2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« まる子語録 2012.8 | トップページ | 真実は愛のなかに…(2) »

2012年8月24日 (金)

真実は愛のなかに…(1)

みなさんには、コンプレックスってありますか?

私にも、挙げはじめればいくつでも出てきそうですが…。

いちばん目につくコンプレックスは、右の肋骨が極端に凹んでいるということです(オープンにしてしまったので、もうコンプレックス卒業ですね)。

これに気づいたのは、さかのぼること中学一年生のとき。

結核を調べる肺のレントゲン検査で、影が映り、再検査になって…sweat01

それから、ちゃんと調べてみたら、結核ではなくて、骨の凹みで影ができていることが発覚したのです。

たぶん、見れば明らかに凹んでいたんでしょうが、自分も家族も、全然気づかなかったんですねcoldsweats01

それから、だんだん成長していくにつれて、胸の左右の大きさが違ってきて気になったり、整形外科の先生からは、

「今はまだ心配ないですが、心臓や肝臓などの内臓を圧迫するおそれがありますね…」

と診断されたり…think

なんの痛みもないので、ふだんは気にならないのですが、独身の頃は、「スタイル」っていう視点でコンプレックスでしたし、子どもを産む頃になると、それが「健康体」っていう視点で不安要素に…。

赤ちゃんの頃の裸の写真を見ると、肋骨はふつうの状態で写っているので、後天的なものであることは明らかなのですが、いつからどうして凹んでしまったのかはナゾでした。

小学校高学年の頃に流行った「はやぶさ」をしていて、高い鉄棒の上から落ちたのが原因だったのか…。

それとも、自分を抑え込んだり、嫌ったり否定する思い癖が、だんだんと骨を変形させていったのか…。

とにかく、この肋骨に思いをめぐらせるときに出てくるのは、こんなふうな、今までの自分を責めたり、後悔したりするネガティブなものばかりでしたdown

どうしたら治るのか、それとも、このままで大丈夫なのか…。

これからまた赤ちゃんを産もうとして、体に意識を向けたときに、少々気になってしまいましたthink

そこで、先日の新月のときに、ここ数ヶ月のあいだお世話になっている、月森のYumikoさんに、4回目の遠隔ヒーリングをお願いしたのですmoon3

…さて、このレムリアンヒーリングですが、毎回、「手放したいこと」「改善したいこと」「実現したいこと」の中から二つ選んで、今の自分にいちばん必要なことや、いちばん望んでいることを意図してから、ヒーリングを開始します。

6月の新月から、7月の新月…、と定期的にヒーリングをお願いし、その時々で、「○○をする!」とか、「○○を手放す!」というふうに、意図してきたわけですが、こんなふうに定期的に自分のやりたいことなどを明確にすると、その期間はその意図に集中しますから、実現が早いですし、生活の中の優先順位がハッキリして、自分がとってもシンプルになったように感じますconfident

以前のように、心配や不安や怒りなどが、自分のなかに湧いてきても、「意図」を思い出すことで、それが一時的なものになって、あぁ、そうだった、今は、コレに集中してるんだった…、と我に返るんです。

そうすると、心配や不安や怒りなどの、自分を疲れさせるものに、全身を占領されるまえに、振り切れるんですねhappy01

意図は、毎回、パッとひらめいた直感で決めるのですが、今回の意図のひとつは、『肋骨変形のコンプレックスを手放す』にしてみました。

…真実は愛のなかに…(2)へつづく

« まる子語録 2012.8 | トップページ | 真実は愛のなかに…(2) »

つれづれなる日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/46776250

この記事へのトラックバック一覧です: 真実は愛のなかに…(1):

« まる子語録 2012.8 | トップページ | 真実は愛のなかに…(2) »