2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« もう、見ましたか? | トップページ | ブラティスラヴァ世界絵本原画展 »

2011年3月21日 (月)

「もう、おつきあい、できません!!」

昨日は、義父の義弟のお葬式がありました。

83歳で、朗らかに笑う遺影が、印象的でした。

久しぶりにフォーマルな支度をし、まる子を実家の母に預けるように、準備をしていたのですが…。

出かける直前になって、

「ママ、うんちsign01

まる子は、まだ、トイレでうんちが苦手なので、オムツなのですが、キレイにしてあげようとしたところ…、

「せっかくの、かわいい、いしょうが、よごれちゃうよっ!」

ですって。

そんな気遣いが出来るようになったんだと、驚いた瞬間でしたshine

それにしても、「衣装」って…coldsweats01

いつもの「ふく」とは、ちがうから、そんな言葉を使ったのかな(笑)

お昼ご飯を食べたあとで、眠そうだったので、ほんとうは、実家に向かう車のなかで、まる子を寝かせようと思っていたのですが、出がけにうんち騒動があったので、時間がギリギリdash

おめめパッチリのまま、母にお願いすることになってしまいました。

そのあと、まる子は、母と一緒に、お彼岸のお墓参りに行ったようで…。

大人の足でも、歩いて15分くらいはある場所まで、歩いて往復してきたとか…foot

途中、「疲れた~think」、と道端に座り込んでしまうのを、「お菓子を買ってあげるから…」、となだめすかして、なんとか家まで帰ってきたようです。

眠いし、疲れたし…、まる子としては、やっとの思いで帰ってきたようでして、着いたとたん、

「もう、おつきあい、できません」

と言ったようです(笑)

がんばったんですねhappy01

私が、お葬式から帰ってきたときには、こたつのなかで、スヤスヤ眠っていましたsleepy

お葬式は、日蓮宗だったのですが、和尚さまが、亡くなってから付けられたお名前を、最後に、説明してくださいました。

「『風』という字を付けさせていただきました。

地震がありましたから、いま、原発の怖い風が吹いていますが、この風は、そういう風じゃありません。

お釈迦さまの世界のような、穏やかで、平安な風でございます」

その平穏な風の如く、優しく響く、ご住職のお声が、まだ耳に残っていますconfident

« もう、見ましたか? | トップページ | ブラティスラヴァ世界絵本原画展 »

娘、まる子のこと」カテゴリの記事

コメント

まるままさん、ご主人御多用でしたね。

『お釈迦さまの世界のような、穏やかで、平安な風でございます』私も和尚さんのお声が聞えるかのような文ですo(*^▽^*)o
もうそれぞれに個々の人々からこのような風を感じます。

まるこちゃんの言葉=おばあちゃまの言葉が聞えてきました(^-^;

とても、人柄よく、信仰の篤いご住職でした。
この時期の葬儀でしたから、おじさんのご冥福とあわせて、地震で亡くなられた方々のご冥福も、お祈りしてきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/39306803

この記事へのトラックバック一覧です: 「もう、おつきあい、できません!!」:

« もう、見ましたか? | トップページ | ブラティスラヴァ世界絵本原画展 »