2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

まる子、今年最後の言葉

さっき、寝るまえに、まる子に聞いてみました。

「今年はどんな一年だった?」

…意味、わかるかなぁ~、なんて思いながら答えを待っていると、

「たのしかったですsign03

とびきりのスマイルで返ってきて、こちらも、よかったなぁーshine、と嬉しくなりましたhappy01

そして、さらに聞いた、

「じゃあ、来年のうさぎさんの年は、どんな年にしたい?」

という質問には、同じテンションで、

「白いうさぎさんの年にしたいですsign03

「…………………coldsweats01

そうよね、あなたはいつも今を生きてる人、明日さえも想像できない(笑)

来年も笑顔で締めくくれるといいね!

恒例の餅つきをしました♪

昨日は、毎年恒例の餅つきをし、みんなで鏡餅を作ったり、あんこやきな粉で食べたりしましたdelicious

義弟家族も来て、にぎやかで楽しい餅つきになりました。

まる子は、臼のなかのつきたてのお餅に手を突っ込み、みんなをあわてさせましたsweat01

101230_172921

鏡餅用にお餅を丸めるのも、まるで粘土のお遊びのようで、まる子にとっては、お餅もパン生地も粘土と一緒なのでしたcoldsweats01

101230_173440

つきたてのお餅は柔らかくて、みんなで美味しくいただきましたhappy01

2010年12月30日 (木)

良い年をお迎えください!

今年の最後が、刻々と迫ってきていますねdash

ちょっと時間ができたので、私個人の今年一年を振り返ってみたいと思います。

今年は、なんといっても「当たり」年でして、懸賞はもちろんのこと、車同士の当たりもあって…wink

夏に、食あたりがなかったのは、なによりでした。

最後の年末ジャンボの期待が高まります(笑)

それから、独身時代の趣味やご縁が再びめぐってきて、アロマテラピーやレイキを再開したり、懐かしい友だちたちと、また久しぶりに会えたりしましたhappy01

まる子にとっては、またいろいろとできることが増えてきて、成長が著しい一年でしたup

自分の感情を表現したり、考えを言葉できちんと伝えられるようになったので、私とのコミュニケーションができるようになって、一緒にいて楽しかったです。

お友だちに対しても、口より先に手が出る…、ということが激減して、ホッdash

子育て支援課のすすめで入ったりんごクラブでの活動や、自分からやりたいと言ってはじめたバレエで、家族以外の人たちとのかかわり(=社会)ができ、グーンと成長できましたshine

それよりなにより、スムーズに卒乳できたことが、まる子にとっては大きな節目になったように思いますscissors

ちょっと早いですが、このブログを愛読してくださっているみなさま、一年間ありがとうございましたshineshineshine

みなさまにとっては、どんな一年になったのでしょうか。

来年もよろしくお願いいたします!

良い年をお迎えくださいねhappy01

2010年12月29日 (水)

ママは、大忙し!!

今年も残り3日となり、ふだん手の届かないところをお掃除したり、たまったものを整理して捨てたりしていますdash

そんな時期ですから、ほったらかされているまる子ですが、最近は、つみきにはまって、ひとりで遊んでいます。

パンに見立てて焼いてみたり、積む遊びがひと段落ついたらしく、今度は、別のケースのなかにうまくはまるように並べてみたり…。

101226_132654

ふだんの倍速で動くママを見て、

「おおいそがしだねぇー」

とつぶやくまる子ですsmile

2010年12月28日 (火)

バレエもマイペース!

今日は、今年最後のバレエでしたribbon

11月の終わりに体験レッスンに行ってから、12月は4回の全レッスンに行くことができましたscissors

風邪もひかず、もちろん、嫌がりもせずに行くことができたということで、よかったです。

しかしながら、行ったというだけで、最初から最後までみんなと一緒にできたということでは決してありませんcoldsweats01

今日は、他の習い事と重なって、たまにしかレッスンに来られないレイラちゃんのお姉ちゃん(カリンちゃん、5歳)が、ちょっと気後れしたのか、はじまってしばらくレッスンに参加できない様子だったのですが、

後ろで座り込むカリンちゃんの傍らに寄り添い、受付に置いてあるキティちゃんのぬいぐるみを持たせて元気づけようとしたり、頭をなでなでしたり、

「どうしたの?」

と、顔をのぞきこんで、そっぽを向かれたり…(笑)

子どもの付き添いでレッスンを見ているママに電話がかかってくると、戻ってきたときに、

「だれから、かかってきたの?」

と聞いたり、

迎えにきたママに、

「おかえり~」

と、わざわざ言いに行ったりして…sweat01

みんなで一緒にできたのは、スキップと、ターンと、ジャンプくらいかな…。

そうそう。好きなものに自由になるレッスンも、「ピンクのちょうちょ」や、「ピンクのかえる」になって、楽しそうでしたnote

お姉ちゃんたちからは、

「ピンクのかえるなんて、いないよ!かえるは緑だよ!」

と、突っ込まれていましたが(笑)

ほかの時間は、端のほうや、後ろのほうで、ターンやスキップの独習(良く言えば…)をやっていて、レッスンのじゃまになると、先生から注意されていました。

これで、先生にも、まる子はマイペースな娘なのだとわかってもらえたような気がしますcoldsweats01

それでも、帰り際に先生から、

「まる子ちゃん、よくがんばったねsign01来年もがんばろうねっhappy01

と言っていただけて、母は安心したのでした。

2010年12月27日 (月)

いつでもスマイルしててね♪

今日は、ホフディランの『スマイル』が、頭のなかで一日中流れていましたnote

最近、CATVの『うたばこ』という子ども番組で、ホフディランがこの歌をうたっていて、なつかしい気持ちで聞いているのですが、よくよく聞いてみると、歌詞がスバラシイですshine

♪いつでもスマイルしようね

 とんでもないことがおきてもさあ

 かわいくスマイルしててね

 なんでもない顔してでかけりゃいいのさ

 

 ねぇ笑ってくれよ キミは悪くないよ

 ねぇ笑ってくれよ さっきまでの調子で yeah

 いつでもスマイルしようね

 深刻ぶった女はキレイじゃないから

 すぐスマイルすべきだ 子供じゃないならね

 

 いつでもスマイルしてよね

 こんな時こそ努力が必要さ

 かわいくスマイルしててね

 町中にキミを見せびらかすから

 ねぇ笑ってくれよ 心配はいらないよ

 ねぇ笑ってくれよ さっきまでの調子で yeah

 いつでもスマイルしててね

 完璧なんかでいられるわけはないだろう

 すぐスマイルするべきだ 子供じゃないからね

 もうすぐだね あと少しだね

 その時の笑顔ですべてをチャラにしよう

 もうすぐだね 長かったね

 はやくスマイルの彼女をみせたい

 かわいくスマイルしててね

 人間なんてそれほどキレイじゃないから

 すぐスマイルするべきだ 子供じゃないからね  

 

http://www.youtube.com/watch?v=EdyHSJj39HY&feature=related

2010年12月26日 (日)

久々の女子会♪

今夜は、子どもを旦那たちに預けて、S女史とふたり、居酒屋にいましたbeer

好きなものを食べて、飲んで、好きなようにおしゃべりできる幸せ…heart01

日常を離れて、たまにはこんな夜もいいものです。

店内は、団体客で混み合っていまして、お料理をお待たせしてスミマセン…と、人柄の良い店主が、焼鳥やらおでんやらをサービスしてくれて、なんだか恐縮してしまいました。

S女史の旦那さまは、一緒に参加したかったようですので、次回は、また旦那さんと同伴の飲み会をやりたいと思います。

それを、うちの旦那に伝えたところ、

「ウフフフフ…smile

と、ちょっとはしゃいだ声で笑っていました。

なーんだ、ふたりとも、一緒に飲みたかったんだsign01…、なんて。

2010年12月25日 (土)

ホワイトクリスマス♪

101225_101628   

朝起きて外を見たら、雪が降り積もって真っ白にっsign01

12月に入っても暖かい日がつづいていましたが、昨日からグッと冷え込んで、クリスマスに雪が間に合ったのですxmas

枕元に置かれたサンタさんからのプレゼントと、この雪が、まる子にクリスマスらしい一日のはじまりを運んでくれました。

でも、ふだん寝起きのいいまる子ですが、今日はなかなか起きられなくて、

「サンタさんからのプレゼントが置いてあるよっsign03

と伝えても、反応がイマイチでしたcoldsweats01

のっそりと起き上がり、プレゼントが目に入ってからようやく、シャキッとした様子です。

朝ごはんのあと、まる子とふたりでケーキ作りをして、なんとかクリスマスっぽい雰囲気のものが出来上がりましたshine

雪が積もっただけで、なんだか世界が静まりかえって、時間がゆっくり流れはじめたようです。

101225_093145_3

2010年12月24日 (金)

カフェと女三人展

昨日は、実家の母を誘って、まる子とカフェでお茶をしてきましたcafe

101223_152014 

このお店は、バリのカフェっぽい良い雰囲気なので、私のお気に入りです。

まちねぇがいるカフェでもあります。

アイスクリームが食べたい!、とせがむまる子に合わせて、ワッフル&アイスクリームを注文。

でも、最後に、まちねぇに向かって、

「スパゲティを、ください!」

と、まる子…。

今は、ティータイムなんですけど…coldsweats01

やんわりとお断りされていました(笑)

いつものように、アイスクリームのあとに、少々のコーヒーを飲んだまる子です。

無事にお茶が終わり、併設のギャラリーで、絵と銀細工とガラス細工の「女三人展」を見てきました。

101223_154230

小さい子どものお客様は倦厭されるかな…、と思いきや、ガラス細工を作ったのは、まる子くらいの子どもがいるママさんで、予想外に歓迎してくれましたsmile

子育てをしながら、こんな繊細なものたちを創作できるなんて…、すごいなsign01

パワフルな笑い声の響くママでしたから、作品よりも、お話のほうで楽しめました。

入り口に飾られたクリスマスリースについた、雪の結晶のかたちをしたガラスが印象的で、いまでも思い出すとキラリと光りますshine

101223_155507

2010年12月23日 (木)

つくし学級(3歳児学級)…クリスマス会

101222_102802

昨日は、地域の3歳児学級(つくし学級)のクリスマス会でしたxmas

ゲームをしたり、お友だちとプレゼント交換をしたり…。

図書館司書さんの絵本の読み語りでは、もっと近くで見ようと絵本のまえに出てきた数人の子どもたちのあいだで、ちょっとしたハプニングが勃発しましたannoy

「後ろのお友だちが見えないから、お座りして見ようね」

と言う司書さんの言葉を忘れて、ひとりの男の子が立つと、それにつられてまる子も立ってしまいました。

すると、すぐ後ろの女の子が、

「見えないsign01

と言い、何度か注意しても聞かないまる子に、その女の子は、まる子の服を引っ張って座らせようとしました。

すると、カチンときたまる子が、その子を叩いて泣かせてしまったのですcrying

ちょっといけないことしちゃったな、という顔で立ち尽くすまる子と、泣いている女の子を心配そうに見守るまわりの子どもたち…。

「ごめんね、って言わなきゃ」

と助け舟を出したものの、ひとりでは恥ずかしくてできず、そばで様子を見ていた保健師さんを引っ張ってきて一緒にあやまろうとするも、やっぱり恥ずかしくてできず…dash

絵本『ぐりとぐらのクリスマス』のすぐ下で、別のドラマが展開してしまい、そちらのほうが面白くて、母は物語どころではありませんでしたcoldsweats01

そのときはすぐにあやまることができなかったものの、お茶タイムのときに、ひとりでその女の子のところへ走っていき、

「ごめんね」

と言えたまる子です。

女の子も、いいよ!って言ってくれて、ふたりしてニッコリしていましたhappy01

やれやれ…、これで一件落着shine

母にとっては、こういう子どもたちの成長が嬉しく、いちばんのクリスマスプレゼントになりました。

そして、いよいよクライマックスのサンタさんが登場して、さっきのことなどすっかり忘れたまる子は、バナナちゃんと一緒に飛び跳ねて喜ぶのでしたnote

101222_112408 

2010年12月22日 (水)

『実践レイキヒーリング入門』…土居裕

実践 レイキヒーリング入門 愛と癒しの技法 (講談社プラスアルファ新書)

実践 レイキヒーリング入門 愛と癒しの技法 (講談社プラスアルファ新書)

著者:土居 裕

実践 レイキヒーリング入門 愛と癒しの技法 (講談社プラスアルファ新書)

レイキとは、日本発祥の手当て療法ですpaper

本書では、レイキについて、こう書かれています。

~最新の科学によれば、宇宙も、宇宙に存在するものも、みな波動でできています。

私たちの周囲には波動が充満し、私たち自身も波動だというのです。

レイキも、そのような宇宙に充満する波動の一つです。

昔から、さまざまな波動の中に、「病気を癒し、心に平安を与える」高い波動が存在することが知られており、レイキ(霊気)と呼ばれていました。

レイキは、宇宙からの贈り物で「愛と、調和と、癒しのエネルギー」といわれ、人の高い意識と響き合って健康と幸福に導く波動です。

そのエネルギーを活用して、「私たちの人生を、安らかに、豊かに、価値あるものにしよう」というのがレイキ法です。

レイキ法は、手当て療法からスタートし、「病気や悩み、怒り、心配などの不調和な波動と響き合わないよう、自己の波動を高める」ことをめざします。~

今からさかのぼること7年前に、このレイキのセミナーを受講しましたthunder

勤めていた会社を辞めて、アロマテラピーなどの自然療法に興味をもって勉強していた時期です。

どうしてレイキを習おうとしたのかは忘れましたが、海外では、レイキの資格が、エステティシャンや治療家の必須条件だという情報を聞いていました。

でも、あれから、そんなに使うこともなく、月日は流れます。

まる子が生まれてから、打撲をしたときや、泣き止まないときなどに使った程度。

それが、最近、ロータス(http://ameblo.jp/pasarshanti/)のオーナー由美子さんから、冷え改善(私は冷え性…)と運気アップには、レイキを使えば使うほどいいup、とアドバイスをいただたり、

毎週通っている鍼の先生から、「あなたには治療家になってもらいたい」と言われたことがきっかけで、なんと、先月、レイキの最終レベルであるティーチャーコースをマスターしてきたのですsmile

これは、レイキを使いたいという人に、使えるようにしてあげられる資格でして…。

今は家族や親しい友人たちにぼちぼちお伝えしているところですが、もっと自分自身でレイキを活用して、良さを実感したいと思っていますconfident

バレエ…お姉さんからのダメ出し(笑)!

昨日は、バレエでしたribbon

こちらとしては、いつ本人が「行きたくない!」と言い出すか、はたまた、いつ先生から「まるちゃんには、まだちょっと早いかなぁ…」とやんわりお断りされるか、様子を見守っているのですが、どうもまだどっちもその気配はないようですcoldsweats01

「右足」や「左足」さえもわからないまる子でしたが、それはかろうじて覚えた様子。

やっぱり、わからない言葉や、できないことが多すぎてもイヤになってしまうので、今日は、まだわかることやできることが増えてきて、前回より、みんなと一緒にできたようですup

スキップや、動きのあるステップのときには、楽しそうにやっているところがいいですhappy01

でも、帰りの更衣室では、一つ年上のお姉ちゃんから、

「今日は、まるちゃん全然できてなかったよね!」

とダメ出しされたまる子。

この子は、まる子が走りまわったりしてみんなと一緒にできてないときに、

「おうちに帰って、地下室に入れられるんだよー」

と私に向かって言う面白い女の子で…(笑)

きっと、いつもおうちに帰ってから、お母さんにそうやって怒られているのでしょうねsmile

2010年12月21日 (火)

美味しいクリスマスプレゼント♪

101220_175923

今日は、旦那とまる子と3人で、クリスマスディナーを食べに出かけてきましたxmas

先日、地元情報誌に応募した、私の大好きなお店のクリスマスディナーが当たったと、連絡があったのです(しかも、ペアです!)。

陶芸家の女性オーナーが、古民家を改築してレストランをやっているのですが、とっても雰囲気の良いうえに、お料理も美味しいのですshine

101220_192716 

テーブルには「ビーツのジュエルと牛蒡のアイスクロケット」の前菜からはじまる、本日のメニューがあったのですが、読んだだけではどんなお料理がでてくるかわからない…、という名前が、ワクワク感をそそってhappy01

そうそう、まる子にも、お子様の前菜があったんですよ!

途中でお店の方が、まる子に絵本を貸してくださったおかげで、2時間以上かかったコース料理を無事に味わって頂くことができ、ありがたかったです。

たまにはこんなふうに、ゆっくりと美味しい時間を堪能するのもいいものです。

神様が、このクリスマスに、一年間のご褒美をプレゼントしてくれたのかもしれませんpresent

101220_200630

2010年12月20日 (月)

りんごクラブ…クリスマス会♪

101220_094714

今日のりんごクラブは、ばなな&みかんクラブと合同でクリスマス会でしたxmas

朝の会には、サンタクロースが登場し、そのあと、先生たちがクリスマスのうたを歌ってくれたり、光るペープサートをしてくれたり…。

みんなでアンパンマンのパンを食べたり、サンタさんと撮影会をしたり、帰りにはプレゼントをもらったりと、クリスマスムードたっぷりの楽しい時間となりましたnote

ステージのまえには、明かりが灯ったクリスマスツリーが飾ってあったのですが、まる子は何を勘違いしたのか、パンパンと二回手を打って、合掌のままおじぎをして、みんなを笑わせたのでしたhappy01

よっぽど神々しく見えたんですかね(笑)

2010年12月19日 (日)

パパ、だーいすきっ♪

まる子の便秘騒動は、今だつづいておりまして…sweat01

今日で3日も出ていません…。

明日は病院に連れて行かないとダメかな…、なんて思いながら夕飯の仕度をしていますと、居間から、

「パパが押してあげるから、ウンチ出るといいねぇ~」

という声が聞こえてきました。

どうやら、夕飯を待っているあいだ、パパがまる子のお腹をマッサージしているようです。

しばらくして、ふたりでトイレに行く気配がして、

「今日出ないと、またお腹が痛くなって、病院に行かないといけなくなるんだよ」

などと、パパが一生懸命まる子を励ましている声が聞こえてきました。

トイレでは出なかったようで、オムツにして、居間で再チャレンジsign01

その頃には夕飯が出来上がり、みんながご飯を食べているあいだ中頑張って、見事自力でウンチができたのでしたscissors

心配そうに見守っていたじーちゃも、大喜びhappy01

まる子は、ニコニコして、

「パパ、だーいすきheart01

とパパに飛びつき、

「うんち、でーた、うんち、でーたnote

と小躍りするのでした。

やれやれ…、これでひとまず安心ですdash

2010年12月18日 (土)

カニのせいにするまる子

今日、実家に石川のおじさんから蟹が贈られてきたので、おすそ分けしてもらってきましたcancer

毎年送られてくるのですが、去年のまる子は、蟹を見ただけでこわがって近寄れないほどでした。

でも、今年は平気なようで、自ら蟹係をかってでて、紙袋に入れたものを自分で持って帰ってきました。

チャイルドシートの隣の座席に置いたその紙袋の持ち手を、走行中も決して離さず、

「飛び出しちゃうと、いけないからね」

と慎重な面持ちで持っていましたcar

それから、少し走ると、思いついたように、

「ママのオカリナ、壊しちゃってごめんね。

かにさんが、ちょっきんってしちゃって…」

そうそう、一昨日、まる子は、私の陶製のオカリナを吹いているときに、落っことして割ってしまったのですbearing

まる子なりに、悪かったなぁ~、と反省しているのはわかるけれど、蟹のせいにするのは無理がありますsign01

2010年12月17日 (金)

まる子の便秘大作戦!

先週あたりから、どうもまる子の便秘がつづいておりまして…sweat01

水分を多めにとらせたり、野菜を食べさせたり…。

ヨーグルトにオリゴ糖を入れるといい、と聞けばやってみたり…。

9月下旬にかかった肺炎のあと、少食だったまる子が、ご飯をパクパクと食べるようになり、食べず嫌いで避けていたものにも挑戦するようになったのですが、

食べるものの内容が変わってきたので、腸内環境も変わり、便が出にくくなっているのかもしれませんthink

これは、離乳食がはじまったころにもあって、今までオッパイだけだったところに、ちょっとずつ違うものが胃のなかに入ってきたことで対応に困ってしまったのか、3日も4日もウンチが出ない、なんてことが一時的に起こったのでした。

今回もそうかなぁー、なんて思ってはいるのですが。

偏食をすると病気にかかりやすい、とか、お野菜を食べないと便秘になる、などの自分の体験から、食べる内容に気をつけてくれるようになることを期待しているところですsmile

私が毎週通っているストレッチの教室には、小6のマイカちゃんが、お弁当を持参してママと一緒に来るのですが、毎回まる子の子守りをしてくれます。

そして、自分のお弁当から、まる子の苦手そうな、例えば、ピーマンとか…、を一生懸命食べさせてくれるのですrestaurant

最近では、

「これ、まるちゃん、食べられるかなぁ~」

と言ってお弁当に詰めては、いろいろな食材を食べさせようと工夫してくれています。

母以外にも、こんなふうにまる子の食生活を気遣ってくれる人がいるなんて、とても幸せなことだと思いますhappy01

そんな健気なマイカちゃんの目のまえで、気に入らない食べ物はベェーッと吐き出す不届きなまる子ですsweat01

2010年12月16日 (木)

バレエ、つづけられるのかな…

火曜日は、2回目のバレエでしたnote

はりきってレオタードに着替え、元気よく先生たちにあいさつできたものの…。

どうも、「プリエ」や、「1番」、「5番」などのバレエ独特の用語や動作がむずかしいらしく、すぐにできなくて、嫌になって、おちゃらけてしまうのです。

隅で見ている(監視している?)ママたちのほうを振り返ってママを呼んだり、走りまわったり…dash

バーレッスンは、特に苦手らしく、ブーランブーランぶらさがってしまう始末ですcoldsweats01

でも、スキップやターン、自由にダンスするのは好きなようで、ちゃんとできるところもあって。

ママのストレッチ体操のときに、みんなにバレエで習った動きを披露したりするので、興味がないわけでもなさそうです。

この日も、暑いと言って、レオタードを脱いで上半身裸になって、みんなを驚かせ、まだまだバレリーナとはほど遠い生徒ですが、もう少し様子を見ようと思います。

2010年12月15日 (水)

りんごクラブ…サンタさんからのお手紙

101214_113408

昨日は、りんごクラブでしたapple

画用紙やシール、ヨーグルトの空き容器でクリスマスツリーを作ったり、牛乳パックでびっくり箱を作ったりしました。

だいたいのところを先生たちが作っておいてくれて、子どもたちがシールを貼ったり、お絵描きをするだけ、という簡単な工作だったので、親子で楽しめましたnotes

手のかかる工作だと、ママたちが一生懸命になっちゃって、子どもがほったらかし…、なんてことになりますから…coldsweats01

はじめと終わりに読んでもらった絵本は、どれもクリスマスにちなんだものでしたし、帰りには、なんとサンタさんからのお手紙をもらいました。

サンタさんの顔の封筒のなかには、

「20にち、クリスマスかいにきてね」

と書かれたお手紙が入っていて、子どもたちをワクワクさせましたhappy01

次回は、サンタさんがやってくるそうです。

まる子の反応が楽しみですshine

2010年12月14日 (火)

夜のあたふた!

昨夜、まる子を連れて、休日夜間診療所へ行ってきましたhospital

金曜日にひきつづき、また便秘だったからです。

あれから、野菜を食べさせたり、水分を多めにとらせたりして気をつけていたのですが、3日目の昨日も出ず、お風呂に入る頃に頑張りはじめて…dash

一時間ほど奮闘したのですがダメで、パパがお腹をグイグイ押してみると、激しく泣いて震えるのですが、やっぱりダメで…。

夜の9時をまわってしまったので、夜開いている診療所に問い合わせてみたのです。

昨日は空いていて、到着したときには他に患者さんはいなかったので、すぐに診てもらえましたeye

先生にお腹を診てもらい、浣腸をすると、スーッキリと全部出て、来たときのナーバスそうな顔が、みるみるうちに明るくなり、いつものまる子に戻りましたhappy01

まる子も安心した様子でしたが、わたしたちも一安心。

本当に冬場は水分をもっと摂らないといけないんだなぁー、と強く感じました。

ちなみに、まる子のあとに来た患者さんは、腹痛を訴える若い女性だけで…。

あとは、酔っ払いを介抱しているらしい人から、問い合わせの電話がかかってきていました。

ノロやインフルエンザが流行る時期ですから、もっと混んでいるのかと思ったら、わりと平和な待合室で、そんなこんなで夜の騒動が終わったのでしたmoon2

2010年12月13日 (月)

とっさの一言に…

昨日、家族でお茶を飲んでいるときのことですapple

義母が、りんごをむいてくれ、私に一切れくれたので、

「すみません」

と受け取ったところ、すかさずまる子から、

「すみません、じゃないでしょ、ありがとう、でしょっsign03

と突っ込みが入りましたcoldsweats01

そうだ、確かに、ありがとうだな、と思ったのですが、私もまだ義母に対して遠慮があるんだな、ということも合わせて感じた出来事でした。

2010年12月12日 (日)

山岳写真展へ

101211_144445 

昨日、まる子がお昼寝をしなかったので、お散歩がてら、実家近くの美術博物館へ行ってきました。

市民ギャラリーで、日本山岳協会南信支部第16回写真展「貌(かたち)季節の中で」をやっていたので、機会があったら見に行きたかったのですcamera

南アルプスや北アルプスの雪山などの絶景は、別世界のように美しかったですshine

そんなたくさんの絶景のなかでまる子がいちばん気に入ったのは、中央アルプスの日の出と風紋を写したもので、全体が濃い紫とピンクの中間色に染まったものでした。

この色合いに惹かれたようで、何度も何度も見ていましたeye

静かなギャラリーで大騒ぎになったらどうしよう…、と思っていましたが、まる子好きな写真があったのでよかったですhappy01

2010年12月11日 (土)

子育てハッピーアドバイス♪

今日は、『子育てハッピーアドバイス』などの著書で有名な、精神科医の明橋大二先生の公演会に行ってきましたchick

これは、市の教育委員会が主催している「みんなで子育てパワーアップ講座」の第5回目で、これまでに、子育てにかかわる事業をされているさまざなみなさんが、講師でいらっしゃいました。

ほとんどの回が託児付きで、しかも無料で参加できるとあって、毎回多くの受講者が集まります。

明橋先生の本は、何冊か読んだことがあるのですが、いつも大切なことをわかりやすく、そして楽しく書かれているので、今日のお話をほんとうに楽しみにしていましたshine

先生は、もともと、大人のうつ病などの精神病を診ていたのですが、その根本的な原因が、子ども時代のいじめや、幼いときの両親とのかかわり方にある場合がほとんどであることを知り、今は、子どもにかかわる仕事をしているようです。

子どものときに、いかに自分が大切な人間であるか、いかに人の役に立つことのできる人間であるか…、をしっかり感じて育つこと、それがいちばん大事なことのようです。

大阪出身の先生なので、お話のテンポも良く、ときに笑い、ときに泣けて…。

本からは伝わらない、生き生きとしたお話がしっかりと聞けて、ほんとうに良い時間になりましたhappy01

2010年12月10日 (金)

リトミックどころじゃないっ!!

今日は、リトミックnotes

先生が、めずらしく折り紙を用意してくださり、簡単に作ることのできるものを折ってみたり、ちぎって色画用紙に貼ってみたりしたのですが…。

101210_105954 

ここ数日、便秘気味のまる子は、でかけるまえから頑張っていたのですが、到着してからも頑張りつづけ、隅に隠れていましたdash

101210_110241

この奮闘は家に帰ってからもつづき、すったもんだの末に、ようやく終わってスッキリしたのでしたhappy01

暖房やこたつで、意外と冬も体内の水分が奪われるようですから、水分不足に気をつけなければいけませんね

2010年12月 9日 (木)

久々、まる子語録

rvcar

一昨日、ママの運転中に。

まる子が後ろのチャイルドシートから、なにか「赤くなってるから、止まろう!」というようなことをしきりに言っていて…。

てっきり、りんごが赤く実っているから、止まって見たい!、と言っているのかと思って、もう一度聞きなおすと、

「信号が赤くなってるゾ、止まろうsign01

と言っていたのです。

確かに、向こうに見える次の信号は赤でして、ママに注意を呼びかけていたんですねcoldsweats01

そして、青信号には、

「信号が青になったゾ、行っていいゾsign01

ですって。えらそうに…dash

bearing

今日は、ちょっと緊張する出来事を控えていて、怒りっぽかった私。

反省して、まる子にあやまると、

「まるちゃん、傷ついたよーdespair

と、さも弱った、というような表情をして…。

こんなふうに、いつも、こちらが真剣なときに、おちゃらけてはぐらかされています。

まぁ、それで、フッと力が抜けて笑えるのですが…happy01

2010年12月 8日 (水)

とんだ班の発表に…

今日は、地域の3歳児学級がありましたsnail

いくつかの班に分かれており、はじまりの10分を使って、それぞれの班で自由に発表をする時間があるのですが、

今日はうちの班が当番で、大型絵本と紙芝居の読み語りをしました。

私が図書館で本を借りてくる係だったので、事前にまる子は内容を知っていました。

みんなで呼びかけをしてもらう場面があり、こういうのはまる子の得意分野かな、と期待していたのですが…。

本番だというのに、紙芝居を抱えて離さず、みんなからの説得に大泣きして、しぶしぶ客席に下がってしまいましたcrying

前回は、チッチたちの班が当番で、みんなでアンパンマンの体操をして、当番でもないまる子が前に出て、ノリノリでやっていたのですが、肝心の今日にかぎって、こんなことになるとは…coldsweats01

まったく、予想がつかない娘です。

2010年12月 7日 (火)

バレリーナ、ますます遠ざかる…

Dsc04339

先週、バレエの体験に行ってきたまる子ですが、すっかり先生とレオタードに魅せられたようで、

「また、行きたいsign01

と言い出しました。

なので、クリスマスプレゼントに考えていたおままごとセットをやめて、バレエのレオタード他一式を買ってあげ、今日からレッスンに通いはじめたのですが…。

レッスン開始まえから、同い年のお友だちと走りまわって、まったく緊張感ナシで…sweat01

はじまってからも、できないことが増えてくるとイヤになってママのところに逃げてきたり、勝手に水を飲みに行ったり、ひとりで走りまわったり…dash

今日にかぎってお昼寝ができなかったことや、前回と先生がちがってしまったことなども重なり、ハラハラする場面が多々ありました。

でも、ジャンプやターンの練習は意欲的で、むずかしい(らしい)左まわりが出来る、と先生から褒めてもらったり、

子どもたちの要望で実現したポニョの振り付けを積極的に踊っていて、後半は楽しそうでしたnote

おけいこなので、厳しい場面が出てくると思うのですが、どこまで続けられるのか、母は見守るしかできませんが、今後が楽しみでもありますhappy01

2010年12月 6日 (月)

長い黒髪を洗う夢

今朝、見た夢。

自分の髪を、とにかく洗いた~い!、と思って洗っていた。

長い黒髪と、シャンプーの白い泡が印象的だった。

happy01

久しぶりに夢を覚えていました。

シャンプーの夢は、とにかく気持ちを一新したいというあらわれのようです。

過去のわずらわしいことや、心のもやもやもキレイさっぱり洗い流して気分転換すると、運気上昇の兆し、とか…。

今年も終盤ですから、新年に向けてこんな夢を見たのでしょうね。

2010年12月 5日 (日)

まる子の冬遊び♪

101129_094903_2

夏は、プールや泥んこ遊びなどの外遊びをほぼ毎日していたまる子ですが、秋になってからは、寒かったり、風邪をひいたりして、お家で遊ぶことが増えてきました。

最近は、クレヨンでお絵描きをしたり、カレンダーなどをハサミで切って、それにのりをつけたりする遊びが好きなようで、黙々とやっていますhairsalon

私も、家にいる時間が増えたので、お菓子を作ったり、お掃除をしたりして、冬時間を楽しんでいますrestaurant

今日は、酒粕を入れて、レンジでチンするバナナブラウニーを作ってみました。

ボウルに材料を入れるだけで出来るカンタンなお菓子は、まる子にも手伝ってもらえるので、お菓子作りも遊びのひとつになりますhappy01

来春からは、保育園に行くまる子ですから、こういう親子の時間を大切に過ごしたいと思っています。

2010年12月 4日 (土)

クリスマスコンサート♪

昨日は、小さい子どもと、子育て中のパパ&ママのためのコンサートへ行ってきましたnote

市の子育て支援事業のひとつで、定期的におこなわれている人気のコンサートです。

今回は、ヴァイオリンとピアノのアンサンブルで、『タイスの瞑想曲』といったクラシカルなものから、クリスマスメドレー、日本の歌メドレー、それから、クリスマスメドレーといった盛りだくさんの内容で演奏してくれましたxmas

ヴァイオリニストの女性は4歳から習いはじめたそうですが、当時使っていたいちばん小さなヴァイオリンを見せてくれ、

初めて習った『キラキラ星』を演奏してくれました。

こんなエピソードは、小さい子どものためのコンサートならではのお話で、とても興味深かったですhappy01

日々のあわただしさから少し離れて、ヴァイオリンの美しい音色に耳を澄ますひとときは、とても贅沢な時間でした。

2010年12月 3日 (金)

やっぱり大騒ぎな…、収穫祭!

101202_170658

昨日は、昼神温泉郷へspa

旦那の所属するカーネーション組合の「収穫祭」(忘年会)があり、家族同伴でこの一年の慰労会をしました

去年まではママと一緒のご膳だったまる子ですが、今年はいっちょまえにお子様ランチを頼んでもらって大喜びhappy01

ひとりで食べられるようになった分、今回は私もお料理を味わうことができました。

役員で前に出ているパパに、

「パパ~、パパ~sign01

と手を振って声援を送ったり、隣に座った5歳のコウキ君と廊下を走りまわったりと、

あいかわらずな奔放振りを発揮したまる子です。

そうそう、コウキ君には、大人の真似をしてオレンジジュースをお酌したり、まる子の好きな南国特産ボンタンアメをおすそ分けしたりして…。

でも、コウキ君はミカンが苦手なようで、年下のまる子に気を使って困った顔をしていました(笑)

いつも以上に食べて、飲んで、走ったまる子は、案の定、最後の最後でゲェーッと全部戻してしまい、まるっきりたちの悪い酔っ払いのようでしたcoldsweats01

これからは、イベントのたびに小さなバケツを持参しなければ、と思った母です。

2010年12月 2日 (木)

じーちゃ、照れる

ある日のことです。

紫の野菜ジュースを飲んだまる子の口のまわりが、紫色に汚れていました。

パパに笑われ、鏡を見てくるように言われて、自分の口をきれいにして戻ってきたまる子は、

「まるちゃんの、お口って、かわいいよねぇheart01

と自画自賛。

そして、次に、パパのところへ行って、

「お口が、ピンク色でかわいいよheart04

さらに、じーちゃのところへ行って、

「じーちゃのお口もかわいいよheart04

80歳になるじーちゃは、そんなふうにストレートにほめられたのは初めてだったらしく、

「おじーちゃんは、そんなこと言われたことないよsweat01

と照れていました(笑)

2010年12月 1日 (水)

夢見るバレリーナとはほど遠い…

昨日、まる子は、バレエクラスの体験に行ってきましたdash

ちょっとまえに、ジャズダンスの見学に行ってきたダンススクールなのですが、

こちらのバレエクラスは、3歳の子どもからいる初級クラスのようで、体験するにはちょうどいいと、そのときに勧められたのですribbon

まる子と同じ10月生まれの女の子がひとり、あとはおねえさんたちばかりで、上は5歳のおねえさんたちでした。

なので、みんなのなかに並ぶと、すごく小さい子に見えましたeye

まる子は、いつものように気後れせずに輪のなかに入り、ピンクや白などのカラフルなレオタードをうらやましそうに見ていました。

もちろん、まる子はレオタードがないので、スパッツにTシャツという格好だったのですが、

レッスンをしているうちに暑くなったのか、自分でTシャツを脱いでしまい、白い半袖の肌着一枚でやっていました。

前回のように、好奇心のままあちこち動きまわって、先生の言うことを聞かないのではないかとハラハラして見ていましたが、

最後にもらえるというお菓子につられ、なんとか最後までやり通すことができましたshine

レッスン中はお口を閉じる、というお約束があるのにもかかわらず、同い年の女の子に気安く話しかけるので、

その子は、両手で口をおさえて笑い、困った顔でママのほうを見るのでした。

こういう小さい子たちの一つ一つの仕草が可愛らしくて、バレエの動きとはほど遠いまる子ではありましたが、行ってよかったと思いますhappy01

まる子は可愛いレオタードに憧れているようですが、果たしてはじめるのかどうかは、彼女次第です。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »