2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 『世界でいちばん幸せな国 ブータンの言葉』…早乙女 響 | トップページ | 母、まる子に心配される… »

2012年5月12日 (土)

畑の活動がはじまりました

年少のときは、お部屋のまえの小さな畑で、トマトやキュウリを作ったまる子たちですが(たまに、収穫したミニトマトを持ち帰ってきました)、年中さんになると、園の駐車場横にある畑で、本格的に野菜を作っていくようですsun

なにを作るかを決めるところから始まり、苗を注文したり、草取りや水やりなど、みんなで頑張っていきます。

昨日は、保護者会の役員になったパパが、子どもたちが野菜の苗を植えられるように、土に堆肥をまぜ、畑を起こす作業をしてきました。

いまは、役員さんのなかで、畑仕事の道具をもっている家庭が少ないようで、うちから、トラクターや豆トラを持っていくことに…。

なので、登園は、パパがトラクターに乗っていき、その後ろから、まる子と豆トラを乗せた軽トラを、私が運転して行きましたdash

Dvc00200

いつもとちがった登園で、まる子はウキウキnotes

Dvc00199

私は、まる子と豆トラをおろして、いったん家に帰ったのですが、パパの話によると、畑作業を見に来た子どもたちにまじって、まる子は、

「パパ~sign01パパ~sign03

と、何度も手を振ってきたとか…。

帰り際、担任の先生からも、

「まるちゃん、いちばん大きな声で、応援していましたよ~happy01

と教えてもらいました。

畑の仕事をしにパパが来てくれて、とっても嬉しかったようですhappy01

この日、土に混ぜた堆肥は、近くの酪農家の方からゆずってもらったものだったのですが、園にも「はらぺこくん」という立派な装置があって、給食の残菜を利用して、堆肥作りをしていきます。

先日、給食先生から、子どもたちに、これからみんなで作る野菜が給食になって、その残菜が、堆肥となって、畑の力になる…、という循環のお話があったようで、実際に体験をしながらの食育が進められています。

まる子たち年中さんは、話し合った結果、トマトとキュウリ、いんげん、ポップコーン(とうもろこし)、タマネギを作るんだとか…。

楽しみですねshine

Dvc00201

« 『世界でいちばん幸せな国 ブータンの言葉』…早乙女 響 | トップページ | 母、まる子に心配される… »

娘、まる子のこと」カテゴリの記事

コメント

パパさん、大活躍だったんだね!!
まるちゃん 嬉しかったんだろうなぁ(^w^)
たくさんの野菜が収穫できるといいね♪

葵達も先週、保育園の畑に植える苗を、年中・年長さんで歩いて買いに行ったみたい。
来週はおイモを植えるんだって!

ひまわりさん、こんばんは!
コメントありがとうshine

葵ちゃんの保育園でも野菜作りしてるんだねhappy01
いいことだよね~
苗を買いに行くって、すごいなぁ!!
また来週ねnote

こんばんわ~♪
まるこちゃんのうれしい気持ちが伝わるわhappy01
おとうさんも、うれしいですよね~(*^m^)

このような形で食育できる環境はしあわせですね~。

食べる時も、意識して成長過程を思い浮かべなくとも
思い出の中の映像がしっかりと残ってますから・・・。
すばらしいわ~(*^ー゚)bグッジョブ!!

∞万華鏡∞さん、おはようございます!
いつもありがとうございますhappy01

まだ、パパがきてくれて嬉しい年ごろなのでいいですが…smile

この辺りの保育園は、ほとんど畑をもっていて、こういう食育活動してますよ。
田舎ならではですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/45219459

この記事へのトラックバック一覧です: 畑の活動がはじまりました:

« 『世界でいちばん幸せな国 ブータンの言葉』…早乙女 響 | トップページ | 母、まる子に心配される… »