2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

まる、まる、まるも~♪

保育園は早退するまる子ですが、バレエには、行きますdash

昨日は、tv『まるものおきて』の、「マル・マル・モリ・モリ!」を教えてもらいました↓

http://www.youtube.com/watch?v=dEKnEpiEFSc

ドラマは見ていませんが、CMでチラッと見たことのある、テンポの良い可愛らしい歌ですnotes

で、でも、それを実際に踊るとなると、大人の私でも、速くて…dashdashdash

はじめは、先生に必死についていきます。

(…って、私のレッスンじゃないのにsweat01

チラッと、まる子を見てみると、顔がかたまり、テンポも遅れて、やっている様子。

ポニョのような、余裕はありません。

がんばれ、まる子っsign01と、心のなかで応援しました。

他に、「ストレッチバレエ」だとか、「ストレッチヨガ」のクラスがあって、私はそちらを受講しようかな…、と思っていましたが、予想外に、まる子の基礎バレエが面白いので、当面、一緒に楽しもうと思ってますhappy01

2011年5月30日 (月)

田んぼの行事「おさなぶり」

昨日、我が家は、田植えを終えたお祝いをしましたhappy01

この地方では、「おさなぶり」と呼ばれ、昔は、おもちをついたそうです。

最近は、簡単になって、きな粉とあんこの、ぼたもちを作ります。

出来立てのぼたもちを、神棚にお供えして、パパとまる子が、手を合わせました。

「ことしも、おこめがいっぱい、とれますようにっsign01

よろしく、おねがいしますっっっsign03

2011年5月29日 (日)

風越山を撮ろう…一年後。

110528_164745

昨年の6月1日、11時11分、一斉に、好きなアングルの風越山を撮る…、というイベントに参加しましたが、今年もこのイベントが、近づいています。

去年の写真は、すべて貼られて、今年のポスターになっており、まる子の写った私の作品も、もれなく、載っていました。

今年は、すでに梅雨入りしているので、どんな風越山の姿を、とらえられるかナゾですが、この日時を忘れなかったら、参加してみようと思ってます。

でも、この時刻、まる子は保育園に、行ってるときなんですよね~。

110528_155011_2

2011年5月28日 (土)

『「思いやり」育てるには』~友達とのケンカ通して~

ふだん、あまり新聞を読まないのですが…。

『ほっこりこころ育て』という、内藤美智子先生(幼児保育学科教授)が連載している記事が、目にとまりました(26日付信濃毎日新聞)eye

テーマは、『「思いやり」育てるには』。

「思いやりのある子どもに育ってほしい」

親たちの多くがそう願います。では、どうしたら「思いやり」が育つのでしょうか。

子どもの世界にケンカはつきものです。特に保育園・幼稚園では、物の取り合いや順番・ルールをめぐって、いざこざが日常的に起こります。人を思いやる心を育てるには、実は思いやりとは逆の世界の体験が重要なのです。

ここまで読んで、えー、そうなのっsign01、とびっくりすると同時に、まる子が、たびたび、お友だちとケンカをする姿が、思い浮かびました。

この時代の子どもたちは、いざこざの中で叩かれたり、かみつかれたりしながら、その時の痛みや悔しさを「身をもって」知ります。この体験から、人に攻撃を加えると相手がどれだけのダメージを被るのか、推し量ることができるようになります。ケンカをしながら、自分とは違う他者の存在に気づき、他者の気持ちを思いやる力を身につけるわけです。

確かに「友達と仲良く遊んでほしい」というのが親たちの願いですが、ケンカを排除して「仲良し」というゴールだけを子どもに求めてはいないでしょうか。友達とぶつかり、葛藤を味わい、それを乗り越えてゴールに到達するのです。このようにプロセスを大事に考えるところにも、子育ての「急がば回れ」がありますね。

…(中略)…今、子どもたちに求めたいのは、たくましい人間関係力です。マイナスの感情を体験する機会を奪わずに、親はやさしく子どもの心に寄り添いたいですね。

なるべく、お友だちとのトラブルがないように、願ってしまいがちでしたが、今はそれが必要な時期なのだと、気づきました。

こんなに本能のまま、相手に向かっていく時期って、確かにほかにありませんね。

昨日、園からの帰り道、まる子が言いました。

「きょうは、しょうちゃん、たたかなくて、おりこうさんだったよ。

まるは、しょうちゃんと、あそぶのが、だいすきっsign01

どうやら、まる子のほかに、やんちゃものがいるようです。

ケンカしながら、仲良くなっていく…、というのは、そのとおりなのかもしれませんconfident

2011年5月27日 (金)

久々、まる子語録。

なんでだ?

買ってきた、パックのコーヒー牛乳を、まじまじと見たまる子。

「し・あ・わ・せ…なんでだ?」

パックを見ると、「しあわせのコーヒー牛乳」と、書かれています。

この、ネーミングに、疑問を感じたのでしょうか?

「しあわせ」という言葉は、パックには、似合わない…、とでも!?

ひらがなボードや、絵本など、日常のなかで、だんだん文字を読めるようになってきた、まる子ですeye

まる子VS義母

ちょっと肌寒い日。

はしゃいだまる子は、ズボンからシャツを出して、部屋を走りまわっていました。

おじいちゃん、おばあちゃんは、こういう姿に、目ざといです。

義母が、すぐに気づいて、

「まる子ちゃん、おへそを出してると、カミナリさんに、とられちゃうよ~」

すると、まる子は、

「じゃあ、自分で、とるっsign01

と、おなかをパッと出して、おへそをひっぱりましたdash

この展開には、みんなびっくりsign03

ふつうは、こわいよー、と言って、シャツをズボンのなかに、しまものなんですよ!

言葉づかい

園で仕入れてきたのか、最近、頻繁に「ばか」と、言うようになって…。

いけないよ、と注意すると、よけいに使いますdash

いけないとわかって使う態度が、見え見えなので、強く叱ったところ…。

「よくないことばを、つかいたくなっちゃって…。

ママがいないときは、ばかっていわないけど、いると、ばかっていっちゃって…」

2011年5月26日 (木)

田んぼにポチャン…

昨日、まる子は、給食を食べて、早退してきました。

熱はなく、元気になったのですが、お昼寝中に、咳込みそうだったことと、薬を飲まなくては、いけなかったからです。

お水で薬を飲めればいいのですが、苦かったり酸っぱい味のものは、まだアイスクリームに混ぜて、服用しています。

保育園に、アイスクリームを持参するわけには、いきませんcoldsweats01

お昼を食べ終わった頃に、迎えに行ったのですが、まる子の下駄箱に、靴が片方しかありませんsweat01

あれれ…sign02

ザッと、全体の下駄箱を見てみたのですが、まる子の靴はない様子…。

とりあえず、クラスに行ってみると、先生から、

「お母さん、お散歩のときに、田んぼに、足をつっこんじゃって…」

あらあら…、先生が、汚れた靴を乾かしてくれていたようですdash

よく見ると、ズボンも靴下も替わっていましたdenim

私としては、ついにやったか…、という気分でしたが、どうして風邪をひいているときに、わざわざやるかな…、とため息がでました。

まる子に聞いてみると、やっぱり、

「やってみたかった」

と言いました。

不意に落ちた、わけではなくて、泥に足を入れてみたかったのですfoot

うちでは、そんなことをしようとするならば、家族はみんな、止めるのですが、園なら、そこまで目が届かない…eye

それとも、先生は、まる子の好奇心を、優先させてくれたのでしょうかsign02

実行に移せたまる子ですが、それほど楽しそうな顔もしていないので、2度目はないことを、祈りたい母です。

昨日は、うちの周辺で、カッコウの鳴き声を聞きましたnote

春は、まる子の入園ドタバタ劇場でしたが、今年の夏は、どんな季節になるのでしょうconfident

2011年5月25日 (水)

まる子の直観

前向きに保育園へ行ったまる子でしたが、一昨日、帰りの車で、咳をするようになって…dash

夕方のバレエには行けて、レッスンも楽しくできたのですが…。

そうそう。まる子は、先生に、

「アンパンマンのきょくが、いいっ!」

とリクエストし、CDを持参して、参加したのでした。

バレエで、アンパンマン…sign02、でも、先生が快くやってくださったので、おかげでしたhappy01

そして、その夜moon3

熱はたいしたことないのですが、咳がひどくなって、寝付けないほどに…wobbly

病院で処方された吸入薬を、はじめて使ってみたのですが、効果がないようです。

そのうちに、

「ママがする、ミントのやつを、つくってほしい

私が、インフルエンザの予防や、黄砂でのどが痛いときに作る、アロマスプレーのことだとわかり、「ペパーミント」の効能を調べてみましたbook

すると…、

『①鼻粘液排出作用や去痰作用があるので、呼吸器系のトラブルに役立ちます。(流感、鼻づまり、気管支炎)

②鎮痙作用があります。(咳、喘息)』

なるほど、なるほど、まる子の体が欲する理由がわかりました。

これは、豆知識ですが、ロッテの中央研究所が、ペパーミントの精油たった0.04%で、実験上О-157の大腸菌を、完全死滅させるという、発表をしたそうで…flair

スーッとした香りなので、気持ちを引き締めてくれるイメージはわきますが、逆に、副交感神経も刺激して、リラックスもさせてくれる。

さらに、消化をたすける働きもしてくれたりと、いろいろに役立つ香りみたい…shine

さっそく、低濃度で作って、まる子ののどめがけて、シュッと一吹き。

少しして、また咳込んで、一度吐きましたが、それで、スッキリしたようで、朝までグッスリ眠れましたhappy01

子どもの直観って、すごいなぁ~!

翌日、保育園をお休みして、かかりつけを受診した、まる子です。

いままで、咳込んでも、為すすべもなく、それが過ぎ去るのを待つだけだったのが、まる子にとって、効果的なものが見つかったようで…scissors

薬にばかり頼るのではなく、アロマも使ってみたくて、一度専門家に相談してみようと思った矢先の、出来事でした。

2011年5月24日 (火)

少しずつ、前へ…

月曜日、朝を迎えたまる子は、笑顔で目覚めたものの、やっぱり、

「ほいくえんに、いきたくない~。

これだけ、おやすみしたい」

と、指を3本立てるのでしたweep

でも、いざ登園となったら、はじめて、自分から園児服を着、水筒やお弁当袋、タオルなどを用意したのです。

家族は、突然の変化に驚き、温かく送り出してくれました。

「でもねー、わたしはねー、ほいくえんは、いやなんだよー」

とは言ったものの、

「まるちゃんが、じぶんで、えんじふくを、きれたって、せんせいに、いってね、ママ!」

と、前向きな発言happy01

なにが、まる子を、保育園に向かわせたのでしょう…。

金曜日の参観日、ママと一緒に、楽しい時間を過ごせたことが、よかったのでしょうか。

それとも…。

日曜日は、園庭作業で、パパが行ってくれたのですが、保育園を渋るまる子に、

「パパが、一生懸命、保育園の庭をきれいにしたから、見てきてよ~」

と言ったのが、よかったのでしょうか…。

笑顔でクラスに飛び込んで行ったので、出迎えてくれた先生も嬉しそうで、私が、まる子からの言葉を伝えると、

「それは、真っ先に、本人から聞きましたよ~happy01

と…。

なんだ、自分で言えたんじゃん…coldsweats01

そんな、やる気満々のまる子を見て、母もとーっても、嬉しかったですよshine

2011年5月23日 (月)

『前世ソウルリーディング』…ジャン・スピラー

前世ソウルリーディング―あなたの魂はどこから来たのか

前世ソウルリーディング―あなたの魂はどこから来たのか

著者:ジャン スピラー

前世ソウルリーディング―あなたの魂はどこから来たのか

著者のジャン・スピラーさんは、よく当たると、世界的に有名な占星術師のようです。

この本では、自分の生まれた時刻の、ドラゴンヘッドの位置で、自分のことをみます。

雑誌などの占いでは、私は牡羊座ですが、ドラゴンヘッドは蠍座に属するので、蠍座のページを読みます。

たかが占星術、されど占星術…。

読んでびっくりsign03、かなり当たっています。

…というより、自分のなかで、「それは、やりたくないな…」と抵抗している部分こそ、ぜひやったほうが、自分の幸せのためですよ!、と書かれており、ドキッとするのです。

たとえば、

「あなたが心から求めているのはお金です」

「…ある時点で決心し、自分への心配をやめ、パートナーとの関係に全力を投入することをお薦めします。不思議なことにあなたが誰かと深い絆を持つことができたとたんに、二人に力を与える関係があなたをお金持ちにするのです」

自分では、それほどお金に欲をもっているとは、思っていなかったのですが…。

それから、

「変化を起こすと元気が出る」

私は、どちらかというと、現状維持派です…。

次の言葉は、嫁姑の関係にも、有効そうです。

「あなた方は多くの場合自分だけに意識が集中しています。…(略)…他人と快適な人間関係を作るには、あなたは相手をもっと理解しようと純粋に願い、相手に接する必要があります。そうすれば相手があなたを信頼できるような言葉が自然に出てきます」

「あなたの今生での仕事は謙虚に構え、他人の好意や寛大さを招き入れ、人生の舵を取ってもらうことなのです」

ええぇぇっっsign02、…他人に人生の舵をとってもらう???、180度自分の考え方を変えないと、実現しなさそうなフレーズですcoldsweats01

なぜなら、誕生日で見た、私の性格は、「仕切屋」なのですから(笑)

ちょっと分厚い本ですが、図書館などで見かけたら、ぜひ、ご自分のページを読んでみてくださいね。

2011年5月22日 (日)

泣け、泣けまる子!

参観日のとき、気づいたことが、ありました。

給食のまえ、仲良しのカレンちゃんと、ケンカしたようなのです。

私は、ちょうど、トイレに行っていて、来たときには、カレンちゃんが泣いていて…crying

まる子は、なにごともなかったような、顔をしています。

カレンちゃんママに、よくよく話を聞いてみると、

「まるちゃんが、カレンの隣に座りたいって、座ったんだけど、そこはソラちゃんの席で…(座る場所は決まっているみたい)。

カレンは、まじめだから、まるちゃんに、そこはソラちゃんの席だよっ!て、怒って…。

ふたりで、やり合ったのcoldsweats01

大泣きしているカレンちゃんを、まだ叩こうとする、まる子です…sweat01

カレンちゃんを泣かせちゃったし、どうも自分も悪いのかな…、とモヤモヤしている様子。

まる子は、泣かなかったようなのですが、ここで一緒に泣いていれば、後にひかずに、スッキリしたような…。

いつもメソメソしている子には、

「すぐに、泣かないのっ!」

という言葉も、いいかもしれませんが、まる子は、我慢して、あんまり泣かないほうなので、

「もっと、泣け泣けっsign01

と言いたい母ですconfident

泣いて泣いて、喘息も、保育園イヤイヤも、吹き飛ばしてほしいです。

2011年5月21日 (土)

はじめての参観日

110520_093232

昨日は、まる子の保育園の、はじめての参観日でした。

保育園にママが来る…、ということで、前日は、興奮して、なかなか寝付けなかった、まる子です。

そして、ふだんは、行きたくないと泣くまる子ですが、この日ばかりは、嬉しそうに登園しました。

我が子の成長を見てあげてください…、とお便りに書かれていましたが、うちにいるときと、それほど変わらないような…。

お隣のクラスに出張して、好きな遊びで遊んだり、園庭でも、お砂遊びに没頭したり…。

お友だちと、欲しいものの取り合いをしたり、まる子の気持ちが強くて、手をひっぱり過ぎて、嫌がられたり…。

お友だちが、

「まる子ちゃん、まる子ちゃん」

と呼びかけて、遊びに誘ってくれたり、注意をひこうとしてくれる場面を見ることは、嬉しいことでしたhappy01

それから、

「おかあさん、いつも、ありがとうheart01

と、似顔絵の作品をもらったことも、嬉しい出来事でしたshine

110520_095043

子どもたちが、クラスで給食を食べているあいだ、保護者たちは、ホールで、絵本の読み語りをしている女性の、講演を聞いたのですが、 まとめのひとことが印象的だったので、最後に記しておきます。

「どうか、伸びていく草を、引っこ抜かないで、大人になるまで、見守っていてくださいね」

2011年5月20日 (金)

『水からの伝言』…江本勝

水からの伝言 (世界初水の氷結結晶写真集)

水からの伝言 (世界初水の氷結結晶写真集)

著者:江本 勝,IHM総合研究所

水からの伝言 (世界初水の氷結結晶写真集)

いつも、コメントをくださる、∞万華鏡∞さん(http://plaza.rakuten.co.jp/onaga/)が、私の3/27の日記(http://marukofmama.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/index.html)を読んで、勧めてくれたのがきっかけで、図書館から借りてきた、この本です。

3/27に紹介した『水は答えを知っている』と、同じ著者です。

こちらは、写真集ですから、さまざまな状況での、水の結晶写真が、より大きく写っていて、迫力があります。

状態の良い水の結晶写真は、表紙の写真のように、とても美しく写ります。

たとえば、水道水の結晶写真は、結晶構造がバラバラに壊れてしまうのですが、自然のなかの湧水の結晶写真は、ハッとするほど美しいです。

おもしろいことに、「ありがとう」などの、良い言葉をかけた水は、美しい結晶を作るのに対し、「ばかやろう」などの、汚い言葉をかけた水は、悲惨なほど醜い結晶になってしまうのです。

ここのところ、まる子が、頻繁に、

「ばか、ばか、ばか!」

と言うようになりました。

「そんな言葉を使うと、よくないんだよ」

と言っても、得意になって使うので、この結晶写真を見せてあげたところ、良い言葉と、汚い言葉の影響のちがいを、ハッキリと感じてくれたようで、写真集のはじめからページをめくって、

「これは、きれいなことばだね。

これは、きたないことばだね」

と、ひとつひとつ確認していました。

人間の体のほとんどは、水でできていますから、ふだんつかう言葉に気をつけることは、大切なことです。

まる子が、「良い言葉」と「汚い言葉」のちがいがわかってくれて、よかったですhappy01

2011年5月19日 (木)

田植えをしました

110518_172520

ここのところ、毎日、まる子は、お弁当のご飯を、全部食べて、帰ってきます。

(月曜日から木曜日は、アルミのお弁当箱に、白飯をつめて通っています。

金曜日は、パンが出ます)

「えらかったね!」

と、ほめると、嬉しそうに、

「パパの、つくってくれた、おこめ、おいしいっhappy01

と、笑いました。

昨日、田植えをしました。

今年も、美味しいお米が、たくさん収穫できるといいですshine

2011年5月18日 (水)

喘息まる子

先月、まる子は、喘息かどうかの検査をしたのですが、結果が出まして、一昨日、先生のお話をうかがいに、かかりつけ医へ行ってきましたhospital

風邪をひくと、たびたび、重い咳込みをしていたのですが、今までは、まだ小さくて、判断をするには、早すぎたようで…。

それが、入園後、季節の変わり目や、大きな環境の変化によるストレスで、風邪にともなう咳込みや、運動後の咳が気になるようになり、先生と相談して、喘息の検査をすることになったわけです。

小児喘息のほとんどの原因は、ホコリやダニのアレルギーだそうで…ear

検査結果では、まる子にも、軽度ではありますが、それらの反応が出ていまして、いよいよ、喘息の治療を、開始することになりました。

喘息というのは、のどが始終炎症を起こしているようで、そこへ、ホコリやダニなどが入ってきたり、風邪をひいたり、運動をしたりすると、咳込みの発作が出るようです。

喘息って、そういう症状のことだったんですね。

なので、まずは、発作を予防する薬を、毎日飲むようにして(これは、体質改善薬とか、予防薬とも、呼ばれています)、咳込みが出たときには、テープの薬を貼ることになりました。

薬を毎日飲む…、副作用はどうなの?…と、一瞬、頭をよぎりましたが、副作用が出ないように、薬へレイキ(エネルギーワーク)をかけることもできますし、子どもって、純粋ですから、薬を飲むことが、ひとつのおまじないになって、気持ちから、治る方向へ向かいそうですsmile

あとは、ダニとホコリが、咳を誘発しますから、せっせとお掃除dash

昨日は、布団を干してから、掃除機をかけ、ダニを吸い取っちゃいましたhappy01

私が、検査結果を聞きに行った日は、夕方から、バレエだったのですが、まる子が好きなスキップを、先生がたくさん取り入れて、レッスンしてくださったのにもかかわらず、途中から咳が出はじめて、

「もう、つかれた~~~despair

と、なってしまって…。

咳が出ることが、まる子を消極的にしていた、ひとつの原因だったんだ…、と感じた場面でした。

110516_165557

やっぱり、薬を飲みはじめてから、まる子の気持ちが、前向きになったようで、昨日の保育園の帰りは、泣かなかったんですscissors

園での、楽しかった話もしてくれて、家でも、まえのような元気が、戻ってきました。

喘息は、風邪のように、すぐに治るものではありませんが、原因がわかれば、対応の仕方もわかるので、早めに発見できてよかったと思いますshine

2011年5月17日 (火)

みんなで見守っていこう!

昨日から、また一週間が、はじまりました。

週末を、クラスのお友だちたちと、楽しく遊んで過ごせたのですが、やっぱり、月曜日の朝は、

「ほいくえんに、いきたくないぃぃ~~~crying

先生に抱きかかえられても、ママのシャツの袖をひっぱって、はなしませんsign01

最近の、彼女の決まり文句は、

「ママも、いっしょに、ほいくえんに、いてよ~」

そんな、大嵐のまる子を、担任の新米先生に預けると、副担のベテラン先生が、

「お時間があれば、ちょっとお話ししたいのですが…」

どうも、あるときから、ベテラン先生に、まる子が距離をおくようになったようで、その原因を教えてほしい、とのことでした。

「お家で、お母さんになら、なにが悪かったか、お話しするでしょうから…」

私は、また、てっきり、まる子が何かしでかしたと思ったのですが、ベテラン先生の、まる子への愛情を感じて、嬉しく思いましたheart01

さかのぼって、考えてみるに…。

「今日の保育園は、どうだった?」

と聞いたところ、もうすでに、帰りの車で、泣いていたまる子が、さらに激しく泣いて、

「きょうは、だれも、おんぶをしてくれなかったぁぁ~~~crying

と、言ったことがありました。

そうそう。まる子は、ベテラン先生のおんぶが、お気に入りで、まだこんなに泣かなかったころ、それを期待して、登園していたのですconfident

でも、クラスには18人の、手のかかる子どもたちがいるのです。

泣いているのも、まる子だけじゃ、ないはず。

ベテラン先生を独り占めできないことがわかって、まる子なりに、「がんばって」いたのでは…!?、と推測しました。

それで、いつのころからか、「ママと離れたくない~crying」が、「ママも一緒にいて~crying」に、変わったのです。

ベテラン先生は、まる子に嫌われたと思って、自分から少し距離をおこうと、考えていたようですが、私は、逆に、まる子が遠慮しているようなので、先生には、今までどおり、まる子に愛情をかけていただくように、お願いしました。

「まるちゃんもがんばっていますから、私もがんばりますっsign01

自分の両手を胸に当てながら、ベテラン先生に言われると、とても恐縮した気持ちになり、まる子は良い先生に恵まれてよかった、と思うのです。

そして、帰り際、りんごクラブまで見学にみえて、保育園に引き継いでくれた主任先生から、

「私は、つねに見てはあげられないけれど、先日も、給食のまえに、泣いてるまるちゃんと、ここ(職員室)で、一緒に遊んだんだよ。

担任の先生たちも、私も、卒園までの長い目で、まるちゃんの成長を見守っているから、安心して預けていってね

泣けたり、感情を素直に表に出すことは、大切なことだから、大丈夫!」

と、温かい言葉をいただきましたheart01

まる子の葛藤や、頑張りを認めて、気持ちをくみながら、接してくれる大人が、保育園に何人もいてくれることは、とても心強いことです。

そして、母親である私自身も、先生たちの姿勢を見習いながら、まる子と一緒に成長していかなくては、いけませんねhappy01

2011年5月16日 (月)

母のはからい

110515_113821 

昨日は、久しぶりに、バナナちゃんが遊びに来てくれましたcapricornus

生まれるまえから友だち(?)のふたりでしたが、別々の保育園になってしまって、まる子が、会いたがっていたのです。

ヤギさんのところへ行ったり、泥遊びをしたり…。

楽しい遊びがやめられず、なかなか終わりにできなくて、しまいには、強制連行されるくらいでしたsweat01

また、いつでも遊びに来てね、バナナちゃんっbanana

保育園以外の楽しみが増えて、底上げ式に、保育園も楽しくなってくれれば…、と願う母です。

2011年5月15日 (日)

義母のはからい

昨日は、時間差で、近所のお友だちが、まる子を訪ねてくれ、一緒に公園へ行ってきました。

朝ご飯を食べたあと、義母が、まる子を誘って、お散歩に出かけたのですが、帰ってきたときに、近所の、リナちゃん&カレンちゃん姉妹を連れてきて…。

リナちゃんは小2、カレンちゃんは、まる子と保育園で同じクラスです。

ちょうど、カレンちゃんの家のまえを通ったときに、ふたりが外で遊んでいたようで、義母は、クラスで仲良しのお友だちができれば、まる子が保育園に楽しく通えるんじゃないか、と思って、うちに誘ったようなのです。

先生の連絡帳や、まる子の話からも、たびたび「カレンちゃん」の名前が登場するので、気の合うふたりではあるようですが…。

110514_093331 

3人(+私の付き添い)で、てんとう虫やカエルを探したり、タンポポの綿毛や、野の花をとりながら、一緒に近くの公園に行くことになりました。

リナちゃんは、髪を長く伸ばして、ピンクのTシャツに、フリフリのスカートribbon

とっても女の子らしいスタイルのわりに、カエルなどの虫を、平気で捕まえられるので、驚きですsign01

110514_095538

まる子とカレンちゃんは、仲良く手をつないで歩いたり、保育園で習った、電車のお遊戯をしたり…note

リナちゃん&カレンちゃんママが、お迎えに来るまで、楽しく遊んでいました。

いったん家に戻って、お茶タイム&休憩をしていると、今度は、やっぱり同じクラスのダイ君が、水筒を首から下げて、呼んでくれました。

おやつを持って、一緒に公園へ行こう!、と誘ってくれたのですdelicious

途中、空き地で、早くもおやつタイムをしたり、ノブ君(同じクラス)の家に寄ったりしながら、ようやく公園にたどりつきました。

保育園以外の場所では、クラスのお友だちと、すごく楽しく遊べるのですが、やっぱり、月曜日になると、行きたくな~いcrying、がはじまっちゃうんですよねsweat01

ダイ君ママ曰く、

「まるちゃんは、友だちが原因じゃ、ないよね。

なにか、理由が、あるんだろうね

いまのうちに、しっかり泣けたほうが、後から出るより楽だよup

まる子よ、みんなが、心配してくれているよ。

近所では、強烈な元気娘のイメージが、浸透しているからね(笑)

2011年5月14日 (土)

代かきをしました…

昨日も、まる子は、朝は泣いて登園し、帰りも、泣きながら、保育園を後にしましたcoldsweats01

帰りに泣く子はいない、と保育士さんが言っていたのですが、まさか、まる子がそうなるとは…(笑)

どうも、「明日も行きたくない!」という思いになるようで…sweat02

昨日の連絡帳には、

『…(略)…お昼の前くらいから、お昼寝したくない、と教えてきてくれたのですが、お昼寝前で帰る癖がついてしまうのも…、と思い、布団で過ごすように伝えると、13:00前に眠ることができました。14:00くらいに起きてしまいましたが、その後は、本を見て静かに過ごせました。今日も一日、まるちゃん、がんばりました (ハナマル)』

と書かれていて、泣きはらした顔からも、彼女なりに、頑張った様子が、伝わってきましたhappy01

うちに帰ってくると、パパが、田んぼの代かきをやっているところが見え、長靴にはき替えて、行ってみました。

110513_172543

じーちゃに、田んぼのなかのオケラを取ってもらったり、パパと一緒にトラクターに乗ったりしているうちに、いつもの元気が戻ってきましたhappy01

110513_180333

子ヤギに、手をカミカミしてもらって、はしゃいだりもしましたnote

110513_175659 

保育園でも、こんな元気な姿のまる子で、いられるといいのですが…。

まぁ、そのうち、そのうち…confident

2011年5月13日 (金)

自画自賛は…

まる子と、『大きなくりの木の下で』を歌っていたときのこと。

ママ「お~きなくりの、きのしたで~♪」

まる「あ~な~た~と~、わ~た~し~♪」

ママ「な~か~よ~く~、あそびましょ~♪」

ママ「お~きなくりの、きのしたで~♪」

歌いおえて、パチパチパチパチ…paper、としたところ、

「パチパチ、しないのっsign01

ママとまるちゃんで、うたったんだから…」

と、まる子から、ブーイングが…pout

「自分で自分をほめるのを、自画自賛って、言うんだよ」

言い訳のように、説明したところ、

じがじさんは、かっこよくないっっっsign03

手厳しい、まる子なのでした…sweat01

2011年5月12日 (木)

ひとりの時間、こころの使い方

まる子が、なんとか、一日保育園に行ってくれるようになったので、昨日から、旦那の花栽培の仕事を、手伝っています。

いまは、シーズンに、たくさんのキレイな花が咲くように、一苗ずつ、手入れをしているのですが、この時間は、ほんとうに、ひとりの時間ですsandclock

FMラジオが流れていますが、とても静か…。

まる子を育てていて、はじめて「育てる」経験をしているのですが、植物にも、同じような愛情を感じて、手入れをしている自分に、気づきますheart01

産むまえにも、少し手伝っていたのですが、そのときは、言われた作業を、忠実にこなすだけで、精一杯…。

今日は、最近、フラワーアレンジメントをはじめて、花のエネルギーに魅せられた、とメールをくれた、友人の話を想いながら、手入れしていました。

満開の桜にしても、部屋に飾るお気に入りの花にしても、人の心を温めるパワーが、ありますshine

我が家の花たちも、そんな花になってくれますように…、と願いを込めながら、ひとつずつ丁寧に、さわっていきました。

でも、こころって、自由気ままなもので、流れているラジオから、

「旅が好きで、最近、ジプシーに会いに、ルーマニアに行ってきましたairplane

と聞こえてくると、ルーマニアのジプシーって、どんなだろう???って、思いがめぐってしまうんですよね(笑)

ともすると、まる子は、保育園で泣いていないかな…、なんて思ったり…。

私のこころこそが、ジプシーのように、彷徨ってしまいました(笑)

ひとつの花と、きちんと向き合えるようになるには、まだまだ時間がかかるようですcoldsweats01

職人に憧れているところがあるので、日々精進したいと思います。

2011年5月11日 (水)

子どもたちは、がんばっている!

月曜日に、まる子が昨年度一年間通った、市の発達支援学級(りんごクラブ)の、入園後報告会があり、ほかのお子さんたちの様子を聞く機会に、恵まれましたapple

いつも一緒の、手のかかる子どもがいないママたちは、身軽になって、所在ないような、スッキリしたような感じで…。

スタッフの心理士さんの司会進行で、話を聞いたのですが、園に従兄弟や、兄弟がいて、楽しく通えている子どももいれば、夜泣きがひどくなった子や、爪を噛みはじめた子、チック症状が出た子などなど、さまざまなお子さんたちがいるようで…。

それでも、子どもたちは、その子なりに頑張っている様子が伝わってきて、胸が熱くなりましたheart02

まる子と仲良しで、別々の保育園になってしまった、アー君は、夜泣きをするそうですが、ママには、お友だちのことや、その日したことなど、楽しい話しかしないようで…。

なんて健気なんでしょう~sign01

まる子だけじゃなく、ほかのお子さんたちも、多かれ少なかれ、泣けたり、甘えん坊になったりと、不安定になっていると知ることは、励みになり、子どものもっている力を信じて、保育園に送り出そう!、という気持ちになりましたhappy01

そんなことを、園の連絡帳に書いたあとの、先生からの言葉を、最後にのせたいと思います。

『保育園でも、まるちゃんのがんばる姿を、しっかり認め、成長していけることを、一緒に見守っていきたいと、思います。今日は、年長さん、年中さんと一緒に、体操をしたり、年中さんと、手をつないで遊んでもらったり、元気に過ごすことが、できました。給食の時に、隣で泣ける、お友だちがいると、よしよししてあげながら、「おかあさんに、あいたくなっちゃったの?」と、とっても優しい、まるちゃんでした』

2011年5月10日 (火)

まる子、虫歯になる。

おやつを食べているとき、ほっぺを手でおさえて、

「はが、いたい…think

と、まる子が、言いました。

その日の夜、歯を磨いてあげていると、左下のいちばん奥の歯が、虫歯になっているのを、発見bearing

溝が、茶色になっていて、すぐに歯医者さんで診てもらったほうが、よさそうです。

次の日の朝、去年、前歯がちょこっと欠けたときにお世話になった、近くの歯医者さんへ、電話をしてみると、早いうちに来てください、とのことでしたtelephone

連休明けで混んでいるので、予約は取れないけれど、少し待ってもらえば、いつでも診てくれるようです。

ここの先生は、私もお世話になっているのですが、とっても優しくて、細やかな気配りをしてくれるので、安心ですshine

まる子ときたら、診察室から、名前を呼ばれると、サッサとひとりで入っていってしまい、椅子にもひとりで腰かけて、私が入ってくるのを、待っていました。

こんなに、歯科治療に意欲的な三歳児は、歯医者さんでもめずらしいようです(笑)

先生と旦那は知り合いなのですが、

「お父さんも、度胸があるから、まる子ちゃんも、大丈夫なんだね」

という言葉には、

「たぶん、いまは、保育園以外の場所に行けるなら、どこでも大丈夫なんだと思います」

と、思わず答えてしまいましたが…coldsweats01

しっかり、虫歯の初期だったので、軽く削って、進行止めの薬を塗って、おしまい。

先生の治療のまえに、歯科助手さんが、

「今日はね、この道具で、こんなふうにするんだけど、大丈夫かな?」

と、口のなかに器具を入れるまえに、まる子に見せてくれ、まずは試しに、まる子の手の甲でやってみて、こわくないことを説明してくれたおかげで、最後まで、大人しく治療ができましたscissors

歯医者さんでは、楽しそうだったのですが、さぁ次は保育園に行こう、ということになったとたん、

「ほいくえんに、いきたくない~~~crying

と泣き出した、まる子…。

ふつうは、逆なんだけどなぁ…(笑)

2011年5月 9日 (月)

バレエ基礎クラス

今月から、まる子は、バレエ入門クラスから、基礎クラスへ変わりましたribbon

より小さい子向けの、カンタンなクラスです。

基本の動作を覚えるレッスンもありましたが、童謡のお遊戯からはじまり、楽しみながら、初歩的なことを学びます。

カンタンにはなったものの、「保育園に行きたくない…」と言い出してから、「バレエも行きたくない…」と、レッスンに消極的になってしまって、みんなと一緒にできなくて…coldsweats01

「やろうよ!」と誘っても逆効果だったので、まる子を放っておいて、私がレッスンに参加しているうちに、一緒にやるようになりました。

最後は、子どもたちのリクエストで、『ポニョ』に合わせてダンスnote

終わるころには、私も汗をかいていましたsweat01

いつまでママと一緒にやってもOKなのかわかりませんが、バレエをしていると、猫背の姿勢がスッと伸びるので、爽快な気持ちになります。

いつまでも、こんなふうに、のびのびと楽しく、バレエをつづけられるといいんだけどなぁ~、と思う母ですconfident

2011年5月 8日 (日)

夢の変化

今朝、見た夢。

またしても、学校で、迷う。

広すぎて、どこを歩いているのかも、わからない。

今までは、ひとりで迷っていたけれど、今朝は、友だちがふたり、同じように迷っていて、一緒に行くことに…。

ここはどこだろう、とか、おしゃべりしながら歩いていく。

happy01

広い学校のなかで、迷う夢は、よく見ます。

トイレを探していることもあれば、次の授業の教室を探していることもあります。

漠然と、迷っていることも…。

今までは、一人きりで迷っていて、なにを探しているのかも、わからないような、漠然と迷う感じだったのですが、最近、ちょっとパターンが、変わってきました。

今日のは、友だちが現れて、一緒に行くことになりましたし、少しまえの夢では、学校で迷わなかったのです。

しかも、卒業論文のテーマを決めている場面でした。

あれを、やろう!って、自分で決めたんですね。

ふだんは、なにげなく見てしまう夢ですが、パターン化した夢が少しずつ変化していくと、次はどうなるんだろう、とおもしろくなります。

2011年5月 7日 (土)

ベテラン先生から…

昨日、まる子を保育園に送っていったときに、ベテラン先生が、クラスで迎えてくれたので、「保育園に行きたくない!」と言いだした経緯を説明しましたconfident

すると、

「あぁ、そうだったんですか。

また、なんでも、気づいたことがあれば、こちらに言ってくださいね」

と、了解してくれ、この日の連絡帳にも、こんなコメントを書いてくれましたpen

そうだったんですね。

悲しい思いをさせてしまい、ごめんなさい。

「大丈夫だよ」とお話はしましたが。

園で咳がでる時は、早めに対応していきますネ。

ちゃんと、悲しかった訳を話せてえらかったです。

まるちゃんなりに色々思い、がんばっている姿に、なんとも言えないきもちになります。

まるちゃんが、早く私たちに、何でも話せるように、がんばります。

髪切って、とってもかわいく、よく似合ってますhappy01

今日は、お外でゆっくり遊んですごしました

先生方も、子どもの気持ちをくみとろうと、努力してくださっているんだと、感じますし、何かあったときに、すぐに対応してくださるので、こちらも安心して、預けられます。

保育園に預けてみて、ほんとうに、保育士さんって大変な仕事だなって、思います。

子どもの土台を育む、大切な時期に、近い立場で接する仕事ですし…bud

先生方に対する、感謝の気持ちを忘れないように、まる子をお願いしなければ…、と強く感じる母でした。

2011年5月 6日 (金)

保育園に行きたくない、そのわけは…

今日、まる子は、泣かないで登園することが出来ましたhappy01

朝は、ゴールデンウィークの合間の、久しぶりの登園ですから、

「ほいくえんに、いきたくないぃ~~~crying

と、大泣きしていたのですが…。

数日前のお風呂のとき、パパが、まる子から、保育園に行きたくない理由を、聞きだしていました。

入園後、一週間たった日のお昼寝で、咳込みがひどくて、吐いてしまったのが、相当ショックだったのです。

この日は、熱も38度以上出たので、すぐに迎えに来てください、と新米先生から電話がかかってきたのでした。

それから、風邪や中耳炎で、その週はお休みしてしまって…dash

翌週、ようやく登園できるようになったのですが、そこから、大泣きして抵抗する、行きたくない病が、はじまったんですsweat01

そういう一連の流れが、あったんですね。

今朝、朝ご飯中も、大泣きしている、まる子に、

「お昼寝のまえに、お迎えに行くから、給食を食べ終わるまでは、楽しく遊んできてね」

と言うと、意外にも、

「うん…」

コクリとうなずき、涙がとまったのでしたshine

それから、少し食事をとって、元気になり、登園の仕度もスムーズに終えましたhappy01

玄関で、靴をはくときに、

「ママ、きょうは、泣かないよ。

いったら、せんせいに、おんぶしてもらうから。

ちゃんと、おひるねのまえに、かえるって、せんせいに、いってね」

その言葉を聞いたとき、やっぱり、この子は、自分で決める子なんだと、思ったのですが、ほんとうに、園に着いてからも、泣かずにクラスまで行き、自分から、お友だちの輪に、入っていったのでした。

「子どもには、力があるから、信じていれば、大丈夫sign03

いつか、保育士の義妹から言われた言葉を、思い出しましたconfident

きっと、今日は、元気いっぱい、遊んでいることでしょうnote

子どもの日の、まる子。

110505_110446

昨日は、午前中、ケンちゃんが、子ヤギを見に来てくれたので、まる子は長靴をはいて、小屋に入り、一緒に遊びました。

ケンちゃんは、ヤギさんが、はじめてなようで、遠まきに見ていましたが、子ヤギたちは、急に大きな声を出したり、音をたてる、まる子がこわいようでしたdash

3匹の子ヤギのうちの1匹が、最後のほうで、まる子に慣れて、近寄ってくれるようになりました。

でも、あんまり慣れられてしまうと、飛びかかられたり、押されたりして、強烈なスキンシップにあうので、その距離感が、むずかしいところです(笑)

ヤギの成長は、人間よりも早く、すぐに大人になってしまうので、こんなふうに、子ヤギたちと遊べるのも、この時期だけ…。

貴重な時間ですshine

110505_105920_2

2011年5月 5日 (木)

ペー子なまる子と、ケンちゃんと…

110504_132800

昨日は、お天気が良く、お散歩には、もってこいの一日でしたsun

暑かったので、まる子の青いトレーナーを脱がせたら、上から下までピンク色に…。

まるで、林家ペー子です(笑)

110504_132341_2 

途中で、まる子が、家から乗ってきたスクーターに、「乗りたくない」と言いだしたので、いつもカットしてもらっている、美容院へ置かせてもらおうと、寄ってみたら、ちょうど、お客さんがいない時間帯でした。

暑くなってきたし、思い切って短くしてみるのも、いいかも…。

まる子も、髪を切りたい!、と言いましたhairsalon

いつもカットしてくれる、ミユキさんみたいに切ってもらっているあいだ、ケンちゃんは、店内を探索しながら、いい子で待っていてくれました。

110504_134200 

帰ってきたときに、ちょうど強い風が吹いて、お向かいのお宅の洗濯物が、飛ばされて、その畑に落ちてしまいました。

私は、その様子を見ていなかったのですが、まる子がすぐに走って行って、それを拾って、縁側に置いてあげていました。

よその家の庭に走って行くので、最初は止めようとしたのですが、理由があったんですねconfident

そして、そのあと、お向かいのおばあさんが出てきたときに、

「せんたくものが、かぜで、はたけに、おちちゃったから、ひろっておいたよ」

と言いに行き、お駄賃をもらって、ホクホク顔の、まる子なのでしたhappy01

2011年5月 4日 (水)

三姉妹そろう

日曜日に、千葉の妹夫婦も、帰ってきて、久しぶりに、私たち三姉妹がそろいましたhappy01

昨日は、ちょっと遠くまでドライブして、みんなでバイキングのランチを食べに、出かけてきました。

110503_120039

帰りは、隣接の公園に行き、子どもたちは、すべり台で遊んでいました。

110503_124249

すると、なれてきたケンちゃんが、ママの制止も聞かずに、ひとりですべってきてしまってcoldsweats02

しかも、寝っころがってすべってくるので、スピードもついていて…dash

カメラをかまえて、下で待っていたみーみ(千葉の妹)の、ナイスなキャッチで危機を逃れました。

まる子が、ひとりですべってくるので、まねがしたかったんですねconfident

ケンちゃんの成長に、ハラハラした瞬間でした。

2011年5月 3日 (火)

うららか日和なれど…

昨日は、保育園があったのですが、まえの晩熱を出し、咳もはじまったまる子は、お休みしました。

朝には、熱が下がったので、お外が暖かくなってから、少しお散歩に出かけ、ヤギさんの小屋へ…capricornus

110502_104659 

子ヤギたちは、もう元気に飛び跳ね、まる子のあげる草も、好奇心いっぱいで食べていました。

田んぼの土手には、タンポポの綿毛が、いっぱいshine

次から次へと折っては、綿毛を飛ばして、遊んでいました。

110502_111024 

澄みわたった青空の下ではありますが、まる子の胸中には、まだ保育園に行きたくない、という思いが消えないようで、ふだんではありえないことに、

「もう、つかれたから、おうちに、かえるぅ~…」

だっこ~、と甘えるので、ジャンケンポンッnoteと、勝った人が「パイナツプルー」と進むゲームをしながら帰り、ようやく笑顔になった、まる子でしたhappy01

2011年5月 2日 (月)

まる子、やられる。

110429_152855

110429_161359 

110429_161556

先週の金曜日から、浜松の妹が、1歳半になる息子のケンちゃんと、帰ってきています。

はじめは、まる子にはにかんでいた、ケンちゃんでしたが、慣れてくると、だんだん対抗意識をもつようになり、まる子のすることなすこと、まねしたい様子で…。

それに、自分の領域をおかされそうになると、まる子の顔を、パシッとやりますpaper

まる子が、ケンちゃんが持った、オモチャの使い方を教えてあげようと、近づいたり、それを触ったりするとき…。

それから、ヨチヨチ歩く、ケンちゃんを追いかけて、まる子が近づいたとき…。

温厚で、言葉少なく、いつもニコニコしているケンちゃんですが、通るべき成長過程は、例にもれず、やってきたようですsmile

そして、まる子も、ほとんど、ケンちゃんに仕返しすることなく、困った顔をして、お姉さんらしくしています。

ただ、ケンちゃんを意識して、自分のオモチャを、貸してあげなかったりする場面も、多々あって、そうなると、ケンちゃんも怒って衝突してしまいますannoy

姉弟だったら、こんな感じなんだろうな、という目で見ると、微笑ましい感じ。

いままで、まる子といったら、叩く側一辺倒でしたが、叩かれつづけるまる子も、新鮮です(?)

こうやって、「痛み」を覚えたり、仕返しをする以外の方法を学んでいくんでしょうね。

2011年5月 1日 (日)

せっせとお世話、のまる子。

110430_111119 

昨日の午前中、お散歩しながら、公園へ遊びに行くと、近所で、同じクラスの、ダイ君とノブ君がいました。

どちらも、藤棚の下のテーブルで、休憩中の様子。

ダイ君は、ビスケットの袋を抱えて、食べていましたdelicious

さっそく、まる子は、

「わたしにも、ひとつ、ちょうだい」

ダイ君も、気前良く分けてくれて、仲良く食べました。

そして、今度は、ノブ君をつれてきて、

「ノブくんにも、ひとつ、あげてね」

これもまた、気前良く、分けてくれました。

けれども、

「ダイくんの、おかあさんには、あげないの?」

の言葉には、だんだん少なくなっていく中身を見て、さすがに寂しそうな顔をした、ダイ君です(笑)

帰りには、みんなで一緒に帰ってきたのですが、まる子は、

「おくって、あげるね」

と、ちょっと遠い、ダイ君の家まで、送ってあげて…。

110430_115041_2 

お昼ご飯のときに、この公園での出来事を聞いた、旦那が、

「どうして、そんなに、お世話を焼くの?」

と聞いたところ、

「だって、わたし、おせわが、やきたいんだもんっ!」

と、あごを突き出しながら、さも当たり前、というような顔つきで答えた、まる子なのでした。

110430_115533

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »