2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 発想はいいけれど… | トップページ | オレ、まる子! »

2011年2月 2日 (水)

アドレナリンとβエンドルフィンと…

昨日は、りんごクラブでしたapple

週に一度の、このサークルでは、毎回、この一週間で楽しかったこと・嬉しかったこと、それから、悲しかったこと・困ったことを記入して、先生に提出します。

先週風邪で休んでしまったので、昨日は、先々週に起こった、地域の三歳児学級で、ヨチヨチ歩きの子を叩いて、そのお母さんに厳しく叱られた話題を書きましたpen

ちょうど、昨日は、理学療法士の先生が参加されていて、まる子を他の先生にお任せして、別室で私と個別相談をしていただくことになりました。

他の子の例で、厳しく叱られたことがきっかけで、大人がちょっと声を荒らげたり、手を挙げる素振りをしただけで、オドオドしてしまうケースを話してくださいましたが、まる子の場合は、大丈夫だろう…、とのことでした(…やっぱり)confident

しかしながら、まる子の様子を観察していて、どうも、アドレナリンが出っぱなしなところが心配だ…、とcoldsweats01

アドレナリンが出っぱなしだと、すぐカッとなったり、走りまわったりしてしまうんですね(闘争&逃走ホルモンとも…)impact

もっと、アドレナリンと対極の、βエンドルフィン(脳内モルヒネ)を出して、リラックスした状態が増えると、入園してからのトラブルが少なくなるかもしれない…、と。

ちなみに、βエンドルフィンは、お風呂でゆったりしたときや、楽しいことをしているときに出るホルモンです。

そこで、解決策ですが、なんと母親(私)が登場します。

さらに観察していると、どうも私が、まる子のアドレナリンを出すのに一役かってしまっているようで…coldsweats01

短気でせっかち、逃げられると追いかけたくなる性の私ですから、まる子のアドレナリンを助長させてしまってるんですね。

母と子は、密接につながっています。

なので、私が、意識して、大らかでスローなテンポに、変わればいいわけですflair

…かといって、ハイソウデスカ、とカンタンに変えられるとも思えませんが…。

すると、先生は言いました。

「例えば、深呼吸するとか、温泉にゆっくり入るとか、アロマを生活に取り入れるとか、リラックスするような音楽を流すとか、環境を変えるのが、いちばん手っ取り早い!そうすれば、だんだん変われるから…」

あれれ?、それって、私が好きなことだshine

好きなことをして、自分も穏やかになって、まる子も余分なストレスが減り、本来の良いところが伸び伸びしてくれば、それに越したことはありませんhappy01

子育てって、一生懸命やればやるほど、なんだか子どもにとって窮屈だったり、自分にとっても深刻になりすぎたりしてしまうんですね。

理学療法士の先生との面談で、はじめはちょっと構えてしまったのですが、いちばん大切なことに気づけた時間となり、よかったですshine

つくづく、子育てって、自分育てだなぁ~、と感じますconfident

ちなみに、子育てに関して先生のところにくる相談で、最近多かったのは、「上の子(兄姉)が下の子(弟妹)に手を出して困る」というものだそうで…。

その場合は、

「下の子を抱っこしているときにも、○○(上の子の名前)が、いちばん可愛いよ。

いちばん大事だよ、といつも言ってあげること(この、いちばん、というのがミソ)。

それから、おやつをあげるのも、上の子が先。

というふうにやってあげると、いいよ」

とのことでしたconfident

ご参考までに…。

« 発想はいいけれど… | トップページ | オレ、まる子! »

娘、まる子のこと」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ^^
忘れていたこと、思い出したりとってもためになりましたhappy01ありがとうございます

まるこちゃんのエネルギータンクはおおきいのでしょうね
子供のころは特に陰陽・正負・良いとか悪いとかの一般的判断では子供のよさが損なわれてしまいます。
あ~私も子育てやりなおしたいな~^^;

子どもを通して、自分が日頃なおしたいなぁ~、と思っている性格があらためて見えてきて、パパとふたりで、子育てを通じて、自分たちの姿をふりかえる機会にもなってますconfident

まる子は、とにかく、つねにたくさんのアンテナを立てて周囲を観察して、ビビッときた瞬間には、もう動いているので、大人はおいつけないんですよーsweat01

オーラソーマ(R)カラーケアコンサルタントから、
メッセージです^^
活発すぎる女の子には、B11を使うといいのですよ。ribbon
色は、クリア/ピンク。
ピンクは攻撃性を抑えますhappy01
また、色の話で言うと、
アメリカの大学のフットボールチームでいつも勝っていた監督がしたことは、
相手チームの控え室をピンク色にしていたこと。
脳内から、これから試合だというのに攻撃性を押さえる分泌がされてしまうという例です。。。
ちなみに自分のチームは、ブルーにしていたとか。。。
それからもひとつちなみを言うと、
男の子には、B12のクリア/ブルーもいいのです。。。
ボトルたちは、アロマ効果もありまっせ~~~!!
そして上層のクリアがある、B11からB15は幼少期から、
思春期に至るチャイルドセットと呼ばれているものでもありんす。。。CM提供はAdoでした。。。shine

Adoさんへ

次は、B11を使おうかなぁ~、なんて思っていたところですよ!
今年のボトルでもありますし、私の今年のバースナンバーとリンクしたボトルでもあります!
バランスボトルは、三歳でも使えるんですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/38700987

この記事へのトラックバック一覧です: アドレナリンとβエンドルフィンと…:

« 発想はいいけれど… | トップページ | オレ、まる子! »