2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 久しぶりのご機嫌タイム♪ | トップページ | もうすぐ夏祭り♪ »

2012年7月 3日 (火)

『整体から見る気と身体』…片山洋次郎

Dvc00004

日曜日の朝、毎夏恒例、人形劇フェスタのチケットを買うために、並んでいましたdash

今年は、日曜日で、雨降りだったからか、いつもより並んでいる人が少ないような…。

それでも、順番がくるまで1時間くらい待ち、お目当てのものを買うことができましたhappy01

チケット会場では、イスが用意されていたので、待っているあいだ読んでいたのが、この本です。

適当な文庫本が、これくらいしか見当たらなかったんですねcoldsweats01

ちょうど、「病気は生きることの一部」という章のなかに、まる子がお世話になっている(?)「喘息」の記述を見つけて…。

『例えば、病原菌などによらずに皮膚に炎症を起こしたり、鼻の粘膜や喉の粘膜、気管支の粘膜などに過剰に炎症を起こすのを、一般的にアレルギーといっていますが、それも一つの適応の仕方です。

 

ある所で気の流れがつかえたり悪くなったりしているときに、炎症を起こすと気の流れがよくなる、あるいは発散の仕方がよくなるということが一般的にいえる、そのために炎症を起こしているんだといえるんですね。

 

別の仕方で流れがよくなってしまえば、それはそれでバランスがよくなるんですが、アレルギーという形でもバランスをとることができるということだと思います。

 

ですから、それは病気というよりは、今の自然環境とか社会環境に対する、一つの適応の仕方だと考えられるんですね』

 

…なるほど~、まる子は、喘息で、体のバランスをとっているんだ…confident

 

『皮膚の表面で炎症を起こしてバランスをとればアトピー、気管支の方でバランスをとろうとすると喘息になる…』

アトピーって、見える部分が炎症を起こすから、かゆそうだし、見ていてかわいそうに感じますが、喘息は気管支の炎症で息苦しくなるわけですから、アトピーのほうがより安全だとか…。

さらに、「『病気を経過する』とは」という章のなかでは、

『喘息の場合でも、全体の気のバランスからいうと、特に頭の方にエネルギーが集まってしまうのですね。

頭の方に集まって、足の方に流れていかない。

体の緊張ということからみると、肩の周りとか首の周りが、とくに発作を起こしているときはすごく緊張してしまって、肩甲骨が上の方に引っ張り上げられるような状態になってしまいます。

背骨でいうと、背骨が上の方に持ち上げられるような、引っ張り上げられるような格好で、背骨と背骨の間がかなり開いてしまう。

だから、発作を起こしているときでも、肩の周りの緊張をそうっと触って緩めてやるだけでも、かなり呼吸が楽になる。

全体的なバランスとしては、やはり頭の方にエネルギーが集まらないように、足の方に流れるようにしてやる…』

まる子の喘息は、ホコリやダニなどのアレルゲンに反応する、というふうに理解していたのですが、それは外因であって、内因として、そういうものに反応することで、体のバランスをとりたいんですねconfident

一つの症状のあらわれに対して、全体的な見方をすることで、まる子の性質がさらにわかったような気がします!

« 久しぶりのご機嫌タイム♪ | トップページ | もうすぐ夏祭り♪ »

まるままの本棚」カテゴリの記事

コメント

このような方向から、『疾病』といわれるものを捉えることができると、何が何でも、症状を抑える方向にのみ思考することが少なくなりますね。
理想的なママさんですよ~♪

でも本人の辛さを軽減するための一時的な対処としては西洋薬は優れものです。
頭にエネルギー=【気】が上がっている状態と捉えてみました。【気】を意識的にコントロールできる呼吸の大切再確認ですね。喘息に水泳といわれているのは皮膚の鍛錬と同時に意識的な呼吸コントロールがよい鍛錬になっているのでしょうね。

∞万華鏡∞さん、おはようございますっ!
さっそく、ありがとうございますっhappy01

そうですね、ゼロゼロがひどいと日常生活に支障をきたすので、定期的に西洋薬は利用しつつ、この症状の根本を見つめています。

私は喘息ではないですが、花粉症のアレルギーなどがあるので、気が頭に上がりやすいってところが、まる子と共通で、自分自身にも参考になりました。
最近の意識的な深呼吸が、効果を発揮しています。

いま、保育園ではプールが始まったので、体を鍛えられそうですup

こんばんは~

足を温めるとマシなんじゃない? 足湯するとか。 まる子ちゃんには無理かな? 家の孫は台所の流しに洗面器かな?にお湯入れて横の調理台に座ってやってた事がありました^^

大人はその気になれば出来るのだけど、小さな子は熱いとかすぐに止めちゃうのよね~^^; 

後背中にアイロン当てると背中の筋肉が緩んで楽にならないかな?
兎に角冷やさない!ってのを言ってる人なもんで(笑)

スイート☆ポテトさん、おはようございますっ!
アドバイス、ありがとうございますっshine

足が冷えるタイプで、足を温めようとするのですが、冬ならまだしも、暑がられてしまいますcoldsweats01
肩とか背中とか、ほかの部分でも嫌がられるのですが…。
試行錯誤中です。

お孫さんも喘息があったんですか?
いまは、治まりました?

おはようございます

孫はアレルギーですね。子どももアトピーだったので、遺伝?
ま、色々説はありますので、その話は置いておこう~^^;

夜に何処かへ出かけたからと、足湯している写メを送ってくれましたv^^
あ、寝てから足の裏にぬるい温度のアイロンかける!なんてのは? 勿論タオルの上からですが。 ちょっとでいいんだと思いま~す!

その子その環境で出来る事も変わってくるだろうし、効果も違うと思いますので、参考まで(^☆) ガンバ('-^*)/

スイート☆ポテトさん、こんにちは!
お返事ありがとうございますhappy01

そうですね、寝ているときに…、がいちばんかもしれません!
寝たふりしているうちに、こちらが先に寝ちゃうのが常ですが…(笑)

スイート☆ポテトさんも、同じように母として悩んだ時期があったんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/46138514

この記事へのトラックバック一覧です: 『整体から見る気と身体』…片山洋次郎:

« 久しぶりのご機嫌タイム♪ | トップページ | もうすぐ夏祭り♪ »