2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

まる子へ…

110929_143851

ご縁があって、「書き下ろし」なるものを、していただきましたpen

http://ameblo.jp/yoshiyan-diary/

ふだんは、対面で、その人の目を見て、感じたことを書くようなのですが、名前を見ただけでも、同じようなインスピレーションが湧くということなので、お願いしてみたところ、昨日、届いたのです。

まる子のものと、私のものと、ついでに、旦那のものも…。

まったく会ったことがない方なのに、「う~ん…」とうなってしまうほど、的を得たメッセージで、とっても素敵な出来上がりshine

特に、自分へのメッセージは、「ハッ」と気づかされるものがあり、涙がポロポロ…weep

他人のことはよく見えていても、自分のこととなるとサッパリ…、とはよくあることです。

今後の指針にして、大切に飾っておきたいですhappy01

「まる子

それも これも どれも 全部を

遊びに 変えて ゆける 天才、まる子。

その 遊び心は 一生の 財産。

どこまでも その 遊び心と 一緒に。」

「まるまま

まるままが 嬉しいなら みんなも 嬉しい。

本当に 嬉しい。

だから そこに 笑顔の 輪が できる。

いくつに なっても、

何年経っても、

まるままが嬉しいコトを

トコトントントン やり続けてゆこう。」

「まるぱぱ

挑み続けてゆける 男、まるぱぱ。

その生き様が あるからこそ 日々、成長して ゆける。

日々、輝いて ゆける。

挑み続けてこそ まるぱぱの人生。」

最後に、作者のよしやんさんの、ブログより、彼の書下ろしのスタンスを紹介します…↓

目の前に来て下さった方、全員が今の自分に必要なエネルギーを持って来て下さってる。
その周りのみんなも、今の自分に必要なエネルギーを持って来て下さってる。

ありがたやありがたや。


そんな氣持ちで書き下ろし。

周りからたっぷり色んなエネルギーを頂くイメージで書き下ろし。



そうやって書かせて頂くと、何だかとっても嬉しく楽しくありがたく。
元氣が湧いてくる。



自分自身が『よし!』と言いながら書かせて頂いて、相手の方も『よし』と言えるカタチで受け取って下されば最高だなぁ。



お互いが『よし』と言える書き下ろし。

そんな『お互い様』な書き下ろしをしてゆきたい。

2011年9月28日 (水)

まる子語録2011.9.28

typhoon9/20

台風のニュースで、暴風のなか、傘を差しながら歩く人たちを見て…。

「かさ、とじたほうが、いいんじゃないかな…」

確かに…。

かくいう私も、この風で、傘を一本ダメにし、今、じーちゃが直してくれているところです…。

snow9/23

みーみの赤ちゃんが、冬に生まれると聞いて…。

「あかちゃん、ブルブルしながら、うむの?」

noodle9/28

一緒に、夕飯を食べているときに…。

「ママ、くやしいの。

ママと、おんなじふうに、なれなくて…」

早く大きくなりたいようです…。

2011年9月27日 (火)

みかん騒動!

今日は、75歳のおばあちゃんの田んぼの、稲刈りをしてきました。

毎年頼まれるのですが、数日前、まる子と一緒に、田んぼの様子を見に行ったときのこと…。

おばあちゃんとのあいさつが終わり、なにを言い出すのかと思ったら、

「みかん、ある?」

私は車のなかで待っていたので、そのときは、旦那しかいなかったのですが、なぜみかんを催促するのか、わからなかったようで…。

おばあちゃんも、あいにく、みかんはなくて、りんごをお土産に持たせてくれたのですが、まる子ときたら、

「みかんがあったはず!」

と、なかなかゆずらなかったようですcoldsweats01

その話を聞いて、私は、

「あ~、去年、みかんをくれたね、おばあちゃんっsign01

去年の記憶を、思い出していました。

去年、何をもらったかまで覚えているなんてっsign03

それに、去年のものが、まだあるはずないのに…(笑)

そんなやりとりがあったので、今日は、しっかりみかんを用意してくれた、おばあちゃんです。

「今日は、ちびちゃんは、いないのかい?

おばあちゃん、みかんは、缶詰であげたのか、何であげたのか、覚えがないんだけど、用意しておいたからね」

うるさいまる子のために、どうもありがとうございましたshine

2011年9月26日 (月)

まる子のママ対策

連休が終わり、妹ふたりも、それぞれの日常に帰っていきましたrvcar

いつも一緒にいて、ケンカしている時期は、なんてうっとうしい存在だと思っていたのですが、たまにしか会えない関係になってからというもの、お互いに頼りにしています。

浜松の妹は、息子のケンちゃんの言葉が遅いことを、少し気にしているようで…。

まる子と比べると、よけいにそう感じるようですが、他人と比べて悩んでも、なにもいいことはありません…。

そんな話題になったときに、ふと、まる子に聞いてみましたear

「ねぇ、ねぇ、どうして、そんなに、自分のことを、はっきり言えるようになったの?」

ちょっとむずかしい質問かな…、と思ったのですが、あっさりと、

「ママに、おこられないように」

ですってsign03

う~ん…。

この答えには、さすがに、びっくりしましたcoldsweats01

短気なママは、もたもたしていると、すぐに怒りだすけれど、自分の状況や気持ちを説明すれば、怒られなくてすむ…、ということを経験しながら、言葉を獲得していったのでしょうか???

私も、まる子のことが、はじめは全然わからなかったけれど、自分の言葉で説明してくれるようになってから、ようやくコミュニケーションがとれるようになって、人間関係らしきものが出来上がってきたと思うのですが、まる子のほうでも、ママとの付き合い方っていうのを、だんだんに身につけていってるのですね(笑)

2011年9月25日 (日)

明日は、運動会総練習。

明日は、まる子の保育園は、運動会の総練習をするようで…。

運動会は、園庭では狭いので、小学校の校庭を借りてやるのですが、総練習も、小学校の校庭でやると聞き、驚きました。

たかが、保育園の運動会に…、と正直思ったのですが、「子どもたちが力を発揮できるように、本番と同じ場所で練習します」という、先生たちの熱心な姿勢に、ちょっと気持ちが変わりました。

なので、明日は、いつもより早めに、小学校まで送り届けなくてはいけません!

ということで、いつもより早くお風呂に入り、寝かしつけたのですが、まる子も緊張しているようで、30分おきに起きてしまいますcoldsweats01

練習でこんなふうで、本番前日は、ちゃんと寝られるのかなぁ~。

2011年9月24日 (土)

高原のコスモス

110924_130631

この連休を利用して、私の妹2人が、実家に帰省しています。

今日は、みんなで、高原までドライブに行ってきました。

両親に、千葉の妹、浜松の妹と息子のケンちゃん、それから、私とまる子…。

三姉妹がそろうのは、とても久しぶりですが、そこにケンちゃんと、まる子が加わって、なかなかにぎやかな一行です。

おそばを食べたり、芝生の広がる自然美術館で、思いっきりかけまわったり…。

110924_122553_2

まる子が、

「わーい!わーい!」

と駆けていくと、そのあとを、ケンちゃんも、

「わーい、わーい!」

と真似するのですが、どうも体が重いようで、どてどてどて…。

おひさまの下、空気の澄んだ草原は、気持ち良いみたいで、ふたりとも、とっても無邪気に遊んでいました。

ここは、コスモスがきれいな高原でして、リフトに乗ってみたのはいいのですが、なんと、上りの片道だけの運行で、帰りは歩いて下ってくるという…。

冬場はスキー場になるので、歩いて30分くらいのコースですが…。

景色や空気は最高で、まる子はお花畑を眺めながら、ルンルン気分で走って下りていき、それに付き合って、私も走って下りてきたので、あっという間に下界に到着。

妊婦と、妊婦のような妹たちは、ふぅふぅ言いながら、下りてきたのでした(笑)

110924_125345 

2011年9月23日 (金)

台風後の稲刈り

110923_113124

今日は、頼まれたよその田んぼの稲刈りをしてきました。

86歳のおばあちゃんの、田んぼです。

腰が曲がり、もうほんとうに小さくなっちゃって、いつもニコニコしているおばあちゃん。

私の祖母と同じ年で、まる子もよくなつき、ふたりで仲良くしていました。

うまくはざかけが出来ていないところのは、先日の台風で、ドサッと崩れている田んぼもあって…。

このおばあちゃんの田んぼの稲穂も、あっちを向いたり、こっちを向いたりして、倒れてしまっていましたが、なんとか順調に、機械で刈っていけました。

ところが、2枚目の田んぼに移動する途中に、あぜ道から、軽トラの前輪が落ちてしまって、さぁ、大変っ!!

台風の大雨で、地盤が緩んでしまっていたのです。

結局、トラクターでけん引して、無事に引き上げられたのですが、おばあちゃんの家からトラクターを運んできたり、けん引用の道具を買ってきたりと、予定外の仕事が増えてしまいました。

それでも、まる子にとっては、なにもかもが楽しいことの連続で…。

その間に、ジュースやお菓子をいただいて、ご機嫌なのでした。

110923_122712

2011年9月22日 (木)

まる子のぬり方

運動会を10月1日に控え、まる子の保育園でも、着々と準備が進められているようです。

かけっこや綱引き、競技リズムの練習をしたり…。

先生たちも、道具作りがはじまっているようで、ホールの片隅に、次々といろいろな物が増えてきてます。

先日の連休では、先生から、競技リズムの衣装に使うゼッケンを作るように頼まれ、まる子のものをチクチクチク…。

肝心の衣装は、先生たちが作ってくれるんですって!

先生もお忙しいでしょうに、ありがとうございますshine

さてさて、昨日、登園のときに、出来上がったゼッケンを先生にお渡ししたのですが、そのときに、

「お母さん、上手にぬれているので、ぜひ見てあげてくださいっ」

と、お部屋のなかに入るように言われて…。

出来上がった動物のお面や、ゼッケンがあり、まる子のは、顔はピンク、鼻は紫の、白いところが見えなくなるまで、きれいにぬりつぶされたネコさんcat

「先生が、『お鼻とか、お耳とかはちがう色にしてもいいけど、たくさんの色じゃなくて、ひとつの色でぬってください』って言ったら、すぐにわかって、上手に塗ったんですよ~」

まる子は、家でも、濃いピンク色が大好きで、これ一本で、ぬりえの全部をぬります。

しかも、几帳面に、白いところがなくなるまで、力を入れて、グイグイぬるのです。

家族は、肌の色は肌色で、髪はちがう色にしたら…、なんてアドバイスをしたがるのですが、そんなことはおかまいなし!

そんな彼女のぬり方が、今回の作業に活きたようですhappy01

2011年9月21日 (水)

赤ちゃん、かわいいねぇ~♪

110920_162832

昨日、今月はじめに出産した、幼なじみの赤ちゃんを見に、まる子と行ってきました。

私だけは、一週間くらいまえに、お祝いを渡すために、友だちと一緒におじゃましたのですが、まる子も一緒に行きたかったようで、連れて行ってくれなかったと、怒られてしまったので、再びまる子を連れて、行ってきたわけです。

およそ2600gで生まれた赤ちゃんは、とーっても小さく感じて、しかも、この子がいつも寝ているので、よけいはかなげに見えるのです。

もう、まる子が赤ちゃんの頃どんなだったかなんて、忘れてしまいましたが、それでも、3008gで生まれているので、こんなに小さくはなかったはず…。

昨晩は、眼球を開いて、震えて泣くので、抱っこしてあげていて、一睡もできなかったとか…sweat01

そうそう、何もかもがはじめてだから、ママは、急な変化にオロオロするばかりなんですよね。

赤ちゃんの顔色も良く、幼なじみも、安産で、産後の経過も順調、元気な様子だったので、ホッとしています。

まる子はといえば、赤ちゃんが可愛くてたまらないようで、

「あかちゃん、かわいいねぇ~lovely

と手を触ったり、ほっぺを触ったり、足を触ったり…。

そして、すぐに、

「ウンチが、でたんじゃない?」

などと、余計なお世話を焼いて…dash

その合間に、しっかり、出されたクッキーを食べ(「これ、しけってるんじゃない?」と言いながら、結局ひとりで全部食べましたcoldsweats01)、そのうえ、

「アイスクリームが、食べたい!」

とねだり、旦那さまのとっておきの一本を、平らげてしまいました(笑)

赤ちゃん、いつも寝ているから、今度行ったときは、起きていてね~!

レイキのときに、お話してくれたこと、もう忘れちゃってるかもしれないけど、オバチャンはずっと覚えてるからねっsign01

110920_170122

2011年9月20日 (火)

まる子は、よく観察している…

肩こりから発生した、私の首の痛みが、鍼の先生のおかげで、だんだん良くなってきましたhappy01

昨晩のお風呂は、私が、まる子の着替えを手伝ってあげられるくらいに回復したので、

「ママのくび、だんだん、良くなってきてるからね…」

と、安心させようと思って、言ったところ、

「こ~~~~んなに、いたいかお、しとった。

ママ、かわいそうだったなぁ~~~~despair

と、「こ~んなに」というところでは、両手を上にあげて表現し、口をぎゅっと閉じて、眉を八の字にし、ほんとうにかわいそうだった…、という顔で、言ってくれ、私は、相当痛そうな顔をしていたんだな、と笑ってしまいました(笑)

これは大変と思って、自分のことは自分でやってくれたんですね。

でも、だいぶママは良くなってきたようだ、と感づくと、いつもの甘えん坊に逆戻りの、まる子ですcoldsweats01

ダンスの夢つづく…ジルバ

今朝、見た夢。

場所は、学校。

特別授業が行われているようで、いつもの生徒たちや先生ではなく、地域の人たち(遠方から来ている人も?)が、自分の習いたい科目を選択して、授業を受けている様子。

数学や国語といったものだけではなく、趣味の講座が多いみたい。

私がいつも使っている教室では、ジルバの講座が開かれているようで、おじさんやおばさんたちが、一生懸命踊りを習っていた。

私は、自分の持ち物を取りに寄っただけだったのだけれど、やったことのないダンスだったため、習ってみることに…。

習っている最中に、目が覚めてしまった。

happy01

ダンスが出てくる夢がつづいたので、ちょっと記録しておきます。

こんなふうに、いつもの学校が開放されて、地域の人たちも、なにか習いたいことを、自由に習える環境ができたら、楽しそうです。

2011年9月19日 (月)

学校とダンスと蓮の花と…

今朝、見た夢。

場所は、学校。

小学校高学年のときの隣のクラスの先生が、なにかの授業を行うけれど、生徒たちみんなは、つまらないと思って、イマイチ集中できていない。

そのうち、先生が、DJになって音楽を操り、パラパラと踊りはじめた生徒たちが、終業のチャイムが鳴るころには、みんなで一体感や楽しい気持ちを感じながら踊っていて、良い授業だったな、と感じている。

教室を後にする、先生のちょっと乱れた髪型と、疲れてはいるけれど、淡々と仕事を果たしたという、後姿が印象的だった。

そのあと、みんなで机などを、協力して片づける。

そして、花壇に咲く、蓮の花を見つけ、へぇ~、こんなところにも咲くんだ、と思って、目が覚めた。

happy01

ダンスと蓮の花が登場したので、くっきりとした印象で、目が覚めても、覚えていました。

蓮は大好きな花ですが、夢に出てきてくれたのは、はじめてじゃないかな…。

ちなみに、蓮は、「精神的霊的開花」。

花が出てくる夢は、良い夢のようです。

2011年9月18日 (日)

まる子としっかり向き合ってあげよう

昨夜、寝る前に、まる子が、両手を合わせて、

「ママの、くびが、はやく、よくなりますように!」

と言い、その後、口をパクパク…moon1

どうも、

『ママ、だいすきだよ

いつも、おいしい、ごはんをつくってくれて、ありがとう

ママのごはん、とってもおいしいから、だいすきっ』

と言ってくれたようですhappy01

声に出さず、口パクで言うので、一生懸命まる子の口元を見て、読唇術しました。

照れ隠しで、こんなことをするのか、それとも、自分に100%意識を向けてほしくて、こんな話術(?)を使うのか、定かではありませんが、ふだんは、こんなふうに、まる子の話を、一言ももらすまいと聞くことはないので、ちょっと反省しましたconfident

今は、首が痛くて、いろんなことは考えられないし、できないのだから、目の前にいるまる子のことを、もっと見ていてあげよう…。

そんなふうに思ったのですが、まる子は、朝から張り切って、おばあちゃんにくっついて、畑の仕事に出かけていきましたdash

2011年9月17日 (土)

やればできるじゃんっ!

私の首が痛くなって、よかったこと…。

それは、まる子が、自分のことを自分でやってくれるようになったことです。

まぁ、これは、一時的なことかもしれないけれど、いつもはママに甘えているところを、

「ママは、くびが、いたいから…」

と、一人で、朝の着替えをしたり(ちゃんと夜のオムツを、自分でくるくる丸めて…)、トイレに行って、ウンチもオシッコもできたり…。

保育園では出来ているのでしょうが、家では、決して見せることのない姿を見られ、嬉しい気持ちでいますhappy01

夕方、いつもの鍼の先生のところへかかったのですが、やっぱり信頼と安心に勝るものはなく、緊張していたものが、サァーッとほぐれ、それと同時に、肩こりが軽くなり、治る兆しが見えてきましたshine

ホッと、一安心です!

2011年9月16日 (金)

いたたたた…で、スローライフ。

昨日の夕方頃から、首を動かすたびに痛みを感じていたのですが、今朝起きたら、その痛みが増し、上にも、下にも、右にも、左にも動かせなくなってしまいましたbearing

ふつうにしていても、痛いような状況。

あいにく、いつもお世話になっている、鍼の先生がお休みだったので、痛みに我慢しきれず、旦那が柔道をしていた子ども時代からかかっている先生のところへ、行ってきましたdash

同じ鍼でも、この先生のところは、電気を通す鍼でして、なかなか強烈な治療…。

マッサージと整骨もしていただきましたが、肩の筋肉が、極限まで縮んでいる(ひどい肩こり)ということで、一回では終わりませんでしたsweat02

いつもの先生の、ソフトな治療に慣れているので、とても荒治療に感じましたが、なんとか、少しだけ下を向けるようになりました。

二回目が行けるかどうか…、ちょっと勇気がいりますcoldsweats01

良い声をしているし、患者さんへの言葉かけも優しい先生なのですが、相性ってありますよね。

この肩こりの原因には、いろんな要素があると思いますが、いちばんは、毎週のストレッチを、連続4回も休んでしまい、体が硬くなったことが、いけなかったんじゃないかと…。

そこへ、まる子の風邪→ぜんそくや、稲刈りや花の仕事の繁忙期がやってきたので、体が最悪の状態になってしまったんですねwobbly

今日は、なにをしても痛いので、なにごともゆっくりやっています。

ママがこんな状態で、隣で、

「痛い、痛い…」

と言っているので、まる子にも伝播して、朝から、牛乳をこぼしてくれたり、手が痛い、とかなんとか…。

まる子が動揺すると、よけいに仕事が増えるので、気をつけないといけないな。

2011年9月15日 (木)

母の鑑

今日は、まる子のぜんそくの診察に、行ってきましたhospital

一ヶ月に一度、定期的に行っていたのですが、落ちついてきたので、前回から、二ヶ月に一度でよくなっています。

ちょうど、今月は、風邪でグッタリしながら何度も通院したので、今日の、走って移動する元気ぶりに、看護師さんや先生から、

「元気になったみたいだね」

と言われ…。

とってもわかりやすい娘ですcoldsweats01

診察が終わり、薬局で薬をもらって、いつものように、近くのスーパーに寄ったところ、お菓子コーナーにいるリクママと、4人の子どもたちを発見しましたeye

まる子もそうですが、4人もいると、なかなかお菓子が決まらないようで…。

リク君heart01がいる嬉しさで、まる子は舞い上がり、リクママの買い物が終わるまで、じゃれて遊んでいましたnotes

まる子ひとりでも、こんなに大変だと思っているのに、子どもが4人の毎日って、いったいどんなことになっているんでしょうsign02

でも、リクママにしてみたら、まる子の元気すぎるテンションには、圧倒されるようで、私を見ては、

「ママ、大変だね」

と言われていて…catface

お互いに、大変そうだと、思っているんでしょうね(笑)

でも、リクママは、4人子どもがいても、「子ども」っていうふうにひとまとめにはしないで、いつも一人ひとりに寄り添って、忍耐強く接していて…。

母の鑑だと思って、いつも見ていますeye

2011年9月14日 (水)

稲刈りがはじまりました

110914_094025

稲刈りが、はじまりました。

今は、機械で刈ったりするので、2~3日で終わるのですが、じーちゃが一人でやっていたときは、一ヶ月かかったそうですsweat01

私も、まる子のお迎えまで、手伝いました。

おやつを食べているうちに、今日の分が終わったパパとじーちゃが帰ってきたので、外に出てみると、まる子が、パパに花束をあげたいと、草花を集めはじめましたtulip

「オメデト~heart01

パパ、がんばったねっ!」

まる子に労ってもらって、パパも嬉しそう。

もうすぐ、新米が食べられますdelicious

2011年9月13日 (火)

ママがうるさいときは…

110913_175211 

まる子が言ったことで、おもしろかったことは、携帯にメモして、保存するようにしていますmobilephone

そのメモを見ていたら、

「うるさいから、ゴミばこにすてる、ママは!」

というものを、発見…coldsweats01

そうそう、そんなこと言われたっけなぁ~。

6月のある日の発言です。

2011年9月12日 (月)

ママはいつもココにいる。

昨日の夕方、かかりつけ医のわだ先生から電話があり、まる子の様子を心配してくれましたtelephone

当直だそうで、ぜんそくの咳が出ていることを伝えると、診察してくれることに…。

吸入(気管支を広げて咳を鎮める処置)は、まる子にとって効くようで、夕方やってもらっておくと、夜寝ているあいだの咳が、まったく出ずにすむのですup

お休みの病院は、いつもより静かで、ちがう場所のようeye

熱を測りながら、待合いの椅子で待っているあいだに、まる子が胸をおさえて、

「ママが、ココにいるから、いたい…」

と言いました。

突然の話題に、

「え、なになに?」

と聞くと、

「ママが、いつもココにいるから、まるちゃんは、ほいくえんが、すきになったんだよ」

と説明してくれました。

あ~、そうそう…。

入園して一週間で風邪をひき、何日も休んでから、

「ほいくえんに、いきたくないぃぃぃぃ~~~~crying

がはじまってしまったときに、通じるか、通じないかわからなかったけれど、まる子の胸のなかに、ママはいつもいるから、大丈夫!、というようなことを、言ってあげたのでした。

そのときは、全然そんなことは力にも何にもならない、というような様子だったのに、まだ覚えていてくれたんだ…happy01

きちんと伝わっていたことも、嬉しかったです。

だいぶ元気が出てきて、静まりかえる待合室で、

「みんなー、すわりたいひと、ここにおいでーsign03

大声で、自分の隣をすすめる、まる子でしたsweat02

2011年9月11日 (日)

お昼寝、こてん。

さっき、私が、お昼ご飯の後片付けをしているときに、

「まるちゃんは、おひるね、しない!」

と言いながら、2階へ上がって行く、まる子の気配を感じました。

片付けが終わって、静かだなぁ~、と思いながらも、旦那に様子を見に行ってもらったところ、

「…寝てる…」

驚いていました。

いつもお昼寝している部屋に、自分で布団と枕を用意して、こてんと眠っていた、まる子。

「まったく、あまのじゃくなんだから…dash

自分で寝てくれることほど、楽なことは、ありませんconfident

2011年9月10日 (土)

良いものも、悪いものも…

脳がいちばん発達する、一歳くらいまでに、五感をフル活用する環境に置いてあげると、天才脳になる…。

一時期、「天才教育」というようなテーマが、流行りましたが、万華鏡さんのブログ記事『相対性理論』(http://plaza.rakuten.co.jp/onaga/)でも、アインシュタインの脳と、一般人の脳のちがいを説明した動画を、紹介していました。

そこに、天才脳をつくるヒントが、あったんですshine

私は、天才脳をつくる、ということに、興味があったわけではないので、だいたいの記憶で、いま書いていますが、いちばん衝撃的だったのは、この赤ちゃんの時期に、いわゆる大人が良いと思っているものだけではなく、悪いと思っているものにも、触れさせることが大切だ、ということですsign01

例えば、音に関していうと、クラッシックだとか、自然の音(鳥のさえずりとか…)が良し、とされていますが、脳を発達させる観点からいうと、車の騒音や、パチンコ屋さんのようなガチャガチャも、同じように大切らしいのです。

そういえば、最近、まる子は、寝るまえに、

「きょう、いちばん、かなしかったことは?」

「きょう、いちばん、たのしかったことは?」

と、ふたつ聞くようになりました。

前は、楽しかったことだけだったのですが…。

正直、悲しかったことを言うのには、抵抗があるのですが、楽しかったことと同じように、悲しかったことにも、スポットライトを当ててあげることは、大切なことなのかもしれませんflair

どうも、私も含めて、大人は、子どもに、ポジティブであることや、元気さを求めてしまいがちですが、一方に偏ることは、その子の本当の姿を見失ってしまうような気がして、なりません。

2011年9月 9日 (金)

お待ちしていますよ!

昨日は、午前中だけ保育園に行ってきたのですが、家でお昼寝した後、また熱が38度まで上がり、ひどい咳をするようになってしまいましたwobbly

こじらせて、ぜんそくになると大変なので、夕方、当番医で吸入をしてもらい、今日は、かかりつけ医に行ってきました。

今朝、病院に行くことを、まる子に伝えると、

「まるちゃんは、おいしゃさんに、なりたい。

プリキュアにも、なりたいけど…」

と、また言っていました。

どうも、まる子は、かかりつけ医の、わだひろし先生になりたいみたいなのです。

なので、

「でも、おとこのこか…dash

と、つづけて残念そうに言います。

わだ先生は、特に若いわけでも、子どもに気をつかって笑顔を作るタイプでもない、ベテランの先生なのですが、まる子は気に入っている様子です。

でも、診察中に、なにかお話しするわけでもないし、終わったと思うと、私と先生がまだ話をしているのにもかかわらず、ひとりでサッサと、部屋を出て行ってしまうのですが…sweat01

帰り際、そんな勝手なまる子をフォローするべく(?)、

「あの子は、先生みたいな、お医者さんになりたいみたいなんですよ」

と伝えたところ、先生も、突然の話題に驚いたようで、

「そ、そうですか。

いつでも、お待ちしていますよっsign01

と、のけぞっていました(笑)

さてさて、プリキュアになるのも、むずかしいけれど、わだ先生になるのも、むずかしい話ですわ…。

2011年9月 8日 (木)

空のふしぎ

110908_112913

ふと、空を見上げたら、彩雲らしき雲を発見っshine

ケイタイのカメラなので、うまく写りませんでしたが…、というより、またちがった雰囲気のものが写りましたsmile

ちなみに、彩雲とは、太陽のちかくを通りかかった雲が、緑や赤に彩られる現象です!

2011年9月 7日 (水)

おかげさまで…

一昨日の夜から、昨日まで、丸一日づついた39度台の高熱が、今朝は平熱にまで、スッキリ下がっていました。

昨日一日、人が変わったように、グッタリして、涙目になっていたので、たびたび座薬をすすめてみたのですが、

「こわいし、いたいから、ぜったいに、イヤッcryingsign03

と、それこそ人が変わったように、大泣きするので、

「まぁ、座薬がいちばんって、わけじゃないか…」

と、アロマ(植物)の力を借りて、様子を見ていたのですが、おかげさまで、今日は、食欲も戻り、いつもの半分くらいの元気に、なってきましたhappy01

あれだけの高熱で、目が痛かったり、お腹が痛かったり、気持ち悪かったり、だるかったり…、いろいろで、お昼寝にしても、なかなか寝つけなかったのですが、まる子が、良い香りだと感じる精油を芳香させると、スーッと眠れたところが、とても不思議でしたshine

今日は、保育園をお休みしましたが、明日は、行けるといいです。

2011年9月 6日 (火)

季節の変わり目の発熱

昨日、まる子は、バレエのおけいこのときから、少し様子がおかしかった…。

いつもできることができず、元気はあるけど、たまにボーっとしていて…。

帰りの車でも、

「まるちゃん、きょうは、へたくそだったね…」

と、自分で言ってたし…。

帰ってきてからも、疲れた様子で、

「あしが、いたい。だるい…」

と言って、食欲も激減…。

私も家族も、少し熱心に長くやってくれたレッスンで、疲れや筋肉痛が出たと思っていたけれど、寝るときも、あちこち痛いと言って、グズグズして、なかなか寝つけなくて…。

「まるちゃん、ぜったい、ぜったい、おいしゃさんになるっ!

かんごしさんは、イヤ!

おいしゃさんの、おじさんが、いいの。

でも、まるちゃんは、おんなのこだから、おじさんには、なれないの?」

などと、言っていましたhospital

そうしたら、夜中に、39.1度の発熱impact

今朝は、朝一でかかりつけ医に行ってきたのでした…。

そうそう、今回のアロマは…clover

昨晩の、痛みと胃の気持ち悪さのグズグズには、ペパーミントとベルガモットを…。

これで、スーッと寝てしまいました。

そして、今日のお昼、39.6度に上がった熱とだるさには、ローズマリー・シネオールとユーカリ・ブログルス(昨日と同じ香りは、もう臭く感じたようです)。

これで、小一時間ほど眠れました。

座薬がキライなまる子ですから、こういうアロマの気に入った香りと、好きな音楽(Superfly『Ah』http://www.youtube.com/watch?v=NzZXegJN4eA)のほうが、いいみたいですconfident

大人は、少し我慢して薬を使って、早く楽になりたいと思うものですが…。

2011年9月 5日 (月)

またしても、まる子からのプロポーズ!

最近、まる子が、本屋さんのおもちゃコーナーで見つけて、LaQ(ラキュー、ブロック)を買いました。↓

http://www.laq.co.jp/

…わりと、パズルだとか、こういった細かい作業に、熱中するタイプです。

本人は、指輪だといって、だいたい輪のように作ったものを、

「ママ、けっこん、してください!」

と言いながら、私にくれて…coldsweats01

これで、かれこれ2回目くらいのプロポーズになるので、

「いいですよ」

と答えると、

「ママと、まるちゃんに、あかちゃんが、くるように、けっこんしてください!

ママが、だいすきだからhappy01

と言いました。

大幅にピントがずれた発言ですが、おもしろかったので、ここに記しておきます(笑)

2011年9月 4日 (日)

台風接近、秋まつり

110903_161946

昨日は、実家が氏子の神社の、秋祭りがありましたmaple

台風が接近していて、降ったりやんだり…、の微妙な天候のなか、合羽を用意しながらの参加。

それでも、神様の良き取り計らいによって、雨に濡れることなく、お神輿を奉納することができました。

この神社のお祭りは、昼花火がたくさん上がるのが特徴で、腹に響く爆音が、何度となく鳴るのですが、まる子ときたら、その音がこわくてこわくて…wobbly

お神輿ワッショイの間中、両手で耳をふさいで、神社に向かいましたsweat01

110903_170149

帰る頃になって、ようやく昼花火が終わったのですが、もう鳴らないようだ…、とわかった帰り道は、それこそいつものように軽快に、飛んで帰ったまる子でした。

110903_171129

2011年9月 3日 (土)

クロネコヤマトのDNA

ほぼ日刊イトイ新聞の記事。

震災復興に尽力する、クロネコヤマトの物語。

写真付きで、とっても読みやすく、わかりやすいです。

震災後、道を知っているからできたこと、車を持っているからできたこと、現場の社員一人ひとりの意志を、トップの社長が速やかにくみ取り実現できた支援。

気仙沼では、運び込まれた膨大な支援物資の管理に困り、ヤマトに託します。

そのヤマトの仕切りに、自衛隊がしたがって、動いてくれたんだそうです(第4回『ロジティックスがあれば。』)。

テレビ報道では、行政の対応の遅れを流すばかりですが、一般企業のなかに、こんな素晴らしい活動をされている、しかもよく知っている人たちが…、感動しましたshine

http://www.1101.com/yamato/2011-08-22.html

2011年9月 2日 (金)

こんにゃくに、はずかしいっ!?

あーりん(実家の母)が作った煮物に、こんにゃくがはいっていました。

まる子が、それを食べようとして、一度は箸でつまんだものの、すぐにやめたので、

「どうしたの?」

と、聞いてみたところ、

「はずかしくて、たべられない…」

ますます、

「どうして???」

よくよく聞いてみると、

「めが、たくさんあって…」

ハハハ…、こんにゃくの、小さくて黒いブツブツが、目に見えたのね…coldsweats01

2011年9月 1日 (木)

防災訓練

110901_153936

今日、まる子の保育園は、防災訓練をしました。

特に、緊急時に、きちんと連絡網が機能するかを確認する「情報伝達訓練」と、子どもを安全に迎えに行く「園児引き渡し訓練」が、訓練のメイン。

お昼に、クラス役員さんから、

「本日、15時15分に、園からの安心メールが来たら、速やかに迎えに行ってください」

との連絡がありましたphoneto

実際は、少し早めにメールが来たのですが、いつもは車で送り迎えをしているところを、今日は徒歩で迎えに行き、家から園まで何分かかるのか、はかってみましたfoot

ふつうに歩いて、15分。

近いような、遠いような…、緊急事態には、この距離をどう感じるのか、わかりませんが、きっと、歩いてなどいられないでしょうねsweat01

園庭では、ヘルメットをかぶった先生と子どもたちが、お迎えを待っていました。

昨日、まる子は言いました。

「あしたは、しんけんに、きてくださいって。

ちいさい、こどもが、ながれて、いっちゃうから。

いそいで、かえらないと」

先生からのお話を、わかってるような、わかってないような顔をして…confident

110901_172812

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »