2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

一年の締めくくりに…

まる子が、突然、聞きました。

「ねぇ、ママ。

ふゆと、なつの、あいだに、はるがあるのは、どうして?」

うーん…catface

確か、いつかの理科で、習ったような…。

そのとき、太陽のまわりをまわる地球の姿が浮かんだので、

「それは、おひさまのまわりを、ちきゅうが、まわっているからだよ

ちきゅうのうえに、まるちゃんたちが、すんでいるからね」

…と、言いながらも、本当にそうだったかな…?、とあやしい気持ちでいましたcoldsweats01

すると、その気持ちを察したように…、

「ちがうよ、ママsign01

と、すかさず反論。

「おひさまのまわりを、ちきゅうがまわるのは、『たいようこうはつでん』だよっsun

ぷぷっhappy02、4歳児が、タイヨウコウハツデン!?

え~…、それも、ちょっとちがうような…coldsweats01

『太陽光発電』については、まる子の保育園の屋根に、このパネルがのっかっていて、おひさま発電を推進する方が、マスコットキャラクターをつれて、園児たちにわかりやすく、その仕組みを説明してくれた経緯があります…。

なんだか、ちょっとずつずれた、ふたりの会話ですが、これを、今年最後のお話に、したいと思います。

いつも愛読してくださっているみなさま、今年も一年間、まる子を応援してくださって、ありがとうございましたshine

よいお年をっ!そして、また来年も、よろしくお願いしますっhappy01

111230_161657_2

111230_165837

111230_173418 

2011年12月30日 (金)

ベテラン先生の献身

まる子の保育園も、一昨日2学期を終え、冬休みに入りましたsnow

帰り際、ベテラン先生とお話する時間があったので、まる子の相談をしていたのですが…。

私にとって、まる子は、とっても意志のハッキリした、親の思うようにはならない子なのですが、その姿は、園でも変わらないようです。

「納得しないと、ウンとは、言わないんですよねぇ~」

ベテラン先生の、その言葉から、そんな様子がうかがいしれました。

「このあいだも、クリスマスに、サンタさんからもらったっていう、プリキュアのTシャツを見せたくて、まだお昼まえの寒い時間に、トレーナーを脱ぐっていうから、『まだ、寒いから、脱いだらダメだよ~』って言ったんですが、納得できないようで…」

「なので、『まるちゃん、脱いじゃうと、寒くて、風邪をひいちゃうよ。そうすると、もうすぐお正月で、楽しいことがいっぱいあるのに、まるちゃんだけ、熱が出たりして、寝てなくちゃいけなくなっちゃうけど、それでもいいの~?』って言ったら、ようやくわかってくれて…」

私などは、こちらに余裕があるときは、言葉で説明できますが、感情的に怒っているようなときなどは、なかなかわかりやすい言葉や例えが出てこなくて、しょっちゅう、ケンカになっちゃうんですcoldsweats01

「家庭は、子どもと向き合わないといけませんから、無理もないですが、私は、まるちゃんが、納得できるまで、言葉を尽くそうと思ってます」

『育てる』ということを、第一に考えていないと、なかなかできないことです。

その先には、「大人になったまる子」の、いちばん良いバージョンが見えているようで…shine

私の場合、ほとんどのまる子との時間を、その瞬間しか捉えていないので、自分の感情に翻弄されるのでしょう。

わかっちゃいるけど…、です(笑)

2011年12月29日 (木)

ナマイキ、ハラマキ、バレリーナ!

111226_180238

来春、まる子のスタジオは、「勉強会」という名目で、小さな発表会をしますcherryblossom

日頃の成果を、家族に見てもらう機会ということで、レッスン着にノーメイクの、カンタンな発表会のようですが、

母は、大変楽しみにしていますhappy01

しかしながら、同じステップの繰り返しという演目なのに、どうしても、まる子は、足が反対になってしまって…。

はじめは、出来ていたのに、たぶん、頭で考えすぎているのでしょう。

後ろで見ている先生を、チラチラ見ては、合っていたかどうか、確認したりしてますcoldsweats01

「わたし、できるかしら?」

めずらしく、自信なさそうな顔…。

でも、大丈夫!

母は、はじめから、クラシカルで美しいバレリーナを期待なんてしていませんから。

いつもどおり、勢いよくやってください(笑)

2011年12月28日 (水)

来年への祈り…

111227_110720

来年用のカーネーションの苗が届いたので、昨日から、植えています。

どうか、この子たちにとっても、健やかに伸びることのできる、一年でありますように…。

2011年12月27日 (火)

クリスマス2011、番外編

週末の連休がクリスマスということもあり、まる子にとっては、その毎日がクリスマスのようで…xmas

ジー太&あーりん(私の両親)をはじめ、たくさんのプレゼントをいただきました。

それを、パパが、

「いいなぁ~、まるちゃん、ばっかり!パパには、ないのかなぁ~」

と、からかうと、

「パパは、まるちゃんがいるから、プレゼントはいらないって、言ったじゃん。

パパには、ありません!」

と、キッパリ(笑)

それから、24日の夜、大きな赤いくつ下に、まる子希望の、「プリキュアの冬の服」を忍ばせ、喜ぶ顔を想像していたのですが…。

朝、私たち夫婦は、なぜか5時まえに起きてしまって、寝室から出て、2階の部屋で、テレビを見ていたんです。

まる子も早起きして、喜んだ足取りで、居間に行く足音を聞いていて、嬉しかったんだなって、思っていたのですが…。

しばらくしてから、まる子に、

「ねぇ、プリキュアの服、ママがよういして、いれたんでしょ」

って言われてしまいましたcoldsweats01

「どうして、そう思うの?」

と、聞いてみると、

「だって、おきたとき、パパもママも、いなかったじゃん」

ですって!

真実はさておき、まだまだまる子の夢の世界を壊したくないので、

「パパとママは、とっても早く起きちゃったから、2階にいて、まるちゃんが起きるのを、待ってたんだよ。

これは、サンタさんからのプレゼントだよ」

と、言っておきました。

おそるべし、まる子…!

2011年12月26日 (月)

まる子が帰りたがらない家

昨日は、諏訪までドライブを…car

旦那の花のお師匠さん宅へ、お歳暮を届けに行ってきました。

旦那と師匠の奥様がお話しているあいだ、私とまる子は、目の前にある、師匠のお嬢さん宅へおじゃましました。

まる子は、小1のカノンちゃんと遊びたくて、しかたないのです。

玄関のチャイムを鳴らすと、おうちのなかから聴こえてきた、上手なピアノの音がやみ、カノンママが迎えてくれましたnotes

「カノンちゃん、上手になりましたねぇ~」

と言うと、

「あ、あれは、お父さんなの…(笑)」

そうそう、カノンパパは、小学校教諭。

そのうえ、カノンパパのお母さんはピアノの先生、お姉さんもピアノの先生という、音楽一家なのでしたnote

テーブルのうえには、年季の入った木琴もあって、

「いま、みんなで、楽器で遊んでいたところだったのhappy01

…おぉ~、我が家の日常には、ない習慣です。

ここには、ハンモックもあるし、トランポリンもあるし、ふとっちょで毛並みの良いウサギさんもいるし、まる子にはたまらない遊び場happy02

しかも、カノンママも、カノンパパも、子どもと遊ぶのが上手なので、遊びのレパートリーが多いんです。

そんなわけで、帰るときには、大変苦労し、そこにいる大人を総動員しても、なかなか車に乗ってくれない、まる子なのでしたsweat01

また新年のあいさつに、すぐ来るのに…。

2011年12月25日 (日)

メリークリスマス!

続々と届く、まる子へのプレゼント…present

「まる子ちゃん、喜んでくれるかなぁ~」

と焼いてくれた、アヤちゃん特製のクリスマスケーキxmas

111223_145808

それから、万華鏡さんから、花の妖精の、とびだす仕掛け絵本が、届きましたbook

111224_133142

これを眺めているまる子が、なんだか賢そうに見えるほど、美しくも、幻想的な絵本ですshine

ウットリ…。

サンタさんもそうですが、「信じること」で広がる世界って、たくさんありますね。

妖精さんも、小人さんも…、はたまた、自分は世界一ラッキーだと思い込むことも…。

わたしなどは、小さいころすでに、シャットダウンしてしまって、ドライな人間ですが、まる子だったら、まだ間に合いますconfident

そうだ、クリスマスって、プレゼントをもらったり、ケーキを買うためにあるわけじゃないじゃない…。

そんな気持ちにさせていただいた、絵本でしたhappy01

そして、この絵本にいちばん感動したのは、じーちゃかもしれません。

こんな絵本、見たことがない、と言わんばかりに、

「これは、すごいっsign01これは、すごいっsign03

と眺めては、おばあちゃんに話していましたから…(笑)

2011年12月24日 (土)

クリスマスに、忘年会に…

昨日は、一日のうちに、クリスマス会と忘年会がありまして…xmasbeer

まず、お昼に、いつものリトミックのメンバーで、クリスマス会を…。

材料を持ちより、公民館の調理室を借りて、みんなでカレーを作りましたrestaurant

かぼちゃを入れたり、すりおろしりんごを入れたせいか、とっても甘く、美味しいカレーの出来上がり!

ブーツに入ったお菓子ももらい、子どもらは大はしゃぎでしたhappy01

111223_123852

夜は、旦那の友人3家族が集まっての、忘年会を…。

111223_183847

会場は、愛情込めて、じっくり煮込んだお料理で迎えてくれる、いつもの奥さんのお店です。

まる子は、お兄ちゃんやお姉ちゃんに遊んでもらって、終始ニコニコしていましたhappy01

111223_193638

最後に、リョウマ家で流行中の、絵しりとりをしたのですが、世代を超えた面白さに、すっかりハマってしまいました。

まる子は、「カエル」を描いたようなのですが、一生懸命描いたわりには、私には、単なる○(丸)にしか、見えず…(笑)

ユマ家の奥様など、自分で描いた絵に、爆笑していました。

美味しいものを食べ、よくしゃべり、怒り(まる子がいるかぎり、はずせません…)、笑った一日でしたhappy01

2011年12月23日 (金)

『ときには、怒っていいじゃない』

図書館から借りてきた、『月刊クーヨン』(子どもが育つ かぞくも育つ オーガニックな育児雑誌)2011年4月号book

特集は、「叱り方」でした。

そのなかで、小児科医の毛利子来(通称たぬき先生)の、『ときには、怒っていいじゃない』という、意見がありました。

ぼくは、「叱る」のはきらい。怒ればいいんです。

叱るってことが、ぼくはきらいでね。

カーッときたら、怒りゃあいいんです。

しつけようとか教育しようとか、子どもからしたら、説教臭くて聞く気にならないですよ。

親がカーッと怒ったり泣いたり、つらそうにしたほうがよっぽど効果があるから。

近頃、感情的に怒らずに、冷静に叱るほうがいいという空気が世の中にあるけれど、ぼくからすると、「叱る」は何だか胡散臭い。

怒られる体験を積み重ねて人間がわかっていく

同じことでも怒るひとと怒らないひとがいる。

同じひとでも、きげんがよければニコニコ。

悪ければ怒られる。

ましてやひとが違い、事情が違えばひとの態度も変わる。

理屈でなく感情をぶつけられる体験を積み重ねて、子どもはひとというものを理解するんです。

つまり、ひとの事情や気持ち、状況を感じ取る力が育つんですね。

これはことばで言ったってわかるものじゃない。

体験を通してしか、見につかないものなんです。

感情をぶつけることは、本音で向き合うということ

たとえば子どもがかわいくてたまらないとき、その感情を押し殺す親はいないでしょう。

思いのままに、抱きしめたり頬ずりしたりするはず。

その一方で、怒りの感情をマイナスのものとして抑えようとするのは、非常に不自然なこと。

親が正直な気持ちを隠して、「誰とでも仲良くしなさい」なんて言う。

インチキですね。

子どもは親を信用しなくなる。

親が本心で向かわなければ、子どもだって本音をぶつけることができません。

いま、子どもがつまらなくなってると思うんです。

イヤなことやおかしいと思うことを、自分で抑えつけちゃってる。

表面は大人の言うことを聞くいい子だけど、ひとつも本心じゃない。

親や教師の言うことにきちんと従ってるっていうのは、子どもらしくないですね。

言うことを聞かない、悪さをする、それが子どもの本来の姿なんです。

アッパレ、たぬき先生っ、私も、そう思いますっsign03

左手を腰に当て、右手でグゥー、とやってるたぬき先生good

最近、人がグゥーgood!、とやると、なぜか、

「じゅーっ」

と言う、まる子です…ギャグ?…(笑)

2011年12月22日 (木)

まる子、朝の契約

最近、毎朝、食後にウンチをする、まる子です。

つい最近まで、オムツでウンチが定番だったので(保育園では、入園後まもなく、トイレでできるようになったとか…)、時間がバラバラでした。

今朝は、トイレで、まる子の、こんなヒソヒソ話が、聞こえてきましたear

「ねぇ、パパ。

きょうも、といれで、うんちが、できたから、おくっていって、くれる?」

どうやら、まる子は、パパに、保育園へ送ってもらいたくて、朝、トイレでウンチをするようになったみたい…coldsweats01

ウンチが出ると、必ず、ママではなく、パパを呼んでいたのは、そのためだったんですね(笑)

2011年12月21日 (水)

クリスマスウィーク♪

今週は、クリスマス気分いっぱいの一週間ですねxmasshine

まる子の保育園では、月曜日は、「クリスマスイブ」で、先生方によるマジックショーなどを楽しみ、

火曜日は、「クリスマス」で、サンタさんが登場して、プレゼントをもらって、帰ってきましたpresent

水曜日の今日は、クリスマス会を飾った、お手製の品々…、紙粘土で作ったツリーや、自分の手形と足形をトナカイに見立てた壁飾りや、折り紙で作ったツリーとサンタさんを、家庭でも飾るように、持ち帰ってきました。

111221_134516

我が家でも、昨日、ようやく、ツリーを買ってきて、まる子と組み立て飾ったところですが、

こうなると、ますます、クリスマス気分が盛り上がり、間近にせまった本番に、胸がおどりますnote

まる子は、保育園に設置された、サンタポストへ、

「冬用の、プリキュアの服」

と書いて、投函したようです。

そんな希望の品を、ひっそり用意しながら、ママも、プレゼントを目にしたまる子の様子を、楽しみにしているのです。

心配された咳は、おかげさまで、落ち着いてきました。

ここのところのまる子は、しっかりご飯を食べられますし、ワクワクする気持ち、楽しい気持ちは、自然治癒力を高めるんですねscissors

111221_104158

2011年12月20日 (火)

まる子の愛してる

「ママ~、だっこして~happy01

と、飛びついてきたまる子が、言いました。

「ママ、あいしてるよ~heart01

ん???、意味わかってるのか?

「まるちゃん、愛してるって、なんのことか、知ってるの?」

すると、

「ママ、愛してるって、なに?」

と、逆に聞かれてしまいましたcoldsweats01

かんたんに、

「いっぱい、いっぱい、大好きって、ことだよ」

と説明したあと、誰から教えてもらったのか、たずねてみたら、

「ベテランせんせい!」

とのこと…。

どんなシチュエーションで、その言葉が出てきたのか、わかりませんが、たぶん、なんとな~くは、意味をつかんで、言ってるんだとは、思いますconfident

2011年12月19日 (月)

まる子のホクロ

まる子も、私と同じく、ほほの左下に、ホクロがあります。

このホクロを、ベテラン先生は、

「しあわせのホクロ」

だと言ってくれたようで…。

「まるちゃん、『しあわせ』って、なに?」

って、具体的に聞いてみたところ、

「いっしょに、くらすこと!

まるちゃんと、ママと、パパと、3人で!」

と、思いのほか、すぐに答えが返ってきました。

それがおかしくて、笑ってしまったのですが、

「わらうところじゃ、ありません」

と、真剣に怒っていて…。

それから、

「じーちゃと、おばーちゃんが、し…(死んじゃってって、言おうとした?)ひっこして、3にんになったら、とってもかなしいこと」

とも、言っていました。

まる子は風邪をひいたらしく、昨日は、ずいぶんひどい咳をするので、かかりつけで吸入をしてもらってきました。

今日の保育園は、早退。

今週は、クリスマスのイベントが目白押しなので、みなさんも、体調に気をつけて、お過ごしくださいね!

2011年12月18日 (日)

まる子、大はしゃぎの忘年会!

111217_192444

昨日は、11月11日の日記『聞き分けがよろしいまる子でした』(http://marukofmama.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/index.html)に登場した、ねぇさんと、私たち家族で、忘年会をしましたrestaurant

「わたしも、ねぇさんに、あいたかった!」

という、まる子の言葉で実現した、この宴。

会場は、私の実家のお店でした。

まる子は、その嬉しさで、初めから最後まで、テンションMAXup

ねぇさんお手製のニャンコを、大いに気に入り、

「にゃん、にゃん、にゃんっcatheart04

と、ねぇさんにすり寄っていました(笑)

髪を編んでもらったり、ふたりでギャグで遊んだり、とっても仲良しになって、上機嫌のまる子なのでしたhappy02

111217_191824

2011年12月17日 (土)

悪ガキまる子めっ!

昨日、保育園に、まる子を迎えに行ったときのことです。

園の駐車場がせまいので、迎えのときは、なるべく早く帰るようにと、先日、担任のフレッシュ先生から、お願いがあったので、サッサと帰ろうとしたところ…。

「やだ、リクくん、まってるのっsign01

と、ホールの絵本コーナーで、絵本を手にしたまる子。

「ママ、えほん、よんで!」

と言って、ききませんsweat01

「ダメだよ、先生に、早く帰りなさいって、言われたでしょっ!」

と、こんなやりとりが、何度かあって、渋々絵本を片づけはじめたのですが…。

反抗して、わざと裏向きにして、立てかけようとします。

そんな態度が見え見えだったので、

「反対でしょっ!そんなふうに、置いてなかったよ!」

と、私。

すると、その絵本コーナーで、数人の未満児さんをみていた、年配の先生が、

「なにか、こだわりが、あるのねぇ。

いいわよぉ~、それでもhappy01

と言ってくださいました。

私たちのやりとりを、耳にしていたのでしょう。

「思うようには、なかなか、いかないのよねぇ~。

でも、なにかあったときには、『親の育て方が悪い』って、言われちゃって、『なんだよぉ~』って、思うのよねぇconfident

と、間に入ってくださって…。

その、歌うような、のんびりと大らかな言い方に、好感がもて、私も冷静になることができたのでした。

それから、まだまだ、大らかな人がいまして…。

そのあと、まる子は、気を引こうとしたのか、ママに抱っこされた、リク君の妹のミオちゃんのほっぺを、パンッと平手打ちして、泣かせるという、悪事を働きまして…coldsweats02

あやまりもせずに、ごまかしているので、ほんとうにしょーもないヤツだったのですが、リクママは、

「大丈夫、大丈夫、まるちゃんの心の声は、ちゃんと聞こえてるから」

と、フォローしてくれたのです。

ほんとうに、まる子は、こういう人たちに大目にみてもらいながら、育ててもらっていますbud

P.S.

このあと、まる子は、また何かしでかして、ママから大目玉をくらい、大泣きしましたcrying

そして、

「きょうは、まだ、ママのおてつだい、してないから」

と、その日の洗濯物を全部たたみ、全部片づけてくれたのでした。

111216_165031_2

2011年12月16日 (金)

ベテラン先生へ

一昨日、まる子は、大好きな副担任のベテラン先生に、お手紙を書きましたart

手紙といっても、やたらとシールを貼った、本人は字のつもりらしい、黒い暗号の羅列ですが…。

しかも、裏も表も、びっしりです。

黙々と作業をしていた手が止まったとき、

「なんて、書いたの?

ママが、字を書いてあげるよ」

と言ってみました。

「いつも、遊んでくれて、ありがとう」

とか、書いたのかな…、と思いきや…。

「ベテランせんせい、3さいに、なりはじめたとき、エンエンってないたとき、おんぶしてくれて、ありがとう」

ですってsign01

思わず、う~ん…、とうなってしまいました。

「3歳になりはじめたとき」っていうのは、入園して間もないころ、という意味だと思うのですが、確かに、大泣きして登園するまる子を、ベテラン先生が、おんぶしてあやしてくれていたからです。

まる子は、ベテラン先生が大好きなのですが、きっと、このとき、一生懸命お世話してくれたことを、覚えているんですねconfident

自分がいちばん大変だったとき、近くにいて慰めてくれた人…。

それが、今のまる子の「大好きな人」たちなのですheart01

リク君しかり、ベテラン先生しかり…。

昨日、まる子は、登園してすぐに、ベテラン先生に、お手紙を渡せたようです。

迎えに行ったときに、ベテラン先生が嬉しそうに、私にお礼を言ってくれましたhappy01

「とっても、励みになりますhappy02

と、まる子の手紙を、お部屋のボードに飾ってくれてありました。

2011年12月15日 (木)

震度4、その時まる子は…

昨日の午後、震度4の地震がありましたwobbly

私たち夫婦は、昼食を食べ終えて、自宅の2階でテレビを見ていたのですが、こわいなぁ~、と思うくらい強い揺れで…。

ちょうど、園でお昼寝をしてる頃であろう、まる子は、どうしてるかな…、と心配していました。

帰ってきて、まる子に、地震のことを聞いてみると、

お昼寝をしていたけど、揺れで起きてしまって、先生方の誘導で、布団のなかに隠れたとか…。

「つなみが、くるとおもって、こわかった…despair

とも、言っていました。

東日本大震災のときにも、お昼寝中のまる子でしたが、そのときは、全然起きなくて、何が起きたかも、わからない様子だったのですが、

その後のテレビ映像や、保育園での真剣な避難訓練を通じて、自然災害のおそろしさが、インプットされたようです。

さてさて、その日の夕食の席で、じーちゃが、

「今朝、大きな地震があったなぁ~sign01

というので、みんなの目が点に…。

「おとうさん、なにを、とんちんかんなことを…。

昼寝をしていたから、朝だと勘違いしたんでしょう!」

という、おばあちゃんの言葉で、ようやく事情がつかめました(笑)

深刻な話題なのに、みんなで笑ってしまって…。

こわい思いをした分、じーちゃのおとぼけ発言に、救われた私たちですsmile

2011年12月14日 (水)

今日は、花マル!

昨日、園に、まる子を迎えに行ったときのこと。

ベテラン先生が、

「今日は、まるちゃん、花マルでした~happy01

と、言ってくれました。

なになに!?、どんな良いことが、できたんだろう???

話を聞いてみると、

「今朝は、元気に、ニコニコして、お部屋に入って来られましたshine

それに、トイレでウンチもできて、こ~んなに大きなのが、出ましたよ~note

ご飯をモリモリ食べている証拠!、とのこと…。

正直、母としては、なぁ~んだ、そんな当たりまえのこと…、という気持ちだったのですが、

まる子の目線で世の中を見ると、そういう世界なんですねeye

単純明快!

2011年12月13日 (火)

毎日、毎日…

111212_155915

保育園のあと、なにかの用事がないかぎり、リク君と一緒に帰りたがる、まる子です。

園の駐車場がせまいので、お迎えの時間が、15時半から16時までと、30分の幅をもたせているのですが、

だいたい、私は、15時半に迎えに行き(16時に近くなると混んでくるので…)、リクママは、16時頃に迎えに来るので、

必然的に、リクママが来るのを待つことになります。

ホールの絵本コーナーで、絵本を読んだり(最近は『めっきらもっきらどぉんどん』がお気に入りです)、帰りのお友だちと遊んだりして…。

そして、

「まるちゃん、はやく、おむかえにきたのに、いちばん、おそいね」

「泊まってくのかぁ~?」

などと、同じクラスのトアちゃん母娘に、かまわれたりも、してます…coldsweats01

「寒いから、早く、帰ろうよ」

「おやつを食べに、早く、帰ろうよ」

という母の提案には、

「リクくん、まってるのーっsign01

と、断固拒否。

この人は、中学生や高校生になったら、好きな先輩やなんかを、毎日待ち伏せするタイプなんだろうか…、などと考えつつ、でも、ママがついてるから、できるのかな…、なんて。

あ、その頃になったら、友だちに付き合ってもらうのかな…、そりゃ迷惑な話だな…(笑)

さてさて、絵本などを十分に堪能したころ、2歳のミオちゃんを抱っこして、長い髪をなびかせながら、走って入ってくるリクママの姿が見えてきますdash

そして、年少のリョウ君のお部屋、年長のリク君のお部屋で、それぞれ子どもたちを迎えに行って…。

そのあとを、まる子も、金魚のフンのように、くっついていきます。

リク君とじゃれたり、リョウ君と憎まれ口をたたいたり、ミオちゃんのお世話をしたり…。

ときには、ここに、小2のアオイちゃんがまじったりして、兄弟ごっこの仲間入りをさせてもらってます。

リクママは、うるさいまる子にまとわりつかれながら、

「まるちゃん、毎日、待っててくれて、ありがとね~

こんなのの、どこがいいんだか…」

と言っていますが…。

大泣きしながら通った4月…、そんなときに、一生懸命お世話してくれたリク君だから、まる子の想いが、こんなに長く続いているのですconfident

111212_160205_2 

2011年12月12日 (月)

私が生まれてきた理由

名前を入力するだけで、「あなたが生まれてきた理由」がわかるサイトがあると聞いて、ゲーム感覚でやってみたところ…。

http://shindanmaker.com/68253

「まるまま(本名が入ります)が生まれてきた理由は

桜の花を愛でるためです」

と出まして…、ビックリしたわけですsign03

だって、私は、確かに、桜が咲く頃に生まれてきましたから…cherryblossom

生年月日を入力したわけでもないのに、この的中率って、一体…。

みなさんも、どうぞ、お試しあれっhappy01

…と、ここまで書いてみて、ふと、まるぱぱでやってみたらどうかな…と。

すると、

「まるぱぱが生まれてきた理由は、

誰かがあたなの身体を食べるためです」

う~ん…coldsweats01

さらに、まる子は…。

「まる子が生まれてきた理由は、

世界のみんなに『ありがとう』の気持ちを伝えるためです」

じ~ん…shine

まるぱぱ、前世で、よっぽどのなにかを、したのかしら…sign02

2011年12月11日 (日)

にゃんこはちゃんと知っている

今日の午前中は、近所の、あーちゃん(6歳)&いーちゃん(3歳)姉妹宅におじゃました、まる子house

先週末も、おじゃまして、まだ兄弟のいないまる子には、良い遊び相手になってくれています。

姉妹のおばあちゃんが、元保育士さんなので、

「いつでも、遊びにおいで」

と、快く、まる子を迎えてくださいますhappy01

そんなまる子を迎えに行き、家に着くと、庭を、一匹のにゃんこが通っていく姿が見えて…cat

猫好きのまる子は、その後を追って、歩いていってしまいました。

さてさて、にゃんこは、どこへ向かうのでしょう…。

行きついた先は、我が家の畑。

おひさまが当たり、温まった枯草の上に、ゴロンです。

111211_112737

ついてきて、しっぽをつかんだり、ちょっかいを出してくるまる子をまこうと、枝がたくさんじゃまする隠れ場所へ、避難したり…。

にゃんこは、私たちより、畑の使い方を、よく知っているみたいでした(笑)

111211_112858

2011年12月10日 (土)

「もう、あのころは、いやだったっ…」(笑)

111210_084143

今日も、朝から、じーちゃとハウスに出かけて行った、まる子ですsun

トイレを済ませ、上着を着て、お菓子の入ったリュックサックを背負って、三輪車にまたがり…、

いつでも出発オーライ!、ご機嫌です。

その上着…、緑色のジャンバーには、まる子なりの思い出があるようで…。

「このジャンバーに、ヤギさんが、のっかかってきて…wobbly

もう、ほんとうに、あのころは、いやだったっ…dash

だいたい、毎回、このジャンバーを着るときに、こんなことを言って…、年寄りのようです(笑)

生まれたての子ヤギは、近づくまる子に警戒しているのですが、

だんだん慣れてきて、成長して大きくなってくると、まる子に前足をかけて、ジャレてくるんです。

まだ、まる子が2歳くらいの頃に、子ヤギが箱に乗って前足をかけたら、

ちょうど、立っているまる子の肩に乗ってしまって、

なんだか、まる子が、子ヤギをおんぶしているような格好になっちゃって…。

たぶん、そのときのことを、忌まわしく思い返しているようです。

それにしても、4歳児が、「あの頃はイヤだった…」って、言いますかねぇ(笑)

まったく、歴史の浅い、「あの頃」です!

2011年12月 9日 (金)

ニッコニコの理由は?

「まるちゃん、最近、朝、調子いいですねhappy01!」

ベテラン先生からこう言われて、はて?、と首をかしげた母です。

「あの、毎朝、ニコニコ元気に、お部屋に入ってきますね。

なにか、あったんですか?」

そこまで聞いて、思い当たる節が…。

最近、用事のついでに、パパが送ってくれるんです。

パパとママと一緒に送ってくれるってことが、まる子には、相当嬉しいようで…note

今朝は、パパが一緒じゃなかったんですが、クラスのノブくんを見つけて、

「ノブく~ん、いっしょに、いこうっっっsign03

と走っていきましたdash

お友だちと頻繁に、お手紙のやりとりもしてますし、だいぶ園ライフがなじんできた、今日この頃ですscissors

2011年12月 8日 (木)

『ちいちゃんのはいしゃさん』…しみずみちを

ちいちゃんが、歯医者さんになって、にゃんこのみいちゃんと、わんこのころちゃんを診察する、絵本です。

この絵本のおかげで、まる子は、こわがらずに、歯医者さんで治療できます。

保育園の歯科検診で、虫歯を治療してきてください、と言われてしまったので(実際は、虫歯ではなかったのですが…、前回、進行止めの治療をしたところの点検と、フッ素を塗ってもらいました)、今日、歯医者さんへ行ってきたのですが、先生が感心するくらい、おりこうさんで口を開けられました。

そのうえ、動かずにいられました。

あんまり先生がほめるので、この絵本を紹介してしまったくらいです。

2011年12月 7日 (水)

前髪パッツンの、まる子。

111207_162820

今日、まる子は、前髪を切りに、美容院へ行きました。

私の友だち夫婦がやっている、いつもの美容室です。

ところが、午前中に、旦那さんから、連絡がきました。

「突然、子どもが熱を出しちゃったので、ミユキが早く上がらなきゃならなくなりました。

まるちゃんのカット、僕でもいいですか?」

まる子の髪は、ミユキさんが担当してくれているのですが、急きょ、変更です。

まる子には、あえて、そのときまで秘密に…。

というのも、ミユキさんには、甘えて、良い子にしていられないのですが、旦那さんなら、緊張して、動きが止まるかも…、という母の目論みです。

案の定、まる子は、終始かたまっていました(笑)

いつもだったら、店内のあれやこれやに興味を示し、名前や使い方を聞いたり、触りたがったりして、ほんとうに手がかかるところを、

隣にいる私の手をギュッと握ったまま、一歩も動きませんでした!

おかげで、いつもより随分早く、カットが終わり、ほんとうに助かりました。

でも、きっと、すぐに旦那さんにも慣れてしまうんでしょうけど…。

店内は、クリスマスっぽい雰囲気のディスプレイになっていました。

まる子も、じー太(実家の父)と、実家の店の窓に、クリスマスツリーのパーツ(グミみたいなの…)を貼って、喜んでいました。

寒いのは苦手だけど、この季節ならではの楽しいことも、ありますね!

111207_154020

2011年12月 6日 (火)

『こころを耕しシゲキする 植物デザインvol15』

111206_141950

まるぱぱが、雑誌『植物デザイン』の記事に載りました。

こんなマニアックな雑誌が、あったんですねぇ~。

知りませんでした(笑)

でも、コンセプトは、とっても興味深いです。

●植物と人をつなぎ、こころを耕す植物のあり方を読者の皆様とともに模索し発信していきます。

●日本の豊かな植生に感謝し、次世代に残し伝えたい文化・歴史・芸術など多岐に渡る植物の魅力を掘り起します。

●植物を生みだす人、植物で表現する人、植物に人生を託す人、植物を愛でる人すべての人をつなぐ大きな木のような役割を担います。

まるぱぱや、仲間たちが作ったカーネーションを、花職人の方が、独創的な作品にして、紙面を飾ってくれています。

へぇ~、これって、カーネーションなんだ…、というような、既成概念を超えた、新しい表現で…。

この花職人さん曰く、

「…正直カーネーションは、敬遠しがちな花でした…。

真っ赤・真っ黄色・真っ白で見飽きた形。

良く言えばポピュラーでオーソドックス。

悪く言えばかわりばえしない。

心のどこかにそういうイメージがあったかもしれません」

しかし、まるぱぱたちが目指すカーネーションは、日本的な美にかなった、微妙な色合いをもつ、良質な花。

今や、カーネーションは、海外からの輸入が、消費量の半数を超えていますから、それに対抗するためにも、そういった、国産カーネーションならではの魅力をアピールするべく、日々、努力しています!

111206_141931

2011年12月 5日 (月)

まる子のお気遣い

昨日は、ゴスペルのコンサートに行ったわけですが、もちろん、まる子は、お留守番でしたhouse

いつものように、あーりん(実家の母)に預けて…。

ゴスペルを聴きに行く、なんて言うと、まるも行く!、と言い出しかねないので、一緒に行く友だちの名前を出しながら、

「まるちゃんがお昼寝してるあいだ、ママは、ちょっと、長老ちゃんと会ってくるからね」

と、ごく手短に説明。

すんなり了解してくれたまる子に、ホッとした母です。

「じゃあ、行ってくるからね」

と言うと、

「ちょっと、まって!」

と、あわてて、かごに積まれたみかんを2つ取ってきて、

「長老ちゃんと、いっしょに、たべてねっsign01

と…coldsweats01

ゴスペルに、みかんかぁ…(笑)

もちろん、

「ありがとうっheart01

と、受け取った母です!

2011年12月 4日 (日)

祈り!

111204_161206

今日は、教会でおこなわれた、ゴスペルのコンサートへ行ってきましたnotes

聴くほうにとっては、コンサートですが、歌い手、クワイアーのみなさんにとっては、歌こそがPraise(祈り)sign01

慎み深く言葉をつらねる、静的な祈りとは対極に、ゴスペルの、パワフルな動的祈りに、圧倒されてしまいました。

重なり合った声の力の、すさまじさといったら…shine

クワイアーの魂の叫びに影響されて、殻をかぶった私の純粋な部分も震え、いつのまにか、会場全体が一体となっていました。

いやぁ~、とにかくすごかったです。

毎年行っていますが、年々そのパワフルさを増しているんです。

2011年12月 3日 (土)

ちゃんと生きていく、ということ…

先日、ガソリンスタンドにて、洗車を待っているあいだに、ラックにあった雑誌をパラリ…book

詩集『くじけないで』のおばあちゃん、柴田トヨさんの特集を見つけました。

どんな詩を書いているのかしら…。

少し、紹介しますね。

貯金

私ね 人から

やさしさを貰ったら

心に貯金をしておくの

さびしくなった時は

それを引き出して

元気になる

あなたも 今から

積んでおきなさい

年金より

いいわよ

「なるべく長く、ぼけずに、自分のことは自分でやって

ちゃんと生きていきたいんです」

経験に裏付けされた、確かな言葉たち…。

99歳…、そのころ、私はどんなふうになっているんでしょう。

2011年12月 2日 (金)

一年間ありがとうございましたっ!

111201_183836

昨日は、カーネーションの仕事仲間で、感謝祭。

収穫の感謝、一年間ともに働いた家族への感謝を込めて、毎年恒例、温泉旅館での、家族同伴お泊り宴会ですspa

まる子は、保育園の先生はもちろん、図書館の司書さんにまで、

「おんせんに、おとまりに、いくのっhappy01

と、言いまくるほど、この日を楽しみにしていました。

温泉に、お料理に、お酒に…、たんと堪能した私たちですが、まる子のいちばんのお楽しみは、子どもたちと一緒に遊ぶことだったようで…。

館内の長い廊下を走りまくり、すさまじいほどの元気さを、いつものごとく、披露していましたcoldsweats01

今年は、大きな震災はもちろん、花の業界も、苦戦を強いられ、厳しい一年ではありましたが、

こうした、元気いっぱいの子どもたちの無邪気さに、まわりの大人が励まされ、助けられましたsign01

一年間、家族元気に仕事ができたことに感謝しながら、楽しい宴が幕を閉じたのでした…。

2011年12月 1日 (木)

花を買いに…

昨日は、ランとシクラメンの鉢を買いにいきましたbud

うちの場合、お花屋さんにではなく、直接、作っている人のハウスへいきます。

旦那の先輩や、後輩のところ…。

ランも、シクラメンも、シーズンを迎え、色とりどりの花々がズラーッと並ぶ様子は、見事ですshine

大事に、大事に、我が子のように育てられたランや、シクラメン。

優しいご主人の手から離れて、花を待つ人のもとへ、旅立ちます。

作った人の顔が見えるものは、ほんとうに大切にしたくなりますconfident

どうか、できるだけ長く、可愛がってもらえますように…。

私も、大切にしま~すheart01

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »