2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« ブラティスラヴァ世界絵本原画展 | トップページ | つくし学級閉講式…キミがいたから »

2011年3月23日 (水)

声のふしぎ…

昨日、すごーく久しぶりの友人に、電話をかけました

「もしもし?」

その第一声に、一瞬、まちがった相手にかけたかな…、と焦ってしまいました

なぜなら、思っていた声と、まったくちがったからです(笑)

友人のほうも、

「もしかして、まるままちゃん…

なんだか、大人の声になってるから。

…もう、お母さんになったんだもんねぇ…そうよねぇ

なんて。

わたしたちが、はじめて会ったのは、7年まえ。

東京で、レイキのセミナーを受けたときに、たまたまクラスが同じになり、ランチをご一緒したのが、ご縁のはじまりでした。

友人は福島、私は長野ですから、その後、会うこともなく、でも、手紙やメールでは、頻繁に近況報告などをしていました

そして、今回の震災がきっかけで、久しぶりに電話をかけたのです。

7年まえの友人は、まだ愛煙家で、ハスキーな声と、アンニュイな雰囲気が印象的な、お姉さんでした(その後、禁煙に成功しました)。

でも、昨日の友人は、ツヤのある、やわらかいヒーリングヴォイスで…。

手紙やメールでは伝わらなかった、7年間の変化を、強く感て、直接声が聴けて、よかったなぁ~、と思いました

福島では、まだまだ余震があったり、放射能の風評被害があったりと、大変な状態がつづいていますが、そんなことを感じさせない、友人の声を聴いて、なんだか、こちらが元気をもらって、電話を切ったのでした

« ブラティスラヴァ世界絵本原画展 | トップページ | つくし学級閉講式…キミがいたから »

つれづれなる日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 声のふしぎ…:

« ブラティスラヴァ世界絵本原画展 | トップページ | つくし学級閉講式…キミがいたから »