2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

♪HAPPY BIRTHDAY♪

Dsc04286

いよいよ、まる子も3歳になりましたhappy01

三つ子の魂百まで…、といわれますから、この三年間を大切に過ごしてきたつもりですが、

振り返ってみると、子育てというよりも、自分育てをしていたような気がします。

こんなにじっくりと子どもと向き合えた幸運や、それを可能にしてくれた家族、

ここまで元気でおもしろく育ってくれたまる子や、ママ友たちに大きな感謝を感じて、

三歳の誕生日を迎えていますbirthday

2010年10月30日 (土)

インドカレーと占いの夜

昨晩は、久しぶりにインドカレーを食べに行ってきましたrestaurant

『クリシュナ』という、ヒンドゥー教の神様の名前がついたお店で、入り口に大きな絵が飾ってあるのですが、

入って早々、まる子は、

「おっかい(こわい)人がいるっsign03

と大声を出していました(笑)

Dsc04284

ちょっと早い、まる子の誕生日祝いですbirthday

最初は、ファミレスのお子様ランチを食べたいと言っていたまる子でしたが、

私がインドカレーの魅力を話したところ、コロッとインドカレーが食べたい!、と言い出してくれましたsmile

ここのマトンカレーは絶品なのですが、まる子もお気に召したようで、チーズナンと一緒に食べていました。

Dsc04285

そして、この日は、いつも行くクリスタルショップのオーナーさんの格安出張占いもやっていまして…。

私も、みてもらいました。

生年月日でみる数秘術で、まる子のことや、旦那のことも教えてもらい、

なかなか円満な関係性だとわかってよかったです。

しかし、まる子という人は、大人になってもこのまま自由奔放な感じなようでしてcoldsweats01

まぁ、一緒にいて楽しいのでいいですが…。

本当にこのままいけたら、ある意味スゴイと思います(笑)

インドカレーは、香辛料がたっぷり入っていて、体が元気に温まる感じがいいです。

占いもおもしろかったですし、楽しくて美味しい夜になりましたnotes

2010年10月29日 (金)

風邪をひいても元気な子どもたち

昨日の夕方、まる子をかかりつけ医に連れて行きましたhospital

熱はないし、元気で食欲もあるのですが、夜中に咳き込むことが2日ばかり続いていまして…。

まる子は、咳き込むと吐いてしまう癖があるので、咳止めが効かないときには、吸入をしてもらって鎮めます。

(咳が出ているのに走ったり、踊ったり、大声を出したりするので、吐く結果に至るような気がしないでもありません…sweat02

もう午後の受付が終わっており、待合室には、マスクをした姉弟しかいませんでした。

この姉弟も元気でして、たぶん風邪で受診しに来たとは思うのですが、

ふたりで待合室の椅子を飛んで渡ったり、椅子に寝転んで足をバタバタさせたり…。

ふたりのお母さんが、赤ちゃんを抱いて診察室から出てきて、その様子を見て怒っていましたが、

(…ということは、赤ちゃんが風邪かなにかにかかって、姉弟は付き添いだったのかな)

私は、その元気な様子を微笑ましく見ていました。

というのも、いつもここでは、当たりまえですが、ぐったりしたような子どもたちばかりいるものですから…。

もちろん、まる子もふたりにつられて、オモチャ箱のなかに入ってお風呂ごっこをしたり、

絵本を読み上げたりしていました。

Dsc04282

最近、めちゃくちゃですけど、自分で絵本を朗読するんです。

本人は真剣ですから、こっそり聞いて、こっそり笑っている母です(笑)

やっぱり子どもは、元気がいちばんですsign03

2010年10月28日 (木)

久しぶりに、最近のまる子語録を…

apple先日の、りんごクラブでのこと。

毎回、一週間を振り返って、楽しかったこと・嬉しかったこと、困ったこと・悲しかったことを先生たちに報告するのですが、

今までは、私がまる子の様子を見ていて書いていたんですね。

それを、先日は、まる子に聞いてみたんです。

「最近、いちばん、うれしかったことは?」って。

すると…、

「まるちゃんが変な顔をしたときに、ママが笑ってくれたことです!」

と元気に答えてくれました。

この発想もまる子らしいのですが、ちゃんと文章で答えたところもおかしくて、先生から褒めてもらえました。

coldsweats01洗濯物をカゴにとりこんで、それを部屋に置いたままおでかけしようとしたときのことです。

パパが、その部屋にいて、「いってらっしゃい」と言ってくれました。

すると、まる子は、

「パパ、洗濯物、たたんどいてねっ!」

おいおい、私はそんなこと頼んでないゾ…、まるで私が言わせたみたいじゃないですか…。

chick熊におそわれたニュースが連日のように放映されていたときのことです。

テレビでは、その熊を捕獲しようとする場面が流れていて、熊が逃げていました。

そんな熊の様子を見て、

「元気だねー」

元気なんじゃなくて、必死なんだよ、熊さんも…。

以上です。

2010年10月27日 (水)

りんごクラブ…先生もびっくりっ!

昨日は、りんごクラブでしたapple

が、この日は、近くのお寺までお散歩に行くことになっていたので、

鼻水と咳が出ていたまる子は、途中で帰ってきました。

そんな短時間のりんごクラブでしたが、先生も私もびっくりするようなことが起こりましたsign01

それは、オモチャで自由に遊んでいるときのこと…。

まる子の隣に来た、ミッチーという男の子が、まる子の持っていたおままごとセットの卵を、サッと取ったんです。

このときは、まる子もカッときて手が出そうになったのですが、

見ていたリエ先生が、片割れの卵(マジックテープでくっつけて包丁で切るタイプ)をまる子に渡してくれたことで、その場がおさまりそうになりました…。

ところが、その卵も、ミッチーはサッと取って手に持っていた方とくっつけてしまったんですねcoldsweats01

さぁ、どうしましょう…sweat01

と、母は考えてしまったのですが、まる子ときたら、

「くっつけたかったんだねぇーconfident

とミッチーの行為を理解して、自分が引いたのですsign03

これを見たリエ先生も目が点になったようで、ふつうなら、

「まるちゃん、よくできたねー、マルですーgood

と褒めるところを、

「まるちゃんでも、こんなときがあるんだね…」

と、驚きの顔で止まっていました(笑)

まる子のテーマは、お友だちとのコミュニケーションで、手を出すまえに言葉で伝えることを目標にしていますので、

この奇跡的な場面は、成長の第一歩となりましたfoot

お友だちの気持ちを察すること、自分の気持ちを伝えること、大人になってもむずかしいことなのですが、

小さいまる子もがんばっていますhappy01

2010年10月26日 (火)

10000!!

今朝、起きて、カウンターを見てみたら、なんと10000を越えていましたsign03

愛読してくださっている皆さま、ほんとうにありがとうございま~すshineshineshine

これからも、毎日コツコツ続けたいと思います。

飽きっぽい私が、これだけ続けられたのは、とてもめずらしいことです。

つくづく、私だけのblogではないな…、と感じますconfident

まる子の成長記録を残しておいてやりたい、という気持ちや、

「続けてね!」と言ってくれる友人たちの励ましのおかげ…。

これからも、よろしくお願いしますhappy01

2010年10月25日 (月)

『ぐりとぐらとすみれちゃん』…なかがわりえことやまわきゆりこ

ぐりとぐらとすみれちゃん(ぐりとぐらの絵本)

ぐりとぐらとすみれちゃん(ぐりとぐらの絵本)

著者:なかがわ りえこ

ぐりとぐらとすみれちゃん(ぐりとぐらの絵本)

まる子も、ようやく、ぐりとぐらの絵本に興味をしめすようになりました。

このお話では、ぐりとぐらを、すみれちゃんという女の子が訪ねてきて、

すみれちゃんのもってきたカボチャを使って、いろいろなお料理を楽しむのですが…。

このカボチャを割るのに、みんな一苦労!

ようやく半分に割れたときに、

「ぱちぱちぱちと はくしゅが おこりました」

わたしたちは、ここを自然にスルーするところなのですが、

まる子は、必ず、

「どうして、はくしゅがおこるの(怒るの)?」

と聞きます。

この「起こる」、という説明がなかなかむずかしいんです。

日本語のおもしろいところなんですが、まる子が納得する説明ができる方、

次回会ったときに、よろしくお願いします(笑)

2010年10月24日 (日)

まだまだ小さいんだな…

Dsc04277

快晴だった昨日、美術博物館の庭でランチを食べました。

ひょうきんなまる子は、美術館から人が出てくると、近くまで行って愛嬌をふりまいていて…。

私から離れて、小さく見えるまる子の姿を見ていたら、

「まる子って、まだまだほんとうに小さいんだな…」

と、小さな発見のように、突然思いました。

ふだん、至近距離で見ているので、気づかなかったんですね。

なんだか急に、まる子と自分が対等のような気がして、いつも怒ったり話したりしている自分に気づいて、

それは、無理な話だったのだな、と思い至ったわけです。

こんなに小さな時期って、すごく短いんですよね。

貴重な親子の時間です。

Dsc04278

2010年10月23日 (土)

石に、呼ばれる…!?

昨日、パチュリーという、葉っぱなんだけど、土っぽい独特の香りのアロマオイルを買いに、

先日のサンキャッチャーを購入したお店へ行ってきましたshine

この香りが、最近の私のブームなので、手元に置きたくて買い求めたのですが、

効能としては、解毒作用や、催淫作用、気持ちを前向きにさせる作用、虫よけ作用などがあります。

原産地はインドネシアとあり、私がひかれるのも納得です!

ほかにも、ジンジャーのアロマオイルもあることも知り、冷え対策に購入。

これは、ほんとうに、そのまんまの香りです(笑)

買いたいものがあって落ち着くと、店内に綺麗に並べてある石たちが気になってきて…。

自分に必要な石(ひかれる石)を選んで、ブレスレットを作ってもらうことにしましたhappy01

今まで、扱いや作用がわからなかったりして、自分のなかでパワーストーンはタブーだったのですが、

ここのところ解禁になったようで、欲しいな、と思う石が目に留まるようになったのですeye

虹色に輝く赤や、透明や、ピンクの石を選んで、自分の手首の寸法に合わせた数に合わせて、

スタッフのかたに配列してもらって出来上がり!、となるはずが…。

もし、また妊娠したら、手首が太くなる可能性があることを思い出し、

最後に「子宝」の石をふたつ増やして、完成しましたshineshine

ちゃんと子宝の配列があるそうで、並べ替えてもらって…。

思いがけず、具体的な目的をもったブレスレットの出来上がりとなったのでした。

本当は、身につけているのがいちばん効果的なのだそうですが、またまる子に壊されても悲しいですから、

しばらくは見えないところに置いて、大事に眺めていたいと思います。

Dsc04274

2010年10月22日 (金)

心配するまる子

昨日の夕方、私が歯医者だったので、まる子を実家の母に預けました。

歯医者が混んでいたり、麻酔をして治療に時間がかかったりして、終わったのが5時を過ぎてしまい、

まる子を迎えに行った頃には、あたりは真っ暗に…moon1

最近、暗くなるのが本当に早くなりました。

まる子はというと、あーりん(実家の母)の後ろに隠れて、私を待っていました(笑)

そして、あーりんが言うことには、

「暗くなると、ママの運転が危ない!って言っては、しょっちゅう外を見て心配してた」

んだそうでcoldsweats01

先月末の事故以来、

「ママは、ちゃんと止まらなくちゃいけないよっsign01

とか、

「いま、ちゃんと止まったね!おりこうさんhappy01

とか、チェックが入るようになったまる子です。

2010年10月21日 (木)

まる子緊張!七五三撮影

昨日、写真館で、七五三の写真を撮ってもらいましたcamera

Dsc04258

まる子は、着付けの段階で、すでに緊張気味。

いつもとは別人のように、されるままとなっていました(笑)

ちなみに衣装は、あーりん(実家の母)の着物を作り直してもらったものです。

Dsc04268 

撮影がはじまっても、その緊張は解ず、

「笑って~」

と、カメラマンさんがリクエストすると、なぜか鼻の穴がふくらむまる子でした(笑)

そんなこんなで、今まで見たことのない表情が見られ、パパとママは大笑いhappy01

ちがった意味で、どんな顔で写っているのか、出来上がりが楽しみです。

そして、帰りの車で、パパが、

「今夜は獅子舞の練習に行かなきゃ!」

と話すと、

「かわいいっていうから、そのまま(着物で…)いきたいわ~heart01

と緊張が解けた調子はずれの声で言う、まる子でした。

2010年10月20日 (水)

りんごクラブ…寒風摩擦!

昨日は、りんごクラブでしたapple

前回のときに、次回はタオルを持ってくるように言われたのですが、

到着して、カードに出席シールを貼ると、かずえ先生の指導の下、それは寒風摩擦に使われました。

手や首、お腹や背中、足の裏などをゴシゴシこすり、次は、用意してあった軍手でもやりました。

そして、最後に、たわしでチョンチョンチョンと、手のひらや足の裏を刺激して終了~dash

なかなか本格的で、ママたちもやりたいくらいです(笑)

母子のコミュニケーションの時間にもなりますし、これからの季節の風邪対策にもなります。

一緒にやったガイ君のママは、最近寝るときにおへそをいじられるので本気でイヤだと言っていたのですが、

寝る前に、この寒風摩擦をやればいいかも…、なんて言っていました。

いろんな子どもがいるものですsmile

2010年10月19日 (火)

好々☆石焼まぶし

Dsc04256

昨日は、めずらしく鰻屋さんに行ってきました。

今月号の地域情報誌で、このお店の「石焼まぶし」が当たったのです。

当たったのは一人前なので、もちろん旦那は自腹で、いつもこのパターンです(笑)

石焼まぶしって、なんだろうsign02、って思いながら注文したのですが、

石焼ビビンバのアツアツの器に、ご飯と、鰻と、小口切りのあさつきと、細切りののりが盛ってあって、

ご飯の下の香ばしいタレとまぜまぜして、茶碗によそって食べるのです。

わさびを添えるとサッパリとして美味しく、三杯目は、お出汁を注いでお茶漬けです。

オーソドックスなうな重よりも食べやすくて、まる子もパクパク食べていました。

ただ、鰻は小骨があるので、肝心の鰻はよけていましたが…。

あまりの美味しさに、いつもは食べきれない私が全部平らげてしまい、旦那はそれが寂しいようでしたが、

家族で美味しいものを食べることができて、なんとも幸せなひとときでした。

2010年10月18日 (月)

まる子の午前中

今日は、久しぶりに、おばあちゃんと畑へ行ったまる子。

しばらくして迎えに行くと、三輪車の後ろのかごに、紫大根を乗せて、帰ってくるところでした。

紫大根が落ちるといけないので、三輪車には乗らずに、押して行くんだそうで…。

101018_100146

それから、これまた久しぶりに、ヤギさんを見に行き、小屋のなかに入って少し遊んでいました。

新しく来たヤギさんたちですが、だいぶまる子に慣れてくれたみたいです。

101018_112459

そして、さんざんヤギさんを触っておいてから、突然、

「なんか、ウンチくさいっsign03

と叫んで、こちらを振り向きました。

そんなこと、今さら…、と母は思うのですが(笑)

2010年10月17日 (日)

子ども好きな人々…

子どもが好き、とか、動物が好き、という人と会うと、無条件に「すごいなぁ~sign01」と思ってしまいます。

私は、どちらかというと、どっちも苦手でして…coldsweats01

今日は、地域のソフトボール大会があって、いろいろな世代の人たちと交流してきたのですが、

そのなかに必ず、子ども好きな人たちがいて、ちょこちょこして私の手にあまる、まる子を可愛がってくれます。

ソフトボール大会…、ちなみに2年連続優勝ですshine、のあとの慰労会で焼肉をしたときには、

私がやっても食べないおにぎりを食べさせてくれたり、

まる子のやることなすことに、「可愛い~lovely」と反応してくれたり…。

いちばんの子ども好きぶりを発揮したのは、22歳のケンタロウ君でして、

最初は恥ずかしがって近寄らなかったまる子から、ラムネを手渡しで受け取ると、本当に嬉しそうに、

「すっげー、嬉しいっsign03オレ、ほんとうに一生の宝物にしちゃうhappy02

とオーバーすぎるほど喜んでいました(笑)

そして、そのあとは、ずーっと一緒に遊んでくれました。

ちょっと様子をのぞいてみると、まる子の手が汚れて、手で払ってもきれいにならなかったときに、

「オレのTシャツで拭きな」

と言って、ふきふきしてくれてました。

そんな優しいケンタロウ君を見て、素敵なお嫁さんが来ますように…、と思わず祈ってしまいました。

子どもが20歳くらいのお母さんたちは、まる子くらいのときが可愛いようで、

「自分の子がこのくらいのときは大変だったけど、人の子だからか、このくらいがいちばん可愛い。

もう、すぐ大きくなっちゃうんだから!」

と何やかやと世話を焼いてくれました。

そんな日が来るなんて想像もできませんが、きっと、どれだけ月日が経っても、私が子ども好きになることはない、ということだけは、確かなようです(笑)

2010年10月16日 (土)

今日、嬉しかったことは?

最近、ママの言うことを聞かずに怒られたときに、

「夜眠る前のオッパイなしsign01」、という罰が与えられるようになりました。

例えば、オシッコに誘ったのに我慢しすぎておもらししたときや、小さなお友だちに手を出したときなどに、

「今日は、オッパイなしsign01

となるわけです。

すると、自分でも良くないことをしたんだとわかっているようで、

以前のように大泣きしてオッパイをせがむことなく、布団に入ってくれますsleepy

だいたい、一日中良い子でいられるなんてことは皆無に等しいので、

ほとんどの日がオッパイなしsign01、になるとふんでいます(笑)

さてさて、そうなると、私も一緒に布団に入ることになるので、眠るまえに会話ができるようになりました。

まる子がオッパイを飲んでいるときには、できなかったことです。

一昨日から、

「今日、いちばん嬉しかったことは?」

と聞いているのですが、一昨日は私の鍼治療で、まる子を実家の母に預けたので、

「ママが帰ってきたこと」

と答えていました。

そして、昨日は、

「ホットケーキを焼いたこと」

まる子がなにを感じているのかわかるので、毎日聞いてみたい質問です。

最後に、

「今日も、嬉しいことがあって、よかったねhappy01

と言うと、ニコッと笑って、グーッgoodとやり、なぜか最後に指切りげんまんをして、目を閉じるまる子ですmoon3

2010年10月15日 (金)

美味しくなぁれっ!!

今日は、久しぶりに、まる子とホットケーキを焼きました。

エプロンをして、なんでも手伝いたがるので、ボウルに入れた材料をまぜてもらうことに…。

「美味しくなぁれ!、美味しくなぁれ!って、言いながらやってごらん」

と言うと、まる子も、

「おいしくなーれ、おいしくなーれsign01

と、まぜまぜしはじめました。

101015_091610

でも、そのあとに、ボウルに向かって、

「まるちゃんのいうこと、きく?」

と真剣な顔をしながら聞いていたのには、思わず笑ってしまいました。

最近、家族みんなから、「言うことを聞きなさいsign01」と怒られているので、こんな発言が出たのだと思われます。

そして、りんごジャムをすくうように出したスプーンでもまぜまぜして汚してしまったので、

「これは、ジャム用に出したんだけど…dash

と咎めると、

「いっかい、あらおっか」

と、あっさり返されてしまい、まぁそうだな…、とやり込められた母ですcoldsweats01

2010年10月14日 (木)

『まっててね』…シャーロット・ゾロトウ

まっててね

まっててね

著者:シャーロット ゾロトウ

まっててね

今日は、りんごクラブでしたapple

これは、そのときに、元図書館司書さんが紹介してくださった絵本です。

なんでも完璧にできる大人で素敵なねえさんと、

なにごとも、ちょっとうまくできない小さな女の子。

そんな女の子ですが、ある日、かあさんに言うのです。

「…まっててね。

きっと きっといろんなことができるひとになって

かあさんに あいにくるわ」

そのあとの、かあさんの言葉の、なんて素敵なことshine

感動の一冊です。

そして、その元図書館司書さんの、穏やかで優しい語り口も心に響いています。

ふだん子どもに、どんな声で、どんな言葉を話しているのか…、彼女のような思わず聴き入ってしまう話し方はどうしたらできるのか…。

今でも、心地よい余韻が残っています。

2010年10月13日 (水)

食育よりも…

今日の地域の三歳児学級は、食育を目的とした親子クッキングでしたrestaurant

たまーにですが、まる子もエプロンをして夕飯のお手伝いをしてくれるようになったので、

良い機会だと思って楽しみに参加したのですが、

思いのほか大変な時間になってしまいましたbearing

包丁でニンジンを切ったり(そして、自分の指もちょこっと切ったり…)、レタスをちぎったり…、

まる子も張り切ってチャレンジしていたのですが、

途中からほかに関心が向くようになってしまい、他のグループに入り込んだり、

私が調理している隙に部屋を飛び出して、赤ちゃんたちがいる託児の部屋に入ってしまったり…。

あわてて託児の部屋を見に行くと、託児の方から、

「小さい子を泣かせて、寝ている子にまでちょっかいを出して困る!」

と怒られてしまいましたsweat01

最近、小さい子を泣かせるトラブルがなかったので、やっと落ち着いてきたかな…、と安心していたのですが、

まだまだ油断大敵でした!

最近、私が疲れてイライラして怒ったり、来春保育園に行けるように、食事などの場面で厳しくしたのが、

こういうかたちで出てしまったのかな…、反省です。

お料理ができて試食するときにも、ちょこっと食べてはほかの子たちと部屋を走りまわったりしてdash

母は、ほとんど味わう余裕がなかったですweep

同じグループで、てきぱきと調理を進めて、配膳や片づけまでサッサとこなしてくれたママたちには、本当にお世話になりました。

まる子は、手がかからないときは、人に預けてもまったく心配がいらないくらいなのですが、

不安定なときは、手がつけられない怪獣のようになってしまうので、本当に極端な娘です。

2010年10月12日 (火)

秋の味覚☆さつまいも掘り!

今日は、さつまいも掘りをしました。

旦那の農協青年部の活動で、保育園児とさつまいもを育てていたのが、

ようやく収穫を迎えたのですshine

まる子も一緒になって、さつまいもを掘りました。

Dsc04235

最初は、ちょっと土が手についただけで、うぇっ!って感じで払っていたのですが、

掘るのに夢中になってくると、そんなことはおかまいなし!、爪のなかまで土が入るくらい頑張っていましたhappy01

そのうえ、長靴のなかに土が入り靴下まで汚れてくると、いつものように長靴や靴下を脱いでしまい、

裸足で畑や周辺を走りまわっていましたsweat01

園児たちも、大きなさつまいもや、たくさんのさつまいもに目を輝かせ、イキイキしているように見えました。

Dsc04241

そして、最後の写真撮影では、みんなでいい顔をしてカメラを見つめてくれました。

みんなでひとつのことをやり終えた達成感や、これからの焼き芋のこと、いろんな思いが一人ひとりの表情にあらわれたようです。

さてさて、まる子はどんなさつまいも料理を食べてくれるかな?

お団子、焼き芋、グラタン、天ぷら…、想像するだけで美味しそうですねlovely

Dsc04252

2010年10月11日 (月)

肺炎のあとに…

昨日のまる子は、お昼寝しようとして寝ると、咳き込みがはじまって胃にある物を全部戻してしまうような感じで…wobbly

昼食後のお昼寝も、それで中断されて起きてしまって、夕方のお昼寝もやっぱり同じようになってしまいました。

こうなると、夜も眠れないかな…、と心配して、休日で、しかも夕方6時をまわっていましたが、かかりつけ医に電話してみましたtelephone

すると、小児科の当直の先生がいるので、すぐに来てくださいと言ってもらえて。

そんなに待たされずに診察をしてもらい、咳を鎮める吸引をおこないました。

先月の肺炎のことがあるので、数ヶ月は咳き込みが出るかも…、というお話で。

まる子を別人のようにグッタリさせたあの肺炎は、確かに大変だったのですが、

あれから、まる子は、ほとんど食べなかったご飯をすすんで食べるようになったりして、良いこともありました。

今まで食べず嫌いをしていた菜っ葉や、かぼちゃ、魚なども食べてみるようになって、

「ほら、見てっ!食べれるようになったよsign03

と、得意になったりしてます(笑)

量は少なめでも、三度の食事をきちんととるようになったことは、肺炎のおかげではないかと、母は思っていますconfident

それだけ、彼女にとっては自分を変えざるを得ない大きな出来事だったのです。

2010年10月10日 (日)

踊るまる子♪♪♪

今日は、ちょっと雰囲気の良いカフェへ行ってきました。

ほんとうは実家のほうの地区の運動会だったのですが、

まる子の咳き込みがまたひどくなり参加できなかったので、あーりんが連れて行ってくれたのです。

ちょっとまだ、先月の肺炎を引きずってますcoldsweats01

さてさて、このカフェで、まる子はカフェオレを注文。

でも、このカフェオレのミルクの割合は少なくて…。

一口飲むなり、

「これは、コーヒーじゃないかsign01

コーヒーは、飲まな~いsign01

飲んでみると、確かに、コーヒーに少々のミルクを入れた程度のミルキーさでして…。

もうちょっとカフェオレっぽくしようと、シュガースティックを2本とポーションのミルクを入れて微調整。

すると、

「味が良くなって美味しいねheart01

と、ご満悦happy01

さらに、自分の椅子に立ち上がったかと思うと、隣のテーブルに向かってピースサインで喜びをアピール。

椅子のうえで踊りだしてしまいました(笑)

見ず知らずの上品なおじさまとおばさまは、さぞびっくりされたことでしょう!

まったく、唐突になにをやらかすのか…。

病人とは思えない、陽気なまる子ですsmile

Dsc04228

2010年10月 9日 (土)

最近、夢がリアルです!

今朝、見た夢。

場所は渋谷のような、たくさんの人が行き交う交差点。

私が先に渡りはじめると、後ろからまる子が追いかけてきた。

渡り終えようとしたところ、向こう側で待っていた見知らぬ若い男の人が、

私になにかのチケットを渡そうとする。

それを、私の隣を歩いている女性が受け取ろうとすると、

「あなたじゃない、あなた(私)に…」

受け取ってよく見ると、元気食堂の食事券みたいで。

思い当たるお店が頭に浮かんだので、そちらに向かって歩いていった。

happy01

夏に体を冷やしてしまったので、体を温める食べ物を食べよう、と思っていた矢先に見た夢でした。

元気食堂なんてネーミングが、ストレート過ぎて笑えます(笑)

ここのところ毎日、夢をハッキリ覚えて目が覚めます。

一昨日は、ライオンやへびが出てきたり、

昨日は、黄色が鮮やかなレモンが木にたくさん実っている夢を見たり…。

夏よりも冬の方が、夢をよく見るとか…。

季節の変わり目ですね。

2010年10月 8日 (金)

先生、復帰!久しぶりのリトミック♪

今日は、久しぶりのリトミックnote

夏のあいだお休みされていた先生が来てくれるということで、楽しみにしていました。

子どもらも、ポニョやトトロをリクエストして、先生の生ピアノにノリノリnotes

ピアノに群がって遊ぶ子どもらの可愛い後姿を、久しぶりに見られました。

本当にイキイキしていて、母たちも嬉しくなったのでしたhappy01

子どもらのコミュニケーション能力も上がってきて、以前はすぐに手が出てケンかになっていた場面でも、

言葉のやりとりや笑顔で、円満に遊べるようになってきました。

そんな姿を見るのも、嬉しい発見でしたshine

101008_105215

2010年10月 7日 (木)

待望のサンキャッチャー☆

今日、クリスタルのお店で、サンキャッチャーを買いました。

サンキャッチャーは、太陽が当たると、部屋に小さな虹がたくさんできる、光のアクセサリーshine

まえまえから欲しかったのですが、今日ようやく、コレッ!っというものを見つけましてnote

邪気を払って、たくさんの幸せを運びこんでもらいたいものです。

ところが、ルンルンで家に帰ったところ、さっそくまる子に鎖をちぎられてしまってweep

またお店に行って、オーナーさんに直してもらいました。

「コレは、あめ玉みたいに見えて、子どもにはたまらないわなぁ(笑)

すぐに直るから、大丈夫よ!」

と言いながら、ちゃちゃっと直してくれましたhappy01

まる子よ、少しはありがたみを感じてくれよーsweat01

オーナーさんは、私もバリ好きだと知ると、ご自身の不思議な体験談や周辺事情をお話してくださるので、

ついつい長居をしてしまうのです。

Dsc04221

2010年10月 6日 (水)

まる子が踊りだす曲♪

最近、あーりん(実家の母)が、コブクロが他のアーティストをカヴァーしたアルバムを買い、よく聴いているのですが、

そのなかに、まる子をノリノリにする曲があるんですnote

それは、スティーヴィー・ワンダーの『SUPERSTITION』をカヴァーしたもので、

この曲がはじまると、遊んでいた手を止めて立ち上がって、踊りだします(笑)

昨日などは、突然、ノリノリでピアノを弾いていました。(メチャクチャに…)

Dsc04211 

あと、車のBGMでは、BOФWYの『ON MY BEAT』のカヴァーばっかり聴いてますcoldsweats01

この曲、私が中学生のときによく聴いていた曲です、ちなみに。

2歳児が、

noteビ、ビ、ビ、ビ、オマイビーnote

と歌う姿は、本物とのギャップが大きすぎて笑えますhappy01

2010年10月 5日 (火)

りんごクラブ…すべり台を克服!

今日のりんごクラブは、遠足でしたapple

遠足といっても、公園に集合して、遊具で遊んだり、お弁当を食べたり…。

Dsc04197 

まる子は、まえにすべり台で尻餅をついて着地したのがこわかったようで、

それから、高いすべり台に尻込みするようになってしまいましたthink

今日も、階段は上っていくのですが、すべり台を避けて、同じ階段から下りてきて…。

ブランコも、ちょっと揺れが大きくなるとこわがってしまって…。

Dsc04192 

まる子がイマイチ公園を楽しめていない様子を察知したキミコ先生が、

すべり台克服に向けて、いろいろなアイデアで誘ってくれました。

三分の一くらいの途中から滑ってみたり、ママが見本を見せたり、

大好きなかずえ先生と一緒に滑ってみたり、その滑る姿を撮影して楽しさを演出したり…。

そんなこんなで勇気と意欲が出たようで、ついにまる子もすべり台をすべれるようになったのですscissors

そして、何度も何度も楽しそうに滑って…sign03

Dsc04203

表情がイキイキとしてきて、私も嬉しくなりました。

母としては、慎重な一面があるまる子をわかっているので、あきらめていたのですが、

先生たちは、いつも元気ではしゃいでいるまる子が、遊具に慎重な素振りを見せるので驚きだったようです。

それで、一生懸命すべれるようにサポートしてくれたんですね。

先生たちには、本当に感謝でしたshine

お弁当の時間では、まる子が食わず嫌いをしているブロッコリーを美味しそうに食べるあやなちゃんに、

まる子は興味深々で…。

「ブロッコリー、食べてみて!」

と催促しながら、顔を寄せてジーッと見ていました(笑)

果たして、次回ブロッコリーを見たときに、まる子は口に入れるのか…。

興味深いところです!

2010年10月 4日 (月)

子育てスイッチ!

今日は、託児付きの子育て講座に参加してきましたchick

今日の講師は、フィリピン出身のミリーさんと、イギリス出身のジュリアンさんで、

ご自身の子育ての様子をお話ししてくださいました。

ミリーさんのお話のなかでは、子どもがお母さんを尊敬するような育て方をしている、というお話が印象的でした。

たとえば、日本では、子どもがご飯をおかわりするときに、

「おかわりっsign01

と言うけれど、そうではなくて、

「ご飯が美味しかったから、おかわりしたいです」

と言うようにする、とか…。

お母さんはメイドではないのですから(笑)、の言葉に、うんうん、と大きくうなずいてしまいました。

そして、子どもたちがもっと自分の物をまわりの子たちとシェアするといい、というお話もありました。

自分のお菓子を一人で食べるのではなくて、隣にいる子どもにも分けてあげよう…。

ここにある物をみんなで分ける、という発想は、貧しい国の子どもたちのほうが自然とできるようです。

ジュリアンさんのお話のなかで印象的だったのは、イギリスでは18歳が成人で、親元を離れて独立しないといけないので、

赤ちゃんが2、3ヵ月になったら、部屋を別にして寝かせる、というお話でした。

自立させるために、6歳頃から家の手伝いをさせて、10歳の頃には、ひととおりの家事ができるようになっているようです。

おふたり共通のお話では、どちらの国も、親が上、子どもが下、というのがハッキリしていて、

その揺らぐことのない目線で、子どものしつけをしているということです。

毎日まる子に振りまわされている私としては、おふたりの意志の強さに勇気をもらって帰ってきました。

この講座は、先月の精神内科の先生や、ネイチャーゲームの回の最終回でして。

精神内科の先生が言われたことなど、今までのことを思い返してみて、

今起きている怒りたい事件の先のことまで見通せるような子育てをしたいと思いましたeye

まる子がひとりでも生きていけるように…、そして、自分の力やまわりの人々を信頼して歩いていけるように…shine

2010年10月 3日 (日)

秋の運動会2010

今日は、まる子が来春から通う保育園の運動会に行ってきました。

Dsc04172

先月、すでにこの保育園に通っている近所のダイ君が、ママと一緒に招待状を届けてくれたのです。

未就園児の「かわいいおきゃくさま」という種目が、まる子の出番。

到着すると、すでにたくさんのお友だちが集まって、順番を待っていました。

いよいよお呼びがかかり、スタートラインに立ったまる子は、緊張しているのか無言になり、

ジーッとゴールを見つめていました。

Dsc04175

ゴールには、年中さんたちが、手作りのご褒美を持って待っていてくれます。

先生の笛の音で駆け出したまる子は、まっすぐにゴールまで走って行きましたdash

そして、お兄さんからご褒美を受け取ると、お互いに恥ずかしそうにしていました。

そして、運動会にピストルの音はつきものなのですが、どうやらこの音がこわいようで、

出番が終わるや否や、

「おうちに帰ろう…」

と抱きついたまる子なのでした(笑)

2010年10月 2日 (土)

まる子とエプロン

最近、あーりん(実家の母)が、まる子の旅行土産にエプロンを買ってきてくれました。

ミッフィーの絵のついたオレンジ色で可愛いものですnote

それから、『親子でクッキング』というテレビ番組の影響もあって、台所のお手伝いをしたがるようになりましたtv

ちょっとまえまでは、一緒に手伝うというより、その辺の棚を片っ端から開けて物色するので、

仕事がはかどらないうえに、かえって仕事が何倍にも増えるという、正直迷惑な存在だったのですが、

だいぶ、「いけないよ!」と言われて手を止めたり、ママがやっていることに興味をもつようになったので、

一緒にできることが増えてきましたwink

昨日は、ハンバーグを作ったのですが、お肉や調味料などをまぜまぜする作業を手伝ってくれました。

ねっちょりするお肉の感触に、すぐに嫌になるかな、と思いきや、

「お肉あそびって、楽しいねっhappy01notes

と、どろんこ遊びの延長のようなテンションで一生懸命やってくれました。

もうそれくらいでいいよ…、という私の声も届かないようで、まぜまぜまぜまぜやってました。

そして、しっかりこねてくれたハンバーグが出来上がったのですが、

昨日は、美味しく食べられたみたいで、ご飯とハンバーグとモリモリ食べてくれて嬉しかったですscissors

そこには、みじん切りにした玉ねぎやニンジン、ナスなんかが入ってましたから(笑)

それに、まる子が作ったハンバーグ、と聞くと、家族も嬉しそうに食べてくれます。

2010年10月 1日 (金)

三姉妹で山登り

今朝、見た夢。

場所は、険しい山ではなくて、散策にぴったりな山。

そこを、三姉妹で歩いている。

ただいま活動中で、溶岩が噴き出しているいくつかの小山を見たり、

ちょっと大変そうなところは、地面と平行に移動する板の乗り物に乗ったり、

せせらぎや、水たまりに浮かぶアサガオのようなマゼンタ色の花を見たり…。

歩いていくと、お土産物屋さんがあったり、休憩所があったりして、

大勢の人たちが散策している様子だった。

happy01

事故直後の夢だったわりには、心が和む風景で、目覚めがよかったです。

山登りといっても、力試しでチャレンジするような険しい山もあれば、

みんなで楽しめるハイキングコースもあって、選択は一人ひとりの自由。

事故のあと、ショックの記憶が抜けず、運転がこわくなってしまう人もいれば、

どこかのおばさまのように、「当たる」とかけて宝くじを買いに走る人もいるんですよね。

そして、本当に当たっちゃったりして…。

私も、疲れているときには車を運転しないように注意して(昨日は、疲れていて散漫だったんですね)、

なにか懸賞に応募してみようかと思います(笑)

それから、山にはたくさんの人がいましたが、昨日もたくさんの人のお世話になりました。

すぐにかけつけてくれた旦那をはじめ、警察の方々、保険会社の方々、

事故現場の近くのお宅のおじさん…。

おじさんは、音に驚いて出てきてくれ、双方の車の誘導をして邪魔にならない場所に避難させてくれました。

そして、心配してくれた家族…。

まる子にいたっては、なにが起きたかわかっていないのか、警察でも、いつものとおり、

いろいろなものに興味を示してはしゃいでいました。

そんな無邪気さが、こういう深刻な場面では、ありがたかったです。

昨日のブログを読んで、心配をしてくれたみなさんにも、ありがとうございました。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »