2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 世の中は心の鏡 | トップページ | まる子、吸引で大泣きする »

2010年1月 4日 (月)

頼もしい義妹の家族観

30日の餅つきから、31日のお年取り、お正月…、と義弟家族がたびたびやって来るので、

まる子で大騒ぎな我が家ではありますが、ますますにぎやかになっています

義弟とはいっても、旦那が私より13年上なので、ずいぶん年上の弟になり、

その奥さんの義妹は、姉さん女房で旦那と同い年なので、これまたやっぱり年上の妹になります。

義妹は、今は休職中ですが、事情を持った子どもを預かる施設の主任保母をしていただけあって、

何事もテキパキとこなし、性格も明るくサバサバとしています

ふつうの保育園の保育士もしているので、まる子の相談をすると、いつも力強く励ましてくれます。

ちなみに、義妹は、まる子のことを、『あばれはっちゃく』のように激しい子…、だと思っているようです

そんなふうに何かと頼りにしているのですが、義父母の話題になると、

「好きになった人の両親だし、せっかく出会って家族になれた人たちだから、

大切にしたいと思ってる。

保育園の子どもたちを見ていると、祖父母と同居している子どもたちはとっても優しい子に育っているから、まる子ちゃんにとっても良いことなんだよ」

私が嫁として良くやっていると思うと、またまた力強く励ましてくれ、義妹のその家族観と私のそれが共通していることをとても嬉しく思いました

旦那と結婚して3年目。

彼をとりまく人たちと良い関係を築いていくことも、大切なことなんだと思う、今日この頃です

« 世の中は心の鏡 | トップページ | まる子、吸引で大泣きする »

つれづれなる日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頼もしい義妹の家族観:

« 世の中は心の鏡 | トップページ | まる子、吸引で大泣きする »