2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« お金持ちの法則!? | トップページ | 「だいっきらい!」の連発 »

2011年2月 6日 (日)

ヒプノセラピー

金曜日に、ロータスさん(http://ameblo.jp/pasarshanti/)で、ヒプノセラピーを受けてきましたsleepy

ヒプノセラピー(催眠療法)のことを、ロータスさんが所属する「日本ホリスティックアカデミー(http://www.jh-academy.com/)」のHPでは、「催眠(ヒプノシス)」と呼ばれる、変性意識状態を利用して、潜在意識にはたらきかけ、心因性の問題の軽減・解消をはかるセラピーで、米国医師会も有効、と認めています…と、紹介していますconfident

ヒプノセラピーを受けたのは、過去に2回ほどありまして、というのも、アメリカの精神科医、ブライアン博士の『前世療法』という本を読んだのが、きっかけでした。

前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫) 

著者:ブライアン・L. ワイス

前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫)

ヒプノってどんなものだろう?、とか、自分の過去生(前世)を知りたい、といった好奇心が強かった時期のことです。

今回、なぜまた、ヒプノセラピーを受けようと思ったのかと言いますと、いちばんは、近くで受けられる場所があった、ということですが、出産と子育てをしているなかで、私の幼少期のことが浮上してきたからですchick

自分が母親から受けたことを、自分自身の子どもにもしてしまうのが、人間のさがです。

共働きで忙しい両親に育てられた私、しかも、妹とは年子の、長女として育てられた私。

寂しかったりした、自分の感情をおさえて、良い子でいつづけようと、ずっと自分にウソをつきつづけた私のゆがみが、まる子の育児をとおして見えてきて、それが彼女の成長に影響するのは、かわいそうだと、思ったのです。

ヒプノセラピーに入るまえに、まずは、人間の意識について、教えてくれました。

ふだん意識している表面意識は、全体のたった12%、上層のちょっとの部分です。

その下に、生まれてから今までの経験や感情や思考をしまっている層や、さらに下にある、みんなの意識とつながっている層、宇宙の意識とつながっている層(ハイヤーセルフとか、神とも…)、原始の層があり、地層のような構造になっているようです。

長男・長女というのは、下が生まれたとたん、母親の愛情をとられてしまったような恐怖感を感じてしまうそうで、人によって感じ方は様々でしょうが、どうしても、そのネガティブな感覚が残ってしまい、あとあとの人生のあちこちに影響を与えがちです。

お母さんとお散歩に出た、6歳と3歳の姉妹のお話が印象的でした。

娘たちと手をつないで歩いていると、娘たちに気をとられていたお母さんが、つい、カエルを踏んでしまいますimpact

幼い娘たちにとって、グチャッと死んだ、グロテスクなカエルも衝撃的でしたが、お母さんが、カエルを殺したことのショックも、相当なものsign01

このときの、姉妹の反応が、それぞれの立場を、よく表しています。

下の子のほうは、お母さんからの愛情を疑っていない天真爛漫さで、すぐに自分の感情を、お母さんにぶつけられます。

「お母さんsign01どうして踏んじゃったのsign03かわいそうじゃんっbearing

こんなふうに、素直に言ってくれれば、お母さんも、

「ごめんごめん、おまえたちを見ていたから、カエルに気づかなかったんだよcoldsweats02

などと、お母さんの事情も話せて、ふたりはまた歩き出せます。

そして、妹のほうは、その後の人生も、ポジティブに歩いていくんですね。

ところが、お母さんの愛情が、こちらに向いていないんじゃないか…、と緊張している姉は、お母さんに嫌われたくなくて、素直に自分のことを表現できないのです。

そのかわりに、お母さんってこわいな…、残酷だな…、などというネガティブな感情をより強めてしまいます。

それが、女の人ってこわいな、残酷だな…、などとなり、その後の人生がネガティブになりがちなんですね。

たとえば、職場の年上の女性や、年配の女性、お姑さんなど、年上の女性を、悪く見る傾向がでてしまったり…down

3歳ごろまでの両親との関係が、その後の人生にパターン化されて、良い影響も、悪い影響も、与えるそうです。

3歳までというのは、まだ表面意識とその下にある意識を隔てる、自我(エゴ)がまだないので、大きな意識とつながっている時期。

三つ子の魂百まで…、という言葉がありますが、ほんとうに大切な時期なのですshine

この時期に、愛情をたっぷりもらって、人生をポジティブにとらえられると、反抗期には、しっかり親に反抗ができて、また大人への階段を上がっていけるのですscissors

今回ヒプノセラピーを受けて、自分の幼少期の寂しさが癒され、当時の母親のことも理解できましたhappy01

そして、私の幼少期の体験があったからこそ、今の子育ての時期を大切にしているんだとわかったことは、内なる強さになりました。

« お金持ちの法則!? | トップページ | 「だいっきらい!」の連発 »

つれづれなる日々」カテゴリの記事

コメント

まるこちゃん、まるままの子で幸せ・・・。
こころから、そう感じます。

長女は、ほんとうに同じ気持ちで生きている人多いと思います。
そういう私も長女ですから・・・(*´v゚*)ゞ

万華鏡さんも、長女でしたか…。
そういう心を乗り越えて、いまは、人を元気にするお仕事してらっしゃるのですね!素敵ですshine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/38745323

この記事へのトラックバック一覧です: ヒプノセラピー:

« お金持ちの法則!? | トップページ | 「だいっきらい!」の連発 »