2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« M女史の送別会 | トップページ | 今日もお祭りへ »

2010年3月27日 (土)

七年に一度の大祭

昨日から、この地では、七年に一度催されるお祭りがはじまり、町内が活気づいていますup

神様の加護と、この町の復興と繁栄を祈念して開かれるこのお祭りでは、

町内を大名行列や各地の獅子舞、太鼓などが練り歩き、終日笛と太鼓の音が響き渡ります。

私は、実家の喫茶店を手伝うことになっていたので、そのまえに、早足で町を一周してきましたdash

午前中の早い時間だというのに、すでに町は人でにぎわい、出し物のまわりには幾重にも人の輪が。

Dsc02849

さてさて、忙しいことを想定して手伝いを引き受けたものの、夕方近くになってやっと一息つけるほどの混み具合でしたsweat01

次から次へとやって来るお客さんの波に目がまわりそうでしたが、なんとか終わってホッhappy01

忙しいなかでも、懐かしいお客さんが来て久しぶりにお話できたりと、楽しいこともありました。

カウンターに座ったご夫婦は、

「七年前にここに来て、また来ることができて、帰ってきたみたいで嬉しいです」

と言ってくださり、帰り際には、

「ではまた、七年後にsign01

と、お互いにあいさつをしました。

そして、常連さんからは、

「出戻ってきたのかsign02

などと言われたり、

「カンロク、ついたな~」

なんて言う人もいて…coldsweats01

まる子を毎日怒っている成果が、こんなところに表れたようです(笑)

育児から離れて、久しぶりに好きな接客の仕事ができ、いつも使わない脳ミソをフル稼働させ、十分にリフレッシュできましたhappy01

快く子守りを引き受けてくれた旦那や、夕飯の用意をして労をねぎらってくれた義母、夜早く寝てくれたまる子に感謝です。

« M女史の送別会 | トップページ | 今日もお祭りへ »

つれづれなる日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/33960314

この記事へのトラックバック一覧です: 七年に一度の大祭:

« M女史の送別会 | トップページ | 今日もお祭りへ »