2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« よけいな自己申告 | トップページ | 夜と朝の仕組み!? »

2011年2月15日 (火)

『山おとこのてぶくろ』…松谷みよ子

110214_195944_2 

最近の、まる子のお気に入りの絵本は、『山おとこのてぶくろ』(松谷みよ子文、田島征三絵)です。

毎晩、パパに読んでもらっているので、お話を覚えてしまってます。

親が、あくびをするたびに、山おとこがやってきて、娘をひとりずつ、さらっていく…。

『青ひげ』のような、ちょっと残酷なストーリーと、ド迫力の絵なので、まる子が気に入るとは、意外なのですが、昨日も、じーちゃとおばあちゃんをまえに、絵本を広げて、

「おれは でかけるから るすばんを しろ。

その あいだに この てぶくろを のんでおけ。

のまねば、ころす。

それから いっておく。

かぎの かかった 二つの へやがあるが、けっして あけるなよ。

のぞくなよ。

のぞけば ころす。

あければ ころす…」

と、披露していましたhappy01

三姉妹の娘が、ひとりずつさらわれて、うえのふたりの姉さんたちは、ウソをついて、山おとこの怒りをかい、なべで、ぐらぐら煮られてしまいます。

けれども、すえのお花は、てぶくろも飲みこめて、正直者。

そんな、正直者のお花を見て、山おとこは、

「おら うそ つかね よめこ ほしかった。…」

と、おゆのような涙を、ごぼごぼと流すのです(この顔も、大迫力ですsign01)。

この絵本のどこが好きかと、たずねると、

「山おとこが、なくことと、ころすところ!」

と無邪気に答える、まる子ですcoldsweats01

« よけいな自己申告 | トップページ | 夜と朝の仕組み!? »

まる子の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/38869598

この記事へのトラックバック一覧です: 『山おとこのてぶくろ』…松谷みよ子:

« よけいな自己申告 | トップページ | 夜と朝の仕組み!? »