2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

まる子のド♪レ♪ミ♪

昨年10月に、ご縁があって、元リポーターの河本のり子さんが講師の、「声で運気を変える!強運体質1dayセミナー」というのに、参加してきましたup

リポーター時代に、声のことを徹底的に勉強し実践された方なので、お話の内容を聞くまでもなく、その「」が、圧倒的な響きと存在感をもっていて、数ヶ月経った今でも、響きつづけています。

彼女のお話のなかで、取材では、社長さんなどの、いわゆる成功した方たちとお話しする機会が多かったようなのですが、やっぱり、「声」がちがった、と言われていて、そのことが印象的でしたshine

まえまえから興味はあったのですが、このときをきっかけに、私も「声」を意識するようになりましたhappy01

そんなときに、amazonで見つけたのが、この本ですbook

『人生と運命を変える声の育て方』 自分の「響き」をゲットできるレッスンCD付き

著者:楠瀬 誠志郎

『人生と運命を変える声の育て方』 自分の「響き」をゲットできるレッスンCD付き

著者の楠瀬氏は、ボイストレーナーとして、SMAPや郷ひろみなどの指導をしている方ですが、このボイストレーニングを、一般の人にも広めようと活動されているようです。

声が暗い、甲高いなど、声の悩みをもつ人、さらに、よりよい声で、よりよい仕事をしたい人、または、よりよい声で、よりよい人間関係を築きたい人に向けて…。

まだ読みかけなのですが、はじめのほうに、こんなことが書いてありました。

疲れたときこそ声を出せ

のどからの声ではなくて、腹式の「カラダを響かせる声」を出す、または歌うと、疲れに対していちばん良いケアになるそうですconfident

単純な私は、まる子を乗せた車のなかで、さっそくやってみることにsmile

ちょっとオペラ歌手をイメージして…、キラキラ星です。

「ド~ド~ソ~ソ~ラ~ラ~ソ~note…」

ふだん、私が、ふつうに、ポップスや童謡をうたうと、

「うたっちゃ、ダメsign01

とソッコー却下されるのですが、なぜかこの歌い方はOKなようで、なんどもなんども、

「もういっかいsign01

と催促され、疲れるまで歌わされてしまいましたcoldsweats01

しかも、

「まる子ねぇ、こういうふうに、うたえたらいいなぁって、おもうの」

ですって(笑)

歌でもなんでもない、ストレス解消の発声が、まる子の心をくすぐったようですhappy01

2011年1月30日 (日)

『僕と妻の1778の物語…まる子編(笑)』

昨日の、お茶タイムでのことですcafe

またまた実家に行っていたのですが、あーりん(実家の母)が、シュークリームを買ってきてくれたので、みんなで食べていました。

まる子は、最初のうち、パクパクと食べていたものの、だんだん、クリームしか食べなくなり、大変お行儀の悪い状態になってきましたbearing

そのうちに、皮だけになったシュークリームのところに、緑茶をかけようとして、遊びに入ってしまったので、

「食べ物で遊ぶのは、いけないよっangry

と注意したところ…。

逆ギレして、

「じゃあ、わたし、いないほうが、よかったねsign03

「………………………………………sign02(笑)」

…それって、最近ずっとCMしてる、草薙剛と竹内結子の映画『僕と妻の1778の物語』のセリフじゃんっsign01

がんを告知された奥さんに、旦那さんが一日一編の小説を作ってあげるという、涙なくしては見られない映画の…。

こんな場面で応用して使うとは…。

母はびっくりしましたよ。

2011年1月29日 (土)

お風呂のしあわせ

バスタイムを、こよなく愛す、まる子。

昨日は、パパが肉ばなれをしているので、ママとふたりで入浴spa

寒い日に、温かい湯船に浸かるのは、気持ちが良いらしく、満足そうに、こう言いました。

「ハートが、いっぱいでちゃうねーheart04

耳慣れない表現に、

「なに、なに???」

と聞くと、両手でハートのかたちを作って、胸のあたりから出ている仕草をします(笑)

そして、ママのほっぺにチューをしてくれ、またまた、

「あたしの、およめになってねheart01

幸せそうなのは、わかるけれど、なにかがちょっとズレているような…。

そして、先にお風呂から上がって、脱衣所で待機していたパパに、着替えをしてもらっている最中に、

「まるちゃんねぇ、パパといっしょに…」

と言いかけたので、やっぱり、いつものようにパパと一緒にお風呂に入りたいんだな…、と聞いていると、

「まるちゃんねぇ、パパといっしょに、デブになりたいsign01

はじめ、パパは、パパといっしょにラブになりたい、と聞こえたようで、喜びの声を上げていましたが、よくよく聞いてみると、デブだったようで

「挑戦的なことを、言うなっsign03

とガッカリしていました(笑)

言われてみると、ここ数日、今まで食べたこともなかったリンゴをパクパク食べたり(酸っぱいものが苦手で、果物はバナナ以外めったに食べないのです)、昨日などは、皮をむいて遊ぶだけだったミカンを、じーちゃと食べるからと言って、夜のお買い物について来なかったのです!

お風呂に入る前は、夕飯も食べたというのに、カボチャの煮物を食べたいと言いだして、五つも食べたとか…。

昨年9月に肺炎をしたあとも、そうだったのですが、今回の風邪のあとも、今まで食べず嫌いをしていた食材を、急に自ら進んで食べるようになって…。

健康維持のための本能を、強く感じた母ですconfident

そうだとしても、突然のデブになる!宣言は、考え直していただきたいものです(笑)

2011年1月28日 (金)

僕と彼女と彼女と、まる子の生きる道

こちらでは、草薙剛&小雪が主演のドラマ『僕と彼女と彼女の生きる道』を再放送していますtv

娘役を可愛く演じた美山加恋ちゃんが、「リンちゃん」役で、ブレークしたドラマです。

昨日は、リンちゃんのために、忙しい仕事を辞めて、転職する決意をしたお父さん(草薙)が、娘にそのことを伝える場面が感動的でしたshine

どうして、今の仕事を辞めるのか…、ということについて、心のなかで、こう説明します。

「娘には、一分一秒でも長く、笑顔でいてほしい…confident

それを聞いて、一緒に見ていたまる子が、くるっと私のほうを見て、笑いました。

どうやら、一生懸命、私に笑顔を見せようとしているようで、ちょっと無理のある笑顔です…(笑)

実家のテレビで、両親も一緒に見ていたのですが、私に笑ったということは、意味がわかってるんですね…。

嬉しいけれど、その無邪気な姿がおかしくて、あーりん(実家の母)と涙を流して大笑いしたのでしたhappy01

2011年1月27日 (木)

怒りかたの練習!?

テレビを見ていたのに、突然、まる子が言いました。

「まるちゃんねぇー、怒るのが、へたくそなんだよー…think

ホラッsign01、と言いながら、(本人にとって)怒った顔をして見せてくれました(笑)

いつも怒られている、パパやママに、対抗してるのかな…。

2011年1月26日 (水)

「今度は、ママがおこってね」

1/19の日記(「お母さんだけは、いつも見方で…」)の、後日談ですconfident

一昨日から、咳き込みで戻すようになったまる子は、昨日の午前中、念のために、かかりつけ医に行って、薬をもらってきましたhospital

肺炎になった昨年9月から、咳き込みには注意しています。

おかげさまで、熱もなく、元気もあるのですが、おうちでのんびりしているときに、突然、まる子が言いました。

「今度、あのお母さんが、まるちゃんのココ(服のおなかのあたり)をギュッてやったら、ママが怒ってね…」

切なる訴えでした。

「わかったよ。

あのお母さんは、自分の子どもを叩かれて、怒ったんだよ。

はじめに、手を出したのは、まる子なんだからね。

でも、ギュってやるのは、こわかったね。

今度は、ママが怒るから、安心してね」

まる子は、厳しく叱られたことで、小さい子を叩くのはよくないことだと学びましたが、それとは、また別のレベルで、突然服をギュッと引っ張られた恐怖感が、残ってしまったようでしたthink

第三者的に見ると、あのお母さんからしてみれば、自分の大切な子どもを叩かれて、感情的にカッとなって、もしくは、もう二度とやられたくない、という思いで出た行動だったんだ、と理解できるのですが、まる子のような小さい子にとっては、怖かった感情のほうが、圧倒的に強かったんですね…。

あのときの恐怖心が、こんなに残ってしまうなんて…。

こちらが疲れたり、時間に追われていたりと、余裕のないときなどは、つい感情的に怒ってしまうのですが、そういう怒り方の弊害を目の当たりにした出来事で、とかく短気な私としては、気をつけなくてはいけないと、思った次第でありますclover

2011年1月25日 (火)

団結力は安心力!

日曜日の午前中は、地域のスポーツ大会でしたbaseball

種目は、変形型のソフトバレーボールを使った、「ワンバウンドふらばーるバレー」で、バレーボールより激しくないので、お年寄りから子どもまで楽しめます。

この地域は8班まであるので、男女にわかれて、班対抗の対戦となります。

いつものごとく、わが班女子は、チームカラーの紫色のTシャツでそろえて、団結力をアピールsign01

みんなで声を出し合いながら、和気あいあいと、ときには必死に、三試合しました。

班の旗を高らかに掲げてプレーしたのも、うちの班だけでして、その甲斐があったのか、男子は優勝shine

女子は4位でしたが、一回勝てたので、楽しく終えることができましたhappy01

先日、来春入園予定の保育園で、児童面接があったのですが、面接をしてくださった園長先生から、うちの地域は仲が良いから、お友だちの心配がいらないですね~、というお話がありましたchick

世間一般では、隣近所とのお付き合いが、なくなっていく傾向がありますが、年に何度か、お祭り騒ぎのようなイベントがあると、自然に楽しく交流ができます。

そのことが、子どもたちにも良い影響となるようですから、これからも大切にしていきたいと思っていますconfident

2011年1月24日 (月)

他人の子なら、おもしろい!?

旦那の友人が、近所でイタリアンレストランをやっていますrestaurant

そこで、地元の鹿肉を使ったレシピが完成したので、試食に来てください、との誘いがあり、土曜日の夜、別の友人家族と一緒に、行ってきました。

県内で急増している、ニホンジカ。

それを適正な生息数にするために、捕獲しているのですが、まだまだ捕獲が必要なようで、この資源を有効活用する対策、仕組みづくりが、課題となっているんだとか…。

ヨーロッパでは、シカなどの野生鳥獣の肉を「ジビエ(gibier)」と呼び、秋冬の味覚として、楽しまれているようです。

今回、友人のレンストランでは、鹿肉を使ってミートソースを作り、フェットチーネとからめて出してくれました。

イタリアンなのですが、牛蒡がアクセントとなるトマトソースで、鹿肉の淡白な味を引き立てていましたhappy01

みんなで、「意外と、おいしいっshine」と絶賛しながら食べているなかで、まる子は黙々と、自分が注文したラザーニェを食べていまして…。

3人のお子さんがいるのですが、もう上の子が社会人になる友人家族は、久しぶりの腕白チビッ子を、おもしろそうに眺めていましたcoldsweats01

まる子ときたら、デザートに選んだ、ガナッシュケーキを一口パクリとやると、

「ん~、はじめて…」

と恍惚とした表情をし、それがおかしいと笑われ、飲み物についた角砂糖をサッとつまみ、今、目がキラリと光った!、と笑われていました。

まる子のサッと取る様子は、ほんとうに猿技なので、その速さには、みんなが驚きますeye

お母さんは、自分の子どもたちの小さい頃を、一生懸命思い出そうとしていましたが、

「もう、必死で育てていたから、忘れちゃったsweat01

と言っていて、ひしひしと、当時の大変さが伝わってきました。

そして、

「他人の子だから、おもしろいって、見ていられるんだよね~confident

なんて、しみじみ…。

あぁ、私も早く、そんなふうに達観してみたいですdash

2011年1月23日 (日)

『宇宙チルドレン』…南山みどり

宇宙チルドレン

宇宙チルドレン

著者:南山みどり(胎話士)

宇宙チルドレン

著者は、胎話士(おなかの赤ちゃんとコミュニケーションする専門家)で、子育ての相談を受けるカウンセラーの仕事もしている女性です。

そして、胎内記憶の研究をし、子育ての本も書かれている、池川クリニック(産婦人科)院長の、池川明先生が、監修をされています。

現代は、文明の転換期にあって、新しいタイプの子どもたちが増えてきている、と著者はいいます。

「自分自身をはっきりもち、繊細で、独特の感性や才能に恵まれているけれど、自分も相手も傷つけてしまいやすい子どもたち」

こういう子どもたちは、「インディゴ・チルドレン」と、呼ばれているそうです。

インディゴ・チルドレンをもつ親のなかには、育てにくさを感じる人たちもいるようで、子育てや接し方のヒントが書かれていました。

まる子が、インディゴ・チルドレンかどうかはわかりませんが、共通する部分は多々ありまして、参考になりました。

diamond自尊心が高い

→その子の尊厳を認める。自分が尊重されている実感がもてると、ものわかりがよくなる。

diamond嘘を見抜く能力があり、ごまかしがきかない

→子どもだからといって、ごまかさない。疑わない。

diamond世間一般には、我が強いと思われがちな言動をする

→自己主張したい、わかってもらいたいとの思いから来る言動と理解する。

diamond戦士のように激しい気性の反面、かぎりなく優しいという二面性がある

→よいほうだけを見て、それを伸ばす。悪いほうは見ない。見えても、気づかないふりをする。

diamond直観力が強く、他人の心の変化に繊細に反応する

→共感力(エンパシー)も強いので、状況をすぐに察するが、敏感に反応しすぎることもある。自分の問題と他人の問題を切り離して考えさせるようにする。

最後に、池川先生が、「子育ては、子と親が育ちあう道のり」という題で、メッセージを書いています。

胎内記憶や蘇生記憶をもつ、子どもたちの話を聞いているなかで、三つのことに気づかれたそうです。

1.子どもは、親(特にお母さん)を選んで生まれてくる

2.子どもは、親(特にお母さん)を助けるために、生まれてくる

3.子どもには、生まれる目的がある

さてさて、まる子は、いったいどんな思いがあって、ここに来てくれたのでしょうconfident

とっても興味があるのですが、聞くたびに、なんとなーく、はぐらかされてしまいます。

  

2011年1月22日 (土)

パパ、がっかり…、の巻

パパの一日の楽しみ、まる子とのバスタイムでのことspa

脱衣所で、パパとまる子が会話しています。

まる子が、

「ねぇ、パパ、まるちゃんに、パパとママ、どっちが好き?、って聞いて!」

あえてパパに聞いているので、もちろん「パパsign01」と答えるだろう…、でも、まる子のことだからなぁ…、などと考えながら、まる子の答えを待っていると…、

ママsign03

という、ためらいのない元気な声が、響きわたり、それと同時に、

「なんだよぉ~、オレに聞く、意味がわからん~down

パパのがっかりした声が聞こえてきました(笑)

さすが、まる子。

いつも、笑わせてくれますhappy01

2011年1月21日 (金)

チュー、の意味は…

実家から帰ってきて、玄関で靴を脱ぎ、コートを脱ぎ…。

すると、突然、まる子が、チューの口をして待っていました。

「???」

なんだなんだ?、と思いながら、チュッとしてあげると、満足そうな顔confidentheart04

そして、

「まる子の、およめに、なってくれる?」

まる子のプロポーズは、いつもパパではなくて、ママなのです(笑)

「ママは、パパの、およめなんだよ」

と教えると、すごーく不満気に、ヤダヤダsign03、とグルグルまわるので、

「パパのおよめに、なったら?」

と、いちおう、提案してみても、やっぱり、ダメなようで、

「パパは、おばあちゃんの、およめになれば、いいんだよーsign01

ですって(笑)

まる子のプロポーズは、熱烈母子愛、かなsign02

2011年1月20日 (木)

パパ負傷、そのとき、まる子は…

パパが、仕事中に、左ふくらはぎの肉離れを起こし、テーピングしています。

「肉離れした~、足が痛いbearing

と言っても、全然いつもと変わらない反応の、まる子でしたが、お風呂のときに、かかとからはじまる頑固な白いテーピングを見て、表情が一変、深刻そうな顔で、それをジッと見つめていましたeye

湯船にはいるパパの手を、両手でしっかりとつかみつづけるまる子に、

「まるちゃん、体をあらおう」

と誘ってみると、首をふって、

「パパが、おぼれないように(おさえてあげないと)」

と真剣です(笑)

そのうえ、

「パパ、でるときは、よくきをつけて、でてねsign01

と忠告まで…coldsweats01

きっと、パパは、痛かったでしょうが、ずっとケガをしていたい、と思ったことでしょうsmile

2011年1月19日 (水)

お母さんだけは、いつも見方で…

「お母さんだけは、いつも見方でいてあげてねconfident

これは、昨日のりんごクラブで、まる子がお友だちとトラブルがあったときに、あいだに入ってくれたリエ先生が言った言葉です。

昨日は、青い三輪車を取り合うトラブルから、そのあとも、その子を叩いたりする場面がたびたびあって…think

なんにもしてないのに、その子がまる子の近くに寄ると、敵意をもって叩くので、三輪車のトラブルを忘れていた私は、一方的に、まる子を叱って、困ったなぁ~、と思っていたのです。

でも、さすがにプロの目は、別の視点で見てくれていて、

「ごめんね、まるちゃん!

最初に、青い三輪車に乗っていたのは、まるちゃんで、私(リエ先生)が、赤い三輪車にしてもらったけど、ほんとうは納得してなかったんだねsweat01

とフォローしてくれて、冒頭の言葉につながったのです。

そして、今日、地域の三歳児学級で、また、その言葉がよみがえる体験がありましたchick

どうも、まる子は、よちよち歩きの小さい子に、ちょっかいを出す傾向がありまして…。

押し倒したり、髪の毛をひっぱったりするので、こちらがあわてて止めに入ることが、たびたびありますcoldsweats02

今日は、ダンボールで作った羽子板で、よちよち歩きの女の子(下のお子さん)を叩いたので、見かねたお母さんが本気で怒り、まる子の上着をギュッとつかんで、自分に引き寄せ、

「どうして、そういうこと、するのangry

小さい子を叩くと、あぶないでしょっsign03

こういうときは、なんていうのsign03

と叱ってくれましたdash

その剣幕に、まる子も、自分が悪いことをしたんだ、という顔で、素直に、

「ごめんなさい」

とあやまっていました。

赤ちゃんは大事にするし、同い年くらいの子や、年上の子とは、まぁうまくできるようになってきたのですが、どうも、よちよち歩きの子に過敏に反応するのが心配ですthink

理由をきくと、

「だいっきらいだから…」

の一点張りで、自分より弱い子に手を出すことは、いけないことだと何度言っても、手が出る衝動を止められないようだったのですが、今回のことが、良いきっかけになればいいです。

会が終わってから、あらためてあやまると同時に、叱ってくれたことのお礼を言いに行きました。

すると、そのお母さんは、やり過ぎたかな…、と思ったようでしたが、以前からの思いもあったようで、その場でお互いに解決できて、よかったですhappy01

「私も、何度菓子折りを持って、あやまりに行ったか…coldsweats01

という、今は高2で、勉強にスポーツに励む好青年に育った次男をもつ、義妹の言葉を、ふと思い出したりして…。

まる子よ、おまえも、人並みに成長してくれ~sign01、と切に願う母です。

2011年1月18日 (火)

まる子、雪とあそぶ♪

110117_133928

昨日は、久しぶりに、まる子とお散歩foot

ところどころに雪が残っていたり、凍っているところもあって、わざとすべろうとしてました。

冷たい風が吹くなか、まる子は雪に興奮!

ひとつかみつかんでは、川に投げて遊んでいました。

道行くひとたちが、それを見て、

「寒いねぇ~」

とか、

「冷たいのに、まぁ…」

と同情するような、おもしろがっているような目でながめていくなかで、まる子は、

「さむくないね~」

「てが、つめたくないね~」

などと強がっておりました、とさ。

2011年1月17日 (月)

バレエの新年会♪

110116_154754

今日は、バレエの新年会があり、まる子のようなちびっ子から、趣味でストレッチバレエをされている妙齢の女性たちまでが、一同にレッスンスタジオに集まりましたnote

新年ということで、一人ずつ自己紹介と、今年の目標を発表していったのですが、最年少はまる子、そして最高齢は70代の女性と、年齢層の幅広い生徒が、顔合わせをしたわけですhappy01

去年の発表会の映像を観たり、上手な生徒さんたちの発表を間近で見たり、それからビンゴゲームで景品をもらったりと、盛りだくさんな内容でした。

そのなかでも、大会に出場してきた中学生や、サンリオピューロランドのオーディションを、これから受けに行くという高3女子の演技は、完成度が高く、ため息がlovely

そして、お姉さんたちから、小さくなってしまった、練習着やバレエシューズをゆずってもらうコーナーもあり、よりどりみどりのレオタードから、まる子が選んできたのは、やっぱりピンクのレオタードribbon

110116_162812 

今年は、8月に発表会があるそうで、先生から、まる子たちが踊れそうな曲目の紹介もあったのですが、どうなることやら…coldsweats01

さてさて、楽しかった新年会が終わり、まる子が何か言いたそうに、先生のところへ行ったので、なにを言うのかと思いきや、

「先生、バレエはしないんですか?」

ですってsweat01

それには、先生も笑ってしまって、いつもレッスンの最後に必ずする、バレエ流のお辞儀を一緒にして、締めくくってくれたのでしたhappy01

2011年1月16日 (日)

うんちの、つの!?

今朝、まる子が、

「ウンチのつの(角)って、いたいんだよねぇ~bearing

って言いました。

「???」

ん?、と思ったのですが、どうやら、便秘気味のかたいウンチのことを言ってるみたいで…(笑)

ちなみに、先月の便秘騒動(おかげさまで終息しました)のウンチは、

「こーんなに、おおきな、おおきな、つのがあってsign03

と、両手で大きな輪を作ってました。

痛みを、つのって、表現したんですねconfident

2011年1月15日 (土)

まる子と、ちびまる子ちゃんと、講釈と…

今日、朝ごはんを食べているときのことですrestaurant

食卓には、昨晩じーちゃが宴会でお持ち帰りしてくれたザンギ(とりももを炭火で焼いたもの)があり、とり皮が好きなまる子が、喜んで食べていました。

皮ばっかりで、ご飯をちっとも食べないので、ご飯を食べさせようとしたら、オモチャのキーボードを持ち出して、

「ピーヒャラピーヒャラ~note

と、ちびまる子ちゃんを歌いながら、踊りだしてしまって…coldsweats01

キーボード好きなまる子ですが、まだ音を出すだけで、曲が弾けるわけではありません。

最近は、こんなことを言ってきます。

「まるちゃんはねぇ、子どもだから、まだ弾けないんだよーthink

ママに、弾いて、弾いて!、とせがむのですが、まだご飯がすんでいません。

「ご飯を全部食べてからねsign01

と叱ると、すかさず、

「もう、おなか、いっぱい!」

そして、またピーヒャラピーヒャラ~♪、ですdash

そのうち、

「お~なかが、へったよ~~~~note

という歌詞になったので、

「ほらほら、おなかがへったって、言ってるじゃん!」

と突っ込むと、

「ちがうよ、これは、まるちゃんじゃなくて、ちびまる子ちゃんが言ってるんだよぉ」

と言って、そばにあったちびまる子ちゃんのうちわを見せながら、

「コレが、ちびまる子ちゃんだよ」

と、じーちゃとおばあちゃんに説明をはじめる始末でして…sweat02

いたってマイペースな、まる子ですangrydash

2011年1月14日 (金)

ボディパーカッション♪♪♪

週一のストレッチ教室(ボディコントロールクラブ)ですが、ここ数ヶ月、先生が、頭の体操にと言って、短いステップを教えてくれていますnote

マイペースに生活してきた身としては、このリズミカルな動きが、なかなかむずかしく、なんとなくはできても、ちょっとズレているため、カッコ良くできません…。

かなりスローなテンポで教えていただいているわりに、間違えないようにという必死さが、かえって滑稽な動きになってしまっていますcoldsweats01

足の動きと、途中で入るクラップ(拍手)、そして、頭のなかのリズムカウント…。

どれか、ひとつにしてくれ~ぃsign03、というのが本音です(笑)

これは、ボディパーカッションというダンスらしいのですが、これをやっている最中は、頭が冴えているようで、だんだんぼぉ~っとしてきてしまいますthink

脳みその容量を超えてしまっているからでしょうか…sweat01

それとは、逆に、アキレス腱を伸ばしたり、前屈したり、腰をひねったりという、シンプルなストレッチの連続のときには、頭もシンプルに思考するようです。

たとえば、育児のストレスや、夫婦のすれちがいがあって、モヤモヤしているときでさえ、ストレッチをしているときに、フッと、

「まる子がいてくれて、本当によかったなぁ~heart04

とか、

「旦那がいてくれることで、ずいぶん精神的に安定しているなぁconfident

という思いが、よぎっていくのです。

家事のやり方で摩擦のあった義母に対してでさえ、

「お義母さんがいてくれるから、育児のストレスが軽くすんでいる、ありがたいなぁ~happy01

と感謝の気持ちがわいてきて…。

こんなふうに、感謝の気持ちが突然わいてくるのが、ふしぎなのですが、体を伸ばして気持ちよくなると、心もよけいなものが落ちて、クリアになるのかもしれませんshine

願わくば、ボディパーカッションも、軽快にステップを踏めるといいのですが…。

2011年1月13日 (木)

まる子は仲裁役 その2

昨日のことです。

まる子をまんなかにして座り、夫婦で何気ない会話をしていたのですが、話の展開で、私がムキになって反論していましたdash

すると、急に、まる子が立ち上がって、私に背を向け、旦那と向き合うかたちで立ったのです。

「まるちゃん、ママを、見えなくしてあげたの」

ですって。

さらに、

「どうして?」

と聞く旦那に、

「こわいから」

「………sweat02

どうやら、パパに、こわいママが見えないように壁となってくれたようですcoldsweats01

そんなふうに、相手が見えなくなったら、会話は中断するけどねぇ…。

まる子の新技でしたhappy01

2011年1月12日 (水)

泣かないで、まる子ちゃん!

月曜日の午前中、近所のダイ君が、うちに遊びに来てくれましたnote

同い年なのですが、まる子も通う予定の保育園に、すでに通っているダイ君ですから、ダイ君ママからの保育園情報は貴重です。

ゆっくりタイプで、いつもニコニコ穏やかなダイ君に、クラスの女子たちが、いろいろとお世話を焼いてくれるようで、そのお世話をめぐるケンカが勃発するとか…(笑)

そんなダイ君と、三輪車に乗って遊んだり、まる子の持ち出してきた、去年のだるまにダイ君が興奮したり(だるま好きのようで…)、ヤギさんを見たり…happy01

110110_115232 

まる子が、うちでたくさんとれたキウイを、先のとがった細長い木の棒に刺して、小屋に入ってヤギさんにあげに行くと、ダイ君ママが、

「まるちゃん、すごいsign01野生児だねぇー」

と感心していました。

お散歩がてら、ヤギさんをよく見に来てくれていたダイ君でしたが、先日、メェ~~~~ッと鳴かれたようで、この日は、全然近寄れなかったのですsweat01

そして、お昼になり、楽しかったお遊びの時間が終わりになってしまったのですが、まだ遊びたいまる子は、泣いて抵抗…crying

そんなまる子に、優しいダイ君は、ハンカチを持って近寄り、

「まる子ちゃん、泣かないで…」

と拭いてくれたのでした(みんなが、まるちゃんと呼ぶなか、なぜかダイ君は、まる子ちゃんと呼びます 笑)。

この予想外の行動に、まる子もキョトンとして涙が引き、気を取り直してお別れができたのでしたhappy01

こんなところが、ダイ君の女心をくすぐる魅力なのですね、まだ3歳ですが…(笑)

2011年1月11日 (火)

まる子は仲裁役

昨日の、夕飯のときのことですrestaurant

私と旦那が、ふつうに世間話をしたところ、まる子が、

「ケンカ?

いまのパパとママは、ケンカ?」

と聞いてきて、びっくりしました。

「ちがうよ、ふつうにお話していただけだよ」

「パパがここに座って、ママがここに座って、いちごヨーグルトを食べたときに(ある日の食卓を思い出しているようです)、パパとママが、ケンカしたのthink

だからねぇ~、まるちゃんは…」

そう言って、両方の手を、自分の胸に当てて悲しそうな顔をするので、てっきり、当時の悲しかった気持ちを表現するのかと、次の言葉を待っていたところ…、

「キックしようと、思ったのsign01

アレレレレ…coldsweats01

やっぱり、子どもの見ているまえでケンカをするのはよくないな…、と反省していたのですが、その言葉に、みんなでズッコケたのでしたdash

それにしても、もう少し、旦那に対して、穏やかに優しく話したほうがよさそうですcoldsweats01

2011年1月10日 (月)

まる子の反論

最近、ハサミで紙を切るのに夢中な、まる子ですhairsalon

昨日は、ピザーラの広告の、各種ピザをチョキチョキチョキ…。

そこへ、おばあちゃんがやって来て、心配そうに、

「手を切らないように、気をつけてや」

と言いました。

すると、すかさず、まる子の反論です。

「なんてこと、言うんだよーsign01

大人は、いちばん最悪な事態を想像して心配し、声をかけてしまうのですが、目のまえのことに夢中で取り組んでいる者にとっては、水を注されたと思ってしまうんですねcoldsweats01

反論といえば、2歳を過ぎても、卒乳できないまる子に、義母が、

「もう、オッパイ、出てないでしょ」

とからかったときに、

「甘くて、おいしいよangrysign01

とムキになっていたことを思い出し、彼女なりの意志を感じた母でした。

2011年1月 9日 (日)

「わたし、お昼寝、苦手なの…」

最近、お昼寝をしない日が増えたまる子ですが、

昨日、ドライブをしながら昼寝をさせようと、車を走らせていたところ…。

突然、

「わたし、お昼寝、苦手なの…」

と言い出しましたrvcar

「どうしてsign02

と聞いてみると、

「おめめをつぶると、かいじゅうさんが、でてきて、おっかないの…think

「へぇ~、夢のなかに、かいじゅうさんが、でてきたの?

今度、かいじゅうさんがでてきたら、ママを呼べば、大丈夫だよhappy01

すると、少し安心して、ニコッと笑いながら、

「そう。でも、ピンクのかいじゅうさんなら、大丈夫smile

と言いました。

「そうそう、今度おっかいのがでてきたら、みんなピンクに塗っちゃえばいいよねsign01

…こんなふうに、一件落着したところで、またお昼寝をする日が増えてくれると、母は大変助かりますwink

2011年1月 8日 (土)

「ママ、どうすんの!?」

ある日、おやつをねだるまる子に、アナログ時計の3時のかたちを覚えさせ、まだおやつを食べる時間ではないことを伝えましたbanana

その翌日のことです…。

まる子があわてた様子で、

「ママッsign01アレッsign01

どうすんのsign02

と言うので、示す方向を見ると、なんと、時計が3時を10分過ぎていました…coldsweats01

そんなにあわてたまる子を見たことなかったので、妙におかしかったです(笑)

2011年1月 7日 (金)

新年会、気持ち新たに…

昨日は、旦那の仕事の師匠さん宅で、弟子たちが集まって新年会をやりました。

お師匠さんは、数年前にお亡くなりになっているのですが、奥様や娘さんたちがもてなしてくださって、今でも続いていますconfident

年賀状に「娘がバレエをはじめました」などと書いたばっかりに、到着して早々、ふたりの娘さんや奥様から、

「バレエをはじめたの~?」

と口々に聞かれて、

「いえいえ、まだまだバレリーナとはほど遠い状況で…coldsweats01

毎回騒ぎなレッスンを思い起こして、苦笑いするばかりでした。

旦那にとっては、仕事仲間と世間話をしながらも、気を引き締めて仕事をスタートさせる時間になったようですが、

まる子にとっては、みなさんからお年玉をいただいたり、来春から一年生になる、お孫さんのカノンちゃんに遊んでもらったりと、楽しい時間になったようですnote

2011年1月 6日 (木)

オーラの泉…まるぱぱ編(笑)

110106_104853

昨日、まるぱぱが、ロータスさん(http://ameblo.jp/pasarshanti/)で、オーラ写真を撮ってもらいました(本人は、まったく乗り気ではありませんでしたが…)。

足もとや、頭のまわりに、ターコイズ色がキレイに出ていて印象的です。

オーナーさんから、

「とっても、女性的なオーラですね。奥さんと似ていますが、ふたりでよくスピリチュアルな話をしていますか?」

と聞かれたようで(ごっつい見かけによらず、女性的なオーラで、意外だったと思われます)、

「あー、夜、コタツでテレビを見ているときに、隣でゴニョゴニョ言っているのを、ハイハイ…、と聞いています」

と答えたとか…coldsweats01

まったく興味なさそうで、左耳から右耳に流れてしまっていると思っていましたが、実は、ちゃーんと聞いていたんだ!

まぁ、自営業(農業)で、日常的に直感で仕事をしているので、先天的なものだと思いますが…。

まるぱぱの、オーラ写真感想の第一声が、

「オーラが、女性っぽいってribbon

と、なんだか嬉しそうに言っていたので、本人もおもしろかったんじゃないかと…。

オーラは刻々と変化しますから、昨日の瞬間的なものではありますが、ちょっとちがった自分が見えてきておもしろいです。

数ヶ月前に撮った、私のオーラ写真には、こんなにキレイな色は出なかったので、ハッと目をひくような色が出るように、日々精進です(目に見えないですけど…)shine

2011年1月 5日 (水)

まる子、年始の無謀

110105_100459

今朝、居間で、テレビを見ているはずのまる子が、

たーすけてーsign03

と叫びましたsweat01

私が、外で洗濯物を干し終えて、戻ってきた直後のことで、あわてて部屋に入ると、なんと、片足を、外に置いてある自転車のサドルに乗せて、動けなくなったまる子の姿がありました(笑)

自分で窓を開けて、すぐそこに置いてある自転車にまたがろうと企てたものの、失敗に終わったのです。

ふだんは、大人用の自転車に自力で乗ることは、とうてい無理な話なのですが、居間からなら、足が届いてまたげると思ったようですcoldsweats01

自転車が倒れなくて、よかったdash

2011年1月 4日 (火)

『「ふくらはぎをもむ」と超健康になる』…大谷由紀子

「ふくらはぎをもむ」と超健康になる―1日4分で体の不調も心の悩みも消える! (ビタミン文庫)

「ふくらはぎをもむ」と超健康になる―1日4分で体の不調も心の悩みも消える! (ビタミン文庫)

著者:大谷 由紀子

「ふくらはぎをもむ」と超健康になる―1日4分で体の不調も心の悩みも消える! (ビタミン文庫)

万年冷え性で、つい手にとってしまったこの本です。

ふくらはぎに注目したのは初めてなのですが、帯には、

ふくらはぎは第2の心臓!

ふくらはぎは

体と心の状態を映す鏡!」

とあり、思いのほか重要な役割をはたす部分であることがうかがえます。

それもそのはず。

健康のためには、体全体をめぐる、血液の循環が良いことが必須ですが、ふくらはぎは、心臓から送り出されて全身をめぐった体液が、また心臓にもどっていくときに、すごく重要なはたらきをするんです。

重力にさからって、下半身の血液を心臓にもどすには、このふくらはぎの筋肉がポンプのように押し上げて、心臓をたすけるんですね。

それに、足裏のツボは有名ですが、ふくらはぎにもたくさんのツボがあるようです。

ほぉ~、ふくらはぎって、すごいな…、と感心してしまいました。

というわけで、この本を読んでから、せっせとふくらはぎマッサージに励んでいます。

入浴中のマッサージは効果倍増。

一日4分だけ!、オススメです。

2011年1月 3日 (月)

好き好き、アユちゃん!!

この年末年始は、近いけれどもなかなか会えない、義弟家族がたびたび訪れてくれていますhappy01

餅つき、大晦日、新年会…。

義弟のところには、高3(受験生にて、必死で勉強中sign01)、高1、中1の男の子がいるのですが、そのなかでも、まる子のお気に入りは、中1のアユちゃんですlovely

いちばん年が近くて、最初に優しく遊んでくれたのがきっかけで、まる子はアユちゃんにメロメロで…(笑)

座っているアユちゃんの背中に、後ろから抱きついたり、何かと、

「アユちゃん!アユちゃん!」

と誘ったり…。

子ども好きな高1のスーちゃんが、

「ボクは?」

と聞いても、プイッと横を向いて、

「ちがうっsign01

…でも、アユちゃんはまだ微妙なお年頃でして、まる子の猛アタックをうまくあしらえずに、ちょっと困惑気味coldsweats01

世の中、ほんとにうまくいかないものだな…、と見ている母はおかしくてwink

積極的に見えるまる子ですが、肝心なことは自分から言えなくて、わざわざパパの手を引いて、

「ねぇねぇ、アユちゃんのことが大好きだって、言ってよsign01

大きな声でそう言うので、すぐ近くに座っているアユちゃんに丸聞こえです(笑)

こうなってくると、お世辞が言えないアユちゃんは、ますます困ってしまって…。

アユちゃんのママ(義妹)が、

「ありがとう、って、言ってあげればいいんだよ」

と助け舟を出してくれて、アユちゃんからの、

「ありがとう…」

という小さな声を、義妹が、

「嬉しい、ってsign01

とフォローしてくれました(笑)

お兄ちゃんたちが遊んでくれるのが嬉しくて、終始ハイテンションで走りまわったまる子でしたdash

2011年1月 2日 (日)

初夢☆2011

今朝、見た夢。

横に大小の盛り上がりができた緑色の山。

どこかで見た山だ!、と言って見ていると、劇のような作り物の世界に変わり、いろいろなものがでてきた(青っぽいものとか…、忘れてしまった…)。

最後に鶴が2匹登場して、目が覚めた。

happy01

ここ数年の初夢には、毎回山が登場します。

今年の山は、穏やかな印象で優しい色合いの親しみやすい山でした。

山や鶴の登場は、初夢らしいものでしたが、最後の鶴は、紅白で見た小林幸子の仕掛けの影響かと…(笑)

あのインパクト大の鶴の登場のおかげで、今年も吉夢が見られたようです!

紅白見ていて、よかった!

fuji山…あなたの目標や願いに対する意欲を表します。

cloverみどり…緑が印象的な夢は、あなたの心が穏やかで安定しているしるしです。また、物事がよい方向に動き出すことを暗示します。

chick鶴…とてもよい夢で幸運に恵まれるでしょう。出世や発展を示し、あなたがレベルアップすることを暗示します。

scissors2…二人の絆、恋人・夫婦・親友など誰かとの強い関係を示したり、二つのものを同時に手に入れられることなどを示します。マイナスなイメージは、分かれ・裏と表・二者択一の選択などの意味をもつでしょう。

2011年1月 1日 (土)

明けましておめでとうございます!

みなさま、新年明けましておめでとうございますfujishineshine

天気予報がはずれて、初日の出の見られる明るい一年のはじまりとなり、晴れやかな気持ちで新年を迎えることができましたhappy01

さてさて、今朝、起きたまる子に、

「明けまして、おめでとうsign01

とあいさつしたところ、

「ありがとうhappy01

と返ってきました(笑)

まだ3歳、新年のあいさつには慣れていないまる子です。

みなさま、本年もよろしくお願いいたしますshine

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »