2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« いちにち恐竜三昧! | トップページ | まる子、歯が抜ける夢をみる。 »

2012年6月26日 (火)

『斎藤一人の道は開ける』…永松茂久

Dvc00031

生涯納税日本一の実業家、斎藤一人さんから教えをもらった、シゲちゃんこと、永松茂久さんの本です。

この本のはじめには、こんなふうに書かれています。

「あなたが、この気付きを大切な人に伝えること、そして伝えるためにこの本を読むということ」

なので、この本に限らず、私が聞いてよかったな、と思うことを、まる子に伝えようと、ちょっと可愛いノートを買ってみました。

ちょっと可愛いノートなので、お決まりの落書きや、シール貼りをされてはかなわない!、そこで、

「まるちゃん、このノートは、ママがまるちゃんに伝えたいことを書くものだから、落書きしたりしちゃダメだよ!」

と言ったところ、なぜかウルウルされちゃって、

「ママが、しんじゃうから?」

と聞かれてしまいましたcoldsweats01

遺言状じゃ、ありませんからっ(笑)sign03

« いちにち恐竜三昧! | トップページ | まる子、歯が抜ける夢をみる。 »

まるままの本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/45856861

この記事へのトラックバック一覧です: 『斎藤一人の道は開ける』…永松茂久:

« いちにち恐竜三昧! | トップページ | まる子、歯が抜ける夢をみる。 »