2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 炭酸デビュー! | トップページ | どんぐりさーん、でておいでー! »

2011年10月30日 (日)

『ちゃんと泣ける子に育てよう』 おしまいに…

長かったですが、このシリーズにお付き合いいただいた皆様、ありがとうございましたshine

なんだか、とっても、大事なことのように感じて、ブログで紹介させていただきました。

自分の感情も、あまり意識していなかった私ですが、子どもの感情を育ててあげることも、親の大切な役目なんですね。

日々、まる子の感情に寄り添いながら、自分の感情も大切にしていけたらいいです。

たとえば、まる子が転んだとき。

以前だったら、

「大丈夫、大丈夫っ!」

と言いながら、パンパンッと砂を払っておしまいにしていたところを、

「痛かったねぇ…」

と、まずは、まる子の気持ちを汲んであげるとか…。

まる子は、転んでも、めったに泣かない子なのですが、先に、「大丈夫!」なんて言われれば、泣きたいけれど、泣けなかったのかもしれません。

ギュッと抱きしめてやって、泣いて、泣いて、スッキリさせてあげればいいんですね。

著者がいわれるように、「いまからでいいのです」。

« 炭酸デビュー! | トップページ | どんぐりさーん、でておいでー! »

まるままの本棚」カテゴリの記事

コメント

たとえば、まる子が転んだとき。以前だったら、
「大丈夫、大丈夫っ!」
と言いながら、パンパンッと砂を払っておしまいにしていたところを、「痛かったねぇ…」
と、まずは、まる子の気持ちを汲んであげるとか…。

小さいことの積み重ね・・・
とっても地味で、目立たないようなことですが、
多分、まるままさんは植物を育てているから感じている『土』作り・・・。
人間の環境は栄養ですものね^^

とってもためになりました。
ありがとうございます。
子供の頃の私を、
たくさん誉めてあげたいですねヽ(´▽`)/

最後までおつきあいいただき、ありがとうございましたshine
そうですよね、私も、幼いころから、自分の感情を大切にしてこなかったので、まる子の感情を育てていきながら、自分の感情も意識してみようと、思ってます。

そうそう、良い花を咲かせるには、良い土と、地道な手入れが必要なんですよぉ~smile

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/42712160

この記事へのトラックバック一覧です: 『ちゃんと泣ける子に育てよう』 おしまいに…:

« 炭酸デビュー! | トップページ | どんぐりさーん、でておいでー! »