2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

先生、よろしく頼みます!

昨日の、地元新聞に、私がまる子を産んだ産院の、『開業100周年 記念祝賀会』が開かれた記事が、載っていましたeye

「老体に鞭打って、もう10年がんばる。

3代つないできたバトンを、息子や娘たちに渡し、地域医療に注いできた心を、つなげてもらいたい」

と、先生のあいさつが活字となっていましたが、あの、うねるような、バッサリときるような、独特の声が、聞こえてきそうでした。

この地域では、いまや、市立の総合病院と、この産院でしか、出産を受け入れてくれるところがありません。

この産院は、完全に個室で、料金もリーズナブル、アットホームで、ご飯が美味しいと、私のなかでは、お気に入りの病院なのですが、毎年、

「年内で、産科はおしまいらしい…」

という、うわさが飛び交って、不安な気持ちになっていました。

でも、先生は、あと10年がんばる決意があるようですsign03

最近、あまり新聞を読んでいなかったのですが、こういう記事を見つけると、とっても嬉しい気持ちになりますshine

2011年6月29日 (水)

中耳炎、再発。

朝、36.7度に下がった熱が、お昼寝後に、また38.6度に上がり、

「みみが、いたい…think

と言い出しましたear

夕方6時の5分前。

かかりつけの小児科は、午後休診。

まる子の好きな耳鼻科の先生は、すでに受付時間が終了。

受付時間6時までの、実家近くの耳鼻科に電話してみると、診てくれると言ってくれましたhappy01

風邪の熱がつづいたあとに、中耳炎になる…、という、まる子のパターンが定着しつつありますcoldsweats01

先生に診てもらうと、まだ中耳炎になりかけの段階ではありましたが、耳に点眼液のような薬を入れてもらい、抗生物質を処方してくれましたhospital

こういうときには、熱いお風呂にゆっくり入るのは、いけないようです。

なぜなら、炎症が、進んでしまうから…wobbly

それから、子どものうちの中耳炎は、風邪をひき、熱が出て、のどに炎症が起きると、だれでもかかりやすいので(のどと耳が近いため)、その都度、きちんと治療していれば、成長とともに、ならなくなるようですconfident

咳もひどくなっていますし、明日も、保育園は、お休みです。

2011年6月28日 (火)

がんばれ、まる子のカラダ!

110628_083402

まる子が、熱を出しましたwobbly

昨晩、私が、途中で目を覚ますたびに、隣で寝ているまる子と目が合っていまして…。

こんなことは、はじめてのことで、まる子の額に手を当ててみたら、かなりの熱さになっていましたsweat01

「あつい、あつい…dash

と言うので、氷枕をもってきてあげて、ようやく、少し眠れたようでした。

朝になって、熱をはかったら、38度以上で…up

いつもの元気もなく、グッタリです。

朝一で、かかりつけで診てもらい、いつもの薬をもらってきたのですが、その後も熱は上がりつづけ、はじめて、40度を超えましたup

一度、お昼のあとに、熱さましを使ったのですが、効果のきれた夕方ごろ、また上がってしまい、夜も39度代のまま、眠りにつきました。

まる子は、高熱が出ても、すぐに下がりはじめる子だったのですが、今回は、そういうわけには、いかない様子です。

まる子のカラダのなかでは、今までにない、風邪ウィルスとのバトルが、繰り広げられているのでしょうね。

がんばれ、まる子っsign03

2011年6月27日 (月)

がんばれ、バレリーナ!

110627_180700

今日から、バレエの基礎クラスでも、ママとはバイバイして、子どもだけのレッスンになりましたnote

いままでは、ママも一緒に、レッスンをしていたんですね。

でも、ママと一緒だと、甘えてしまうので、遊びと、おけいこのけじめをつけるためにも、ママはバイバイです。

先々週(先週は風邪でお休みしました)、先生と、そういう約束をしたので、今日は、保育園のときみたいに、

「行きたくな~いcrying

と、大泣きしていましたが、だましだまし着替えさせ、連れて行き、クスンクスンする姿を見ながら、後ろ髪ひかれる思いで、スタジオを後にしました。

そして、終わる15分まえに、スタジオに戻ってみると…。

ちょうど、先生が外へ出てくるところで、スタジオの裏側へまわっていって…。

もしや…、まる子が、脱走したっsign02sweat01

先生に呼ばれるように、大先生がスタジオへ入っていく姿を見て、どんなフォローをすればいいか、頭を回転させながら、おそるおそる私も入っていくと…。

大なわとびをしていまして…、なわをまわす人を、呼びに行っただけだったんですねcoldsweats01

まる子は、ちゃんと先生の言うことを聞きながら、レッスンをしていましたshine

終わってから、先生に聞いてみると、

「最初は、ちょっと泣けちゃってsweat01

でも、泣きながら、ちゃんとレッスンしてましたよ」

とのことでしたhappy01

入ったばかりの、好き勝手に走りまわる、まる子を知る大先生からも、

「ちゃんと、5番(基本のポーズ)が、できるようになってる!

感動shine

と、お褒めの言葉もいただけて、母も嬉しかったですhappy01

保育園生活を通じて、先生の言うことが聞けたり、やりましょう!ということを、集中して取り組めるようになったのかな。

これを、書いている途中に、まる子が隣にやってきて、バレエの話題のことだとわかると、

「バレエなんて、だいっきらいって、かいておいて!」

などと、言っておりましたが、音楽がかかると、踊らずにはいられない、まる子なのです(笑)

2011年6月26日 (日)

ママがイライラしてるときには…

先週は、なんだかんだと、何度も病院に行くことがあって、最後のほうには、イライラしてきてしまって…dash

まる子が元気になってきて、安心した気持ちを通り越すと、一時、こんな心境になるのでしょうか…。

直接、まる子に怒るわけでもないのですが、つい出てしまう、やれやれ…、といったため息や、つい急かしてしまう態度に、殺気を感じたようで、

「ママ、なんにも、わるいことしてないけど、ごめんなさい」

とか、

「ママ、まるちゃんのこと、すき?まえ、まるちゃんだいすきって、いってたじゃん」

と、上目遣いで言われてしまいましたcoldsweats01

こちらが、感情で怒ったりするときには、憎たらしいほどこたえない子なだけに、自分の余裕のなさを、痛感しました。

そのあと、まんまと、まる子の風邪をもらったようで、私ものどが痛くなり、そのうえ、結膜炎にまでなったのですbearing

やっぱり、なにはともあれ、健康第一。

肉体が病んでくると、精神もまいってくるのですね。

2011年6月25日 (土)

みんな、ちょこっと、おねえさんになりました♪

今日は、リトミックのメンバーで、ランチ会をしましたrestaurant

それぞれの園に、子どもらが入園してから、はじめてみんなで集まったわけです。

久しぶりに会うと、みんな、どことなく落ち着いた雰囲気の、お姉さんになっていました。

(唯一の男の子、ロクちゃんが欠席。

帰ってから、まる子に、

「みんなで会えて、嬉しかったねhappy01

と言ったら、

「でも、ロクちゃんがいなくて、さみしかったね」

と、残念そうな顔をしていました)

とりわけ、まる子を見て、みんなが、

「まる子ちゃん、背が伸びたねぇっsign01

顔つきが、変わったっsign01お姉さんに、なったっsign01

と言ってくれました。

が、いつも近くで見ている母としては、違いがよくわからないのですね…coldsweats01

今回は、サンドイッチだけ注文して、あとのお料理は、一品ずつ持ち寄りだったので、いつもより、ワクワクの昼食会になりましたshine

110625_111356

やっぱり、オモチャの貸し借りの場面では、ちょっとした、いざこざがありまして…dash

ユウちゃんが使っていた、キッチンのオモチャを、やらせてもらえなかったまる子は、どこかから、しぼんだ、ビニールボールを持ってきて、ひとりで、ふくらませていました。

110625_120653

はじめは、

「ママ、やって~」

と、持ってきたのですが、あまりの息苦しさに、

「これは、パパじゃないと、無理だよ~wobbly

と、根を上げたところ、黙々と、ひとりでふくらませていました。

それも、2個も…sign03

それから、バランスボールのように、上に乗ってみたり、投げてみたりしながら、遊んでいるうちに、みんなも同じように、遊んでみたり、してましたhappy01

根性で、なにもないところから、遊びを創り出したわけですね。

そのうちに、子どもらの熱気と、ムシムシした天気が、最高潮を迎え、なんと、まる子はスッポンポンに…coldsweats01

それを見た、バナナちゃんと、ユウちゃんが、次々と真似をし、終いには、ユウちゃんの妹の、シーちゃんまでが脱いでしまいましたsweat01

110625_125506

まぁまぁまぁっsign01

いつにも増して、元気いっぱい、嬉しさいっぱいの、子どもたちなのでしたnote

2011年6月24日 (金)

まるぱぱの本音

昨晩、まる子と義母が、プリキュアのぬり絵を、完成させましたart

まる子は、それが嬉しくてたまらないようで、くるくると巻いて、手に持ち、

「あした、リクくんに、みせてあげるのっhappy01

と言いました。

それを聞いた旦那が、一言。

納得が、いかんっsign03

えっ?、と聞いた私に、

「こんなに小さいのに、そういう気持ちって、あるのかねぇ…。

絶対に、許さんぞっsign01

はじめて、声を荒らげていました(笑)

月曜日と、火曜日と休んでしまったとき、まる子は、

「リクくん、まるちゃんのこと、だいっきらいになるかなぁ?

いっしょに、あそんでくれないから…」

と、心配していました。

恋のかけひきなら、会えない時間が、スパイスになりますが、実際のところ、まる子がたまに休んでくれたほうが、静かでいいって、思われていそうな…coldsweats01

リクママは、息子のことを、

「あんなのの、どこがいいんだか…dash

と謙遜しますが、私としては、

「保育園のうちに、良い人と、めぐりあえてよかったshine

という心境です。

「結婚するみたいなこと、言う~(笑)」

と、リクママに笑われてしまいましたが…happy01

でも、あんなに細やかな優しさを、相手に与えてくれる子どもって、そういないと思うので、やっぱり、出会えてラッキーだったと、思うのですconfident

2011年6月23日 (木)

「まる子ちゃん、まる子ちゃんっ!!」

昨日は、半日ですが、保育園に行くことができた、まる子です。

月、火と、お休みしてしまったので、3日ぶりの登園となったわけですが、同じクラスのみんなが、もうすでに、園庭で遊んでいて、

「まる子ちゃん、まる子ちゃんっsign01

と手を振って、迎えてくれました。

そして、教室まで一緒に行き、先生にお願いして、私ひとりで、また園庭を通っていったのですが…、なぜか私にまで、

「まる子ちゃん、まる子ちゃんsign01

リク君の弟のリョウ君や、いつも一緒に遊んでいる、ダイ君、カレンちゃんたちが、満面の笑みで、手を振ってくれました。

はて、しかし…。

私は、まる子ちゃんじゃ、ないんだけどなぁ~(笑)

そんなふうに思いながら、手を振りかえした母ですpaper

子どもって、おもしろいですねhappy01

おもしろいついでに、もうひとつ。

給食がおわったころに、お迎えに行ったのですが、まる子の帰り仕度を待っているあいだ、スミちゃんという女の子が、話しかけてくれました。

私は、暑かったから、裸足だったんですねfoot

「ねぇ、どうして、はだしなの?」

「暑かったから、靴下を、脱いじゃったの」

「ふぅん。ソレ(ペディキュア)、なに?」

「これね、マニキュアをぬったの。

お母さんは、やらない?」

「やらな~い。

ねぇ、どうして、こゆびは、ちいさいの?」

「(笑)どうしてだろうねぇ。

親指は、大きいよねぇ。」

「そうそう。おとうさんの、こゆびも、ちいさいの

いろんな、ゆびが、あるよね」

スミちゃんの質問は、永遠につづきそうでした…happy02

午後、先日の幼なじみと、ちょこっと会ったのですが、そのときに、手作りのドレッシングをくれたんです。

110622_183131

ランチのときのドレッシングを、再現したようなのですが、ニンジンがドロッとそのまま入っていて、甘味と酸味のちょうどいい、美味しいドレッシングでしたshine

大きなボウルに、山盛りでサラダを作ったのに、まる子もめずらしくパクパク食べるし、家族にも好評で、あっという間に、平らげてしまいましたdelicious

彼女はパスタも手作りしますし、いつ店を出してもいいくらいです。

いただきましたっrestaurant

2011年6月22日 (水)

まる子と私の視線のちがい

昨日、まる子と、歩いて買い物に行ったとき、ふと気づいたことがありましたfoot

そのとき、私は、とにかく急いでいて、目的地のことしか頭になくて、つい、

「ほら、ほら、早くっsign01

と、言っていたのです。

目的地とは、行きなら、お店。

帰りなら、家です。

一方、まる子は、生えてきた雑草を取りたくなったり、噴水の水を触りたくなったり、いつもいつも、何かしらの好奇心で、動いていますeye

私も、時間や精神的に余裕のあるときは、まる子の好奇心に付き合って、楽しい時間を共有するので、この違いは明らかだと、わかりますconfident

「今ここ」を歩いているのに、目的地(「今ここ、ではない」)のことばかり考えていたら、それは、永遠に幻を追いかけることに、なってしまいます。

だって、たとえお店に着いたとしても、また新たな目的地である、家のことを考えるから…。

そんなことの繰り返しだったら、それこそ、「生きている実感がわかない…」と、いったような、つまらない現実を、自分で創り出してしまいますthink

ふと、そんなことが頭によぎり、まる子の生き方(大袈裟ですが。笑)が、お手本のように、見えたんですねshine

私は、時間を心配しながら、忙しく買い物をすませましたが、まる子にお付き合いしていても、間に合ったかもしれませんdash

自分は、いかに、まる子より、よけいな心配や、不安を抱えて、生活をしているのか…。

もっと、「今」を、楽しもうっnote、と思った母です。

2011年6月21日 (火)

中耳炎とアロマ

昨日、お昼寝から起きたまる子が、

「あつい、あつい…」

とグッタリして、また、

「みみが、いたい…think

と言いましたear

熱をはかると、38度。

一昨日も昨日も、朝起きたときは、36.7度に下がるのですが、だんだん上がってきて、お昼寝から起きると、38度まで上がってしまうんです。

かかりつけでは、「プール熱」の診断が出なかったのですが、その後、どうも、中耳炎になった様子です。

夕方ギリギリの診察に間に合い、再度かかりつけに行ってきましたdash

すると、やっぱり、中耳炎でして、抗生物質を処方してもらい、帰ってきました。

でも、お腹が痛い、とか、なんだかんだ泣いて、薬を飲まずに、寝てしまって…sweat01

炎症が進んでもこわいので、アロマで何かできないかな…、とネットで調べてみると、手持ちの精油で、対応できそうですhappy01

ラベンダーと、ティートリーshine

このふたつは、唯一、直接肌につけてもOKな精油ですscissors

綿棒に垂らして、耳の穴にそっと付け、あとは、小さく切ったコットンを湿らせて、ラベンダーとティートリーを垂らし、耳の下に貼っておきました。

さてさて、効き目は、どうだったでしょうか?

翌朝、あんなに「いたい、いたい」と泣いていたのに、

「もう、いたくないよ」

と、スッキリした顔をしていましたsun

それから、ようやく、薬を飲めました!

咳がひどいときは、ペパーミントを芳香させていますし、のど痛には、ペパーミントとラベンダーのスプレーを使いますし、アロマの力を借りっぱなしの、今日このごろですclover

2011年6月20日 (月)

熱を上げ過ぎたっ!?

昨日も、午後から、だんだん熱が上がり、そのうえ、咳も出るようになってしまったので、お昼寝後、ちょうど休日当番医だった、かかりつけへ行ってきましたhospital

めずらしく空いていて、すぐに診てもらえて、お薬ももらえて、外に出ると、りんごクラブでお世話になった先生が、向こうから歩いてきました。

保育園の話題となると、リク君ですから、まる子が恥ずかしそうに話しているうちに、はて…、と気づいた母。

もしや、リク君に熱を上げ過ぎて、今回の熱が出たのではっsign02

目も、のども、耳も(かかりつけで、軽い中耳炎を起こしているって言われました)、体中炎症をおこしちゃって…dash

それから、中学教師をしている義弟が、夕食後にやってきたのですが、まる子がプール熱にかかったと聞いて、

「プールはまだはじまらないけど、園の砂水遊びでも、感染しやすいからね…」

と教えてくれて…。

確かに、ここのところ、毎日砂水遊びで、全部着替えてくる日々です。

いろんな要素がからんだ結果なんですね、きっとconfident

2011年6月19日 (日)

大豆のシフォンと、プール熱と…

110618_101751

いつも、このブログにコメントをくれる、∞万華鏡∞さん(http://plaza.rakuten.co.jp/onaga/)が、先月、大豆粉と羅漢果(天然甘味料)をプレゼントしてくれたのですが、昨日、やっと秘伝のレシピ、「大豆粉100%のシフォンケーキ」を作ってみましたhappy01

とってもシンプルな材料と作り方ではあるのですが、出来上がってびっくりsign01、ふわふわで、お豆腐の風味のある、とっても美味しいケーキになりましたshine

まる子も、材料を混ぜたり、いろいろと手伝ってくれたのですが、はじめはドロドロとしていたものが、オーブンで焼くことで、芳しい香りを放つ、ケーキに変身したことが、おもしろかったようです。

出来上がりに、

「わぁーっhappy02

と、目を輝かせる姿を見ることは、嬉しいものですshine

それから、お昼を食べに出かけて、お昼寝をするところまでは、元気だったものの、起きたときに、なんだか左目が結膜炎のようになっていて…eye

「めと、のどが、いたい…think

と言います。

体が熱い感じだったので、熱をはかれば、38.6度…dash

土曜日の夕方だったので、あわてて、やっている眼科と小児科に、駆けつけましたhospital

すると、「咽頭結膜熱」、いわゆる「プール熱」だと、わかって…。

目も痛い、のども痛い、そのうえ、熱も高い(結局39度以上あがりましたから)…と、なかなか過酷な病気です。

クラスのお友だちがかかっていたようなので、うつってしまったんですね。

早く治りますようにclover

2011年6月18日 (土)

わたし、おなかの赤ちゃんに呼ばれた!?

110617_130925

昨日は、9月に出産予定の幼なじみに、レイキを伝授。

ちなみに、レイキは、日本発祥の気功の一種で、修行なしでも手軽に使える、ハンドヒーリングですpaper

2週間くらいまえに、なんだか、ふっと、彼女にもレイキを教えてあげなきゃ…、という思いがわいてきて、メールをしたところ、すぐに、

「やってみたいshine

との返事がきて、トントンと日程が決まって、当日を迎えました。

でも、私のなかでは、まだ、「無事に伝授できるかな…」とか、「わかりやすく説明できるかな…」とか、「まる子の具合が悪くなって、途中で、保育園から電話がかかってこないかな…」といった、不安要素があって、幼なじみが相手だという気楽さ半分、緊張も同じくらいあったんですthink

レイキというのは、ふだん使っている電気と同じように、その辺にあって、だれでも使えるものなのですが、使えるようにするには、体の回路を開かなくては、いけないんですね。

その、回路を開くことが、今回の私の仕事なわけです。

それが、こちらが、ちょっと緊張していたわりに、すごく順調にことが進んで…up

そのうえ、作業の最中の私に、彼女のおなかの赤ちゃんが、なにやらメッセージを送ってくるんです。

「ママに、心配し過ぎないように、伝えて。

私が、あなたを呼んだの。

私は元気だから、安心するように、伝えて。

あなたも、緊張しないで。

私も、サポートするから」

声が聞こえるとか、そういうんじゃなくて、直観みたいに、感じるんですよ。

思い過ごしかも…、と思って、それを聞き流そうとしたら、なんと、私の目に見えるように、彼女のおなかが、ボコッsign01って、動いて…。

これは、彼女に伝えて!ってことだし、信じて!ってサインだと思って、彼女に全部伝えたんですが、そのあとは、おなかが動くことはなかったですし、私の頭のなかが、し~んと静まりかえりました。

彼女に聞いても、こんなに大きくおなかで動いたのは、はじめてとか…。

それに、はじまってすぐに、温かいエネルギーに包み込まれるような感覚があって、とにかくあったかくて、心地良かったんだそう。

「今までにない、感覚だった…」

と、感動していましたshine

私が、レイキの回路を開いてもらってるときにも、こんなにハッキリとした感覚はなかったので、レイキだけではなくて、おなかの赤ちゃんからの愛情も、相当ママに伝わったんじゃないかと、思われますheart01

とにかく、幼なじみは心配性なので、おなかの赤ちゃんは、大丈夫だから、心配するな!、と伝えてもらいたくて、私を呼んだんですねconfident

幼なじみにとっても、私にとっても、手ごたえのある、素敵な時間を過ごせたのですが、そのあとのランチも、おしゃべりが弾み、美味しくて、幸せなひとときでしたhappy01

ありがとうっheart04

2011年6月17日 (金)

ゆずれないふたり

昨日、まる子は、喘息の定期検診だったので、保育園のお迎えを早めたのですが…。

「リクくんと、いっしょにかえるっsign03

と言い張って、年長さんの教室のまえから、離れませんdash

すったもんだしているうちに、椅子を片づけるために、リク君たちが出てきて、まる子に気づき、

「ママがきてなから…(まだ一緒に帰れないよ)」

と、声をかけてくれました。

「今日は、病院だから、もう帰るね。バイバイ!」

と言うと、バイバイ、と手を振ってくれ、私とリク君のあいだでは了解したのですが、全然了解できない者がひとり…、いちばん厄介な娘ですbearing

仕方がないので、車まで強制連行して、病院へと向かいましたhospital

病院では、ここ一ヶ月の様子から、喘息の咳というより、風邪をひいて、ちょくちょく咳が出ているとの診断で、ホッとしたのも、束の間…。

薬を受け取って、外へ出たとたん、

「ジュースを買ってsign01

しかも、お店指定ですcoldsweats01

はじめはそこを目指して走っていたのですが、もっと近くて、通りがかりにあるスーパーが見えてきて…。

駐車して、入り口まできたものの、

「W店がいい~~~~っっっっcrying

と、ジャンプしながら大泣きですsign03

その声に、見知らぬおばさま方も、寄ってきて、

「元気な声が、聞こえてきたわよ~」

とか、

「どうしたの~」

とか…。

「ほら、一緒に、入りましょう」

とまで言ってくださった方がいたのですが、頑としてゆずりません。

私も、ジュースを買いに来たのなら、どこでもいいじゃん…、という思いがあったので、説得を続けていたところ…。

「あ、まる子ちゃんsign01

という声が、聞こえてきて、向こうから、リク君と同じクラスの、ショウ君(年長さん)がやってきました。

このショウ君、小柄で、いつもニコニコしているママそっくりの顔で、まる子が泣いていると、近くに来て、くすぐって笑わそうとしてくれたり、「かわいい~happy01」と、なでなでしてくれる、お兄ちゃんです。

私とまる子は、台風のまっただなか、というような大荒れの状況にあるというのに、彼は、いつものように、ニコニコとした穏やかな様子で近づいてきてくれて、こともあろうに、

「ママ、ボク、まる子ちゃんと、いっしょに、いるっhappy01

と、隣に並んでくれたのです。

それを見て、まる子は涙がひき、私は、別にW店に行ってもいいか…、と心境が変わりました。

それまでは、また車まで強制連行して、家に帰るか、この店で買い物して帰るか、の二者択一しかなかったのですが…。

ショウ君にバイバイしてから、ふたりで手をつないで、W店へ向かうことができましたhappy01

ショウ君の、マイペースな穏やかさが、状況を一変させたということですsign01

やっぱり、子どもの力って、すごいですshine

帰ってから、旦那に、まる子が頑固だった一部始終を話したのですが、一言、

「よく、似てる…」

そうかなぁ~…、と腑に落ちないような、納得したような、複雑な心境です(笑)

2011年6月16日 (木)

まるぱぱVSリク!?

今週に入って、ちょっと咳が気になるまる子でしたが、昨日は、給食のときに、咳込んで戻してしまったようで…wobbly

担任の先生から連絡が入り、すぐに迎えに行ってきましたdash

帰りに、年長のクラスに寄って、リク君にバイバイしたい、と言うので、のぞいてみたところ、まる子の姿を見て、出てきてくれました。

「どうしたの?」

と聞かれて、

「咳がひどいから、帰るの…」

と答えると、

「かわいそうに…、おだいじにねっsign01

と、まる子の手を握ってくれて…。

リク君の副担任さんは、のぞくまる子に、

「さようなら~」

と、なんともそっけない態度だったというのに、若干5歳で、この情感豊かな言葉、ちょっと感動してしまいましたshine

その感動を、旦那に伝えたところ、

「おぉ~、すごいじゃんっ!色男が…」

あれあれ~、ちょっぴりジェラシーが混じってる(笑)sign02

それはさておき、泥遊びで汚れて、全部着替えをしたまる子の格好が、上に緑のボーダーのTシャツ、下に赤のボーダーのズボンと、パジャマともいえない、なんとも滑稽な姿になっていて、ガックリきましたwobbly

ふだん着てくれないような服を、着替えに持たせた結果の、この惨事…sweat01

以後、気をつけます!

2011年6月15日 (水)

お散歩セラピー!?

110614_171208

昨日は、保育園のあと、久しぶりに、バナナちゃんとチッチが、遊びに来てくれました。

まる子も、バナナちゃんも、お互いに気楽なようで、のびのびと遊んでいました。

110614_172629_2

110614_175048

そして、私とチッチも、お互いに気楽なので、特別話題があるわけではないのですが、なんだか一緒にいて、リラックスできました。

お散歩しながら、いつもの丘の上まで来ると、最近モヤモヤするものがあるらしくて、チッチも、子どもたちと一緒になって、叫んでいましたsign01

ずいぶんと、控えめではありましたが…(笑)

またいつでも、叫びにきてねwink

2011年6月14日 (火)

これも現実…

110614_124301

一昨日、見た夢。

実家の部屋のような、暗いところで、数人で寝ていると、俳優の谷原似の男性が部屋に入ってきて、私の後頭部をなでなでする。

意識はハッキリしているので、起きようか…、でも、心地いいからこのままでいようか…、すごく迷っている。

そのうち、その男性が、髪を肩まで伸ばした女性に変わってしまう…。

そこで、目が覚めた。

happy01

これは、とてもふしぎな感覚の夢で、夢のなかなんだけど、現実みたいにリアルな感じで…。

それで、起きてるのか、寝てるのか、わからないような感覚で、この夢もひとつの現実だし、今の生活も、またひとつの現実だと思っていました。

だから、夜寝て、別の世界に行ったら、起きたときに、ちゃんと帰ってこれるかな…、なんて。

心配っていうより、好奇心で、考えていました。

明晰夢っていうのは、夢のなかで、これは夢だとわかって、自由に好きなことをする…、っていうものらしいのですが…。

最近、まる子と一緒に、10時ころ寝ちゃって、深夜1時ころに目が覚めたりするので、こんなふしぎな感覚の夢を、見るのかもしれませんね。

リクパパもびっくり!な、まる子。

昨日は、パパが迎えに来ていた、リク君&リョウ君兄弟。

最近、時間があるときには、リク君と一緒に帰るように、待っているまる子ですが、パパが迎えにきたとて、まる子の行動が変わるわけでは、ありませんでしたcoldsweats01

私は、リクママじゃなかったので、全然気づいてなかったのですが、突然走っていく、まる子の視線の先には、パパと手をつないだ、りく君&リョウ君の姿が、ありました。

さすがだなぁ~dash

リク君が、外履きにはき替えるときも、帰る車に乗ろうとするときも、つかんだ手を離さないんですよっsign01

「もてるなぁー、リクっsmile

といった、ほかのママからの冷やかしも、なんのその、すっぽんのような娘ですsweat01

まる子の外履きは、泥遊びで汚れたようで、裸足で、外へ飛び出してしまうし…dash

そんな、やりたい放題のまる子を見て、リクパパから、

「すごいなぁーsign01肉食系女子だなぁーsign03

と、びっくりされてしましましたcoldsweats01

そうそう、リクママからも、

「まる子ちゃんは、パワフルだねっsign01

ママ、大変でしょ~?」

子どもを4人も育てているふたりから、そんなに驚かれるまる子って、一体…wobbly

それでも、今朝、登園で一緒になった、リクママに、

「昨日は、パパ、びっくりしてたでしょう~?

サルで、スミマセンっsweat01って、言っておいたんだけど…」

と言うと、

「ううん、まえから、まる子ちゃんのことは、話してあるから、『あれが、まる子ちゃんかぁー!かわいいなぁnote』って、言ってたよhappy01

懐の大きな夫妻で、安心しました!

さてさて…、今日も元気に遊んでくれていますようにsun

2011年6月13日 (月)

まる子の恋バナ!?

110612_101500

昨日は、義妹の実家で作っている苺を採りに、行ってきましたclover

毎年、シーズンの終わりに、最後の苺を、採らせてもらい、実家の母が、ジャムを作るのです。

熟していて美味しいので、私たちは、そのまま食べますdelicious

食べきれないほどたくさん採るので、いつもお世話になっているお宅に、おすそ分けするのですが、まだ残っている苺を、まる子がタッパーに詰めていました。

「どうするの?」

と聞くと、

「リクくんに、あげたい」

と言います。

リクくんの家は、わからないので、

「じゃあ、明日、保育園で会ったら、リク君のママに、渡そうね」

と、詰めるのを手伝ってあげました。

…その夜、寝るときに、一緒に布団に入った私のほっぺに、まる子が、チュッheart01と、やりました。

私は、とっさに、

「ねぇ、ねぇ、リク君にも、チュッと、やるの?」

と聞いてしまったところ、眠そうだったまる子のテンションが上がりはじめ、

「うん。でも、アッコせんせい(リク君の担任)に、『コラッ!』って、おこられるの…」

とか、

「リクくんは、『はずかしいから、やめてくれよー』って、いうの」

とか、いろいろと話してくれて…。

「そんなふうに、言われると、まる子は、どんな気持ちになるの?」

と突っ込んでみたところ、

「もっと、チュッheart01て、したくなるのっhappy02

ですって(笑)

「デート」っていう単語が、登場したので、

「デートって、なにをするの?」

って、聞いてみると、

「デートはねぇ、チュッheart01てしたり、てをつないだり、するのっhappy02

えーーーーっsign013歳児が、「デート」って、使うかなぁ~…、と思ったのですが、そのあと、すぐに、

「ママは、だれと、デートするの?

カレンちゃんのママ、とか?」

と言うので、やっぱり3歳だなぁ~って、安心しましたconfident

「ママは、パパが好きだから、パパとデートするんだけど…」

と、いちおう言ってみたところ、

「パパなんて、だいっきらいっsign01

と、怒っていました(笑)

眠そうだったので、早く寝かそうと思っていたのが、なんだか興奮させてしまったようで、話題に失敗した母でしたが、まる子がウキウキして、いつも以上に饒舌にいろいろと話してくれたので、楽しいひと時でも、ありましたhappy01

2011年6月12日 (日)

ボクの楽しみを…

110612_064952

家業のカーネーション栽培が、忙しい時期になりましたdash

今月から、出荷がはじまり、夕食のあと、旦那や義父母は、出荷の準備をしています。

去年まで、まる子は、ひとりで湯船に浸かることができなかったので、旦那が、仕事を一時中断して、一緒にお風呂に入ってくれていましたが、今年は、ひとりでいろいろできるようになったので、私とまる子のふたりだけでも、楽にお風呂に入れるようになりましたspa

ですから、昨日は、離れの作業場で、出荷の準備をしている旦那に、声をかけずに、ふたりでお風呂に入ったのですが、出る頃に、旦那が入ってきて、自分が呼ばれなかったことを知り、

「ボクの楽しみを、とらないでくれよ…think

と、寂しそうな顔をしました。

私は、仕事のことを気遣ったつもりでしたが、旦那にとっては、まる子とのお風呂が、一日の楽しみだったようです。

まぁ、いつまで一緒に入ってくれるか、わからないですからねぇ…smile

2011年6月11日 (土)

耳鼻科にて…。

「みみが、いたい…think

と、また、言い出したまる子。

「つばを、のみこむときに、いたい…」

「?」と思いましたが、とりあえず、耳鼻科に、行ってきましたear

先生に診てもらったら、耳は異常ナシ、のどが少し赤くなっている…、とのこと。

今朝、熱を測ったら、36.1度でしたから、熱はないのですが、ここ数日、夜寝ているときに、咳込んでいましたっけ…。

待合室で待っているときに、腰が曲がり、杖をついた、おばあさんが、付き添いの女性と来たのですが、まる子は、そのおばあさんが、心配なようで、ずっと見ていましたeye

付き添いの女性は、おばあさんが、入り口の扉から入り、靴をはき替えたところを確認すると、乗ってきた車を、駐車場へ止めるために、すぐに出て行ってしまいました。

私たちは、玄関からすぐの椅子に座っていたので、おばあさんに、その椅子をゆずり、隣の椅子に移動したのですが、

「いくつ?」

などの、ちょっとした会話の後、まる子は、本棚のほうへ、走って行きましたdash

戻ってきたときに、手にしていたものは、『女性自身』。

まる子、こんなの読むのかな…、と見ていると、なんと、そのおばあさんに、

「どうぞsign01

おばあさんは、一瞬なにが起こったのかわからなかったようで、しばし間があきましたが、

「なんたら、気のきく子だこと…」

と、笑っていましたhappy01

おばあさんの順番がきて、立ち上がったときも、

「だいじょうぶ?」

と聞いていましたから、

「すまなんだね、ありがとや…」

と喜んでくれていました。

うちには、年寄りがいますから、おじいさんとか、おばあさんへは、自然と寄っていきます。

それが、イイモノ(飴とかお菓子)目当てだったとしても、ですが…coldsweats01

2011年6月10日 (金)

きょうだい

今日は、義妹と、いつも行く和カフェで、ティータイムjapanesetea

義妹は保育士ですから、つい、まる子の保育園でのアレコレを、相談してしまいます。

まだ保育園に行きたくなくて、泣いて登園していますが、それより、気がかりなのは、お友だちとのやりとりですthink

大好きなリク君ですが、大好きすぎて、バンバン叩いたり、ほっぺをつねって傷つけてしまったり…sweat01

「大好きheart01」を表現する方法が、うまくできない…。

リク君は、4人姉弟の2番目なので、年下の子との付き合いになれているようで、

「まだ小さいし、『ごめんね』って言ってくれたから、いいよ」

と言って、許してくれましたが…。

そして、リクママに謝ったときも、

「いい、いい!うちは、そんなこと、気にしないから!

まる子ちゃんは、まだ赤ちゃんの感覚で、力加減がわからないんだねconfident

と理解を示してくれ、さらに、

「リクが、仕返しをしないから、大したもんだと、見ているくらい!」

と笑っていました。

とても4人の子どもがいるお母さんには見えない、長いサラサラの髪をした、アイドルのような雰囲気のリクママですが、構え方が大らかなところは、さすがですsign03

このお母さんがいて、リク君の優しさが、育まれているんですねshine

義妹曰く、

「4人姉弟で、そんなに優しいなんて、お母さんや、お姉ちゃんが、優しいんだろうし、園で突然優しくなんてできないから、家庭でも、年下の面倒をみたりして、しっかり出来ているんだろうね」

まる子の隣の席の、そらちゃんは、なんと7人兄弟の末っ子ですsign01

そして、いつも遊んでいる、近所で同じクラスの、カレンちゃんは、3姉妹の真ん中で…。

兄弟のなかで、たくましく育っている、お友だちにもまれながら、まる子も、お友だちとの付き合い方を、吸収してくれるといいなぁ、と願う母ですconfident

2011年6月 9日 (木)

歯科検診…えっ、永久歯がないっ!?

110609_093120

一昨日、まる子の保育園では、歯科検診がありました。

そして、先月治療済みの歯に、「要治療」のサインが…。

まる子が、

「いたい…bearing

と自己申告した、左上奥の歯は、

「虫歯ではなさそうですが、気になる場合は、かかりつけ医へ行って、レントゲンを撮ってください」

とのことで、今日、さっそく、かかりつけの歯医者さんへ、行ってきましたhospital

先月治療した歯は、虫歯の進行止めの薬のせいで、黒くなってしまっていて、先生がちがったので、虫歯とまちがわれたのですが、よくよく診てもらっても、やはり、こちらは大丈夫でした。

それから、左上奥の歯は、レントゲンを撮ったところ、ちょっと見つけにくいところに、溝ができていて、それがしみるのかな…、ということで、やはりまた、進行止めの薬を塗ってもらいました。

はじめてレントゲンを撮ってみたのですが、なんと、その左上奥の歯には、永久歯の存在がないようなのですcatface

6歳臼歯や、治療した歯の隣や、その隣には、永久歯が写っているのですが…。

「まだ3歳なので、わからないけれど、先天的に、永久歯がない子もいるので、小学校に上がったら、歯のレントゲンをぐるっと撮って、確認したほうがいいですよ。ないとなると、子どもの歯を、一生大事に使っていくことになりますから…」

たまに、

「うちの子の歯が、生えかわらないから…」

と、抜歯に連れてくるお母さんがいるようなのですが、永久歯がない歯を抜いてしまったら、大変ですっsign01

永久歯がない歯があるかもしれない…、というのは衝撃的な事実でしたが、今日も、まる子は、動かずに治療ができ、帰りには、

「おもしろかった~happy01

と言って、先生や助手のみなさんを、驚かせていました(笑)

だいたい、子どもは歯医者がキライで、治療には手こずる、というのが定番ですものね。

2011年6月 8日 (水)

小さな恋のメロディ

リク君と、まる子のことを、『小さな恋のメロディ』みたい…、と私の友だちが言いました。

う~ん…、これは、恋なのかしら…。

若干3歳で、もう恋!?

ふと、まる子の手相に、早婚の相が出ていたことが、頭をよぎりましたが…paper

まる子のウキウキheart04は、相当なテンションらしく、一緒にいる私にまで、伝染してしまいます。

ひとごとなのに、なんだか、私まで、ミョーにワクワクと嬉しい気持ちになってしまうのです(笑)

最近、まったく「恋」って気分ではなかったのですが(…当たり前!)、まさか、まさかの、恋モードです。

アイドルやタレントさんに熱を上げるup、そんなモード。

リク君が、純粋に男前のうえ、優しく、健気だから、私まで、彼のファンになってしまったのか…。

まだ、なんの損得勘定もない、純粋なふたりですから、はたから見ていて、可愛いかぎりですhappy01

2011年6月 7日 (火)

泣けちゃうけれど…、大きく変わった園ライフ。

月曜日の登園、泣かずに行けるかな…、と思っていたら、泣かずに行けました!

私が、先週の金曜日に持ち帰った、お昼寝布団を、週が明けて、持っていくのを忘れたからなんですが…coldsweats01

お昼寝をしなくていい、とわかると、とたんに元気になる、まる子ですsweat01

…あとで、こっそり、ちゃんと届けましたけれどsmile

登園の際、ちょうど、リク君のママと一緒になったので、遠足でお世話になったお礼を伝えると、

「い~え~、こちらこそhappy01

と笑顔だったので、安心しました。

リク君に会うと、

「きょうは、なくなよー」

なんて。

やっぱり、リク君には、また一日お世話になったようで、ベテラン先生からの連絡帳に、書いてありました。

ママと別れてから、お昼寝が近づいて、泣いていたようですcrying

『遠足 ご苦労様でした。

大好きなお母さんと、大好きなリク君と一緒で、ほんとに嬉しそうな、まるちゃんでしたね。

…(略)…リク君のお母さんが、リク君は、まる子ちゃんの気持ちが、よくわかるんじゃないかな(保育園で、ちょっぴり泣けちゃう気持ちが)と、言っていましたよ。今朝も心配して、おへやに来てくれたり、お芋の苗植えも、まる子ちゃんと一緒にやってくれましたよ。きっと、そんな関わりを通して、まるちゃんも、色々わかるようになると思います。』

帰りですが、まる子は、年長のリク君のおへやのまえで、彼が出てくるまで、待っていたんですよ!

みんなで、うたを歌ったり、手遊びをしながら、お母さんのお迎えを待つ、年長さん。

両開きの扉を、ちょっと開けては、キャーキャー言って、手を振ったり…、さながら、アイドルを追っかけるファンのようでした(笑)

あんまりうるさいので、しまいには、先生が黒いカーテンをしめてしまいましたけど…coldsweats01

ようやく、リクママが迎えにきて、やっと、ふたりと、弟のリョウ君と3人で手をつないで、帰ってくることができました。

そして、今朝ですが、ギャンギャン泣いて、登園した、まる子crying

私におんぶされて、みかん組のおへやに入ると、先生が、

「待っていてくれる人が、いますよー」

見ると、リク君が、ちゃんと、まる子が来るのを、待っていて、なぐさめに来てくれましたhappy01

リク君、先生方、今日も一日、よろしくお願いしますsign01

2011年6月 6日 (月)

静かな、ランチ♪

今日は、旦那とふたりで、ランチを食べに出かけましたrestaurant

ホテルの週替わりランチ券が、当たったのですshine

平日、まる子のいない、しかも、ホテルでの、ランチ。

空いていて、おばさま方しか、お客さんがいません。

どうやら、エステティシャンのふたり組と、そのお客さんのふたり組が、それぞれのテーブルにわかれて、食事をしている様子。

まったく、時間に追われたような、雰囲気がなく、いつもとちがいすぎるので、少々戸惑ってしまいましたcoldsweats01

メインディッシュを決めれば、あとは、デザートも、飲み物も、パンも、サラダも、好きなものを、好きなだけ、食べられます。

地元産の味噌ドレッシングや、トマトジャムなど、めずらしいものもあり、ティラミスやフルーツジュレなどのデザート、パンも手作りだったので、バイキングでしたが、どれも美味しくて、満足でしたhappy01

ひとつだけ気がかりだったのは、旦那のお腹でして、こういうゆったりとした、バイキングのランチは、私が食べ終わるまでに時間がかかるため、ついつい食べ過ぎてしまうのですdash

「もうちょっと、サラダをもらってこよう」

「ティラミスを、もらってこよう」

「クロワッサンが、美味しかったね」

と、何度席を立ったことか…。

席を立つまえに、いちいち私に言うところが、お伺いをたてているようで。

気にしては、いるようです(笑)

2011年6月 5日 (日)

ラグジュアリーなトイレ

110605_161446

今日は、『刈谷ハイウェイオアシス』へ、行ってきましたcar

刈谷SAのことで、ショッピングもできるし、温泉にも入れる、観覧車などのレジャー施設もあり、高速からも、一般道からも、行くことができます。

ここは、昨年、旦那たちが、獅子舞の披露をした場所でもあるのですが、ストレッチのクラスで一緒の奥さんの、実家の近くでもあり、評判がいいので、まえまえから行ってみたかった、場所のひとつです。

「これから、仕事が忙しくなって、お出かけができなくなるから、連れてきてあげたんだよ」

と、旦那が、まる子に説明していました。

ほんとうは、観覧車に乗せてあげたかったみたいなのですが、まる子はイヤだと言って、乗りませんでした。

そういう旦那も、自分は乗りたくなかったようで、私も、観覧車はどちらでもよかった…、結局、だれも乗りたくなかったんですね(笑)

トイレは、うわさどおりのゴージャスshineさで、床には赤いじゅうたんが敷かれ、ホテルのラウンジのような、雰囲気。

中央の、ぐるりと並ぶガラスケースには、たくさんの花が飾られ、なかのソファーで、休めるようになっていました。

BGMは、流暢なクラッシックですnote

混み込みのサービスエリアのなかの、異次元空間のようでした。

まる子は、このトイレを利用しなかったのですが、なんと、帰りの車のなか、もう少しで家にたどり着く、というところで、

「オシッコ、でた…」

と、チャイルドシートのまま、おもらししたのでしたbearingsweat01

おいおい~、せっかく、「日本一きれいなトイレ」まで行ってきたんだから、そこでしてきてくれよ~と、トホホな気分の、パパとママでした…。

乙女なまる子!?

まる子は、いま、恋する乙女ですlovely

相手は、もちろん、リク君!

昨日は、黄色の、ちょっと下がフリフリした、ミニスカートみたいな服を着ていたのですが、

まる子「あしたも、このふくを、きていくっ!

リクくん、かわいいって、いうかな?」

パパ「でも、自分から、かわいいでしょ?って、聞いたら、負けだよ~」

なんて、会話をしていました(笑)

110604_193234

そして、その服を着て、竹宵のイベント(竹筒にキャンドルを灯した、節電のイベント)に行ってきたのですが、帰ってきたまる子に、じーちゃが、

「おかえり~、どうだったかな?」

と、聞くと、

「リクくんに、あえなかった~think

と答えたのには、みんなで笑ってしまいましたhappy01

最近、「ばか」が口ぐせのまる子ですが、

「リクくんには、ばかって、いわないの。

だって、だいすきなんだも~んsign01

とか、

「リクくんに、はやく、あいたいなーheart04

「リクくん、だいすきheart01

だって、やさしいもん」

すでに、「ばか」は減り、「リク君」ばっかりです(笑)

「いっぱしの、おんなのこだねー、まるちゃんはっhappy01

と笑うと、

「そ~よ~っsign01

と、さも当然!と答える、乙女な、まる子ですribbon

P.S「リク君」は、6/2『お友だちのちから』に登場した、年長の優しいお兄ちゃんです。

2011年6月 4日 (土)

『今日も、まるまま日和。2』…まるまま

110604_130116

おかげさまで、このブログも3年目をむかえ、2010年4月26日~2011年4月25日までのものが、製本され、本日届きましたbookshine

これで、2冊目になりますっscissors

まる子に、ブログが、また本になったことを報告すると、

「てんさいママだねっsign01

と、一言。

そして、座り込んで、ページをめくっていました。

「パパにも、見せてあげてね」

と言うと、

「やだっsign01

おもしろくて、たまらんのよ」

ですって。

まだ文章はわからないので、写真だけ、見てるだけなのですが…(笑)

2011年6月 3日 (金)

はじめての親子遠足♪

今日は、保育園の親子遠足でしたfoot

遠足といっても、現地集合でしたが、自然いっぱいの、広い公園だったので、親子共々、いい運動になりましたdash

体操をしたり、おやつを見つけに走ったり、地図をもとに、ポイントまでまわったり…。

110603_175417 

このポイントには、先生が立っていて、親子で記念撮影をしてくれたり、くじを引いて、お菓子をもらったり、かみひこうきを作ったりする、お楽しみがありましたshine

110603_102534 

まる子は、昨日登場した、年長のリク君と、ずっと手をつないで、年少なのに、年長コースを、ぐるっとまわってきましたsweat01

リクママが、

「リク、『まる子ちゃん、一緒に遊んでくれるかなぁ』って、言ってたから、一緒に遊べてよかった!」

と言ってくれましたが、私としては、

「まる子につかまったら、大変だ…coldsweats01

と、ちょっと申し訳ないような、気持ちになりました。

まる子は、まだ、手加減というものを知らないので、大好きすぎて、ほっぺをギュッとつかみ、傷をつけてしまったり、手を強引に引っぱって、自分のほうに向かせたりするからですbearing

実際、まる子が、あんまり、リク君の手を引っぱって、グイグイ自分の行きたいほうへ行くので、

「まるこちゃんと、てをつなぐと、つかれる…dash

と、ガックリ首をたれて、ため息をついていました。

それも、一度ならず、数回ですsign01

女の子同士だと、もうすぐに、

「まるこちゃん、やめてっsign03

と、キッパリ言われてしまいますから、男の子って、やさしいですconfident

でも、お弁当のときに、まる子が、ほかの女の子たちと食べようとしたら、リク君が泣いてしまう場面がありましたcrying

そんな彼のいじらしい姿を見て、まだ、嫌われてなくてよかった…、と安心した母ですcoldsweats01

2011年6月 2日 (木)

お友だちのちから

まだ、登園のときには、泣けてしまう、まる子ですweep

ときには、泣かずに行ける日も、ありますが。

昨日の朝も、玄関が見え、泣いていると、いちばん近くの、年長さんたちが、

「どうしたの?」

と、出てきてくれました。

ここのところ毎日、登園のときや、帰り際に、

「まる子ちゃん!まる子ちゃん!」

と、声をかけてくれる、リク君も、まっさきに、出てきてくれました。

このリク君、いつも、まる子に声をかけてくれるけど、一体どちら様なんだろう…、と思っていたところ、先生からの連絡帳で、解明しましたflair

『お友だちの力は、すごいですネ。

今日は、リョウくん(クラスの子)のお兄ちゃん、リクくんが、泣いているまるちゃんを、とっても気にしてくれ、一緒にあそんでくれたり、仕度を手伝ってくれ、安心したようで、外でも、ずっとあそんでもらっていました。

お昼寝も、しないと言いながらも、ちゃんと寝られ、えらかったです』

年中さんでも、近所のユウト君は、まる子を見かけると、いつも声をかけてくれます。

優しいお兄ちゃんたちですhappy01

P.S.ほんとうは、先日の金曜ロードショー『幸せのちから』(2006年、アメリカ、ウィル・スミス親子共演)の感想を書いていたのですが、突然ブレーカーが落ちて、パソコンが真っ暗に…coldsweats01

一時中断して、保育園の迎えに行ったところ、ベテラン先生からのこのコメントでした。

「お友だちのちから」のほうが、いいか…、と(笑)

2011年6月 1日 (水)

足が痛いから…

最近、ちょくちょく「足が痛い…」と言う、まる子ですが…foot

ズボンをまくって、すべり台でぶつけたという、すねにできた青たんを、見せながら、

「わたし、ちゅうふうだから、あしが、いたいの」

と言ったのには、家族全員で、耳を疑い、笑っちゃいましたhappy01

じーちゃが、数日前まで、痛風で、

「痛い、痛い…」

と、足をさすっていたんですね。

昨晩などは、足が痛いと言って、マッサージ機に横たわってみたり…coldsweats01

お風呂上り、着替えをしているときに、

「こどもようの、まっさーじきを、かってほしいの。

キティちゃんでも、プリキュアでも、いいから…」

ですって(笑)

じーちゃや、おばあちゃんの影響を、受けまくりですsweat01

ちなみに、ほかには、

「こしが、いたい」

「せなかを、つった」

「ひざが、いたい」

も、あります(笑)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »