2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

子ヤギが無事一夜を越しました

昨夕、無事に出産が終わったものの、母子ともに元気のない様子で心配していたのですが、

今朝見ると、子ヤギのほうは、自分で立てるようになっていましたcapricornus

Dsc02882

Dsc02879 

人見知りしない子ヤギは、まる子や私をペロペロ舐めてくれ、メェーメェーとかすれた小さい声で鳴きます。

まる子は、

「可愛い~、可愛い~heart01

と口では言うものの、子ヤギが近づいてペロペロされるのがちょっとこわい様子です(笑)

母ヤギのほうは、まだ疲れがとれないようで、子ヤギが近づくと逃げてしまいます。

仕方がないので、昨夜から、じーちゃが、まる子が使っていた哺乳瓶で乳をあげていました。

でも、だんだん、近づいてくる子ヤギに母ヤギが鼻を寄せたりしていたので、しばらくすれば、母親らしく世話をはじめそうな気配です。

それまでは、じーちゃが母親代わりといったところで、子ヤギもじーちゃにすごくなついてますlovely

Dsc02888 

2010年3月30日 (火)

ヤギも高齢出産は大変です

夕方おそく、もう辺りが暗くなってから、やっと子ヤギが生まれましたhappy01

朝からなかなか生まれないので、心配したじーちゃが獣医さんを呼んで、出産を手伝ってもらって…。

どうも逆子のうえに、一本の足だけが前に出ていたので、それが引っかかって出てこれなかったようです。

それを、獣医さんが、一本だけ出た足を押し込んで二本にそろえて、引っ張り出してくれたのです。

夕飯の仕度をしていて、出産の様子が見られなくて残念でしたが、ご飯を食べてから、まる子と赤ちゃんを見に行ってきました。

Dsc02871

生まれたての子ヤギを初めて見るまる子の反応が気になりましたが、意外と冷静で、

「メェ、赤ちゃんを産んだんだっ!」

と言って、じっと見つめていましたeye

じーちゃが「年寄り」と呼ぶだけあって、母ヤギのほうは産後の疲れがひどいようで、

子ヤギを舐めたり、お乳を飲ませたりすることもなく、離れたところでジッとたたずんでいました。

無事に出産は終わったのですが、子ヤギも長時間にわたった出産で疲れたようで、なかなか立てません。

寒い夜ですから、2匹の体力が心配です。

母ヤギの代わりに、じーちゃが一生懸命子ヤギの世話をしていました。

Dsc02872

まだか、まだか…

Dsc02852

2匹いるヤギのうちの1匹が、朝から座り込んだまま、ご飯も食べません。

じーちゃが、今日中に生まれると言い、いつ生まれるかとソワソワして待っていました。

じーちゃは、このヤギを「年寄り」と呼び、

「最後だから、無事に産んでくれよ」

と祈るようにつぶやき、一日そばについていました。

聞くところによると、このヤギは、何回も流産していて、その年くらい赤ちゃんができず、やっと妊娠したようで…。

ですから、じーちゃにとって、このヤギの出産は、ひときわの思いがあるようなのです。

私とまる子も、何度も足を運んで、子ヤギの誕生を楽しみに待っていたのでした。

それは寝たうちに入りません!!

昨夜、なかなか寝ないまる子にしびれをきらして、

「早く寝なきゃダメだよっsign03

と言ったところ、

「つぶってるよ、ほら、つぶってるじゃんっsign01

と目をつぶってみせたまる子coldsweats01

それは、寝たって言わないんですよっangrydash

2010年3月29日 (月)

まる子、がんばったんだもんっ!

昨日は、私が実家の店を手伝っているあいだ、じーちゃとおばあちゃんに見てもらって良い子にしていたまる子でしたが…。

手伝いが終わって、3時半頃帰ってくると、まだまる子はお昼寝をしていませんでした。

「ママが帰ってくるのを待っていたの」

なんて言って。

そして、私が寝かしつけて、一時間半ほどお昼寝をしたのですが…。

勢いよく降ってきた雨に起こされ、まだ眠たいようで、グズグズしていましたbearing

居間のコタツでまる子を抱っこしていると、そこへ、じーちゃが帰ってきて、

「まる子ちゃん、今日は本当におりこうさんだったなぁー」

と話しかけると、今までためていたものを吐き出すように、

突然まる子がエーン、エーンと大粒の涙を流しはじめましたcrying

そのとき、まる子を義母に預けたときに、何か言いたそうにしたまる子の後姿が思い出され、

小さいまる子の頑張りに気づいたのです。

いつもまる子を長時間預けるのは、実家の母か旦那でしたし、うちにいるときは、だいたいパパかママがいるのですが、

昨日は、パパもママもお祭りで留守にしたのでした。

生意気なことを言うようになり、すぐに一人で飛んでいってしまうまる子ですが、まだ2歳なんですねconfident

2010年3月28日 (日)

今日もお祭りへ

今日も、まる子を連れてお祭りへdash

旦那は、獅子舞の披露で町をまわります。

お祭り開始の花火が9時に鳴り響き、一斉に町全体が歩行者天国になりました。

まる子は、その花火の音にびっくりして飛び上がり、あわてて私のところに抱きついてきました(笑)

ほかにも、獅子頭や、獅子舞を誘導する役の天狗や鬼を見てはこわがっていて。

大人は、大名行列や大獅子を見たくて人だかりになっていましたが、

まる子のお目当ては、地元新聞社のマスコットキャラクター・なーのちゃんですheart01

新聞社の駐車場では、今日の新聞を写真入りで作ってくれるサービスをやっていたので、

なーのちゃんバスを背景にして、まる子とふたりで写真を撮り、それを記事にした記念新聞を作ってもらいました。

そして、なーのちゃんのお祭りバージョンのシールをもらって、まる子は満足そう。

帰りに、めずらしい虎舞を披露するグループが演技をはじめたので、それを見て帰ってきたのでした。

そして、結局今日も、実家の店が忙しくなってしまったので、まる子を義母に預けて、手伝ったのですsweat01

次のお祭りのときには、まる子は9才。

小学生になっているんですね。

この地域の子どもたちのように、獅子舞の笛を担当して、一緒に練り歩いているかもしれませんnote

私といえば…、年齢のことは考えたくありません(笑)

2010年3月27日 (土)

七年に一度の大祭

昨日から、この地では、七年に一度催されるお祭りがはじまり、町内が活気づいていますup

神様の加護と、この町の復興と繁栄を祈念して開かれるこのお祭りでは、

町内を大名行列や各地の獅子舞、太鼓などが練り歩き、終日笛と太鼓の音が響き渡ります。

私は、実家の喫茶店を手伝うことになっていたので、そのまえに、早足で町を一周してきましたdash

午前中の早い時間だというのに、すでに町は人でにぎわい、出し物のまわりには幾重にも人の輪が。

Dsc02849

さてさて、忙しいことを想定して手伝いを引き受けたものの、夕方近くになってやっと一息つけるほどの混み具合でしたsweat01

次から次へとやって来るお客さんの波に目がまわりそうでしたが、なんとか終わってホッhappy01

忙しいなかでも、懐かしいお客さんが来て久しぶりにお話できたりと、楽しいこともありました。

カウンターに座ったご夫婦は、

「七年前にここに来て、また来ることができて、帰ってきたみたいで嬉しいです」

と言ってくださり、帰り際には、

「ではまた、七年後にsign01

と、お互いにあいさつをしました。

そして、常連さんからは、

「出戻ってきたのかsign02

などと言われたり、

「カンロク、ついたな~」

なんて言う人もいて…coldsweats01

まる子を毎日怒っている成果が、こんなところに表れたようです(笑)

育児から離れて、久しぶりに好きな接客の仕事ができ、いつも使わない脳ミソをフル稼働させ、十分にリフレッシュできましたhappy01

快く子守りを引き受けてくれた旦那や、夕飯の用意をして労をねぎらってくれた義母、夜早く寝てくれたまる子に感謝です。

2010年3月26日 (金)

M女史の送別会

昨夜は、引越しを明日に控えたM女史の送別会を、とある居酒屋さんでやりましたbeer

急に決まった旦那さんの転勤で、昼間は荷造りで忙しいということで、めずらしく夜の宴となったのですが、

第二子出産組みのフクちゃんやスマイルちゃんも、最後だから!と、赤ちゃんを連れて参加してくれました。

そして、リトミックの先生も、忙しい時間を縫って顔を出してくださり、美味しいお料理を囲んでにぎやかな時間を過ごすことができました。

というか、私とチッチは、腕白娘のまる子とバナナちゃんを追いかけまわして、結果、大騒ぎになってしまったという感じです。

偶然、娘ふたりの上着が紫色でおそろいとなり、この紫組がグルになっていたずらばかりするのですdash

Dsc02833

別れ際、この土地ならではの、万歳三唱で送り出したのですが(笑)、

「この土地に転勤が決まったときは、嫌で嫌で泣いていたんですが、

今は、引越ししなくちゃいけなくなって、泣いてしまうんですぅーーー」

というM女史の言葉に、ついホロリときてしまうのでしたweep

妊娠中のプレママ教室からの付き合いで、みんなちょうど10月出産だったので、

産後も何かと集まっては仲良くしていただけに、遠く離れてしまうというのは、なんとも寂しい気持ちです。

ついつい、妊娠中に一緒にドキドキした出産のことや、生まれてからすぐの検診で、慣れない外出が大変だった思い出、

一緒にランチやお茶をした時間や、リトミック、それから、旦那さんたちも一緒の夜の宴などなど、いろいろな記憶がよみがえってきてしまいますconfident

そんなことを思いながら、まる子とお風呂に入っているときに、

「今日は、何がいちばん美味しかった?」

と聞いてみたところ、

「オッパイsign03

と元気よく答えられてしまい、母はガクッとくるのでしたcoldsweats01

鮭茶漬けも美味しかったし、唐揚げや、ラーメン、ソフトクリームも食べたじゃないのさ…。(ほとんどナカミーに食べさせてもらってのだけど…sweat02

2010年3月25日 (木)

運動不足がたたり…

昨夜のボディコンクラブ(=ボディコントロールクラブ、ストレッチ)で、自分の股関節の硬さと、腹筋&背筋力のなさに愕然としてしまいました。

毎週水曜日の夜、一時間ほどストレッチをする会なのですが、

まる子の都合やなんかで行けないこともしばしば…、でも、できるかぎり参加しています。

昨夜は、義母がまる子の子守りをしてくれたので、身軽に参加できたのですが、

みっちりやってみると、なかなか大変ですsweat01

股関節を開くときなどは、私よりも年上のみなさまができているというのに、

私ときたら、股関節が開かないうえに、ももの裏や足の裏がつってしまう始末…coldsweats02

先生曰く、

「それは、股関節が硬いこともあるけど、運動不足ね…coldsweats01

腕を大きく回す運動でコキコキ骨が鳴ってしまうと、この会に誘ってくれた整骨院の奥さまから、

「それは四十肩予備軍だよ~、まるままさん、若いのにsign03

と言われてしまいましたsweat01

産後の体重が戻って油断していましたが、年齢のことを考えると、もう少し自分の体を調子よく整えておいたほうがよさそうですconfident

2010年3月24日 (水)

まる子の生後5ヵ月をなつかしむ

昨日、妹とケンちゃんと私とまる子で、実家近くにある子育てサロンへ行ってきましたchick

ここは蔵を改築して作られた雰囲気のあるところなのですが、部屋がそれほど広くないので、

まる子がハイハイくらいのときに、みんなでよく行った場所です。

この日来ていた子どもたちも、みんなねんね~ハイハイくらいの子たちでしたので、

そのなかで、オモチャが入っている引き出しを開けて中を物色したり、絵本を出してきたりするまる子は、ずいぶんお姉さんに見えましたribbon

今ケンちゃんは5ヵ月なのですが、妹にまる子を見ていてもらって、私がケンちゃんを抱っこしていると、スタッフの先生から、

「まる子ちゃんの5ヵ月のときを思い出して、なつかしいでしょ~」

なんて言われました。

でも、実際は、そんなふうに言われても、あんまり覚えていないんですよねcoldsweats01

それに、ここでは、初めて来た母子をカメラで撮って、名前を書いて壁に貼ってくれているのですが、

すみからすみまで見ているのに、友だちは見つけられるのですが、自分とまる子の写真が全然見つからないのですdash

そして、妹がやっと見つけてくれてその写真を見たのですが、なんだか2人とも別人のようで、スタッフの先生にも驚かれてしまいました。

私は産後で顔がむくんでいるし、まる子はまんまるで髪がなく、男の子みたいで(笑)

当時の育児日記を読み返してみると、だんだん暖かくなって汗をかきどこそこに湿疹ができた、とか、

もうすぐ寝返りができそうだ、というようなことが書いてあって、だいたい同じような毎日でしたconfident

私のほうは、オッパイが張り肩が凝って大変だった時期で、何回か助産師さんに診てもらっていました。

夜中に、わざわざ寝ているまる子を定期的に起こして飲んでもらったり…sweat01

それから、もうすぐ離乳食がはじまるからオッパイを飲んでくれなくなるのは寂しい、なんてことも書いてありましたが、

2歳の今も、まだ寝るときには欲しくて飲んでいるのですから、笑っちゃいますhappy01

当時、まだねんねだったまる子が、今や毎日ブログに登場するほどいろんなハプニングを起こしてくれるまでに成長したのですから、

それを思うと、この2年のあいだの大きな変化を感じずにはいられません。

2010年3月23日 (火)

この靴を買おうかどうか、迷う夢

今朝、見た夢。

場所はデパート。

黒いクラッシックなヒールの革靴が、半額セールでおいてあるのを発見。

この靴は、前に来たときにもおいてあって、まだ売れずにあったんだと嬉しくなる。

オーストリッチのような模様が付いているのが、ちょっと気になるけど、半額だし…、どうしよう。

迷ったので、実家の母に写メを送って、ケイタイで聞いてみようとする。

でも、ダイヤルが小さいのか、うまくかからなくて…。

happy01

夢から覚めて、迷ってるんだから、買わないだろうな、私は、と思いました。

よくよく思い出してみると、一目惚れするようなカワイイ感じでもなかったし…。

こんなふうに、うだうだと迷っている時間をもったいない、と感じたりして。

ここで、「黒い靴」を夢辞典で調べてみることに…。

靴は、基本的に人間関係や社会とのバランスの象徴らしく、

それが黒だというと、安定と堅実をあらわすようです。

うーん…、ということは、良い意味だったんですね。

可愛くないからいらない、だなんて、せっかちに結論を出さなくてよかったです(笑)

人間関係ならば、どうしようかと迷いながら関係を深めたり、ときに離れたりして、

バランスをとっていく今のやり方がいいようです。

2010年3月22日 (月)

ツーリングには、まだ寒い

今日は、旦那のバイク仲間のツーリングに便乗して、ちょこっとドライブに出かけてきました。

もちろん、私たちはまる子がいるので車です。

一度、まだまる子が一歳くらいのときに、旦那がまる子をおんぶして三人乗りをしたことがあるのですが、

そのときは、一台のスクーターに家族全員が乗る東南アジアの家族のような気分でした(笑)

朝8時半に、某道の駅parkingへ集合。

Dsc02824

メンバーのなかに、黒の革ジャンでカッコ良くきめた女性が一人。

年齢を聞くと、すでに24歳の娘がいるお母さんだそうで、そして、うちの旦那と同じ年でもあるようでして…(私と旦那の年の差は13歳ですから…)。

うちの娘はまだ二歳、その娘同士の年齢差にビックリsign01、でした。

私は13年後、どんなふうになっているのか…、そして、まる子もどんな大人になっているのか…、思いを馳せてしまいましたconfident

でも、まったくなにも見えませんcoldsweats01

まる子の相手をしていると、一日が濃密過ぎて、未来のことを想像する余裕もありませんからsweat01

お決まりのツーリングコースがあるようで、次の大きな道の駅で休憩したあと、

バイク隊は颯爽とつづく道の先へ走って行き、私たちは帰宅の途についたのです。

まだまだ風が冷たい春の日cherryblossom

ツーリングには寒い一日でした。

2010年3月21日 (日)

便秘かしら!?

毎日快便のまる子ですが、どうも一昨日から便秘気味のようで…coldsweats01

一昨日は一日出なくて、昨日も小さいコロッとしたものしか出ないのです。

トイレの便座に座ったまる子に、

「うんち、出ないねぇ~」

と何気なく言うと、

「うんち出ろ~って、グルグルやって」

と、お腹を出すではありませんかsign02

この「うんち、出~ろ。うんち、出~ろ」と、のの字を書きながらお腹をマッサージする方法をやっていたのは、

離乳食がはじまり、とたんに便秘がちになってしまった時期でして…restaurant

といっても、まる子の離乳食は遅かったので、一歳は過ぎた頃だとは思いますが…。

そんなときにやっていたことを、覚えていたのかと思ったら、便秘の心配などは吹っ飛び、とても懐かしい気持ちになってしまいましたconfident

2010年3月20日 (土)

とうぶん、ネギ料理かな…

今日は暖かいので、まる子と畑に出て行くと、

「ネギをとるー!」

と言い出し、土のなかで保存中のネギを引っこ抜こうとしましたsweat01

畑仕事をしていた義母が、一束抜いてくれ、根っこを取り除いて渡してくれました。

すぐに自分の世界に入り込み、黙々と皮むきをはじめましたまる子smile

Dsc02816

ネギに付いた土を洗うのも、自分でやりたがります。

Dsc02817

でも、最後のお楽しみは、やっぱり水遊びでcoldsweats01

Dsc02819

大量に皮を剥かれたネギは、お昼ご飯に酢味噌で和えて、美味しくいただきましたhappy01

2010年3月19日 (金)

まる子、大荒れのリトミック

今日のリトミックでは、はじまりから、まる子は「おうちに帰りたい」と言って、

自分で戸を開けて、さっさと出て行ってしまいましたdash

まだ来たばかりなのに…、とあわてて追いかけ、抱きかかえて部屋に入ったのですが、

抱っこしていても、大粒の涙を流して「おうちに帰りたい」を連呼crying

みんなが集まっても、先生がキーボードを鳴らしても、一向に機嫌が直りません。

結局、今日は終始単独行動で、みんなで輪になって歌をうたっていても興味を示さず、

先生のキーボードを奪い取って、一人で弾き語りをやっていましたnotesweat01

そして、お茶の時間だけ合流。

まったくゲンキンな娘ですcoldsweats01

それでも、お隣のユマちゃんのゼリーを取ったり、叩いたり、不穏な空気を撒き散らしていましたthunder

季節の変わり目で不安定になっているのか、ただ眠たかっただけなのか…。

でも、ほんとうは母たちも、昨日知らせを受けた、M女史の突然のお引越しで、胸中は複雑なのですweep

旦那さんの転勤とはいえ、寂しい限り…。

実はみんな、まる子のように大声で泣きじゃくりたいんですーーーーっcrying

2010年3月18日 (木)

停電の夜に!?

昨夜のお風呂での出来事spa

義父母は旅行で留守、旦那は会合で不在、という状況で、

まだ夕方の6時半だというのに、まる子が「もう寝たい」と言い出しました。

ふだん、誰かしらいるこの家では、まる子を私一人でお風呂に入れることはめったにないのです。

あと2時間待ってくれれば、パパが帰ってくるのですが…、寝たいと言われれば、お風呂の用意をしないわけにはいきませんdash

黄砂のせいだと思っていたまる子の咳は、夕方から鼻水も出てきて、どうやら風邪をひいた様子wobbly

悪くしてはいけないと思い、電力の大きいセラミックヒーターを、脱衣所と居間の両方で使ってしまったら、

お風呂にふたりで入っている最中に、突然、真っ暗闇になってしまいましたbearing

ブレーカーが落ちたのですsign03

いつもなら、

「ちょっと、ブレーカーが落ちちゃったよーーーsign01

と叫べばいいところですが、こんなときに限って誰もいませんcoldsweats01

しかも、私はシャンプーの途中なのにっcoldsweats02

ブレーカーを上げに行かなきゃ!、と思ったり、暗闇のなか一人で湯船に浸かっているまる子がパニックにならないか、と焦ったり、いろいろな思いがめぐったのですが、

まる子ときたら、

「だれが電気を切ったんだ?

早く電気を付けなくちゃー」

と、かなり冷静な姿勢で、エーンとも泣きません。

そんな落ち着いた様子のまる子に安心して、急いでブレーカーを上げに行き、無事にもとの明るさを取り戻したのでしたflair

こんなときほど電気のありがたさを感じる瞬間はありません(笑)

いつもながらの自分のマヌケぶりにあきれつつも、まる子の予想外の冷静さに驚いた夜でしたmoon3

2010年3月17日 (水)

まる子、じーちゃを追いかけてこける

Dsc02772

夕方、ヤギさんの夕飯用の草を刈ってきたじーちゃ。

まる子にじゃまされないように、急いで坂道を下ります。

それを追いかけたまる子が、見事に転倒っsign01

決定的瞬間をとらえましたsmile

2010年3月16日 (火)

ありがとう、6000!

昨日、もうすぐカウンターが6000になるなぁ~、なんて見ていたら、

今日、自分で6000を踏んでしまいましたcoldsweats01

いつも愛読してくださっている皆様、ありがとうございますshine

ブログ開始から、もうすぐ一年になります。

いとこのケンちゃんがやって来た!

日曜日から、浜松に住む妹が、息子のケンちゃんと帰省しています。

まる子にとってはいとこになる、ケンちゃん。

去年の10月に生まれたので、まだ5ヵ月ほどの可愛い赤ちゃんです。

日曜日から、毎日ケンちゃんに会いに実家へ行っているのですが、

まる子は、ケンちゃんに会うと嬉しくて、最高潮にテンションが上がりますup

私がケンちゃんを抱っこすると、すぐさまヤキモチを焼いて、

「ケンちゃんのママが抱っこしなさい!」

などと、テーブルをバンバン叩いて猛烈な抗議をするのですが、

いざ自分がケンちゃんを抱っこしてみると、可愛くて可愛くて、ずっと抱いているのです。

Dsc02785

そして、お腹が空いたケンちゃんがエッエッと泣きはじめるとオロオロしだし、

ミルクを作りはじめた妹のところへ行って、

「ケンちゃん、どうして泣いてるの?」

と心配そうに聞き、

それから、泣いているケンちゃんのそばへ行って、どうしたらいいかわからず困った顔をし、

妹のところとケンちゃんのところを、右往左往するのです。

ミルクを作るときには、ポットのロックを外してやったりと、ケンちゃんの前ではお姉さん顔をするまる子。

でも、そのロックは、いたずらまる子のやけど防止でやっているロックなんですけどね…(笑)

2010年3月15日 (月)

まる子、春の畑仕事

今日、義母が、畑に肥料をまいたり、菜の花を採ってくると言うので、まる子とついていきました。

まる子は、肥料をのせた車を自分で押すと言い出して、はりきって畑まで歩いていきましたfoot

Dsc02780

そして、

「もっと、もっとsign01

と言っては、カゴいっぱいに菜の花を入れてもらっていました。

Dsc02783 

今までは、いたずらをするので、畑に入ることを禁じられていたまる子でしたが、

今日は、まる子なりのお手伝いができたようでしたhappy01

2010年3月14日 (日)

中国人観光客がわんさかやって来た!

今朝、見た夢。

場所は、インドネシアのホテルのカフェラウンジで、旦那とコーヒーを飲んでいる。

ホテルを出て、大型ショッピング施設を通ると、さっきまで閑散としていたその場所に、

わんさか中国人観光客が来ていた。

こんなところまで中国人が!?、と驚いていた夢。

happy01

朝起きたら喉が痛くて。

風邪かな?、と思ったんですが、外に出たら車のフロントガラスが真っ白で。

向こうの山々も霞んで見えるし、どうやら黄砂が飛んできたようです。

最近は、花粉よりも黄砂のほうが苦手です。

私の夢にまで、中国人として侵入してくるとは!?トホホ…。

『身体の言い分』

この本は、哲学者・内田樹と、治療家・池上六朗の対談本ですbook

対談の内容もおもしろいのですが、おふたり自身もなかなか興味深い人物でして、

池上さんなどは、船乗りのお仕事からいろいろと転職をされて、最後に独学で治療家になられたようです。

船乗りの仕事で覚えた身体感覚や、いろいろな仕事をされた人生経験から、独自の治療法を確立されたとか…。

内田さんは武術が趣味のようで、やはり人間の身体について詳しいようです。

本の帯に、「からだに聞けば、すべてうまくいく」とあるように、身体の快or不快で物事を判断していくことを勧めています。

それから、ご縁を大切にしていくこと。

そうすることで、人生が自然に展開していくようです。

治療家の書いた解説本などは、専門用語が出てきて読みにくいのですが、これは対談形式で喋り言葉なので、一気に読めてしまいましたhappy01

2010年3月13日 (土)

なんだかお腹がいっぱいに…

今日は、農協の新しい祭儀場が完成したので、その内覧会に家族で行ってきました。

ここでは、くじ引きやおでんと五平餅のサービス等があり、朝から大勢の人でにぎわっていました。

まる子は黄色の風船をもらいご機嫌に。

私たちは、その黄色を目印に、まる子を追いかけますdash

Dsc02765 

広い敷地内に併設された農業資材のお店や、地元食材のお店などの六ヶ所をまわってスタンプをもらうスタンプラリーでは、最後にガラガラを回して景品をもらえました。

まる子は手が短すぎて、ぐるっと回すことができず残念そうでしたcoldsweats01

Dsc02769 

最初に入ったガスの展示会ではソフトクリームを、それから、祭儀場でおでんと五平餅とコーヒー、他にもあちこちで試食販売をしていたので、

うちに帰ってくる頃には、お昼ご飯もいらないほどお腹がいっぱいになってしまったのでした。

Dsc02767 

2010年3月12日 (金)

ワンコVSまる子~キョンちゃんの実家でランチタイム♪2

キョンちゃんの実家に到着するや否や、モモちゃんとチェリちゃんの激しい歓迎鳴き(?)にあい、しぱし硬直したまる子…。

しかし、2匹のお気に入りのオモチャをまる子が取り上げてから、形勢が微妙に変わってきました。

Dsc02760

まる子もそのオモチャが気に入ってしまったようで、2匹が乗りかかってこようとも、頑なに握りしめて離そうとしません。

Dsc02761

最後は、こんな状態に。

Dsc02762

キョンちゃんの実家でランチタイム♪

今日は、キョンちゃんの実家へまる子とお邪魔して、ランチを頂いてきましたhouse

Dsc02757

到着すると、キョンちゃんがパンの生地を丸めているところでして…。

まる子にも、表面に卵液を塗る作業を手伝わせてくれました。

Dsc02755 

「汚してもいいから、好きにやってhappy01

と言ってくれたキョンちゃんでしたが、この作業に慣れてきたまる子は、なんと刷毛に卵を付けてそのまま舐めはじめてしまいましてcoldsweats01

さらに、まだ生のパン生地をつまみ食いしようとする始末sweat01

まったく、油断も隙もありません。

焼けるまで、待つこと30分。

粘土のようにはうまくいかず、苦心して作ったアンパンマンが、完成の頃には、おとぼけおじさんに変身してしまっていました(笑)

Dsc02763

焼き上がった頃には、おじさんや妹さんもお昼に帰ってきて、みんなで食卓を囲んだのでした。

久しぶりでしたが、やっぱり焼きたてはウマイsign03

まる子もお腹いっぱい食べて、帰ってきたのでした。

2010年3月11日 (木)

棚ぼたな夢

今朝、見た夢。

遠くに住んでいる女友達と、奇遇にも再会。

ちょうど彼女の誕生日だと思い出して、私がどこかでもらった向日葵の花束をあげた。

実家に寄るように誘うと、彼女のほかに、初めて見る女の子も一緒に来ることに。

その子は、たった今一万円が当たったらしい。

でも、なぜか、その一万円が、「行くべき人のところへ行く」といって、私の持ち物の封筒のなかに入ってきた。

そして、持ち主の彼女も、気前よく、それでいいよ、という顔をしていた。

ラッキーと驚きの夢。

happy01

その一万円が自分に来るといいなぁ、なんて密かに念じたけれど、夢とはいえ、実際に自分のものになるとは驚きました。

現実生活のなかで、たとえば宝くじの当選のときなんかに、応用できたらいいのですが…。

邪念が入ってダメでしょうか(笑)

2010年3月10日 (水)

つくってたべよう!

今日も、昨日の子育てサロンへ。

子育て講座「つくってたべようheart01」で、栄養士さんが保育園の人気給食レシピを教えてくださり、実際にみんなで作ってみました。

Dsc02730 

本日のメニューは、「しらすぼしとチーズのおやき」、「わかめスープ」、「豆腐入りごま団子」、「マカロニかりんとう」の四品。

子どもらもスモックを着用し、格好は一丁前なのですが、遊びには勝てず、結局、別の部屋で先生に見ていてもらうことに…。

Dsc02739

だいたいの手順を栄養士さんがやってくださり、私たちの出番といえば、

「豆腐入りごま団子」の白玉粉に、水代わりの豆腐を混ぜ、一口大に丸めてお湯に入れることくらいでした。

そんなに魅力的ではなさそうなメニューでしたが、実際に食べてみると美味しくて、意外なアイデアが光っていました。

まる子も、みんなの食べっぷりに押されて、負けじと食べていたところまではよかったのですが、

先生のマカロニかりんとうまで奪って食べ、「山猿のようだ」と言われてしまいました(笑)

帰りには、一昨日やったという「お買い物ごっこ」のセットをお土産にもらって、親子で満足して帰ってきたのでしたhappy01

Dsc02741

2010年3月 9日 (火)

雪の日の温かい時間

今日は、2/9の記事『静と動ねぇ…。』を読んだナカミーが、‘まる子がのびのびと遊べるよ!’、

と教えてくれた子育てサロンへ行ってきました。

Dsc02719 

もとは保育園だった場所を、子どもとママの遊びの広場に変えて利用しているので、トイレや手洗い場などすべてが子どもサイズchick

教室ごとに、「おままごとの部屋」だとか、「おもちゃの部屋」、「ごはんを食べる部屋」などと分かれており、

今日は雪が降っていたので使えませんでしたが、晴れた日は園庭でも遊べるそうです。

広い遊戯室にもすべり台や、大きなブロック、ボールハウス、ミニバスケットゴールなどがあって、

まる子も、一緒に行ったバナナちゃんやうーたんも大はしゃぎでしたhappy02

Dsc02721 

おままごとの部屋で、3人は、子ども用おんぶひもを使って、お気に入りのぬいぐるみをおんぶ。

小さなお母さん気取りです(笑)

Dsc02729 

先日の子育てサロンでまる子に言われたことを、ナカミーがここの先生たちに伝えてくれていたようで、

「ここではそんなことは言わないし、広いから、のびのびと遊びにおいで~sign01

と明るく言っていただけましたshine

雪の寒い日に、楽しく温かい時間が過ごせて、まる子も母もよかったです。

2010年3月 8日 (月)

それって、褒め言葉!?

金曜日に、スパイラルパーマをかけた私。

昨晩、初めてシャンプーをしてみました。

濡らすとクッキリとパーマが出るので、まる子に見せてあげると、

「わぁ~、おうどんみたいっsign03

と丸い目をさらにまんまるくして、喜んでいました。

その反応は予想外で、大笑いhappy02

そのうえ、

「おいしそうだねぇ~noodle

と食べるマネまで…

そして、

「ママも、食べてごら~んnote

と言われてしまいましたcoldsweats01

美容院に行ってから、まる子が私の髪の毛を歯でひっぱって抜いていたのですが、

うどんをイメージしての行動だったのですね(笑)

パーマをかけた直後は、

「ママの髪型、ステキですねheart01

と褒めてくれたので、うどんという表現は、まる子のはじまったばかりの人生で覚えたボキャブラリーのなかの、最大級の賛辞だと解釈しています。

2010年3月 7日 (日)

映画を観にいく夢

今朝、見た夢。

学校のみんなで、映画を観に行く途中の様子。

場所は、都会の景色で、お洒落なビルや、高層ビルが建ち並んでいる。

「あそこの映画館だよ!」

と友達が指差して教えてくれた建物は、10階建てくらいありそうな大きな茶色のビル。

それを聞いた別の友達が、

「あそこのイスは座り心地が悪いんだよね」

なんて、言っていたりして。

クラッシックで豪華なホテルのなかを通ると、結婚式かパーティーの準備中で、テーブルにはご馳走が並んでいた。

happy01

今日の夢は、まるっきり最近の出来事があらわれた夢でした。

『SEX AND THE CITY』の世界があらわれたり…

座り心地の悪いイスっていうのは、一昨日行った美容院のイスの角度が合わなくて、

背中にクッションを入れてもらったことが夢のなかに出てきた感じです。

お洒落な場所が夢に出てくるのは気分が良いですから、日常をリフレッシュして、お洒落な場所へ行ってみたり、映画を観たりするのは効果的かもしれません。

2010年3月 6日 (土)

またまた、いちご狩り♪

今日は、旦那の仲間たちといちご狩りへ行って来ましたrvcar

あいにくの雨降りでしたが、受付センター前の広場には、バリケンというカモ科の鳥が3羽もいて、子どもたちをもてなしていました。

陸に上がって散歩をしたり、突然池の中に入って泳ぎはじめたり、なかなかのパフォーマンスをします。

まる子も後を追いかけたり、こわごわ近づいたり…。

Dsc02687

先日のいちご狩りで、まる子は練乳の味を覚えてしまい、いちごの先端にチョコッと付けてなめるばかりで、いちごは3つほどしか食べませんでしたcoldsweats01

旦那は、はじめてのいちご狩りで気合を入れて参加したのにもかかわらず、思ったよりたくさんは食べられなかった様子。

大人の高い目線より、まる子の低い目線でいちごを見ると赤いのがよく見える、と言って感動していましたeye

Dsc02698

今日は、いちごの花を見る余裕もあって、ゆっくり味わえましたnote

Dsc02703_2

2010年3月 5日 (金)

久しぶりに、全員集合!

今日のリトミックは、第二子出産組もみんな参加して、久しぶりに全員が集合しました。

Dsc02678

みんながそろうと子どもらも嬉しいようで、元気に飛びまわっていましたnote

まだねんねの赤ちゃんたちと比べると、まる子たちは本当にお姉ちゃんで、

赤ちゃんがぐずり出すと、そばに行ってぽんぽんとお腹をたたいて泣き止ませようとしていました。

前回は、手加減がわからないのか、こちらがハラハラするほど強く叩いたり、足で手を踏んずけたりしたのですが、

今日は、少しは学んだらしく、ずいぶん優しく接するようになりましたconfident

そうは言っても、そちらのほうに勢いよく走って行かれると、ヒヤヒヤしますがsweat01

帰りの駐車場で、こちらに背を向けて、子どもらが仲良く並んで笑い合っている姿を見たら、

もう来月にも保育園に行きそうな雰囲気で、少し寂しい気持ちになった母たちですweep

2010年3月 4日 (木)

歌をうたって良い気分♪

うちからすぐの所に、とても見晴らしの良い場所があります。

久しぶりにまる子とそこへ行ってみると、良い気分になったらしく、

向こうに見える山々や町並みに向かって、「さっちゃん♪」を歌いはじめました(笑)

まだまる子が歩けないくらいのときは、おんぶしてここで歌ってあげて寝かしつけたのですが、

そのことを覚えているのでしょうかsign02

「ママも一緒にうたってsign01

と誘われても…coldsweats01

誰もあなたみたいに、体を左右に大きく揺らしながら、ボリューム最大の声でなんて歌えませんよ

Dsc02628

2010年3月 3日 (水)

いちご狩り

今日は、地域の2歳児学級のお別れ遠足で、いちご狩りに行ってきましたfoot

Dsc02655

私もまる子も、いちごはほとんど食べないので、どうなることかと思っていましたが、

練乳の甘さにごまかされて、予想以上にパクパクと食べてしまいましたsmile

Dsc02648

妊婦のチッチと、娘のバナナちゃんも一緒に行ったので、そんなみんなの食べている様子を見て、なんとなく食べてしまった感もあります。

それに、見た目が赤くて甘そうなのにイマイチぼやけた味のいちごを取ってしまったときには、

次はもっと甘いいちごを取ってやるっsign01、みたいな欲もでたりなんかして(笑)

今日は素晴らしく良いお天気だったので、ハウスのなかはとても蒸し暑くてsweat01

30分も経つと、まる子はいつものように、外に飛び出していきましたdash

外は、爽やかな風が吹き、大きく広がった青空や、遠くの雪を頂いた山々が見えて、とっても気持ちがよかったです。

最後に、一年間お世話になった保健師さんと保育士さんと一緒に記念撮影もでき、

またひとつ良い思い出ができましたshine

2010年3月 2日 (火)

春をみーつけたっ!

今日は、雨が上がったので、まる子も外に飛び出していきましたdash

じーちゃが、

「これな~んだっ!」

と指さしたものは、ふきのとうの花。

まだ出たばかりの芽もチラホラ顔をのぞかせていて、これはてんぷらにすると苦くて美味しいのだとか…。

およその畑だったので取ってくるわけにはいきませんでしたが、春を感じた瞬間でしたhappy01

よくよく観察していると、てんとう虫が這っていたり、スイセンの花が咲きはじめていたり、

あちこちに春の到来を告げるものがあり、嬉しくなりましたnote

まる子も、今までの色彩の少ない寒い冬から、黄色や赤や緑が鮮やかな暖かい春への変化を感じて嬉しくなったのか、

その辺にいた数羽のカラスの鳴き声に対抗して、近所に響きわたる大きな声で、何度も、

「カァー、カァーsign03

と叫んでいました(笑)

まる子は小さいくせに、腹から発声するし、高い音を出すので、その声に驚いたカラスは、

しばし沈黙したのでした。

2010年3月 1日 (月)

お散歩ランチ♪

昨日は、お昼寝がズレ、起きたのが1時半だったので、そのまま車に乗せて実家へrvcar

そして、まる子とふたり、お散歩がてら、ランチを食べに出かけましたfoot

まる子が、実家の母とよく行くカフェです。

ちょうどキッズプレートというのがあったので、まる子はソレに。

私は、メープルシフォンケーキとコーヒーをオーダーしましたcafe

待っているあいだ、お店に置いてあったブロックを借りて遊んでいると、ほどなくしてシフォンケーキとコーヒーがやってきました。

そして、間もなくキッズプレートもきたのですが、ファミレスのお子様ランチとは違った、カフェらしいオシャレな装いに、ふたりして驚嘆の声を出してしまいましたheart04

量は少ないですが本格的なナポリタンと、大きなフライドポテト、それからガトーショコラのデザートとオレンジジュースまで付いていますrestaurant

ほどよく混んだお店に、まる子の「おいし~いhappy01」が響きわたり、お店のお姉さんを喜ばせていました。

行きも帰りもサッサと歩いてくれれば楽なのですが、そこはまる子のこと、気まぐれでちっとも前に進みませんsnail

「抱っこ!」と言われて抱っこするにも、今や11キロを越えたまる子ですから限界がありますbearing

「ママ、疲れちゃった~dash手が痛くなっちゃったし…」

と言って地上に下ろすと、まる子ときたら、

「ママ、まるちゃんの背中に乗って!」

と私に背を向けますsmile

そんな余裕があるなら最初から歩いてくれよっ!、と内心突っこみを入れながらも、

そんなことを言えるようになったのかと驚いたのでした。

そして、遅々として進まない散歩にしびれをきらした私が思わずまる子を抱き上げたときに、

「ママ、手が痛くなるよ~」

とまる子に言われてしまいました。

気遣いなら嬉しいのですが、自由にしてほしい抗議だとしたら、なかなかのセリフですcoldsweats01

結局、ふつうに歩いて15分くらいの道を、1時間以上かかってようやく実家にたどり着いたのでしたsweat01

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »