2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« まる子、かたまる。 | トップページ | 根っからのお祭り娘、まる子。 »

2010年8月16日 (月)

『ママ・マインド』…志村季世恵

ママ・マインド

ママ・マインド

著者:志村 季世恵

ママ・マインド

図書館で見つけた、この本。

やさしい気持ちになれそうだったので、手にとってみました。

けれど、ほとんどは、はじめて妊娠したり出産したりしたママたちに向けたメッセージで。

なつかしいような、また赤ちゃんから育ててみたいような、そんな気持ちにさせてもらいました。

最後のほうに、「銀座のママに大変身!?」というテーマで、ふたり目以降が生まれたときのアドバイスが。

生まれたての赤ちゃんを抱いたママをはじめて見る上の子のショックというのは、相当なものだそうで…。

(私自身は、ふたりの妹が生まれたときのことなんて、全然覚えていませんけど…)

このときに、ママは、名女優になって、銀座のママ役をやるのですって。

たとえば、上の子と一緒に遊んでいて、赤ちゃんが泣きはじめたときには、

「あら、大変!赤ちゃんが泣いちゃった!!」

なんて、上の子に見向きもしないで赤ちゃんのほうへとんでいかずに、

いくら新しいお客さん(赤ちゃん)がステキでも、昔からのご贔屓さん(上の子)を立てまくり、

「もう、困るわねぇ~、せっかく○○ちゃんと遊んでいたのに…また泣いてる、赤ちゃんって、本当に…ねぇ…」

と言うと、上の子のほうが、

「まぁ、そう言わずに行ってあげてよ!ママ、ファイト!」

なんて。

著者には4人の子どもがいるそうなのですが、このやり方で、それぞれに自分がいちばんかわいがってもらっていたと信じているそうで。

こういう余裕が、育児の真っ最中に、果たしてあるかと言われれば、はなはだ疑問ではありますが、

何かの拍子に思い出すことができればいいです。

« まる子、かたまる。 | トップページ | 根っからのお祭り娘、まる子。 »

まるままの本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/36189085

この記事へのトラックバック一覧です: 『ママ・マインド』…志村季世恵:

« まる子、かたまる。 | トップページ | 根っからのお祭り娘、まる子。 »