2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

まる子、じーちゃの世話を焼く。

昨日の夕方、じーちゃが飲み会のため、出かける仕度をしていましたdash

さぁ、部屋を出ようとしたその時、まる子が言いました。

「じーちゃ、どこ行くの?」

「会合だよ」

じーちゃは、いつも、飲み会と言わず、会合と言います…smile

すると、すかさず、

「じーちゃ、その、くつしたじゃ、だめだよ。

いつも、ばーちゃんが、いってるじゃんっsign01

まる子のおせっかいが、はじまりました(笑)

「いいの、いいの~。

いやぁ~、まるちゃん、そんなことを言うようになったのか」

感心したように言いながら、外に出たじーちゃ。

すぐに、口笛が聞こえてきましたnotes

ふふふ…、嬉しかったんですね!

2012年2月28日 (火)

「おさらい会」までのカウントダウン!

昨日は、まる子のバレエの日でしたribbon

来月の25日に、「おさらい会」と称した、日頃の成果を家族に発表する会があるので、先生の指導にも熱が入ります!

まる子は、クラスの女の子とふたりで、『雨々ふれふれ』を踊る予定なのですが、あいにく、もうひとりの子が風邪でお休みだったので、ひとりきりでの練習となりました。

練習なのに、もう緊張した様子で、笑顔に無理がありますcoldsweats01

ふだんはよく笑う子なのですが、人から、

「笑って、笑って~sign01

と催促されると、引きつってしまうんですよね…。

一生懸命さが伝わってくるだけに、なんだか痛々しかったですsweat02

最後のほうの振り付けは、まだまだうろ覚えで、先生から自宅練習を言いつけられてしまったまる子。

ビデオを持参して、バッチリ先生のお手本を撮ることができたので、毎日練習かな~dash

さてさて、本番はどうなることやら…。

2012年2月26日 (日)

まる子の打算

昨日、まる子は、朝から、

「おとしだま、ちょーだい!」

とか、

「おかね、ちょーだい!」

と言って、じーちゃやおばあちゃん、パパにまでねだっていましたdollar

(ママには、絶対に来ません 笑)

あんまりにもしつこいので、

「どうして、お金がほしいの?」

と聞いてみると、

「おかねを、ためたいの。

たまると、ねがいが、かなうから!」

まる子なりの考えが、あるようですconfident

そこで、

「お金っていうのは、ひとのために何か役に立つことをやるともらえるものだから、何もしてないのに、お金だけもらおうとする人は、ちょっとしかたまらないんだよ」

などと説明してみました。

すると、突然、雑巾を絞り、階段や廊下を拭きはじめて…dash

かなり一生懸命やってくれたのですが、なんだか、これからもお金欲しさにお手伝いをしそうな気がして、ちょっと考えましたthink

「でもさー、ママは、まるちゃんのトイレをお手伝いしたり、ご飯を作ってあげても、まるちゃんにお金ちょうだいって、言わないでしょ。

だから、お手伝いしてくれたからって、お金はあげないよ。

お手伝いのお礼に、(まる子の好きな)コーヒー豆乳あげるねheart04

はじめは、えー…thinkと不服そうでしたが、コーヒー豆乳をあげたら、嬉しそうにニッコリ笑いましたhappy01

最近、テレビを見ていると、CMに、可愛い女の子のオモチャがたくさん出てきて、すぐに、

「まるも、コレほしい!かってsign03

と言います。

アレも欲しい、コレも欲しい…、だからお金もいっぱい欲しいって発想でしょうか…。

「オモチャも、お金も、手にすると、どんどん欲しくなってくるから、キリがないんだよ」

そんなやりとりを経て、ひとまず「お金ちょうだいっ!」は落ち着きましたが、ヤレヤレ…sweat02

ママとまる子と、おじさんと…。

土曜日の午前中、近くの図書館では、絵本の読み聞かせや手遊びなどをしてくれる、『お楽しみ会』が開かれますnotes

いつもは司書さんがやってくれるのですが、昨日は、読み聞かせの活動をしているグループから、辻本さんという女性が来てくれました。

まる子が一番に会場入りしたので、辻本さんとあいさつし、お互いに自己紹介をしあって…。

いつもそうなのですが、まる子が自分の名前を言うと、必ず私に目を向けられ、

「えっっsign02

と聞き返されますsmile

どんな漢字を使うのかと聞かれるのも、しょっちゅうです。

そして、やっぱり辻本さんからも同じように聞かれたのですが、ずいぶんとこの名前に興味をもたれたようで…。

「『まる』って名前は、いいわねぇ~。

宇宙的で…」

とか、

「『麻』(まる子の名前の漢字です)っていう字も、いいわね。

本物の麻の布に触れると、手がツルツルになるのよね」

など、どんどん辻本ワールドが広がっていって…。

「まる」と聞いて、宇宙的だと言われたのははじめてだったし、辻本さんの感性にひかれ、この名前だけで、ずいぶん会話が弾みましたnotes

そのうちに、文学的な講座によく参加しているらしい、モモセさんというオジサンが、一人でやってきて(辻本さんが来ると知っていて参加したみたいですが)、ようやく会がはじまりました。

それにしても、いつもは、未就学児の親子が集まる、微笑ましい会なのですが、私とまる子とオジサンだけという、なんとも奇妙な会になり…。

私としては、この微妙な空気感に、少々緊張したのですが、まる子ときたら、子どもが一人だけというのをいいことに、寝っころがったり、大声を出したり、手をブラブラ揺らしたりと、自由気ままに過ごしていました。

ちょっと緊張気味のモモセさんと私を、リラックスさせようとしたのかもしれませんけど、せっかく辻本さんが、

「これは、まる子ちゃんに、いいかな…」

と、出してくれた絵本に対して、

「ヤダッsign03

とハッキリ答えるのは、やめていただきたいっ!

2012年2月25日 (土)

またおもしろいことを言ってるぞ!

昨日のまる子の会話も、おもしろかったですっhappy02

昨日のリク君&リョウ君兄弟のお迎えは、おじいさんでした。

おじいさんといっても、ママたちが若いので、うちのじーちゃより断然お若い!

「若いおじいさんだったね」

まる子に言うと、

「しんじゃわないような、おじいさんだった」

「…coldsweats01

そんな返事がかえってくるとは、思わなかったです(笑)

保育園から帰ってきて実家に行き、ジー太と一緒にお茶を飲んでいるときのこと…japanesetea

どこから出てきたのか、突然に、

「イタリアに、あめがふったら、どうするの?」

と、まる子が質問しましたrain

なにを聞きたいのか、イマイチよくわからなかったのですが、

「カサさすでしょ」

と答えたところ、

「え、イタリアにも、カサあるの?」

ですって(笑)sign02

「アン、ブー、ショアーッsign01アン、ブー、ショアーッsign01

と言っているので、

「アン、ドゥー、トゥロアーのことじゃない?

バレエのときに、先生が言ってるんでしょ?」

と聞くと、バレエのときに言われてることに対してはうなずくのですが、それが、アン、ドゥー、トゥロアー(1、2、3)では絶対にないようで…。

「ちがう、ちがうsign01

アン、ブー、ショアーッ、だよっsign03

と繰り返すばかり…。

その純粋な目と、ハッキリした口調に降参し、いいよ、いいよ、アン、ブー、ショアーッ!でいいよ…、とあきらめた母ですdash

2012年2月24日 (金)

赤ちゃん抱っこしてきました

昨日は、OL時代の同期のお宅へ、赤ちゃんを見におじゃましてきましたhouse

昨年12月に生まれた男の子なのですが、なんと3人目ですっ!

私のほかに、ふたり同期が来ていたのですが、そのうちのひとりとは、私の結婚式の二次会以来の再会(約5年ぶりっ!)。

しかも、ものすごく大きなお腹で、もうすぐふたりめが生まれるということで、びっくりでした。

しかも、まだ勤め続けているそうで、勤続13年になるとか…。

肝心の赤ちゃんはとっても小さくて、頼りなさげで、この寒くて乾燥続きの天候のせいで、顔中カサカサしていました。

3人目だからか、ママ以外の人に抱かれても全然OKなようで、私の腕のなかでちょっとグズグズしたのですが、ポンポンとやって、ゆらしていたら、そのうち寝てしまいましたsign01

オッパイもやらずに、ゆらゆらだけで寝てくれるなんて、なんてラクチンなんでしょうっ(笑)

そうそう、そのまえに、この子の瞳をのぞきこんだのですが、私が顔全体から瞳へと焦点を合わせたとたん、カッと見開きましたeye

そのときに、この子も私の瞳を見て、私の情報ファイルを取り込み、「こいつは無害だ…」とでも思ってくれたのかもっsign02

直後に、スヤスヤ~sleepy、でしたから。

この男の子、抱っこされながら、両の手をギュッと握ってファイティングポーズをとっていたのですが、なかなかのやんちゃに育ちそうな予感…smile

上のふたりも相当なキャラクターの持ち主のようですので、きっとこの子も、ママの手を焼く子どもになるのでしょうsign01

ここの子どもたちとまる子を遊ばせてみたい、と思いながら帰ってきた母でした。

2012年2月23日 (木)

2月のまる子。

Dvc00147

最近のまる子の様子を、まとめてお伝えします!

お迎えに行ったときの、帰りの車のなかで…。

「ママ、きょう、リョウくんに、チューした~っ!」

あとで、突っ込んできいてみると、まる子から、リョウ君のほっぺにチューしたみたいで…。

「いやだなぁ~って、言われたんじゃない?」

と聞くと、

「うん。

リョウくん、だいすきって、いった」

「そうしたら?」

「ありがとう、って」

リョウ君は、愛しのリク君の弟ですが、そのあと、リク君にもチューしたようです。

「どっちも、すきー」

…無邪気なうちは、いいですね…coldsweats01

お風呂に入っているときの会話ですspa

私の幼なじみや妹など、まわりに赤ちゃんが増えてきたからか、

「まるちゃん、オッパイが、すきなんだよね~heart01

と言い出しました。

「ずーっと、飲んでたじゃん。(3歳までっsign01

あ、でも、最初は、全然うまく飲めなくて、大変だったんだよ~」

ベテラン助産師さんから、この子は一国だと言わしめた一件です…coldsweats01

それを聞いて、ほんとうに落ち込んだようで、

「え~、バカなこと、したなぁ~despair

と、へこんでしまいました(笑)

「もっと、たくさん、のめばよかったdash

おまえさん、もっとバカなこといっぱいしてるのに、ここで反省っsign02

びっくりした、母です…sweat02

2012年2月22日 (水)

食べてしゃべって、良い時間っ♪

Dvc00163

昨年9月に出産しママになった、幼なじみ…。

娘のキラリちゃんの首がすわり、また一緒にランチができるようになりましたrestaurant

おねむなキラリちゃんをあやしながら、食事をするのは大変そうでしたが、抱っこしながら食べているうちに、いつのまにかスヤスヤスヤ~…sleepy

寝顔を見てホッとした幼なじみは、そのあと、心おきなく食べたり、おしゃべりしたりできました。

ママ思いの、とっても良い子ですねっshine

母乳をやっている食べ盛りな(?)人をまえにしていたので、私もなんだかつられて、いつも以上に食べてしまって…dash

だって、若鶏のソテーなどのアンチパスタやサラダが、バイキングで食べ放題のうえ、どれも美味しいんですものっlovely

そのうえ、デザートも注文して、し~っかりといただきましたっ(笑)

気の合う人と、美味しい食事を心ゆくまで堪能できることほど、幸せなことはありませんねっ!

Dvc00162

2012年2月21日 (火)

『大鹿村騒動記』…阪本順治監督

昨日、時間ができたので、ひとりで映画を観てきましたmovie

まえから、機会があったら観てみようと思っていた『大鹿村騒動記』です。

(予告編↓)

http://www.youtube.com/watch?v=q0S2LosLOzw

地元の大鹿村が舞台なのですが、なじみの場所に、松たか子や佐藤浩一をはじめ、三國連太郎や原田芳雄などのそうそうたるメンバーが登場していて、なんとも不思議な気分smile

映画だとわかっていても、いつか画面のなかに、知っている人が出てきそうな雰囲気でした。

実際、うちの母が、大鹿歌舞伎のファンで、毎年観に行っているので、観客のなかに白髪頭の母が写っているんじゃないかと、つい探してしまいました(笑)

三國連太郎が、戦争でシベリアに行ったときの、過酷な体験を語ると、同じくシベリアに行っていた、母方の祖父のことを思いだしたりして…confident

村にはいろんなことが起こり、いろんな面白い村人たちが登場して、おかしな話なのですが、背景が地元なので、とにかく終始変な気分でしたcoldsweats01

2012年2月20日 (月)

こわいけど、かいたよ!

Dvc00146

先週あたりから、年少さんのお部屋の廊下の壁に、園児たちが描いた、豆まきのオニの絵が、飾られていますart

まる子のオニは、紫色一色。

あんなにこわがったオニを、どんな気持ちで描いたのか、とっても興味がありますが、こわがったわりには、大きく描かれていました。

先週土曜日の懇親会では、このオニの絵が話題になり…。

私の隣に座ったユラ君ママですが、ほかのママから、

「ユラ君、とっても絵が上手で、おかあさんの絵とか、ほんとうに上手だったけど、あのオニの絵は、なんだか途中で描くのをやめちゃったような絵だね」

私は、ユラ君の絵がどんな絵だったか、忘れてしまったし、ユラ君ママも、

「そうかなぁ~」

という反応で…。

そこへ、近くで聞いていたベテラン先生が、

「たぶん、あまりにもこわすぎて、全部描けなかったんだと思います~coldsweats01

保育園の行事は、だいたい楽しいもので、絵を描く気持ちも弾んでしまうと思うのですが、この豆まきばかりは例外で、子どもたちは、あの恐怖を再体験しながら、描いたんですねdash

そんな子どもたちの様子を想像すると、可愛らしすぎてつい笑ってしまうのですが、そんな背景を想像しながら、また絵を見てみると、みんなの気持ちがより伝わってきそうですhappy01

2012年2月19日 (日)

クラスの懇親会、第二弾!

昨晩は、年少さん、残すところ一か月半というこの時期に、クラスの懇親会がありました。

平たく言うと、先生も一緒の飲み会、ということですbeer

すでに、クラスのママたちとはおなじみで、もともとアットホームな雰囲気のメンバーだったのですが、お酒が入ると、より話も弾み、個性が出てきます。

私のまえに座ったママが、お酒が入るごとに、おもしろくなっていくし、隣に座ったママは、しらふなのにハイテンションなので、笑いすぎるくらい笑って過ごせましたhappy01

そんな私を見て、みんなはお酒が入っていると思っていたようですが、私もしらふです(笑)

先生の素顔や私服も見られ、楽しい会となったのですが、新年度はクラス替えで半分メンバーが変わるので、別れを惜しみながら帰ってきたのでした。

2012年2月18日 (土)

ママの気持ちが伝播する

昨日の朝、保育園に向かう車のなかで、それまで無口だったまる子が、突然言いましたrvcar

「ママ、おしごと、がんばってねsign01

ずーっと、ママのこと、おもいだしてるからねっ。

まるも、ほいくえん、がんばるからね!

だいじょうぶだよ。

ママのおしごとも、だいじょうぶだからねっsign01

どうも、朝の食卓で、私と旦那が、仕事の段取りのことで衝突していたところを聞いていて、こんなことを言い出したようです。

聞いていないようで、しっかり大人の話を聞いているんですねdash

最近の連絡帳で、ベテラン先生から、こんなコメントをいただいています。

『お母さんの気持ちが、うんと伝わりやすいまるちゃんなので、まるちゃんなりに色々感じ、考えちゃう所もあるんでしょうね。

安心して、一つ大きくなることが楽しみになるよう、励まし応援していきたいです』

連休明け、まる子は緊張していたようで、だれとも口をきかなかったとか…。

心配顔の先生に、妹の出産が大変だったので、それがショックだったのかな…、と説明して…。

そして、これから、年長さん(リク君とか…)が卒園してしまったり、年中への進級など、大きなことが待っているので、まる子の気持ちの変化に注意して見守っていきたい…、ということもお伝えしました。

そういった全部のことを含めた、ベテラン先生からのコメントですpencil

いつも忘れがちだけど、まる子の言動に強く影響しているのは、私自身なんですよね…confident

そんなことを思いながら、帰りの車のなかで、

「今日は、ママがんばってねって、言ってくれて、ありがとねhappy01

とお礼を言ったのですが、プイッと横を向いて、

「いってないよーっsign01

窓の外を眺めた、まる子。

照れているのか、あまのじゃくなのか…、とにかく、ありがとうねっheart01

2012年2月17日 (金)

まる子、ジー太を心配する。

父は、千葉から私たちと一緒に帰ってきたのですが、母は、妹のところで3週間ほど滞在する予定ですhouse

なので、両親がやっている喫茶店も、しばらくお休みとなり、父は実家で一人きりの日々です。

あーりん(実家の母)がしばらく帰ってこないと知って、まる子が言いました。

「そりゃ、かわいそうだ、じーた(実家の父)。

おきゃくさんも…。

こうちゃ、のみたい、とか、

コーヒーのみたいとか…」

状況は、わかっているみたいですね…coldsweats01

2012年2月16日 (木)

ホテル、大好き!

Dvc00164

今回のお泊まりは、ディズニーリゾートのオフィシャルホテル。

シャトルバスでディズニーリゾートラインとホテルを送迎してくれたり、お部屋から夜の花火が見られたりと、とっても便利でしたhappy01

まる子は、ホテルが好きというわりには、なんだか緊張しちゃって、

「おなかが、いたい…」

とか、

「きもちわるい…」

とか、

「…ッハァーーーーッdash

と大きなため息をついたり…。

そして、上の階などから、水を出したりする音が聞こえるたびに、

「こわい…」

と言って、くっついてきました(笑)

それでも、めずらしいユニットバスのお風呂を楽しんだり、そのあと、裸ん坊で、ふかふかベッドの上で、トランポリンのように飛び跳ねたりと、無邪気にはしゃぐ場面もありました。

まる子という娘は、意外と敏感なようで、こちらに比べて消毒臭の強い水には、すぐに気がついて…。

千葉に着いて、ファミレスで朝食をとったのですが、そのときに出された水を一口飲んで、大きなため息dash

「おいしくないっ!」

と脇に寄せてしまいましたcoldsweats01

私たちはこんなもんだと思って飲むのですが、子どもはほんとうに正直です。

母を病院におろしたあとは、父も私たちと同行し、同じホテルに部屋を取りました。

子どもの頃、両親とディズニーランドに行ったのですが、まさか、また父と一緒に来ることになるとは、思ってもいませんでした。

しかも、まる子と旦那も一緒に…。

こちらとしては、子守り役が一人増え、とっても助かりましたが、もうすぐ後期高齢者の域に達する父が、孫とティーカップに乗ったり、走ったりするのは、ちょっと大変だったかもしれません(笑)

それでも、帰りのサービスエリアで寄ったクレープ屋さんでは、ちょうどバレンタインで、チョコアイスをサービスしてくれたりと、嬉しい出来事もあり、楽しい旅行となりましたhappy01

Dvc00174

2012年2月15日 (水)

はじめてのディズニーランド!

Dvc00173

せっかく千葉に行ったので、病院に母をおろして、妹と赤ちゃんに会ったあと、ディズニーランドに行ってきましたnotes

私と父は、はじめてではなかったのですが、旦那とまる子ははじめてで、とっても楽しみにしていました。

七人の小人たちなど、たくさんのディズニーキャラクターに迎えられると、さっそく写真撮影がはじまりました。

グーフィーや、小人さんと写真を撮ったあと、まる子好みの女の子を発見っsign01

金髪の長い髪にカチューシャをして、ふんわりとしたエプロンドレスを着たアリスです。

連休明けの月曜日とあって、今までにないほど空いてはいたのですが、アリスのまえには、何人か順番待ちの列ができていて…。

その列が、まる子には見えなかったようで、私たちが気づかないうちに、アリスのところまで走って行って、話しかけていましたsweat01

「みんな、待ってるんだよー!」

私たちの心配もよそに、まったくマイペースなまる子ですが、小さな子に話しかけられたアリスは嬉しかったようで、まる子と少しおしゃべりしてくれたうえ、快く記念撮影にも協力してくれましたhappy01

Dvc00170

まる子は、アリスのティーパーティーやイッツ・ア・スモールワールドが気に入った様子。

ほとんど待ち時間がなかったので、どんどん乗ることができましたhappy01

待って乗ったのは、プーさんのハニーハントです。

待ち時間25分の予告が出ていましたが、これくらいなら待てるかな、と思って並んでいると、前の家族がバングラディッシュの親子のような雰囲気で…。

その家族の小さい子どもが、待つ列のロープで遊びながら、まえに進んでいました。

すごく短いショートカットにしているので、はじめは男の子かと思っていたのですが、まる子と同じような濃いピンクの上着を着て、レースのついたズボンをはいているので、女の子みたいです。

女の子だとわかったからか、まる子もその子のまねをするようになり、だんだんふたりの距離がちぢみ、いつのまにか打ち解けて、一緒に遊びながら待つようになりました。

身長も同じくらいで、聞いてみると、年も同じ4歳でした。

両親は日本語がわかるのですが、女の子は英語しかわからないようで、まる子は、恥ずかしかったのか、いつもは聞くのに、女の子の名前を聞けなくて…。

思わぬところで、国際交流ができた私たちでした。

子どもって、すごいですねっshine

Dvc00167_4

2012年2月14日 (火)

甥っ子誕生!

千葉の妹ですが、なかなか生まれなかったようで、急きょ、日曜日の午前中に帝王切開となりましたdash

手術となると、付添人が必要だということで、月曜日の早朝に、実家の両親を乗せて、千葉へ向かった私たちです。

そして、一泊して、さきほど帰宅しました。

母は、そのまま、千葉にしばらく滞在しますが…。

切ったので、妹は、痛そうだし、むくんだりして、大変辛そうでしたが、元気な男の子が無事に生まれ、妹も母の顔になり、頑張っていました!

子どもを産むっていうことは、ほんとうに命がけなんだな~と、改めて実感し、命の奇跡を感じて帰ってきたのでしたshine

2012年2月13日 (月)

「よし、こ~いっ!!」

昨日は、地域のワンバウンドふらばーるバレーの決勝大会でした。

ちなみに、予選大会のときは、ちょうどインフルエンザで参加できなかったんですね…coldsweats01

男子と女子に分かれて対戦した予選大会とちがって、この決勝大会では、男女混合チームになり、さらに盛り上がります。

我がチームは、20代前半の男子ふたりが入り、いつもの団結力女性陣と、男性陣、それから、年の大きいみなさまの応援団と、かなり活気のあるチームとなりましたnote

4試合やったうちの、第2試合目は、なかなかずる賢いプレーをするチームと当たり、久しぶりにみんなの闘志に火がつきましたimpact

サーブレシーブで一度失敗した私など、なめられてはなるものかと、サーバーの目をとらえ、

「よし、こ~いっっsign03

と受けて立ったほどです(笑)

自分が失敗したときほど、落ち込まず、気合を入れなおさなければ、バレーボールの流れを変えることはできませんっ!

そんな私に恐れをなしたのか、次のときには、別の方向にサーブを打ってくれたので、やれやれでしたが…。

いつもは気の弱そうなオジサンが、ボールを追って自分まで転がってしまうほどの頑張りを見せてくれたり、みんなで声をかけあってフォローしたり、ジョークを飛ばして和ませたり…。

こうなると、勝っても負けても、自分たちが一生懸命やることや、チームプレーに徹することが、とってもおもしろくなってきますshine

でも、さすがに、スタミナ不足がたたり、そのうえ、余計な闘志を燃やして消耗したようで、もう第4試合目には、ヘロヘロに…coldsweats01

気持ちはあるのに、身体が動かない…、そう言ってみんなで笑ったのでしたhappy01

こういう行事のたびに、みんなの心がひとつになるので、後から嫁にきた私ですが、地域に溶け込んでやって来れてます。

2012年2月12日 (日)

らくらくホン

実家の両親が、やっと携帯をもつ決断をしてくれたので、昨日、父と一緒にドコモショップに行ってきましたmobilephone

「新規契約」ということで、真っ先にスマートホンを勧められたのですが、その提案をあっさりと断り、

「らくらくホンで、お願いします!」

紹介された2種類のタイプのうちでも、さらにカンタンなほうを選んで、すぐに使えるよう手続きしてもらいましたhappy01

らくらくホンというだけあって、私からすれば、使い方はとってもカンタンshine

いちいち画面に操作の説明の絵が出て、親切ですし、自分の携帯の文字が極小に見えるほど、文字もくっきり大きいです。

父は、初期の携帯はもっていたことがあって、その頃のものをうっすらと覚えていますが、今の子機と充電器より大袈裟で、ひと荷物になるくらいでした。

あの頃に比べたら、ほんとうに進化しましたよねっsign03

そもそも、うちの両親が携帯をもつことに決めたのは、もうすぐ千葉の妹が出産する予定で、退院の日に、駆けつけることになっているからなのですdash

うちの旦那の運転で、実家の両親を乗せて行くのですが、予定日は今日なので、出産を待つ身にとっては、今か今かとソワソワしてしまうのです!

なんだか、自分のときの出産風景も思い出されたりして、ほんとうにソワソワしてしまいます。

そうそう、妹は、私の出産のときに、ちょうど地元にいたので、旦那より先に病室に来て、陣痛の私を見守っていたのでした。

看護師という職業柄、なにかしてやりたいと思ってくれたようですが、このときばっかりは、流れに任せるしかありませんでした。

とにかく、どうか無事に、最適なタイミングで生まれてきてくれますように…、祈るばかりの私たち。

この携帯にあやかって、「らくらく、ポンッdash」と生まれてきてくれたら、これほど幸いなことはありませんねっ(笑)

2012年2月11日 (土)

がんばるじーちゃ!

2週間くらいまえの、ある朝、突然、じーちゃが動けなくなりましたsign03

首もまわらないし、足も立たないしで、布団から起き上がるのも必死、という状態…。

齢80歳、寒い時期だから、脳こうそくなどが頭をよぎり、家族は心配したのですが…。

さっそく、旦那のかかりつけの整骨院に連れていくと、診てくれた先生は、

「お父さん、元気だねぇ~。

これは、筋肉痛だよ。

大丈夫、大丈夫っsign01

と笑ったそうですhappy01

その話を聞いて、私たち家族も笑ってしまいました。

膝も、肩も、腕も、首も、全身が筋肉痛になるほど、花の仕事を頑張ってくれたじーちゃ。

しばらくゆっくりしていましたが、元気になってきたようで、またすこしずつ花の仕事ができるようになりましたbud

2012年2月10日 (金)

『空(くう)』…Mana  

インフルエンザで寝ていたときに、一気に読んだこの本です。

少々こむずかしいので、ちっとも読み進まなかったのですが、たっぷりと時間ができたので、完読でき、スッキリしましたhappy01

続編もあったので、さっそく取り寄せたのですが、インフルエンザの回復とともに、またもや遅々として進まなくなりましたsweat02

やれやれ…。

ところで、最近、「こわいもの」が増えて、ナーバスなまる子。

この本のなかに、自分にとって不必要な感情が起きたら、あたふたしたり、抑圧したりしないで、自分のハートに吸い込ませればいい(手放すということ…)というようなことが書かれていました。(たぶん…)

その吸い込まれた感情は、ハートのなかで、自動的に自分にとっていいものに変換されるから…。

コレを思い出した母は、「こわい、こわい」とおびえるまる子に、

「まるちゃん、こわいって思いがわいたら、ハートに吸い込んじゃえばいいんだよ。

そうすると、ハートのなかで、いいものに換えてくれるんだって!」

胸に手を当てて「ハート」を教えたのですが、裸の胸を見ながら、

「まるちゃんには、ハートがないよ。

ママにも、ないよ」

と、言われてしまいましたcoldsweats01

…たしかに。

そこから説明が必要なんだ、ということで、体のなかにあると伝えたのですが、人体図鑑好きなまる子ですから、

「ほねのなかにも、ないんだよ」

と言いました。

…う~ん、なかなかハートの説明はむずかしいのだな。

とにかく、目に見えないけれど、胸のなかにあるのだと、言い切りました。

ようやく納得してくれたまる子が、自分の胸に手を当てて言いました。

「ハートさん、まるちゃんのココロを、かえてください」

お、本質をつかんでいる!、と感動したのも束の間、すぐにまた、

「こわい、こわい…」

が、はじまったまる子です(笑)

2012年2月 9日 (木)

まる子のやり口

「おしごと、がんばってください。

バレンタイン、ですっsign01

と、チョコクッキーを、ジー太(実家の父)に渡したまる子。

思いがけない孫からのプレゼントに喜んだジー太でしたが、結局食べるのは、まる子ですcoldsweats01

残りの3枚になったとき、サッと1枚をとったまる子をからかって、ジー太が、

「1コ、ちょうだい」

と言ったのですが、自分の食べかけのものをあげて、さらに、残りの2枚とも一口ずつかじって、自分のものにしてしまいましたっsign03

これには思わず、見ていた母も唖然…sweat02

でも、まる子とは、そういう娘…。

いつものやり口で、今回も独り占めですcoldsweats01

2012年2月 8日 (水)

鬼がこわくて眠れません!

節分を過ぎましたが、まる子の保育園の鬼は、そうとうこわかったようで、いまだにこわがっていますwobbly

夜だけじゃなく、お昼寝のときまで気になって、なかなか寝付けない日が続きました。

なんてビビリな娘なんでしょうっsign01

でも、これは、パパとママゆずりの性分なので、仕方がありません(笑)

思い返せば、私も、戦隊もののテレビを見て、その怪獣がこわくてこわくて、昼間はいいのですが、夜になると、出てくるんじゃないかって、ビクビクしてましたsweat02

今となっては、全部作り物の世界だとわかっていますが、当時は、とってもリアルに感じてしまっていたんですね。

まる子にも、そんな日々がやってきてしまったわけです(笑)

数日前から、私のお布団で一緒に寝ている毎日sleepy

まる子は、言います。

「オニのゆめをみて、おきて、となりをみると、ママがいてくれて、よかった~、とおもって、またねるの」

ママが鬼になってなくてよかった、とも思うようです(笑)

2012年2月 7日 (火)

またまた迷っちゃった~!

一昨日、見た夢。

場所は、学校。

グラウンドでなにかやるようで、みんな集まってきた。

私も行ったのだけど、自分の荷物を取りに、再び教室に戻ろうとする。

玄関を過ぎたら、さぁ、大変!

建物のなかで、迷ってしまった!

先輩らしき人を見つけて、自分の教室まで案内してもらうことに…。

そこで、目が覚めた。

happy01

暗くて広い学校のなかで迷う夢は、ちょくちょく見ます。

ほんとうにわからなくなってしまって、あわてます。

でも、今回、いつもとちがうことがありました。

それは、私と手をつないで、一緒に行ってくれる人があらわれたこと!

それから、教室までの案内を頼んだこと!

これは、別々の人なのですが、いままで見たこともない人たちでした。

はたして、次に、また学校の夢を見るときには、ちゃんと自分の教室に行けるのでしょうか?

どこでもドアを出して、ワープしちゃえばいいんですよね。

2012年2月 6日 (月)

がんばって書いてます!

Dvc00163

まる子も、クラスのほかの女の子たちのように、お手紙を書くのが楽しみなようです。

ちょっとまえまでは、絵とか、暗号文字を書いたあと、余白に、家族の誰かに字を書いてもらっていたのですが、最近は、一生懸命「ひらがな」に挑戦しています!

自分で字を書いてくる子もいるので、それが刺激になったみたい…。

大人が見本を書いてあげて、それをまねして書くのですが、なんだかちょっとちがうような…(笑)

「あ」などは、とってもむずかしいみたいで、面影すらありませんっsign01

とっても独創的な字になってしまうのですが、まぁこれも時期がくるまでは、仕方のないことなのでしょうdash

字を書こうという意欲をほめて、完璧を求めないこととします。

お友だちに手紙をあげたい、言葉を伝えたい、という気持ちのほうが大切なような気もしますし…。

それでも、箸の持ち方同様、えんぴつの持ち方だけは、教えてあげないといけないのかな。

変な癖がつくと、直すのに大変ですもんね!

Dvc00162




2012年2月 5日 (日)

豆づくしの結婚記念日♪

120203_180515

節分の日…、それは、私たち夫婦の結婚記念日でも、ありましたsmile

お気に入りのレストランで、お祝いです。

ここは、田んぼの真ん中にある古民家を改築し、陶芸工房とレストランにした、雰囲気のあるところ…。

オーナーさんの焼いた、素敵な置物が店内中を飾り、器も手作りで、温もりの演出ですheart01

Dvc00152

お料理は、自家製のお野菜と、地元のお肉をたっぷり使った創作料理のコースだったのですが、この日は、節分なだけに、いろいろなお豆が登場しました!

ゴマのコンフィに、豆乳ゼリー、豆のキッシュに、黒いんげんのスープなどなど…。

ほんとうは、ゆっくりとコース料理を堪能したかったのですが、まる子と一緒なので、なるべくサッサと出してくれるようお願いしたところ、タイミング良く次々とお料理が出てきてくれましたhappy01

一年に一度くらいしか行かないというのに、オーナーさんは、私たち家族を覚えていてくださって、まる子の成長ぶりに驚いていました。

この年の差、体型の差夫婦もインパクト大ですが、まる子も自由人ですから…。

だって、自分のお料理にあったポテトフライをつかんで、

「ちょっとコレ、みんなにあげてくるっ」

と、席を立とうとするんですよっsign01

帰りには、じーちゃとおばあちゃん、ジー太とあーりんにお土産のマカロンも買って、大満足のまる子でしたshine

2012年2月 4日 (土)

泣けちゃった!…節分

昨日は、節分でしたね。

まる子の園でも、豆まきをしたようです。

こわーい鬼が3匹も来て、泣きたくなかったけど、泣いちゃったとか…。

「なかは、おじさんだとおもったら、『うぇー、うぇーっsign01』って、こえがこわくて、ほんとうに、おにだった…」

鬼の声を再現してみせてくれました(笑)

その日のお便りには、バッチリ大泣きした顔のまる子が写っていて…camera

家に帰ってきてからも、

「うちにも、おにが、くるんじゃない?」

と、ドキドキ顔ですdespair

その日の給食や、おやつには、『鬼のハンバーグ』や、『甘いお豆』が出たそうで…。

「おなかのなかの、なきむしおにや、おこりんぼうおに、やさいきらいきらいおにをやっつける、おまめがでたよっ!」

と教えてくれました。

鬼のあとには、ちゃ~んと福の神さんが来て、みんなの頭をなでなでしてくれたそうで、母は安心しました。

だって、クラスのほとんどの子が、おっかなくて泣いたようですから…。

卒園した子たちも泣かされた、園伝統の豆まき風景です(笑)

2012年2月 3日 (金)

それは、そうだけど…。

最近、まる子は、パパやママに怒られたあと、ちょっと時間が経って、場面が変わり、私たちが笑ったりすると、

「さっきまで、おこってたのに…」

と、いぶかしそうに言いますcoldsweats01

どうして怒ってる人が、笑ってるの?、といった感じで…。

さらに…。

いつか私が言ったのか、忘れましたが、まる子は、ママの宝物だと思っているようで…crown

それはいいのですが、なにかしでかして、私が怒ったときに、

「まるは、ママのたからものなにに、どうして、おこるの?」

…そんな抗議をされても、困りますcoldsweats01

2012年2月 2日 (木)

ママ、ナガイキしてね…

朝、起きたら、先にまる子が起きていて、目が合うと、私の布団のなかに入ってきました。

朝から、ニコニコしてくれて、低血圧の私ですが、なんだか良い気分heart04

ところが、ニコニコ顔で、なにを言ってくれるかと思ったら、

「ママ、ナガイキしてね…」

「……coldsweats01……」

30代にして、長生きしてくれって言われるとは…、しかも、一日がはじまったばかりだというのに…。

最近のまる子は、みんなが先に死んじゃって、ひとりぼっちになるのが悲しいようです…coldsweats01

そうそう、前の晩には、こんなことを言っていました。

「まるは、プレゼントなの、ママの」

「え?神様からの?」

「そう…」

まったくそうだなって、思いますhappy01

2012年2月 1日 (水)

ひきつづき、まる子語録!

ribbon月曜日のバレエ、クラスのお友だちが、風邪をひいたのか、みんなお休みでした…。

「バレエ、まるちゃんが一人だけだったんだよね~」

と、私がパパに報告しているのを聞いて、

「ちがうよ!せんせいがいたから、ひとりじゃなかったよ!」

…そうなんだ、先生を一人として数えるんだ、まる子は…。

先生がいたから、楽しかったようです♪

scissorsトイレでウンチをしたあとに…。

「3さいのころは、トイレでできなくて…」

「そうだったね~、今は、トイレでできるようになって、すごいよねっ!」

「うん。4さいになったら、トイレでしようと、おもってたんだ!」

…そうだったんだ、もっと早く決断してくれてもよかったんだけどね。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »