2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 誕生日が待ち遠しいんだね♪ | トップページ | まる子をとおして、自分が見える »

2011年10月12日 (水)

『ドリトル先生アフリカゆき』…ヒュー・ロフティング

『坂本美雨のディアフレンズ』というラジオ番組(http://www.tfm.co.jp/thanks/index.php?itemid=44380)のゲストに、

分子生物学者の方が出ていまして、感謝している人に、「ドリトル先生」をあげていました。

『ドリトル先生物語』の、ドリトル先生です。

私は、動物好きではないので、この物語は読んだことがないのですが、久しぶりに、小学生時代のことを、思い出しました。

それというのも、交換日記をしたり、一緒に遊んだりしていた、仲良しの女の子が、この物語のとりこになっていたのです。

彼女自身も、お医者さんになることを夢見て、お母さんから止められるほど、勉強していたんですよ!

見つからないように、押し入れに隠れて、勉強したりして…。

そんなことを思いだしながら、ラジオを聴いていると、動物とおしゃべりができるというドリトル先生の物語を、読みたくなってしまいました。

まる子に、そんなドリトル先生の話をしてみると、読みたい!、と言います。

さっそく手元に取り寄せて、昨晩、読んであげようとしたところ…。

まる子は、パラパラと本をめくったかと思うと、本を耳に寄せて、しばらく沈黙…。

それから、がっかりしたように、言いました。

「おしゃべりしないじゃん…」

動物とお話ができるお医者さんの物語って、説明したと思うのですが、どうも、本自体が、おしゃべりすると思ったみたいです(笑)

「えが、ぜんぜん、ないじゃん…」

ブツブツ言っていましたが、数ページ読んで聞かせていたら、

「おふとんに、はいる…」

と言って、少し耳を傾けていたようですが、間もなく、寝てしまいました。

お風呂から出て、髪の毛を乾かして、本を少し読んで、ものの10分でご就寝。

私も、ドリトル先生に、感謝です(笑)

« 誕生日が待ち遠しいんだね♪ | トップページ | まる子をとおして、自分が見える »

まる子の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/42450329

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドリトル先生アフリカゆき』…ヒュー・ロフティング:

« 誕生日が待ち遠しいんだね♪ | トップページ | まる子をとおして、自分が見える »