2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

怒涛の一週間!

熱が下がり、一週間ぶりの登園となった、月曜日。

「ママと、はなれたくないよぉ~~~~crying

の、はじまりはじまり…。

この日、園で、はじめてウンチができましたshine

やっぱり、行きたくなかった、火曜日。

給食の時間になると、どうも泣けてくるようですweep

「おかあさ~ん、パパ~crying

と、パパも呼ぶようになったとか…。

朝から大泣きして、しばらく職員室で、主任先生と遊んでいた、水曜日。

4月の誕生日会がはじまると、これから何がはじまるのか…、と涙も止まり、楽しく参加できたようですが。

まだまだ涙がつづいた、木曜日。

この日は、畑へお散歩に出かけたようで、帰ってきてから、

「せんせいの、はたけへ、いったんだけど、ねぎをぬいちゃって、ごめんなさい…」

と、自己申告がありましたcoldsweats01

帰り際、ベテラン先生から、

「今日は、『まるちゃんね、きょう、なかずに、おひるね、するよ』と何度も言っていたんですが、ほんとうに、お昼寝のときには、泣かずに、すぐに寝てしまって、えらかったんですよhappy01

と。

この日の連絡帳には、

「少したち、色々がわかり、泣けるんでしょうね。そんなに泣かれると、お家の方もせつないですよね。それでも、園につれてきてくれて、私たちも嬉しいです。しばらくは、泣けて泣けてかもしれないですが、ずーっと続くわけではないですし…。少しの間だけですので…。がんばりましょうね」

とありました。

先生方に励まされながら、母子ともに乗り切った、一週間でしたhappy01

ごほうびに、まる子の好きな、和カフェの抹茶ソフトをごちそうしてあげたのですが、人が変わったように、大人しく食べていました。

時おり、遠くを見つめる視線に、彼女なりのがんばりを見た、母です。

110428_154329

2011年4月29日 (金)

わたしも、まる子。

目玉大の、ビビッとくるクリスタルを探していたところ、ロータスさん(http://ameblo.jp/pasarshanti/)で、可愛いやつを、見つけましたshine

110427_215720_2

光が当たったとき、虹色に光る姿を見て、

「これは、私のところにくる子だ…」

と思いました(笑)

てのひらのうえで、コロコロ転がしていると、ほんとうにかわいいですhappy01

バシャールという、地球より文明が進んだ、エササニ星の宇宙人が、言うところによると、自分の気に入った、目玉大のクリスタルを用意して、それに、自分の魂の情報を転写(やり方は、本に書いてありますが、まだやってません…)し、いつも目に届くところに置いておくと、いいそうで…。

目にするたびに、自分のことを、思い出すそうですが、この可愛いやつを見るたびに、気持ちが澄んでくるといいますか、愛情がわいてくる感じですheart04

2011年4月28日 (木)

まる子のパワー

110428_081117

今日も、まる子は、大泣きして抵抗し、抱きかかえられて、保育園に連れて行かれましたcrying

いつもの走りまわるパワーで、抵抗するので、こちらはたまりませんdash

朝から晩まで、ずーっとずーっと、

「ほいくえんに、いきたくない…」

と言っては、泣いていますし…weep

元気な姿しか見ていない人たちは、この騒ぎを見て、びっくり…!

「まる子ちゃんでも、泣くことが、あるんだ…」

昨夜は、私のストレッチクラスだったのですが、先生をはじめ、来る人みんなから、

「保育園は、どう?」

と聞かれて、泣きそうになっていましたweep

そして、座布団をもってきて、寝転んで、大人しくしているので、みんなから心配されて…。

先生は、いつも、CDの音がとんでしまうほど、ドタバタと走りまわる姿を見ているので、

「いつものまるちゃんと、今日のまるちゃんの、中間くらいのまるちゃんが、ちょうどいいと思うんだけどなぁ~」

なんて(笑)

でも、お母さんについてきて、子守りをしてくれる、中一のマイカちゃんが来て、遊んでもらっているうちに、その「中間くらいのまるちゃん」に、なってきました。

マイカちゃんママに、

「オーシ、まる子、がんばれよーsign03

と、頭をガシガシ。

みんなに励ましてもらって、帰ってきました。

今朝も、じーちゃと、子ヤギたちに乳をあげてるときは、楽しそうだったんだけどなぁ~。

「ママとはなれるのが、いちばん、キライ…」

とグズるので、試しに、

「ママのどこが、そんなに好きなの?」

と聞いてみたところ、

「…オッパイ…」

と…coldsweats01

そうかぁ~、まだまだ、甘えたいんですねぇ。

2011年4月27日 (水)

まる子、試練のとき…

まる子は、そうとう、保育園に行きたくないようです。

今朝は、起きてすぐに、

「おなかが、いたいから、ほいくえんに、いきたくない…」

などと、涙ぐんでいましたweep

朝食の支度中も、まとわりついてきて、グズグズ…。

朝ご飯は、バナナを半分食べて、終了。

保育園の話をすると、泣けてきます…。

そんなまる子の様子を見て、じーちゃが、

「まる子ちゃん、ヤギさんに、お乳をあげに行こうか」

と誘ってくれ、おばあちゃんがおんぶして、外へ出ていきましたcapricornus

110422_110231 

気分が変わり、まる子の元気が戻ってきたのも束の間…。

園児服を着せようとすると、また激しく泣きわめくので、旦那とふたりで必死の作業の末に、ようやく車に乗せることが出来ましたcrying

保育園に到着しても、その泣き声はおさまらず、副担のベテラン先生が、おんぶ紐を手に、玄関から出てきてくれて…dash

こちらが、申し訳ないなぁ~、という顔であいさつをする前に、

「ごめんね~、お母さん。せつないなぁ~」

とすぐに、引き受け、おんぶしてくれて、

「お母さんも、お仕事がんばってくるんだから、まるちゃんも、がんばろうねhappy01

と、頼もしく対応してくれました。

昨日の帰り際には、

「一日中泣けちゃって、かわいそうだったんだけど、私のおんぶで落ちつけるみたいだから、明日も、朝泣けちゃうと思いますが、連れてきてくださいね!」

こんなふうに言ってもらえると、本当にありがたいです。

このベテラン先生の温かい優しさが、まる子に通じて、だんだん慣れてくれるといいです。

2011年4月26日 (火)

ホッと一息の、一方で…

今朝の登園は、昨日よりも大泣きした、まる子ですcrying

正門から響き渡る泣き声に、主任先生が、職員室から出てきて、お出迎えをしてくださったほどで…。

抱きかかえて、クラスに到着すると、ベテラン先生が、おんぶ紐を用意して、待っていてくれましたcoldsweats01

先生方は、慣れたもので、

「お母さん、大丈夫ですので、行ってらっしゃい~」

と送り出してくれたのですが、あれから、まる子は、どうなったものか…。

GWのまえに、一週間もお休みしてしまったのですから、GW明け並みの抵抗ですね…dash

さてさて、昨日は、まる子を送ってから、幼なじみがバイトする、和カフェへ行ってきました。

もうひとりのスタッフさんから、

「今日は、おひとりですか?」

と聞かれて、

「はい、まる子は、四月から、入園したんです」

まる子とセットが、つねでしたから、身軽な私に驚いたようでした。

新メニューの「ほうじ茶あんみつ」をいただき、幼なじみとおしゃべりして、帰ってきました。

110425_113159_2

その頃、園で、まる子は、お昼が近くなり、また悲しくなってしまったようで、

「まるちゃんの、なきごえが、うるさくて、たべれませーん!」

とブーイングが出るほど、泣いていたようですcoldsweats01

でも、お迎えに行くと、数人のお友だちが、

「まるちゃん、また、いっしょに、あそぼうねhappy01

と見送ってくれて…。

こんなことは、はじめてでした。

そして、この日の連絡帳には、新米先生から、こんなコメントが書かれていました…。

『久しぶりに、まるちゃんが登園してきてくれてよかったです。

お友だちと会えたのも嬉しいようで、仲良く遊べました。

朝もみんな「まるちゃん、まるちゃん」と、来てくれたのがうれしかったみたいです。

お昼くらいから「ママー」と泣けてしまいましたが、ベテラン先生のおんぶで落ちつけました。』

そして、おやつのコーンフリッターは、コーンだけ除いて食べ、おかわりして、そのコーンもまた、除いて食べたようですcoldsweats01

2011年4月25日 (月)

「ママと、はなれたくないよぉ~~~~!!!」

先週、お休みがつづいたまる子ですが、今日は、保育園に行けましたhappy01

私の場合は、家でのお仕事ですし、まだ義父母が元気でやってくれていますから、子育てをメインに生活できているので、おかげです。

園児服を着せて、さて出かけよう~、となったとたん、さっきまで元気だったのが、急にしゃくり上げちゃって、

「ママと、はなれたくないよぉ~~~~crying

入園してから、初めて泣いた、まる子です。

その泣き声に、旦那も駆けつけ、なぐさめ役に。

私としては、

「はじめて、行きたくないって、泣いたsign01

と、おぉー!、っという気持ちでいました。

こういうふうに、自分の気持ちを表現してくれたほうが、気楽ですconfident

そして、久しぶりに、担任の先生と、ベテラン先生に会え、お話をすることができました。

しかし、しかし!

ベテラン先生から、

「本当に、こちらの不行き届きで、申し訳ないのですが…」

と、お休みする少し前に、トイレの順番待ちで、お友だちとトラブルがあったことが発覚sign03

集団でガヤガヤしてるなかで、まる子が、クラスの女の子のほっぺたをつねって、ケガをさせてしまったようですwobbly

まる子は、ガヤガヤしてる環境が苦手なのですが、それ以来、先生が気を遣って、まる子を先に行かせたり、みんなが帰ってきてから連れて行ってくれているようです。

汚れ物をお洗濯していただいたり、先生方には、本当に、お世話になりっぱなしですsweat01

「ママと、はなれたくなーい」なんて、可愛いところもあるのですが、やっぱり気の強い女まる子は、健在でした…。

2011年4月24日 (日)

子どもまつり!

110424_111928

今日は、まる子と旦那と3人で、「子どもまつり」に行ってきました。

37回目を迎える、毎年恒例のイベントでして、実家の目のまえの公園で、やってます。

(でも、はじめて行ってきましたcoldsweats01

パンフレットに、「たのしいこと いっぱいだよsign01」と書いてあり、ワクワク感を誘います。

園内では、落書きコーナーや、ダンボール城作り、地元の工芸品・水引コーナーなど、いろんなコーナーがあって、みんなで竹や丸太を切ったり、パンを作ったり…。

大勢の家族連れで、にぎわっていましたhappy01

まる子は、どのコーナーにも、それほどの興味を示さず、突然響きわたった、チェーンソーの音に恐れをなして、隅にある固定遊具のほうへ逃げていきましたdash

小学校低学年くらいの子どもたちが、鬼ごっこをしたりしながら、大騒ぎで遊んでいまして、その勢いにつられてか、いつもは怖がる高いすべり台から、勢いよく滑り降りてきて、こちらをびっくりさせましたsign03

滑ってきたことに驚いたのではなくて、勢いのあまり、しりもちをついて、バウンドしたことに、ですbearing

ショックで、すっかり意気消沈してしまったものですから、気分を変えようと、早めのお弁当に…。

久しぶりに、外でお弁当を広げたのですが、美味しかったですhappy01

小さい子どもがいると、お外でお弁当を食べるだけでも、楽しいイベントになりますshine

110424_114800 

暑くならないうちに、もう一度くらい、お弁当ランチがしたいなぁ~delicious

110424_115224 

2011年4月23日 (土)

とんだまる子の一週間…

保育園には行ったものの、お昼寝の途中で、咳込んで戻し、熱が38度もある…、と担任の先生から電話があり、迎えに行った、月曜日。

微熱がつづき、咳込みもあるので、お休みした、火曜日。

(子ヤギが3匹生まれましたshine

熱が上がり、咳込みがひどくなった、水曜日。

耳が痛くなり、耳鼻科にかかったところ、「中耳炎」だと言われた、木曜日。

バナナちゃんへ、「げんきですか?やぎさん、みにきてねmailto」のメールをしたところ、まる子の似顔絵写メ付きの、お返事をくれました。

20110421170040 

そして、そして、39度の熱のなか、突然、

「ひとりで、トイレに、行く!」

と、今までオムツでしかしなかったウンチを、トイレでしたのも、この日でした。

それからずっと、トイレでしています。

ようやく、熱が下がり、咳もおさまって、月曜日から、登園できそうな気配の、金曜日。

ママのハンドクリームやリップクリームをいたずらし、手がベタベタになって叱られましたangry

言い訳は、

「おしゃれに、したかったの…」

マニキュアも見つけて、やりたい!、と言いだすので、足の親指だけ、塗り塗り…。

マニキュアを、ずっと「プリキュア(女の子アニメ)heart01」、と言いつづけてきたまる子ですから、足のは「ペディキュア」だと教えても、発音が難しいらしくて、キョトン…(笑)

110422_095353_3 

子ヤギたちは、ますます可愛くなっています。

110422_111405 

いつもの調子…、それ以上かな…sweat01、復活の土曜日。

担任の先生が、心配して、電話をくれました。

新米先生の、ちょっと緊張した息遣いが、伝わってきます。

来週は、元気に登園しますからね、先生sign01

風邪やら中耳炎やら、とっても病んだ1週間ではありましたが、まる子節は健在ですhappy01

2011年4月22日 (金)

短気VS意地っ張り、そして、まる子のがんばりと。

まる子は、昨日、またまた、熱(37.2度)と咳で、保育園をお休みしました。

予想外の、3日連続欠席…sweat02

そして、今度は、「耳が痛い…」と言うので、耳鼻科につれて行ったところ、なんと、中耳炎になっていて、39度以上熱を出しましたwobbly

小さな体のなかでは、いろいろなことが起こり、まる子は、がんばっています。

さてさて、まる子が風邪を引くと、義母は、とにかく温めようと、厚着をさせたがり、乾燥を心配して、ヒーターを消してしまいます。

一方、私は、病院などで、厚着をさせると汗をかいてよくないから、部屋を温めるように言われているので、加湿器を使いながら、ヒーターを使います。

ぐったりしていなければ、熱があっても、お風呂に入れますspa

70歳になる義母の、今までの「経験」と、今ドキの私のやり方は、食い違うことがあり、平行線をたどるので、これまで何度も「話し合い」をしてきました。

「話し合い」…、短気な私と、意地っ張りの義母のやりとりは、まる子から見たら、「ケンカ」のようですが…sweat02

お互いに、言いたいことを我慢して、腹のなかにおさめる、という選択肢もあるのでしょうが、黙っていられないふたりですcoldsweats01

たとえ、はたから見ると、ケンカのようだとしても、このほうが、その一件は、そのときで終わりますし、言い合うことで、相手の考えていることがよく見えてくるので、相互理解が深まるのでは…、と都合よく考えています(笑)

話は、まる子に戻ります。

中耳炎が発覚して、39度の熱を出し、グダグダしていたのですが、突然立ち上がって、ソワソワしはじめ、何を言い出すのか、

「ひとりで、トイレにいって、オシッコとウンチを、する」

と、トイレに行ってしまいましたdash

ウンチは、まだオムツがいい、まる子ですから、いきなりのチャレンジに驚いたのですが、流す音が聞こえ、手を洗う気配がし、自分でおしりも拭いたらしく、身支度を整え、得意げな顔で出てきたときには、さらにビックリしましたsign03

あとで聞いてみると、いつ、トイレでウンチをしようか、頃合いを、みはからっていたとか…。

ママから離れた、保育園生活のスタートという、大きな変化に、はじめは抵抗していたまる子でしたが、いよいよ受け入れて、前に進み始めた…、というところでしょうかsmile

風邪も、治りそうな気配がしてきました!

2011年4月21日 (木)

まる子の役得!?

昨日も、熱と咳で、保育園をお休みし、かかりつけ医のお世話になった、まる子ですcoldsweats01

元気はあるのですが、なかなか咳が、おさまりません…。

3匹の子ヤギと、お母さんヤギは、元気ですよ~happy01

110420_114710 

まる子と、昼間の暖かい時間に、小屋に行ってきました。

お母さんヤギに警戒されながらも、少しずつ、近づいていくまる子…。

あんまり近づきすぎて、グルッグルッsign01、と威嚇され、見ているこちらが、ハラハラしてしまいました。

110420_114729

元気なのに、家のなかにいるのは、退屈なことですが、ちょうど宅配が届き、いつも配達してくれるおばちゃんが、まる子に、ロリポップとラムネを くれました。

ピンポーンnote、の音が鳴ると、真っ先に玄関に走って行き、あいさつをするので、覚えてくれて、寄るときに、必ず、小さなお土産をくれるのです。

それから、午後は、実家に行っていたのですが、母と親しい、麹屋のおばさんが、手作りのリンゴパイを焼いて、持ってきてくれて…。

このおばさんも、まる子を可愛がってくれて、孫が使わなくなった、オモチャや服を、くれたり、家で遊ばせてくれたりするんです。

保育園をお休みしちゃったけれど、嬉しいこともたくさんあって、良い一日でしたshine

2011年4月20日 (水)

子ヤギが無事に生まれました!

110419_125028

昨日、ヤギの赤ちゃんが、無事生まれましたshine

まる子は、ちょうど、風邪で保育園をお休みしていたので、生まれたての赤ちゃんを、見ることができました。

一昨日、熱が38度あり、お昼寝のときに、咳込んで起きて、吐いてしまった…、と担任の先生から電話があり、早退…dash

ご丁寧にも、毎週、新しい風邪をもらってくる、まる子ですcoldsweats01

さてさて、ヤギさんですが、お昼ご飯を食べ終わった頃、

「子ヤギが、生まれたよーsign01

と、じーちゃの声がして…。

いそいそと、ヤギさんの小屋に向かいました。

まる子は、あんまり近づきすぎたり、音を立てたりするので、お母さんヤギに威嚇されるほどで…sweat01

ここのところ、悲しい出産が続いたので、元気な赤ちゃんとお母さんを見て、嬉しかったのでしょう。

じーちゃが動くたびに、ついて行ったり、何かしようと、小屋を出たり、入ったり、そわそわ、オロオロ…coldsweats01

盛んに、手を叩いて、

「ごほうびを、あげなきゃ」

とほめていました。

そんなまる子を見ているのも、おもしろかったです。

すると、お母さんヤギが、立ち上がって、また、もう一匹を生み落そうとしましたsign03

110419_125615

すでに、二匹生まれていたので、三匹目が生まれてくるなんて、とてもめずらしいことです。

まる子は、この突然の出来事に、驚いて、

「こわい、こわい…」

と小屋の外に出て行ってしまいました。

どうやら、膜に包まれて、子ヤギが出てきたので、風船みたいに、プクーッと膨らんで、パチン!と割れてしまう、と思ったようで…(笑)

どうか、お母さんも元気に回復して、赤ちゃんたちも、スクスクと育ちますように…confident

110419_131101

2011年4月19日 (火)

祖父のDNA

まる子が保育園に行っているあいだ、気持ち的にも、時間的にも余裕ができたので、畑や庭にいる時間が、少しずつ増えてきましたsun

昨日は、おこぎの枝を切ってきて、芽の部分をゆでて、食べたり、スイセンや桜を切ってきて、部屋に飾ったりしました。

義母は、畑のワラビやウドを採ってきたり、知り合いから、菜の花をいただいてきたり…。

最近の食卓には、旬の献立が満載ですshine

さてさて、日曜日の結婚式で、叔母が隣の席だったのですが、叔母の父親にあたる、私のおじいちゃんの昔話も、してくれて…。

私が、中学生や高校生の頃には、まだおじいちゃんも元気で、自分の昔話を、たびたびしてくれたのですが、私のほうに、聞く耳がなかったものですから、「うん、うん」と相槌をうちながら、右から左へと聞き流していましたcoldsweats01

何度も、何度も、同じ話の繰り返しで…。

内心、もう、聞いたよ…、と思っていましたが、実際は、話がとぎれとぎれ…。

大まかなことしか、覚えていなかったのです。

おじいちゃんは、8人兄弟の末っ子だったため、小学校を卒業してすぐ、東京へ奉公に出たそうです。

そして、東京の家具問屋をしていた、おばあちゃんの家に、養子に入ります。

ところが、東京大空襲に遭い、故郷に疎開してきて…。

家具などの荷物を、牛に引かせていたのですが、坂道で、牛ごと荷物が滑り落ち、牛も死に、荷物も崖から落ちてしまいます。

ほかにも、火事には3回遭い、そのうえ、大洪水で全部流されたことも…。

おじいちゃんから聞いたときには、まだ想像力が乏しくて、全然現実味をともなっていなかったのですが、このたびの震災のあとですから、想像を絶するような苦難を、何度も乗り越えたおじいちゃんだったんだと、ようやくわかりました。

何度も、何度も、ゼロから這い上がって、仕事を創って、生き抜いた人だったんだ…。

神経質で厳しいおじいちゃんだったのですが、晩年はボケてしまって、

「家族といられて、幸せだ」

と、いつもニコニコしていましたhappy01

その強く、たくましいDNAが、自分のなかにある…、と思うと、内側から力がわいてきます!

きっと、いつも、私たちを見守ってくれているんですね。

2011年4月18日 (月)

花より団子、のまる子。

110417_125622   

昨日は、美術博物館で、プラネタリウムを観てきました。

敷地内には、樹齢450年のエドヒガンが満開を迎えていまして、撮影をする人や、ベンチでお弁当を広げる人で、にぎわっていましたcherryblossom

私たちも、おにぎりを食べていたのですが、後ろでは、おばさま二人が、たこ焼きを召し上がっていらして、美味しそうな香りが、風に運ばれ、こちらにまで届いてきました。

鼻ざといまる子は、すぐに嗅ぎつけて、

「おいしそうな、においが、するね。

ひとつ、もらいに、いこうか」

と、本気で行きそうになるのを、あわてて止めて…dash

さも当たり前、というような、平気な顔をして言うので、ほんとうにびっくりしますsign01

それくらい、まる子は、よその人から、いろいろもらっているんですけどね…coldsweats01

110417_124619_2

110417_124630_4

2011年4月17日 (日)

従姉の結婚

110416_132411

昨日は、従姉の結婚式があり、松本まで行ってきました。

私より二つ上のお姉ちゃんでして、同じく、農家のお嫁さんになりますsmile

サラリーマン家庭で育ち、スポーツジムのインストラクターや、病院の事務などをやっていた彼女が、キャベツ農家のお嫁さんになると聞いて、まわりはびっくりしたものです。

でも、旦那さんになる人の、大らかで、優しそうなお人柄や、仲間たちとの交流を見ているうちに、良いご縁があって、幸せなのだと、温かい気持ちになりましたheart02

私は、叔母の隣の席だったのですが、私の結婚式のことを思い出したようで、当時の話をしてくれました。

なんと、私の結婚式の前日に、まえまえから病床についていた、叔母の旦那さんが、亡くなったんですね。

それを、私たち家族には隠して、自分たちの気持ちも、一時封じ込めて、みんなでお祝いしてくれたのです。

ですから、翌日に、叔父のお葬式となったのですが…。

「お父さん(叔父)は、子どもたちや、みんなが集まるのを待って、逝ってくれたんだね…」

そんな話を聞きながら、つくづく、結婚っていうのは、人生の大切な節目のひとつだな、と感じたのでした。

しんみりした気持ちになった一方で、父(叔母の弟)が、またちょこちょこと、おもしろい行動をとってくれまして…。

私たちのテーブルには、従妹の両親のお仲人さんも一緒だったのですが、日本酒をたいそう美味しそうに飲み、お刺身の飾りについた、シソの花も、これまた美味しそうに食べていました。

大正13年生まれ、齢85歳になる、このお仲人さんにおせっかいを焼きはじめた父は、私たちみんなからシソの花を集め、それだけにとどまらず、なんと周辺のテーブルにまで出張して、シソの花を回収しはじめたのですcoldsweats01

刺身よりうまい!、と堪能していましたので、お仲人さんは喜んで、ますます酔い酔いになっていましたが…。

ほかにも、欠席した方の分のお料理を、自らトレイを借りて、食べ盛りのテーブルに持っていったり、最後にもらえる箸も、周辺のテーブルから回収したり…。

それから、従妹の高校時代の恩師も出席していまして、その方が、義父と同僚だったときがあったものですから、近くに行ったときに、あいさつをしたのですが、後から、わざわざ、私の父親だと言って、あいさつに行ったり…。

披露宴がはじまるまえから、アルコールを飲んでいたので、間もなく、酔いがまわって、寝そうな雰囲気だったのですが、なんだか急に気分が盛り返したようで、ちょこちょこと動いてまわっていましたdash

ひょうきんな父の様子を見ていて、まる子がちょこまかと動きまわる姿が重なり、あぁー、この血が流れているんだと…(笑)

(まる子は、パパに預けられ、お留守番でした…)

とっても良い披露宴になり、幸せな気分で帰ってきたのでしたheart04

110416_135252

2011年4月16日 (土)

『私の名前は高城剛。住所不定。職業不明。』

私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明

私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明

著者:高城 剛

私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明

一時期、ワイドショーをにぎわせた、高城さんの著書です。

おふたりの騒動(マスコミが勝手に、騒動にしていたようなものですが…)には、まったく関心がなかったのですが、それ以前から、高城さんの本を愛読している、という方が、この本を紹介していまして…。

「二十世紀が、テレビ、コンピュータ、デザインといった網膜の時代、目に見える時代だとすれば、これからの100年は神経の時代、目に見えないけど感じる時代、となります。科学技術的に道徳的に精神的に、今後100年かけて、自分のすべてと相手のすべてがわかってしまう時代が来るのです。…(中略)…だからもう、『悪いこと』や『隠しごと』は、ドンドンできなくなるのです。それが、世界を本当の意味で変えていくことになるでしょう。」

このフレーズに共感しまして、私も、一度読んでみよう、と思ったのでした。

発想や行動がユニークなので、読んでいておもしろかったのですが、農家のヨメである私としては、彼の農業に対するビジョンが、またおもしろいと思いました。

自分でなんでも作ってみたい思いで、クリエイターとして、今まで仕事をしてきた高城さんですが、一度も食べ物を作ったことがないことに、気づいたそうで…。

「ビルでも家でも壁を使って水耕栽培の棚を組み、生活排水を微生物で処理して、その栄養水として循環できれば、下水という概念が一変する。間違いなく地球上で先進的都市に住む人が栄養価の高いものを食べているわけで、そのトイレからの排水をバイオで浄化して、壁自体に水が循環するシステム。…(中略)…いつか東京の高層ビルの壁面がすべて畑になる日が来たら、どんなに楽しいだろう。食べられる都市、エディブルシティ東京。」

高城さんが、いちばん伝えたかったことは、この部分ではないでしょうか…。

「自分と話すこと。例えば、人生の分岐点に立ったときに、情報を集めるのではなく、徹底的に自分と話すんです。突き詰めていくと、やる/やらないとか、最終的に答えは二つくらいに絞られる。そこでとことん真剣に考えるんです。真剣に考えた末に結論にたどり着いたら、その自分の直観を信じることが大切。理屈より直観なんです。

みんな、グーグルとか情報に頼りきっているけど、それは、二の次。あくまで直観の後に理屈を補強するための便宜的手段なんです。だから、サーチエンジンを使う前に、どれくらい自分と向き合って、どれくらい創造できたか、が勝負なのです。自分と話すことは、実は本当に大変なことです。しかし、人に頼らず、自分を知る努力をすることが、いま、一番大切な時代なのではないでしょうか。」

「大切なのは、自分自身と真剣に向き合うことに他なりません。そのためのキッカケにこの本がなってくれるととても嬉しいと思います。」

マスコミは、このたびの結婚&離婚のことだけを取り上げて、おもしろおかしく報道し、私をゲンナリさせたのですが、この本を通じて、彼の哲学に触れ、すごく共感したり、おもしろかった部分が多かったので(お母さんが茶道の家元、というのにもびっくりしました)、私のなかでバランスがとれたように、感じています。

2011年4月15日 (金)

母の心境、父のため息

ここ数日、慣れてきたからか、保育園に行こうとすると、

「行きたくないsign01

と抵抗するようになりましたcoldsweats01

グズグズしながらクラスへ入ると、ベテランのユカ先生は、手慣れたもので、こちらの伝達事項を聞くと、すぐに、

「行ってらっしゃーいhappy01

と、母を追い出し、まる子を引き受けてくれます(笑)

一昨日、まる子は、園でオモラシをして、着替えさせてもらったのですが、その汚れたズボンなどを、先生が洗ってくれたようで、キレイになったものを持たせてくれました。

「いつも一緒にいたのがいないとなると、寂しくて~weep

大丈夫?」

と、はじめての子どもを入園させた経験のあるママたちから、そう聞かれますが、私としては、まる子の園生活を想像しながら、担任の先生たちが手を焼いているんじゃないかと、それを心配しているのですcoldsweats01

昨日から、お昼寝がはじまり、通常保育になったのですが、お迎えに行ったときに、ユカ先生(いつもきめ細かく園での生活を知らせてくれます)に、

「お昼寝、大丈夫でしたか?走りまわって、ほかの子たちのじゃまになりませんでした?」

と聞いたところ、意外にも、

「全然、そんなことはありませんよ。

ポンポンポンと、たたいてあげていたら、すぐに寝ちゃって、一時間半ほど、しっかりお昼寝ができましたよsleepy

まる子がお昼寝をしたと聞いて、すごく驚きましたが、疲れるんですねconfident

昨日は、お花見散歩に出かけて、みんなでお団子を食べたこと、それが、泥団子みたいにおいしかったこと(?)などを、楽しそうに話してくれました。

それから、やっぱり、お友だちにチュッ、とやったようです…coldsweats01

どうも、お気に入りの男の子がいるようで、ヘヘヘヘ…、と笑う顔を見ながら、横からパパが、

「まる子は、恋多き女の子だなぁ~、やっぱり蠍座だなdash

と、ため息まじりに言ったのでした(笑)

2011年4月14日 (木)

「それは、喜びません」

昨日、保育園から帰ってきた、まる子のほっぺに、チュッheart01っとやったところ、引き気味に、

「それは、よろこび、ません」

と言われてしまいましたcoldsweats01

はは~ん、さては…、ピンときて、

「もしかして、お友だちに、チュッと、やって、先生から、そう言われたんでしょ」

やっぱり…、図星だったらしく、そうだ、とうなずきました。

私が、日常的に、まる子に、チュッチュチュッチュheart01やるので、これが、スタンダードだと、思ってしまったようです(笑)

「チュッheart01てしていいのは、相手も、自分のことが大好きって、言ってくれたときだけなんだよー」

まる子の複雑な表情から、どうも、お友だちには、嫌がられたと、思われます(笑)

さてさて、今日は、先生から、こんな相談が、ありました。

「園庭でみんなで遊んでいるときに、まる子ちゃんを見失っちゃうことがあるので、帽子に、目立つ印を、付けさせてもらいたいんです」

どうも、まる子は、年中さんや、年長さんたちにも、混ざってしまうようで…coldsweats01

私も、この園庭で、まる子を見失った経験があるので、先生のお気持ちは、よくわかります(笑)

私は、一対一で、まる子を見ていても大変だったというのに、先生は、ほかの子のことも見ていなくてはいけないのですから、ご苦労をお察しするにつけ、保育園の先生って、気力と体力のいるお仕事だなぁ~、と頭が下がる思いですconfident

110413_162413_2 

2011年4月13日 (水)

また一週間がはじまりました。

先週、熱を出したまる子ですが、今週は、まだ、咳込みはあるものの、平熱にもどったので、休まずに、登園していますhappy01

いままでは、だいたいまる子と一緒にいるか、預けるにしても、実家の母などの親しい人にお願いしていたので、私が見ていないときの、まる子の様子も、おおよそ把握できていましたが、保育園となると、まるっきり、私の目の届かない場所になってしまうので、ほんとうに未知の世界です。

まる子が、もっと、いろいろ園での様子を、私に話してくれるのかと思いきや、サッパリですし…coldsweats01

意外と神経質ですし、感受性も強いので、楽しい半分、ストレスも大きいんでしょうね。

その分、迎えのときに、先生が、

「今日は、『お花見に持っていく!』と言って、泥で、いっぱいおだんごを、作っていましたよ~」

とか、

「激しく動くと、咳が少し、出ていましたが、食欲はあって、お昼を食べられましたよ~」

とか、ほかの子に、お昼を食べさせながらでも、細かく伝えてくださるので、安心しますconfident

「ねぇねぇ、さっき、まる子ちゃんに、叩かれた~sign01

と、自己申告してくれる、女の子もいましたが…(笑)

今日まで、お昼を食べてから、すぐに帰ってくるような、半日保育でして、明日から、お昼寝をして、3時半までの通常保育になります。

お昼を食べたはずなのに、うちに帰ってきてからも、おにぎりを食べたりしていますから、やっぱり、保育園では緊張しているんだなぁ~、と感じている、母なのですcoldsweats01

2011年4月12日 (火)

桜満開、春爛漫♪

110412_102349

我が家の桜も、満開を迎えましたcherryblossom

この時期は、いまかいまかと、毎日通ってしまいます。

満開のあと、風に吹かれて、サァーッと舞う、桜吹雪が楽しみです。

残念ながら、まる子には、この桜の情緒が、わからないようですが…coldsweats01

110412_103942

2011年4月11日 (月)

復興支援、春の獅子舞!

110410_112604

110410_113357

昨日は、春の獅子舞でしたcherryblossom

風邪が治ったのか、治らないのかわからないくらいでしたが、「獅子舞」、「法被」と聞いて、家で大人しくなんかしていられないまる子は、半日獅子舞についてまわってきましたdash

笛を担当する、子どもたちが、いつものように、まる子と遊んでくれたのですが、その中学生のお兄ちゃん・お姉ちゃんと、対等のような口ぶりで、一緒になっていろいろやるので、見ているこちらは、おもしろくて仕方ありませんでしたsmile

みんなから、

「保育園は、どうなの?」

と聞かれると、言葉が少なくなるまる子ではありましたが、元気いっぱいで、いつも専属でまる子をお世話してくれる、マイカちゃんをついに疲れさせ、そして、最後まで歩いてついてくるので、まわりの大人たちを驚かせましたeye

最後には、神社で、入園のお祝いの舞をしてもらい、(母としては、やっとsweat01)帰ってきて…。

家に着いたときには、すでにフラフラで、バタンキューの、まる子なのでしたsleepy

大人だったら、明日は仕事だから…、とか、風邪気味だから…、と手加減して、途中で帰ってくる、とか、少し座って休む、とかしそうなものですが、まる子は、いつもパワー全開!、そして、やっぱり、夕方には、38度を超える熱を出したのですdash

そうやって、体の使い方を、身をもって感じていくのでしょうが、見ているこちらとしては、もどかしいような、うらやましいような(やりたい放題ですから…)、気持ちです。

2011年4月10日 (日)

泣けないまる子の、一週間。

月曜日の入園式からはじまった、まる子の保育園生活cherryblossom

火曜日の初日、グッとこらえて、ママを見送りました。

水曜日、クラスまでまっしぐら、後ろを振り返りませんでした。

木曜日、初めての給食は、大好きなカレー。おかわりしました。

そして、金曜日、張り切りすぎた(頑張りすぎた!?)まる子は、とうとう、熱を出しました。

保育園では、元気に過ごしたようですが、帰ってきてから、熱が大幅にUPup

夕方、かかりつけ医で受診するころには、39度を超え、グッタリ…despair

土曜日も、一度は下がった熱でしたが、また、夕方には、38度を超えました。

泣けないまる子の、ためこんだ葛藤や疲れが、発熱や咳で、あらわれたようです。

110408_162248

2011年4月 9日 (土)

まる子、はじめての家庭訪問

入園式が終わり、一昨日から給食がはじまり、そして、家庭訪問もはじまりまして…house

まる子のところにも、先生が、来てくれました。

この日は、はじめての給食を食べて、帰ってきたのですが、帰り際に、先生から、

「まる子ちゃん、カレーは、好きなんだね。

おかわりして、二杯食べました!

いちごがデザートに出たんですが、それは食べずに、『いちごは食べないって、いったでしょ、せんせいsign01』って、言われてしまいました…(笑)」

早くも、まる子節が、炸裂していますcoldsweats01

さてさて、家庭訪問…。

先生が来る一時間まえに、旦那が仕事から帰ってきまして、

「あー、なんだか緊張するなぁ~~~dash

と、同席する気満々の様子です。

そんなパパに、まる子は、

「大丈夫、大丈夫!まるちゃんが、いるんだからっhappy01

と言っていましたが、

「それが、いちばん、心配なんだよーsign03

どっちもズレているように感じて、ひっそりと笑っていたのですが、いよいよ先生が来ると言って、まる子ときたら、

「忙しい、忙しいっsweat01

と、廊下を行ったり、来たり…、オモチャを出してきたり、車やバイクに乗ってきたりして、そわそわ、そわそわしていました。

そして、ピンポーンnote、のチャイムの音を聞くやいなや、

「ハーイsign03

と、真っ先に、玄関まで飛んでいって(笑)

それからも、先生とお話ししている最中に、園児服や通園リュック、帽子を持ってきまして、いそいそと着替え、

「まるちゃん、いまから、ほいくえんに、いく!」

と、張り切りはじめたり、そのリュックに、積み木を詰め込んで、背負いそこねて、こけそうになったりして、騒ぎな娘でしたcoldsweats01

こんな有様でしたから、パパが同席してくれて、ちょうどよかったです。

このまる子のパワーですが、新卒の若い先生ですから、頼もしく受け止めてくれることと、母は信じていますconfident

2011年4月 8日 (金)

負けない人たち

昨日、情報番組のミヤネ屋を見ていましたtv

放射能がどのくらい漏れている…、というような、素人が見ると、不安になるような情報は、見ないようにしているのですが、このときは、感動的な人を、紹介していましたshine

それは、自分も被災して、避難所生活をしている、郵便配達員の男性(37)の一日を、追いかけたものです。

務めていた郵便局内は、津波でグシャグシャ、配達するときに欠かせないバイクも、流されてしまったなかで、仮の郵便局を作って、あちこちからかき集めたバイクに乗り(彼は、渋谷と書かれたバイクに乗っていました)、一人ひとり手渡しで、配達していました。

だれがどこにいるのかを探しながら、がれきをかき分けて、まえに進む姿に、強い使命感を感じて、胸が熱くなりましたheart02

「僕たちは、負けられないsign01

10年かかっても、20年かかっても、神戸のように、必ず、復興させてみせますsign03

ここで、生きていきますsign03

それから、福島県で、野菜を作っている、農家のおじさんも、登場しました。

基準値の関係で、出荷できないけれど、福島を応援してくれる人たちが、全国にいることを知り、個人的に、ネット販売をはじめた方ですpc

同じように、野菜を出荷できなくて、困っている、近所の農家さんのものも集めて、販売しているようなのですが、注文が、一週間で500件を超えたというので、驚きですsign01

そして、買ってくれたお客さんたちから、

「これからも、買い続けますから、負けないでください!」

などの、励ましの手紙や、メールが、たくさん寄せられているようですhappy01

困難を乗り越えようと、こんなに情熱と勇気をもって、まえに進んでいる人たちがいることを知るのは、大きな励みになりますね。

負けない気持ちが、一瞬一瞬を創っていくんだなぁ~、と感じましたscissors

ヤギさんも、寂しくて泣くのだ。

我が家のヤギさんが、2匹とも妊娠して、今か今かと、赤ちゃんの誕生を待っていましたcapricornus

年の大きいヤギさんと、若いヤギさん。

火曜日あたりから、年の大きいヤギさんのほうが、地面に座り込んで、あまり動かなくなっていました。

予定日も過ぎ、そろそろ…、というところですが、なかなか生まれません。

そこで、獣医さんに来ていただくことになりました。

去年も、年の大きいヤギさんと、若いヤギさんがいたのですが、2匹とも出産で、亡くなってしまったので、早めに獣医さんを呼んだのです。

すると、ふつうなら、2匹いるはずの赤ちゃんが、1匹だけしかお腹にいなかったようで、しかも、その1匹が、とても大きくなりすぎてしまったために、自力で出産ができなかったことが、わかりました。

最終的には、獣医さんに、赤ちゃんを、引っ張り出してもらったのですが、その時点で、赤ちゃんは息をしておらず、そして、その翌日には、年の大きいヤギさん自身も、息を引き取ったのでしたweep

それを知ったまる子は、グッと唇を結んで、眉を寄せ、怒ったような顔をしながら、

「えっ!まるちゃんの、ヤギさんがっsign01

なんてことするの、せんせいsign03

あわてて、獣医さんのせいではないことを、説明しましたが、それを聞いても、複雑な表情に、変わりはありませんでした。

年の大きいヤギさんが、いなくなって、今月下旬に出産をひかえている、若いヤギさんが、今までに聞いたこともないような声で、鳴いています。

「お腹が、空いてるのかなぁ~」

と、まる子に聞くと、

「ちがうよ。おかあさんヤギが、いなくなって、さみしいんだよ。

ママが、かわりに、おかあさんいなってあげないとね!」

と言って、子ヤギが跳ねるマネをしました。

まる子が、年の大きいヤギさんと、若いヤギさんを、親子だと思っているのは、勘違いですが、じーちゃに聞いても、

「ふだんは、ケンカしてる2匹だったけど、いないとなると、寂しいんだな…。

昨日は、一日中、鳴いているんだよ」

若いヤギさんの出産が、なんとか、無事に終わりますように…。

2011年4月 7日 (木)

振り返らない娘、まる子。

110406_113005

入園式が終わり、初日だった一昨日は、登園するのに、緊張気味で、足取りも重く、近所のママに手を振られても、なにも反応しなかったまる子でしたが…。

昨日は、もう、いつもの調子でして、門を抜けて、同じママを発見するやいなや、

「オ~イsign01

と手を振りながら、走って行きましたdash

そして、気持ちばかり先走って、自分で上履きもきちんと履けないまま、自分のクラスまで、走って行ってしまいましたcoldsweats01

私が、バイバイ!すると、気もそぞろでして、先生から、

「行ってらっしゃいhappy01

と、あっけなく追い出されてしまいました(笑)

寂しい気持ちになりましたが、まぁ、まる子とは、そういう娘だと思いだし、楽しそうに走って行く後姿を、頼もしく思う、母なのでしたconfident

2011年4月 5日 (火)

いよいよ、はじまりました、園生活。

110405_155725

今日から、午前中だけとはいえ、ママと離れての、園生活がスタートしましたshine

いつもは、目的地まで走っていくまる子ですが、今日ばかりは、園舎が見え、門を通り抜け、クラスが近づくごとに、足取りが重くなって…。

口数も、グッと減りました。

けれども、クラスに入り、先生やお友だちに迎えられると、キュッと唇を結んだまま、ママに手を振って、お別れができました。

やっぱり、泣きませんでしたけど、グッと我慢した様子は、ひしひしと伝わってきて…。

お迎えの時間のちょっとまえに、迎えに行ってしまった母ですcoldsweats01

2011年4月 4日 (月)

入園式が無事に終わりました

Dsc04382

今日は、入園式が無事終わり、 まる子の保育園生活が、いよいよスタートしました。

担任の先生は、この春、短大を卒業したばかりの、フレッシュな先生で、ベテランの先生が、副担任として、補佐してくれるようです。

Dsc04392 

新卒の先生は、保護者に向けてのあいさつの声が、緊張でふるえていて、初々しさと、意気込みが、ひしひしと伝わってくるのでした。

まだ、はじまったばかりだというのに、好奇心のまま、ひとりで、教室から飛び出して走っていってしまうような、まる子ですから、そういう担任の先生が、ちょうどいい感じです。

明日から、笑顔で園生活が送れるように、入園式のときに、キラリン笑顔!、の魔法をかけてもらったのですが、効き目のほどは、いかがなものでしょうか…?

新しい場所での、新しいお友だち、新しい先生たち、新しい遊び…。

ぜひとも、ワクワクがいっぱい、楽しみがいっぱいの、園生活になりますようにshine

Dsc04394 

2011年4月 3日 (日)

まるいバースデープレゼント♪

110403_113049

今日は、久しぶりに、虹を見つけましたshine

ずっと晴天つづきでしたが、午前中は、薄曇りの空模様で、太陽のまわりに、まるい虹が架かっていました。

まるままだけに、まるいバースデープレゼントをいただいたようで、嬉しい気持ちになりましたhappy01

いつ、生まれるかな…

もうすぐ、赤ちゃんヤギが、生まれそうですcapricornus

お母さんヤギは、おなかも、オッパイも大きくなって、座っていることが多くなりました。

そして、旦那は、ヤギの乳で、パンを焼くのを、とても楽しみにして…bread

朝ご飯の食卓で、

「早く、ヤギの乳で、パンが焼きたいなぁ~」

なんて、言っています。

最近、甘えん坊になって、私のオッパイをさわりたいまる子が、このときも、私の膝のうえにいて、さわっていたのですが、

「ママも、つぎの、あかちゃんを、うんで、オッパイを、だしてくれよ」

と言い出すものですから、

「もし、赤ちゃんが生まれて、オッパイが出たとしても、まる子用じゃないんだよ」

と念を押しておきました(笑)

2011年4月 2日 (土)

まるぱぱのホームベーカリー

水曜日、我が家に、ホームベーカリーがやってきましたbread

うちには、田んぼがあるので、毎年、お米を収穫するのですが、お米でもパンが焼けるということで、旦那は、発売されるまえから、楽しみにしていました。

今回購入したものは、お米からでもOKなゴパンではなくて、残りご飯をお茶碗一杯分くらい入れる、象印のものですが…。

そして、翌日sun

朝6時半に、車が出ていく音がしたので、もうひと仕事しに出かけたのかと、感心していましたら、30分ほどで帰ってきまして…。

「強力粉や無塩バター、ドライイーストを、買ってきたよ!」

と、息と声をはずませています。

そして、すぐさま、材料を量って、セットsign01

出来上がりは、4時間後でした。

こんなに興奮して、チャレンジする姿は、久しぶりに見ます(笑)

あれから、試行錯誤を繰り返しながら、毎日焼いている、まるぱぱhappy01

まる子にとっては、「天才パパ」のレシピが、カレーに加えて、もうひとつできたわけです。

まる子も、まえまえから、積み木をパンに見立てて、焼いたり、ひとに食べさせたりする、遊びをしていますtulip

昨日、甥っ子が、進学のために千葉へ行くと、あいさつをしに、来てくれました。

義弟夫婦や、ほかの甥っ子たちも来て、まる子と遊んでくれたのですが、やっぱり、そのパン遊びをはじめまして…。

義妹は、保育士なので、パンごっこのやりとりが上手で、まる子が渡した、正方形の積み木を、ひとつ受け取って、

「まる子ちゃん、ありがとう!

おいくら、ですか?」

と、聞いてくれました。

すると、まる子ときたら、自信をもって、

「にせん、はっぴゃくえん、ですsign01

これには、部屋にいた全員が、

「そ、それは、高いなぁ~~~~~sweat01

と、大笑いhappy01

義妹いわく、千葉へ行く甥っ子の定番は、

「ごじゅうえん」

だったようですbanana

まる子の場合は、なんでも、この、2800円で…。

どこかで、聞きかじって、耳に残って離れないんでしょうね…ear

2011年4月 1日 (金)

失敗したぁ~…

私が、車の衝突事故をしたのは、昨年の9月末日でしたが、後部座席のチャイルドシートに乗っていたまる子は、いまでも、それを覚えているようで…rvcar

先日の夜、パパの運転でしたが、そこを通ったときに、

「まっくらいから、くるまと、ぶつかっちゃうよ…」

と、まる子が言うので、私が、

「パパは、車の運転が上手だから、大丈夫だよhappy01

と、安心させようとしたところ、

「ママは、ひとのくるまと、ぶつかっちゃったんだよね…」

と、言われてしまいましたcoldsweats01

私は、そのとき、まる子がどう感じたか知りたくて、

「車がぶつかったとき、まる子は、どんな気持ちだった?」

と尋ねると、

「しっぱいしたぁ~~~~」

「………………………coldsweats01

怖かった、とか、言うかと思ったのに、これには、まいりました…。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »