずれないということで、ヤキモキしているようですdespair

それにしても、なんの風が吹いて、まる子はトイレでしてみようと思ったのでしょうか…

義母がトイレに誘い、補助便座に座らせて様子を見ていたのですが、すぐに、

「あっちへ行っててsign01

と追い出され、2回ほどアンパンマンのメロディが流れているな、と聞いていたら、

「出たー」

とまる子が元気な声で言ったのです。

さっそく実家の母に電話をして、トイレでおしっこができたことを報告したまる子telephone

それから、なんとなく神妙そうな顔をして、義母とコタツに入っています。

まる子自身も、自分ができた事実をかみしめているかのよう。

実家の母がトイレでできたらご褒美を買ってくれると言っていたので、まる子に、

「何を買ってもらうの?」

と聞いてみたところ、すぐに、

「オッパイ買ってもらうのーsign01

と言ったのを聞いて、まだまだだな…、と思った母でしたcoldsweats01

『永遠のエドガー・ケイシー』…トマス・サグルー

エドガー・ケイシーの生涯を綴った本ですbook

エドガー・ケイシーは、催眠状態になると、質問者のどんな答えにも的確に答えられるという特殊な能力がありました。

その範囲は幅広く、病気の治療法や、発明のサポート、美容、人生相談、霊的な真理などなど、驚くほど多岐にわたっていましたflair

例えば、発明王のエジソンが彼のリーディングを受けていたり、マリリン・モンローも定期的に美容についての質問をしていたようです。

最後のほうに、実際に記録として残されているリーディングの内容が載っているのですが、

病人へのアドバイスはとても細かくて、食事の内容や、服用する薬の内容、どこどこを整骨したほうがいいというようなことまで指導しました。

それは、医者でさえわからなかった、どこがどう悪いという原因がハッキリ見えているので、的確にアドバイスができたのですeye

たくさんの人々が彼のリーディングを受けたようですが、その指導を実行した人は少なかったようです。

そのせいで、せっかく治るはずの病が治らなかった人も多かったのです。

そのことは、とても興味深いことですが、ふだんのエドガー・ケイシーという人は、ほんとうに普通で、とても気さくな人物でした。

そして、エドガー・ケイシーのような人が近所に引っ越してこないかと、つくづく思うのでしたconfident

初夢2010

今朝、見た夢。

『でこぼこフレンズ』のくいしんボンみたいな男の子が、壁に一輪ずつ花をセロテープで止めている。

その花を、少しおとなしそうなタイプの女の子たちが、嬉しそうに大事に抱えて持って行く。

花は、赤いバラや、赤いスイトピーや、黄色い花だった。

happy01

今年初めの夢は、優しい気持ちになる夢でした。

赤はエネルギー、黄色は平和をあらわしているそうで、そんな一年になるのでしょうか…

楽しみですshine

みなさま、今年もよろしくお願いします!

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »