2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

『ワンヴォイス ハワイの心を歌にのせて』

ハワイ、オアフ島で創立120年を誇る”カメハメハ・スクール”で、90年間続く伝統の”ハワイアン・スクール・ソング・コンテスト”。

毎年3月に開かれるこのコンテストに挑む生徒たちの姿を追った、感動のドキュメンタリー映画ですmovie

なにかハワイの自然を感じられる映画を…、と思ってレンタルショップで探していたところ、目にとまったのがコレeye

ハワイの歌声って、どんな感じだろう…。

ハワイでも、母国語のハワイ語を禁じられた期間があったのですが、その悲しい歴史を乗り越え、自分たちが誇りに思っている伝統文化を継承し、世界に発信していこうということで、ハワイ語の歌を大切にしているそうですshine

コンクールまでの一年間を追っているので、リーダーとなる指揮者の生徒の成長ぶりや、はじめはバラバラだったみんなの心が、ハワイ語の歌詞の意味ひとつひとつを理解し、歴史と伝統を学んでいくことで、ひとつになっていく姿が見られ、感動しましたnotes

情熱が込められた歌声は、聴いている人たちもひとつにして、とても美しくパワフルshine

ひとつひとつの言葉を大切に、練習を重ねた生徒たちが、本番を迎えたときの表情は、幼さの残る最初のときとは別人のように、自信や愛情が満ち溢れ、素晴らしい表現者となっていて…happy01

試験よりも、睡眠よりも大切に、毎日毎日歌を練習することで、自分が生まれ育った大地や祖先への愛情や尊敬や誇りが、しっかりと一人ひとりのなかに根づいたみたいですshine

私の中学、高校時代を振り返ってみても、こんなふうに学年のみんなが一丸となって取り組むことって、なかったです。

エネルギーは有り余っているのに、どこに向けたらいいのかわからなかったあの頃に、こんなふうに、自分のアイデンティティを形成するような、みんなで一丸となってやるイベントがあったらよかったのになぁ…、なんてconfident

最近は、いじめの問題がニュースにのぼっていますが、こんなふうに、みんなでひとつのことに全エネルギーを注ぎ込むようなイベントがあったら、いじめたりいじめられている時間はなさそうですsign03

2012年7月30日 (月)

あたりまえのことが、ありがたい

ひとりでは乗り越えられないことが起こったときに、そばにケアしてくれる家族がいることshine

励ましてくれる友だちがいることshine

遠くから祈ってくれる人がいることshine

私の強さを信じてくれる人がいることshine

そういう温かさが、私に希望を失わないようにしてくれることshineshine

(今回は思いがけない速さで「妊娠」が実現し、これまた思いがけない速さで流産となってしまったのですが、今度は、「妊娠し、おなかのなかで健やかに育て、無事に安産する!」というところまでイメージして、再トライしようという意欲のほうが、悲しみより強いです)

まる子が、おなかのなかで健やかに育ち、自分の力ですんなり生まれ、元気はつらつなことshineshineshine

もうすぐ、保育園のプール参観があるのですが、パパから、

「プール参観には、パパが行くからね」

と言われ、

「え、パパがくるの?」

と聞いたまる子ですが、

「ママは、行けないからね…」

の説明に、

「あぁ、そうだな」

とすぐに答えたまる子confident

そうそう、私の手術の朝、パパと行った保育園で、出迎えてくれた副担任の先生に、まる子はこう言ったそうです。

「ママのおなかのあかちゃん、しんじゃったの」

両手を合わせて頬につけて、ちょっと首をかしげる「ねんね」のポーズをしながら、自分から説明したんですって!

これには、パパも先生も驚いたみたいcoldsweats01

ふだんは、生意気で、大人の言うことをちっともきかない頑固者だと、ちょっとやっかいに思う場面もあるのですが、こういうときばかりは、まる子がまる子でいてくれることが救いですshine

2012年7月29日 (日)

花火

農家の忙しいこの時期ですが、私が動けないので、家事やまる子の子守りを、みんなで手伝ってくれていますhappy01

「もっと手助けしてやれれば、流産させないですんだのではないか…」

そんなふうに思っているようですが、こればかりは、赤ちゃん側の生命力の問題で、私たちのあずかり知らぬ領域です。

夕方、まる子は、パパが所属するおやじクラブで育てたジャガイモ掘りに出かけて行きましたclover

帰ってきて、よくよく顔を見ると、左のまぶたが少し切れ、かさぶたができていて…。

「おともだちの○○(なんて言ったのかな?)が、あたったの。

まるちゃんが、じゃましていたから、しょうがなかったの。

パパは、とおくにいたから、がまんしたの」

と説明してくれました。

もうちょっとで目に入るところでしたが、入らなくてセーフsign01

ほんとうは泣きたかったけど、まる子も、がんばったんですねhappy01

昨晩は、部屋の窓から、大きく上がる花火がたくさん見えましたshine

きっと、幸先が良いのでしょう!

2012年7月28日 (土)

まる子、耳がいたいと言い出す…。

昨日の午前中、流産の手術だったのですが、その日の朝、まる子は突然、

「みみが、いたい。

つばをのみこむと、いたい」

と言い、朝食を食べず、元気がなくなってしまいましたdespair

ちょうど、私の産院と、まる子の耳鼻科が隣同士だったので、旦那の運転で、先に耳鼻科のほうへまわってもらうことにしましたhospital

「まる子さん、今日は、どうしましたか?

また、耳が、かゆいですか?」

と先生に聞かれ、事情を説明すると…。

耳のなかや、のどなど、診てくれて…。

「う~ん、中耳炎でもない、耳はキレイですよ。

のどかな?

う~ん、のども赤くありませんね。

なんにもなってないようですよ、大丈夫ですよhappy01

との診断で、念のため、痛み止めと解熱効果のある薬を処方してくれました。

その後、パパがパンとジュースを買ってあげたら、パクパク食べたようですから、ママのことが心配だったのかもしれませんねconfident

少し遅れて行った保育園でも、楽しく過ごせたみたいですし。

「じゃあ、ママ、病院に行ってくるからね」

と言って別れたのですが、行くまえに、私のおなかに顔をつけて、こんなふうに話しかけてくれました。

「あかちゃん、ばいばいね。

また、ここにきてね。

おねがいだよ」

まる子にとっては、ほんとうに少しのあいだの姉妹でしたribbon

手術は、無事に終わり、今は、自宅で安静にしています。

産院に向かう直前まで、まる子と一緒にいられたことは、私の精神を通常の状態に保ちつづけるサポートになりましたhappy01

担当の看護師さんが、まる子の出産のときにお世話になった方ということもあり、手術のいろいろな不安を聞くことができたのも、おかげでした。

あんまり落ち込みすぎたり、パニックになってしまったら、うまくいくものも、うまくいかなくなるかもしれませんものねconfident

それにしても、意識がなくなる麻酔をしたのは初めてだったのですが、醒めきるまでの、夢かうつつかよくわからない状態は、不思議体験でした。

比較的早く覚醒したようで、順調に回復していますup

そうそう、この日は、近所のハヤト君ママのサオリちゃんが、

「保育園から帰ってきたら、うちで預かってあげるよsign01

ご飯も食べさせるし、お風呂にも入れてあげるspa

と言ってくれて、とっても助かりましたhappy01

まる子もハヤト君も、とっても楽しかったみたいで、ご機嫌で帰ってきました。

しばらく、家事は義母、子守りはじーちゃや旦那やあーりんたちにお願いして、私はゆっくり過ごそうと思っています。

メールや電話で励ましてくれる友だちや妹たちにも、ありがとうですshine

宿ってくれたお腹の存在にも感謝ですし、今回は、大きな感謝を感じられる出来事となりましたshineshineshine

2012年7月27日 (金)

「赤ちゃん、今回は、バイバイね!」

とっても短い妊娠ライフでしたが、昨日の検診で、流産だとわかりました…weep

母体が無理をしたとかじゃなく、染色体異常など、赤ちゃんに育たない原因があったとのことで、仕方のないことでした…。

一昨日は、危機感を感じて、レイキやヒーリングのできる友人たちに、遠隔でパワーを送ってもらったのですが…、ダメでした…。

でも、昨日の目覚めは、すごくスッキリとしたもので、前日までの不安や焦りがスッと消えていて、現実を受け止め、また次に活かそうsign01という、パワーになっています。

みなさん、ありがとうございましたっshine

悲しみが込み上げて、もちろん涙を流したのですが、術後1週間ほどの安静が必要と知り、すぐに、じゃあ、その日の夕食はどうしようsign02、とか、まる子の子守りは誰に頼もうsign02、といった目のまえのことに、意識が集中してしまうところが、主婦で一児の母ですね…coldsweats01

この妊娠は、受胎自体が強烈インパクトで、クリエイティブなパワーを強く感じていたので、はじめから、もし流産したとしても、この子の意志なのだから、尊重しようと思っていました。

なんとなく妊娠がわかって、よくわからないうちに出産を迎えたまる子のときとは、明らかに違いましたから…confident

まぁ、まる子はまる子で、妊娠初期にバリ島へ行ったり、台湾でバスにガタゴト揺られても、全然平気でしたし、私がつわりで弱ってるときでさえ、羊水のなかをぴょんぴょんジャンプする強者でしたけど…。

私のなかに一瞬でも宿ることで、自分のなかに生命が宿る素晴らしさや、私の夢をサポートしてくれる心強さを感じさせてくれたこの存在に、大きな感謝を感じていますshine

まだ手術を終えていないからかもしれませんが、私にも妊娠する可能性がまだあるかもしれない…、という意欲が、もうすでに芽生えていますしup

まる子は、赤ちゃんが生まれてこないことを知って、悲しいと言いました。

おなかに顔をつけて言いました。

「あかちゃんがしんじゃって、かなしい。

どうして、しんじゃったの?

すぐ、かえってきてね。

きてくれて、ありがとね。

こんどは、よぉく、そだってね」

そして、手術については、

「まるちゃんが、ウンチでなかったときみたいに、するんじゃない?

そうだったら、いたいよ。

だいじょうぶ?ママ…」

どうやら、浣腸のことを言っているみたい(笑)

この人には、いつも救われますhappy01

2012年7月26日 (木)

一年後の私へのメッセージ!?

土曜日に一回きりだと思っていた出血が、一昨日の夜からまた少しはじまって、昨日は何度かあって…sweat01

妊娠中に出血があったって言ってた幼なじみに、メールで状況を伝えたところ、最後に、

「今、mailto送る前に遠隔でパワー送ってみたぁ。

まるままちゃん、大丈夫!」

とエールを送ってくれましたshine

…そうだった、彼女にはレイキを伝授していたんだったflair

翌日も、妊娠中はおなかの張りとか出血、小さめだったこととかで不安だったけれど、レイキをしたことや、そのときに、おなかの赤ちゃんからメッセージをもらったことで、勇気づけられたり、気持ちが楽になったって、メールで励ましてくれて…。

さかのぼること、昨年の6月18日…。

ふっと、この幼なじみにレイキを教えてあげなきゃ…と思って、そうしたら、彼女もすぐにやりたい!って返事がきて、場所も日程もトントントンと決まって…。

そして、最中には、

「ママに、心配しすぎないように、伝えて。

私が、あなたを呼んだの。

私は元気だから、安心するように伝えて。

私もあなたをサポートするから、緊張しないで」

と、おなかの赤ちゃんからコンタクトがあって、感動したのでしたshine

このことは、そのときに、ブログに書いたのですが、読み返してみると、最後に、

『とにかく、幼なじみは心配性なので、おなかの赤ちゃんは大丈夫だから、心配するな!と伝えてもらいたくて、私を呼んだのですね』

なんて書いてあって…pc

書いておきながら、その一年後に、まさか自分も同じような状況になるとは、思ってもみませんでしたcoldsweats01

妊娠中の不安っていうのは、その状況に置かれてみないと、わからないものですね。

幼なじみの赤ちゃんは、その後無事に生まれて、今では、おめめクリクリおデコが可愛い女の子として、スクスクと成長していますhappy01

あのときの赤ちゃんからのメッセージは、もしかしたら、一年後の私に、いちばん伝えたかったのかもしれません!

ふしぎですshine

2012年7月25日 (水)

ゆっくり、安静に…

土曜日のお昼に出血があってから、日曜、月曜、火曜…、と安静に過ごしていますconfident

出血は、この一回きりなのですが、嵐のような激しい咳込みが続いていて、それが、喘息の発作を起こしたまる子のような咳込み方なので、家族を心配させていますdash

妊娠中は、ちょっとした体の不調も、敏感かつ慎重になってしまうので、すごく自分に向ける意識が集中します。

この激しい咳込みは、たいてい夜中はじまるので、もれなく寝不足になるのですが、そんなわけで、午前中の涼しい時間帯に昼寝したりなんかして、とたんに、妊婦らしい生活に切り替わってしまいましたconfident

保育園は、幼稚園のように、長い夏休みがないのがおかげで、しっかり休めてます。

さて、こんなに時間があるときに何をしよう…、といったときに浮かんだのが、撮りためてあったテレビ番組を、片っ端から見ることtv

全然見ていなかったので、当初録画していたドラマが終わって、新しいドラマまで録画されていたりして…coldsweats01

ちょっと今は、ドラマを見る気分ではないので、『アシタスイッチ』や『情熱大陸』のような、短いものを…。

今を一生懸命に熱く生きる人たちの素顔にせまるにつれて、なんだか、自分のなかの生きる力が、ふつふつと湧いてきそうな感覚になれましたhappy01

妊娠初期の出血、激しい咳込み…、ともすると、生死をさまよわせているようなふわふわとした不安に襲われそうですが、そんな弱気になっていられない!といった、強い気持ちにさせてくれる番組でしたshine

やっぱり、その人らしく、出せる力を精一杯出し切って生きている姿を見ることは、生きることに肯定的になる力になりますねup

2012年7月24日 (火)

パパといつまでお風呂に入るのか…

お風呂上りに、聞いてみましたspa

「まるちゃんは、いくつまで、パパと一緒にお風呂に入るの?」

すると…、

「いち、に、さん、し、ご、ろく、ひち、はち、きゅう、じゅう…」

と、このくらいまでは、ふんふんと聞いていたのですが、なんと、

「ごじゅうっsign01

までいってしまいました(笑)

「パパ!

まるちゃん、パパと、ごじゅうまで、いっしょにおふろにはいるよっsign01

パパは、

「あれあれ、ありがとう…」

と言っていましたが、きっと、そのときの自分の年齢を数えて、困惑していたに違いありませんcoldsweats01

2012年7月23日 (月)

「いいなぁ~」と思ったら喰ってしまえっ!

最近、いちばん変わったことshine

それは、うらやましがらなくなったことっsign03

たとえば、ラジオから、

「宝くじで、高額当選したんですっhappy02

っていうリスナーさんの話が流れていたとき…。

今までだったら、

「え~、いいなぁ~、ラッキーな人だなぁ~、ほんとうにそんなことがあるんだなぁ~」

っていう感じで、完全に他人事としてうらやましがっていたのですが、試しに、

「よしっ、私にも運がまわってきたようだゾsign01

ヤッターsign03shineヤッターsign03shineヤッターsign03shine

と、自分のことのように喜んだところ、なんと数日後、お気に入りのレストランのランチ券が、見事に当選したのですっhappy02

他人の良い話を聞いて、うらやましがったり、自分にはそんなことは起こらないなどと卑下してしまうと、その時点で、そういう良いことは起こらないのだ…、というふうに自ら決定(制限)してしまいますが、そうではなくて、それを自分の未来に起こる予言として喜んでしまうと、どうやら自分のものになってしまうようです…。

いいなぁ~、と思った時点で、すぐに、いやいや待てよ…、これは自分にも起こりうる予告なのだと思い直すup

これと反対のことは、難なく、無意識にやってますよね。

たとえば、アレルギーのある人が、花粉情報のニュースを見て、鼻がムズムズしてきたりとか…sweat01

今日はあの人に会いたくないなぁ~、って思っていると、バッタリ会ってしまったり…sweat01

自分にとって都合の悪いことを実現させてしまうのは、けっこう得意だったりして…coldsweats01

こうなったらイヤだなぁ~ってことこそ、他人事として切り離して、こうだったらいいなぁ~ってことを、自分のものとして喰ってしまうsign01

食事をするときだって、そうですよね。

キライなものは、脇によけて、好きなものを食べる…restaurant

そんなふうに単純にできたら、少しずつでも確実に、現実が変わっていきますscissors

やってみてよかったので、最近は、そんなふうにしてますsmile

2012年7月22日 (日)

「あしたは、ゆっくりやすんでね…」

昨日のお昼、ちょっとした出血があり、びびってしまいましたshock

まる子のときの今頃は、車酔いみたいな気持ち悪さが出てきた頃で…、しかも、初めての緊張感もあって、ゆっくりしていたような気がするのですが、二人目で、しかもつわりもないとなると、妊娠していることをつい忘れて、いつもどおり仕事をしたり、家事をしたりしてしまっていて…coldsweats01

それに、まる子のときには、出血することってなかったんですね。

妊娠初期には、お腹が張ったり、出血したりっていうことは、まぁあることらしいですが、動揺してしまいます。

でも、こればっかりは、赤ちゃんの生命力を信じるしかありませんsign01

事情を知ったまる子が、昨晩寝るときに言いました。

「ママ、あしたは、ゆっくりやすんでね…」

それから、いつもは、あついっ!と言ってイヤがるのに、

「ママ、てをつないで…」

と言って、つないだとたんにスーッと眠ってしまいましたsleepy

まる子の優しさと、心配している気持ちが伝わってきて、私の気持ちも落ち着いてきましたconfident

今日は、あーりん(実家の母)にまる子を預ける予定です。

言うことをきかないし、動きが激しいので、

「まる子の子守りは、かなわんっsign01

と言われているのですが、たまにこういう可愛いところを見せるのです。

2012年7月21日 (土)

顔を洗うは至難の業!?

静かにしてるなぁ~、と思っていたところ、なんと、あーりん(実家の母)の口紅やファンデーションを塗りたくり、オバQ(な、なつかしい…!)となって、私たちの目のまえに登場した、まる子shock

「今日は、石けんで顔を洗うよっsign01

と怒られ、お風呂のときに、パパに石けんで顔を洗ってもらいましたspa

ふだんは、顔を水でぬらすこともためらうくらいなのですが、この日は、目にも鼻にも水が入らず、うまくいったようで、次の日も、

「今日も、石けんで顔を洗って!」

と言いました。

パパは、仕事の会合で留守だったので、私が洗ってあげたのですが、前日はうまくできたのに、この日は、水をかけたら、すぐに鼻に入ってしまったようで、大騒ぎっsign03

鼻水がジョロ~~~~~ンと出て、大泣きですっcrying

お風呂から出てしばらくは、くしゃみが止まらず、何度もティッシュで鼻をかみ、

「パパのときは、うまくできたのに…despair

とブツブツ言っていました。

でも、最後には、ティッシュに本当にお世話になったと感じたようで、

「ティッシュさん、ありがとうheart02

と言っていましたけど(笑)

さてさて、今晩は、顔を洗ってって、言い出すでしょうか…?

もう懲りちゃったかな…。

2012年7月20日 (金)

「やおやさん、で~すっ!」

まる子の通園バッグからは、いろいろな物が出てきますhappy01

その日作った紙類(おりがみのハートとか、広告の剣とか…)や、お友だちからのお手紙…。

最近は、自分たちで作った夏野菜のおすそ分けも登場しますclover

「いち、に、さん…」

ビニール袋のなかから、インゲンが7本と、プチトマトがひとつ出てきました。

並べ終わったあと、

「やおやさん、で~すっscissors

まぁまぁ、小さなやおやさんですこと(笑)

Dvc00031

2012年7月19日 (木)

ストレッチをするまる子

昨晩は、私のストレッチのクラスでしたrun

あいにく、まる子といつも一緒に遊んでくれる、中一のマイカちゃんが、学校行事の登山でお休みだったのですが、まる子も一緒にストレッチに参加してやっていました。

先生の目の前、ど真ん中のポジションで…coldsweats01

以前は、腹筋くらいしか一緒にやらなかったのですが、

「これ、バレエでも、やってるよ!」

とか言いながら、ひと通りやっていました。

私の体のカタイのを、横目で見ながら、

「フーッて、はきながらやるといいんだよっsign01

などと、アドバイスまでしてくれたり…。

なんだか妊娠して、ますますカタクなったみたい…coldsweats01

まる子の出産で、腰や股関節を痛めたり、体力がなさすぎて、ヘロヘロになってしまったので、少しずつ筋トレや柔軟を取り入れて、気をつけていこうと思っています。

そもそも、あのときは、15キロも太ってしまって、向こうから来た友だちから、私だとわかってもらえなかった経緯があるので、そんなに太らないようにしないと…sign03

以前だったら、部屋中を走りまわったり、いたずらしたりして、マイカちゃんがいないとほんとうに困り者だったまる子ですが、一緒にストレッチができるようになるとは…、嬉しかった母ですhappy01

2012年7月18日 (水)

まる子とケンちゃん、2012.7

Dvc00026

Dvc00027

反発しながらも、まる子と同じようにしたがる、ケンちゃん。

Dvc00028

ふたりとも、花火はおっかなびっくりだったね(笑)

楽しい3日間だったね!

2012年7月17日 (火)

「コレ、かしてあげれば、よかったな…」

ケンカしたり、くっついたりしながら過ごした、ケンちゃんとの3日間。

お互いに対抗意識が強いので、なかなか微妙な関係です。

昨晩、実家で花火をしたあと、再会を約束してバイバイしたのですが、その帰りの車で、まる子が一言…。

「コレ、ケンちゃんに、かしてあげれば、よかったな…」

車の中にいつもある、ボタンを押すと音が出る車のオモチャのことなのですが、この日の午後、ケンちゃんたちと一緒に車に乗ったとき、貸してあげられなかったのです。

これまで、まる子は、ケンちゃんが帰ると、ホッとしたような顔で、

「ケンちゃんが、かえって、よかった」

と言っていたのですが、今回は、ちょっと心境が変わったようです。

以前より、ケンちゃんは自分より小さい子っていう意識が強くなり、ケンカをしかけることが減りましたから…。

まる子も少しずつ「お姉さん」になっていくのですね。

2012年7月16日 (月)

久しぶりに親戚集合!

Dvc00006

この連休は、浜松の妹たちだけではなくて、東京と藤枝からもおじさんたちが来ていますhappy01

藤枝のおじさんは、86歳ということでしたが、ひとりで電車に乗って来たそうで、まだまだ背筋もピッと伸び、お元気そうでした。

東京のおじさんも、顔の色ツヤよく、おいくつになったのかわかりませんが、ほとんど変わりのない様子で…。

おふたりがもっと若い時には、本当にしょっちゅう、突然やって来て、陽気な話をしてくれたものでしたが、前回会ったのが、私の結婚式ですから、あれから5年ぶりの再会でしたconfident

私にとっては、もうすでに遠い昔の記憶になってしまったその結婚式ですが、おじさんたちは、まだまだ鮮明に覚えておられるようで、その時のことを、いろいろとお話してくれましたbell

この日は、ほかに、父の姉たちも来て、にぎやかな夕食になりましたrestaurant

まぁ、いちばんにぎやかだったのは、まる子ですけれど…coldsweats01

まる子の到着で、大人ばかりだった場が、とたんに騒々しくなったようです。

帰りに、父のいちばん上のお姉さんを、自宅まで送っていったのですが、その車中で、

「まるちゃん、私は、あなたのおじいちゃんのお姉さんですよ」

と自己紹介してくれたのに対して、まる子ときたら、

「おねえさんじゃなくて、おばあちゃんでしょ。

おけしょうは、してるけどね」

と答え、おばさんを爆笑させました。

「そうね、あなたからすれば、私は、おばあちゃんに見えるわね。

久しぶりだわ、そういう発想は…」

と…。

おばさんは、まる子の車で送ってもらうことを想定して、まる子のために、手作りのゾウさんを用意してくれていましたshine

タオル一本で、丁寧に作られたゾウさんは、お手拭きにもなるようです。

このおばさんは、本当に洋裁が得意で、子どもの頃、結婚式や入学式のためのワンピースを、いくつも作ってもらったものです。

それがまだとってあって、ミーミの結婚式に、まる子が着たのですが、きっと、入学式にも、着るのでしょうribbon

たまに親戚で集まって、昔の懐かしい話などをして、場を温めるのも、いいものですね。

2012年7月15日 (日)

まる子、ケイチを困惑させる…。

Dvc00004

昨日から、浜松の妹ケイチと、息子のケンちゃん(2歳)が、実家に帰省しています。

夜、花火をする約束をていたのですが、あいにくの雨模様…rain

それでも、通り雨かもしれないので、いちおう実家に向かって…。

雨は小降りになり、そろそろ上がりそうではありましたが、肝心のケンちゃんが、ケイチの膝の上で、寝てしまっていましたsleepy

「雨が降ってるから、まるちゃんは来ないよって言ったとたん、寝ちゃった…」

早起きして家を出て来たうえに、お昼寝をしなかったんだそう…。

でも、まる子が来るギリギリのところまで、起きていてくれてたんだconfident

ケンちゃんを部屋に寝かせてから、まる子の気がすむよう、屋根の下で、少しだけ花火をすることにしました。

そうしたら、そのうちに雨が上がって、もっとたくさんの花火をすることができましたhappy01

去年、こわがっちゃってまったくダメだったまる子でしたが、今年は、バチバチと音がしない手持ちのものであるなら、自分の手に持ってやっていました。

部屋に戻ってから、まる子は、ケイチにベタベタ…。

「ちょっと、まるちゃん、近づきすぎっcoldsweats01

嫌だと言われると、よけいにやりたがるのが、まる子です。

ケイチの膝の上に乗ったりと、くっつき虫になっていました。

さらに、帰りは、おんぶで車まで送ってもらう始末…。

私の妊娠が発覚してから、抱っこやおんぶをせがまなくなったまる子でしたから、甘えられる良い相手を見つけたようですwink

2012年7月14日 (土)

もし、まるちゃんだけだったら…

昨晩、お風呂上がりの着替えのときのこと…spa

自分で着替えると言って、はじめたのですが、やっぱりオムツは自分ではできなくて…。

私がやってあげてるときに、こんなことをしゃべり出しました。

「もし、まるちゃんだけだったら、どうする?」

「それは、夜オムツして寝るのが、まるちゃんだけだったら…ってこと?」

「…そう。

せんせいにも、いってないから…」

「大丈夫だよ、だれだって、いつかははずれるんだから」

そう言って、ギュッて抱きしめてあげると、ちょっと安心したみたいで、

「○○くんには、オムツだって、いったよ。

○○くんは、オムツパンツだって。

○○ちゃんも、オムツだって。

ほかのひとには、きいてないけど…」

夜のオムツについて、この日は饒舌に語るまる子。

「恥ずかしいの?」

と尋ねると、

「うん。」

と言いました。

恥ずかしいって気持ちが出てくるなら、夜のオムツがはずれる日も、そう遠くないかもしれませんねsmile

2012年7月13日 (金)

心音に感動!

昨日は、分娩予約をした産院で、初めての検診をしてもらいましたhospital

ここは、まる子を産んだ場所なので、初めての妊娠から出産の流れを思い出して、ちょっと緊張…。

診察室に入って、順番を待っているとき、どこかから、だれかのおなかの赤ちゃんの心音が聞こえてきましたnote

しっかりと、確かな音…。

人ごとながら、感動してウルウルしてしまいましたweep

内診が終わり、今のところ異常はないようだけれど、なんといってもまだたったの5週目っ!

ちょっとした影が見える程度なのです。

7週目くらいまでは、育つかどうか、様子を見る時期らしいので、大事にするように言われて帰ってきました。

妊娠して喜んでも、その次は、果たしてこの子が育っていくかどうかで、新たな不安が頭をよぎって…coldsweats01

でも、すぐに、不安に焦点を当てるのをやめて、どんな未来を想像し、創造していくのか…、その主導権は自分にあることを思い出しました。

いくつもある未来のパターンから、自分は何を選びとっていくのか…。

心がハッピーになるものを、選んでいきましょうnote

2012年7月12日 (木)

まる子、蚊取り線香の煙にむせる。

蚊に刺される季節がやってきましたwave

我が家では、蚊の対策に、毎年蚊取り線香が活躍するのですが、今年は、まる子もですが、私も、喉を痛めていて、この煙で咳き込んでしまいましたdash

これでは、すぐに撤廃です…。

翌朝、私が目を離したすきに、まる子がいたずらしたようで、この蚊取り線香は、ポキポキと細かく折られ、惨憺たる姿でたたずんでおりましたとさ…(笑)

…なにか、ほかの手立てを考えないと…。

2012年7月11日 (水)

意志の力

「子どもは授かりもの」

ずっとそう思っていましたconfident

二人目ができても、できなくても、それは運命…。

私に選択権があるわけじゃないんじゃないかな…。

出産も子育ても、やってみれば、とっても大変っsign01

まわりのみんなみたいに、

「子どもが、欲し~いheart01

なんて、とてもカンタンに言えないよ…。

だから、二人目に関しては、とっても消極的な希望しかなくて…。

でも、そんな姿勢が、ここ数ヶ月で激変っsign01

妊娠に積極的なママや、子育ても仕事もガツガツこなすパワフルママとの出会いで、気持ちがグッと前向きになったり、

妊娠には、『「絶対に妊娠する!」という強い意志を持つ』ことが大切だというフレーズを見て、

「一度くらい、絶対妊娠する!っていう、明確な意志表示をしてみよう!」

と決意したのです。

そんな時期に、ここのところ何度か登場している、赤ちゃんからのメッセージ本『だから、生まれてきた。』と出会って…。

Dvc00006

そのなかに、決定的メッセージを見つけましたshine

『奇跡をおこして』

生まれてくる瞬間は、

寒くて、暗くて、息もできなかった。

すご~く苦しかったんだよ。

でも、生まれてすぐ、

ぼくはママの愛を感じた。

ママ、とってもよろこんだでしょう?

あのとき、

「うまれてきてよかったぁ」って思った。

「私がママよ」って声がしたから、

ぼくは、ワクワクして

「知ってるヨ」って答えた。

ママの声は、

おなかにいるときから聞いてたもん。

ママの歌声も、大好きだもん。

ママは、奇跡を起こした。

むかしむかし、

水に浮かんだちっちゃな細胞が、

何十億年もかけて進化して、ヒトになった。

その膨大なプロセスを、ママはおなかの中で

猛スピードでやっちゃったんだ。

たった1個の細胞から”ぼく”を造ったんだよ。

ぼくは、ママが奇跡を起こさなかったら

生まれてこれなかった。

それを"神さまの奇跡"っていうなら、

ママは、神さまの名アシスタント!

なのに、ママったら、

まだ自分の力に気がついてないみたい。

もしかして、

「自分の人生を自由にあやつれるはずがない」

って思ってるんじゃない?

ママの人生は、ぜんぶ

ママの胸の奥にある”思い”からはじまるのに…

ママが自分の力を信じて、

だれかをしあわせにしたいと心から願えば、

いつだって奇跡は起こるよ。

ほんとうに、そのとおりっsign03

受け身で待ってるんじゃなく、明確に意図すれば、適切なタイミングで現実が起きてくるsign01

そのときには、ちゃんと協力者もあらわれるし、なにも心配することはないんだなぁ~。

これは、今回みたいな「妊娠する」だけじゃなくて、あらゆることに応用できそうですhappy01

2012年7月10日 (火)

まる子の好きな店

Dvc00028

土曜日、幼なじみのナッチョと、10ヶ月になるキラリちゃん、まる子と私でイタリアンランチをしましたrestaurant

キラリちゃんは、ぼちぼち離乳食がはじまったところなので、パスタなど食べられるはずもなく、持参した細切り食パンやおせんべいを…。

「ゆっくり、食べてね(ママたちが食事してるあいだ…)」

と、ひとつずつあげているのに、いつの間に食べちゃったの!?、とびっくりするくらいバクバク食べていました。

食欲旺盛なキラリちゃんですから、ほんとうは一緒に食べたかったんでしょうねconfident

まる子ときたら、そんなキラリちゃんのお世話がしたくて、お茶を飲ませようとしたり、おせんべいを出してあげたり…。

以前は、力任せに触ったり、にぎったりして、泣かせるほど迷惑がられていましたが、だいぶ優しくできるようになりましたup

でも、最後の一枚になったおせんべいを、自分が半分パクリとやったときには、ゲンコツが待っていましたけど…。

まったく、油断も隙もありませんっsign01

「おいしかった。

キラリちゃん、かわいかった…happy01

と、満足気なまる子。

実家の近くにある、このパスタ屋さんは、まる子の大のお気に入りlovely

この日は、食べ放題になっているアンチパスタの、鶏肉のグリルやドリア、野菜スープ、それから、海老とレタスのクリームソースパスタをきれいに平らげたのでした~。

2012年7月 9日 (月)

まる子の乳しぼり

昨日、夕飯の仕度を手伝ってくれたまる子でしたが、途中でイヤになったようで、ヤギさんの世話をしに行くじーちゃに、ついていってしまいましたdash

帰ってきてから聞くと、乳しぼりを手伝ったようです。

先日のヤギ市で、子ヤギたちが旅立ったので、お母さんヤギの乳を、しばらく飲めるようになったんですねhappy01

ヤギの乳は、アレルゲンがないので、アレルギーの人でも飲めるようで、近くの短大の先生が研究し、さかんにすすめているとか…。

昔は、この辺は、どこの家にも一匹はいて、オッパイの出ないお母さんは、赤ちゃんにヤギの乳を飲ませたとも、聞いていますear

夕飯の食卓で、まる子は、その乳しぼりの手つきを披露して、私にやり方を教えてくれました。

ほんとうに、ちゃんとしぼれたのかなぁ~sign02

まる子とハイジが重なった瞬間でした(笑)

2012年7月 8日 (日)

ママに赤ちゃんが!?…まる子の反応は…

おなかに赤ちゃんがいることは、まる子にすぐに伝えましたconfident

確実になるまで待つか…、一瞬ためらいましたが、もうまる子にはついていけない、と思ったので、その日のうちに伝えました。

一緒になって走ったり、なわとびをしたりしていますし、抱っこやおんぶもしょっちゅうでしたから、ある日突然、理由もなく断っても、きかないだろうし、関係がこじれると思ったからですdash

(まる子に言うってことは、必然的に、みんなに知れ渡るっていうことですねcoldsweats01

ここのところ、おなかにいた赤ちゃんが生まれてくるっていう内容の、ドキュメンタリー的な写真絵本を好んで読んでいた彼女は、知らせてすぐはキョトンとしていましたが、もう抱っこやおんぶなどと、せがまなくなりました。

まる子の日常生活で、聞き分けがよくなることは決してありませんが、私の身体に対する気遣いは、できる年頃のようですhappy01

2012年7月 7日 (土)

サンキュー、ベイビー!!

一昨日、私のお腹に、赤ちゃんがいることが発覚しました~shine

まだ4週目なので、とても微妙な時期ではありますが、ご報告いたします!

妊娠がわかってから、ここ数週間を振り返ってみますと、そのサインとなるいくつかの兆候がありましたflair

まず、このブログでも紹介しましたが(6/23)、ふらっと立ち寄った書店で見つけた、『だから、生まれてきた。~赤ちゃんの伝言』という本book

Dvc00006_2

パラパラと眺めていたところ、下腹に生命力というか、なにかパワフルなものを感じて、思わず買ってしまったんですよね!

そのときまで、ちょっと妊娠&出産に対して、不安や心配があって、消極的なところもあったんですが、そういったものがすべて払拭されて、強く前向きに変わって…。

赤ちゃんを迎えることが、とっても素晴らしいことで、自分の人生がより豊かになる…、というような…shine

それから、レムリアンヒーリングを受けたとき(6/27)の、私へのメッセージ…。

『今、あなたにたくさんの祝福がやってきています。』

『CONGRATULATION!』

あのときは、とっても抽象的だったけれど、今となってはズバリ!、ですsmile

最後に…。

ここのところ、『今日からはじめよう!自分浄化レッスン 21日間実践プログラム』(矢尾こと葉著)という本を使って、自分をスッキリさせていましたbook

Dvc00026

完璧にはできなかったけれど、21日間かけて、本のメニューをこなしていたのですが…。

奇しくも、その第一日目に、上記の赤ちゃんの本に出会って、最終日に病院で妊娠がわかったのですsign03

自分が突然、妊娠したこともびっくりですが、この一連の流れにもびっくりしていますsign03

赤ちゃんって、ほんとうに奇跡なんだなぁ~shine

はじめての妊娠(まる子)では、なにがなんだかわからず、え、これからどうなるの…!?、といった戸惑いの気持ちだったのですが、今回のスタートは、ずいぶんちがいます!

なにしろ、感謝からはじまったのですから…confident

そして、予定日は3/9(サンキュー)なのです…shine

2012年7月 6日 (金)

子ヤギの旅立ち

Dvc00006

昨日の朝、2匹の子ヤギたちが、お母さんヤギから離れて、旅立っていきました。

年に一度おこなわれるヤギ市に出されたのです。

7時をちょっとまわった頃、玄関のチャイムが鳴り、まる子はこの音でようやく起きたのですが…、農協の畜産課の方が迎えに来てくれました。

お母さんヤギというのは、今まで一緒だった子どもたちが、突然いなくなるので、しばらく泣くようなのですが、このお母さんは、全然泣かなかったとか…。

そして、子ヤギたちは、両方ともメスだったのですが、今までにないほどの高値で売れ、形が良いということで、賞もいただいたようです。

ということで、じーちゃ、ご満悦の一日でしたhappy01

Dvc00015


2012年7月 5日 (木)

メロン、大好き~(*´∀`*)♪

昨日、わが家に、メロンが届きました。

ちゃ~んと糖度センサーを通った、甘いものが5玉ですっ!

まる子は、メロンが大好きなので、食べやすく切ってやると、ひとりで全部食べてしまう勢いっsweat01

昨晩は、私のストレッチのクラスがあったのですが、一口大に切ったものをタッパーに詰めて、リュックに入れてもっていきました。

毎回、まる子は、リュックにお菓子や水筒などを入れて、やっぱりお母さんと一緒に来る、中二のマイカちゃんと食べるのが、楽しみなのですdelicious

マイカちゃんは卓球を一生懸命やっていて、練習の帰りに寄るので、毎回お弁当を持参。

まる子がもっと小さいときなどは、食べず嫌いなものを、うまいこと言って、食べさせてくれたりもしていましたsmile

まる子ときたら、マイカちゃんと一緒に食べるようにもって行ったメロンを、来るまえに、ほとんど食べてしまって…。

ご飯を食べるのには、すご~く時間がかかるのに、メロンは一口でほおばって、ご満悦のまる子なのでしたheart01

2012年7月 4日 (水)

もうすぐ夏祭り♪

まる子の保育園では、明日の「夏祭り」に向けて、玄関やホールの天井や壁に、ぎっしりと七夕らしい手作り飾りが、飾られていますshine

まる子の名前の書かれた、おりひめとひこぼしの飾りもあり、貝がらつなぎやお星さま飾りも作ったとか…。

昨日、送っていったときに、笹がホールに用意されていたので、まる子の短冊も飾ってきましたhappy01

このお祭りは、年長さん主催らしく、年長さんたちは、せっせと準備に励んでいるようです。

まる子は年中ですが、来年は忙しい夏になりそうですdash

短冊にしろ、飾りにしろ、去年と比べると、断然上手にできるようになりましたhappy01

どんな夏祭りになるのかな?

保護者は参加しないので、内容はナゾなのですが、はしゃいでいるまる子の顔が、目に浮かぶようですconfident

2012年7月 3日 (火)

『整体から見る気と身体』…片山洋次郎

Dvc00004

日曜日の朝、毎夏恒例、人形劇フェスタのチケットを買うために、並んでいましたdash

今年は、日曜日で、雨降りだったからか、いつもより並んでいる人が少ないような…。

それでも、順番がくるまで1時間くらい待ち、お目当てのものを買うことができましたhappy01

チケット会場では、イスが用意されていたので、待っているあいだ読んでいたのが、この本です。

適当な文庫本が、これくらいしか見当たらなかったんですねcoldsweats01

ちょうど、「病気は生きることの一部」という章のなかに、まる子がお世話になっている(?)「喘息」の記述を見つけて…。

『例えば、病原菌などによらずに皮膚に炎症を起こしたり、鼻の粘膜や喉の粘膜、気管支の粘膜などに過剰に炎症を起こすのを、一般的にアレルギーといっていますが、それも一つの適応の仕方です。

 

ある所で気の流れがつかえたり悪くなったりしているときに、炎症を起こすと気の流れがよくなる、あるいは発散の仕方がよくなるということが一般的にいえる、そのために炎症を起こしているんだといえるんですね。

 

別の仕方で流れがよくなってしまえば、それはそれでバランスがよくなるんですが、アレルギーという形でもバランスをとることができるということだと思います。

 

ですから、それは病気というよりは、今の自然環境とか社会環境に対する、一つの適応の仕方だと考えられるんですね』

 

…なるほど~、まる子は、喘息で、体のバランスをとっているんだ…confident

 

『皮膚の表面で炎症を起こしてバランスをとればアトピー、気管支の方でバランスをとろうとすると喘息になる…』

アトピーって、見える部分が炎症を起こすから、かゆそうだし、見ていてかわいそうに感じますが、喘息は気管支の炎症で息苦しくなるわけですから、アトピーのほうがより安全だとか…。

さらに、「『病気を経過する』とは」という章のなかでは、

『喘息の場合でも、全体の気のバランスからいうと、特に頭の方にエネルギーが集まってしまうのですね。

頭の方に集まって、足の方に流れていかない。

体の緊張ということからみると、肩の周りとか首の周りが、とくに発作を起こしているときはすごく緊張してしまって、肩甲骨が上の方に引っ張り上げられるような状態になってしまいます。

背骨でいうと、背骨が上の方に持ち上げられるような、引っ張り上げられるような格好で、背骨と背骨の間がかなり開いてしまう。

だから、発作を起こしているときでも、肩の周りの緊張をそうっと触って緩めてやるだけでも、かなり呼吸が楽になる。

全体的なバランスとしては、やはり頭の方にエネルギーが集まらないように、足の方に流れるようにしてやる…』

まる子の喘息は、ホコリやダニなどのアレルゲンに反応する、というふうに理解していたのですが、それは外因であって、内因として、そういうものに反応することで、体のバランスをとりたいんですねconfident

一つの症状のあらわれに対して、全体的な見方をすることで、まる子の性質がさらにわかったような気がします!

2012年7月 2日 (月)

久しぶりのご機嫌タイム♪

昨日は、朝から雨が降っていて、ちょっと肌寒い感じだったのですが、夕方、まる子が、温泉に行きたい!、と言い出しましたrain

温泉に行くのが億劫に感じられて、ここのところ遠のいていたのですが、まる子の押しの強さに負けて、旦那も重い腰を上げてくれました。

そして、まる子は、

「パパと、入るっsign01

と、男湯のほうへ行ってくれたので、私はひとり、ゆっくりと湯船に浸かることができて…spa

ここのところ、腰や肩が凝って重たい感じがしていたのが、ゆるゆるとほどけて、スッキリ体が軽くなったみたい!

気持ちも軽くなって、ご機嫌になってくるのを感じましたnotes

すると、どこかから、おばさんのリラックスした鼻歌が聴こえてきて…。

みんな気持ちよくなっているんですねぇhappy01

やっぱり、温泉はいいなぁ~heart04

まる子と一緒だった旦那は、

「ちょこちょこして、大変だったsweat01

髪を洗っているあいだに、どこかに行っちゃったと思ったら、露天風呂で、知らないおじさんと話してた…」

と、リラックスどころではなかったようですが…coldsweats01

ママにとっては、久しぶりの体が喜ぶリラックスタイムshine

まるちゃん、ありがとうねheart04

2012年7月 1日 (日)

まる子、七夕の切なる願い…2012

保育園の夏祭りを5日にひかえ、この週末に、まる子は、笹に飾る短冊を持ち帰ってきました。

願いごとなどを自由に書いて、週明けに、保護者会(パパたち)で用意した笹に飾るようで…。

今年はどんな願いごとを書くのか、楽しみにしていたのですが、第一筆になんと…、

『かみのけが ながーくなりますように』

と書くではありませんかっsign03

プールがはじまる前に、ショートカットにしたばかりなのですが…。

あんまり気に入っていなかったのですね(笑)

それから、もう一枚には、

『すまいるぷりきゅあ さにーに なります』

と、決意表明を…sweat02

書きなれない縦書きということもあって、ひっくり返ってしまった字もあるし、大小様々、なかなかユニークな出来栄えになりました。

それぞれの端に、私がカッコ書きで翻訳文を追加。

良かれと思ってやったのですが、

「まるちゃんも、ママみたいに、じょうずにかきたかったけど、できなかった~~~~crying

と泣かれてしまいましたsweat01

ここのところ、こんなふうに、悔し泣きする場面がチラホラ…。

いままで、転んだり、怒られたりしても、めったに泣かない娘だったのですが、「くやしい!」とか、ママに怒られて悲しいときに、すぐにウルウルするようになりましたweep

だんだん状況がわかってきたということでしょうか…。

Dvc00042

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »