2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 「うれしくなかった?」と、言われても…。 | トップページ | 待ってるからね、ボクちゃんっ!(2) »

2012年8月 9日 (木)

待ってるからね、ボクちゃんっ!(1)

立秋をすぎ、涼しい風が吹くようになりましたconfident

この荒ぶるものを鎮めるような風を感じながら、気持ちを落ち着かせると、この2ヶ月間は、短期間のうちに、両極のような出来事が起こり、私にとっては大きな変容の時期だったんだと、改めて思います。

奇しくも、友人を介して、レムリアンヒーリングのヒーラーYumikoさんの遠隔ヒーリングを定期的に受けていた時期でもあり、現実の出来事と、見えない世界の出来事を並行して感じていましたclover

そのことが、私を、起きている出来事に振りまわされ過ぎないで、どこかしらに冷静な目を持ちつづけるサポートになりました。

さかのぼること…、6月中旬は、なんとなく受胎を確信した時期ですflair

それまで、妊娠や出産を負担に感じていた私でしたが、少しまえから、急に前向きになって…。

たまたま書店で手にとった、赤ちゃんからお母さんへのメッセージが書かれた絵本が、決定的でしたbook

そこには、

「ボクのせいで、ママの夢をあきらめないで…、ボクは、ママの夢をサポートするよ」

とか、

「ママは、何十億年もかけて進化したプロセスを使って、たった1個の細胞からボクを造った、神様の名アシスタント!」

というような、これから生まれてきたがっている”ボク”ちゃんからの熱烈アピールを感じて…smile

そして、実際に、下腹部に生命力を感じたのですが、それから数週間後の妊娠検査薬では、バッチリ陽性反応が出ました(+)shine

検査をする2週間くらいまえに受けた、第一回目のレムリアンヒーリングのレポートには、妊娠を示唆するメッセージがありました。

---------------------

「今、あなたにたくさんの祝福がやってきています」

「CONGRATULATION!」

たくさんのイルカたちがやってきていました。

---------------------

それから、7月の中旬頃、出血がはじまって…bearing

インパクトもあったし、赤ちゃんの意志を感じた受胎だったので、生きるか死ぬかの極限の精神状態にもなりましたが、流産をするなら、赤ちゃんの意志なのだから尊重しようという気持ちのほうが強くて…。

こんな激動の精神状態に陥りながらも、この数日まえに受けた、第二回目のヒーリングでは、前回のときよりもさらに前向きに変容を遂げていて…。(2)へつづく…

« 「うれしくなかった?」と、言われても…。 | トップページ | 待ってるからね、ボクちゃんっ!(2) »

つれづれなる日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/46619972

この記事へのトラックバック一覧です: 待ってるからね、ボクちゃんっ!(1):

« 「うれしくなかった?」と、言われても…。 | トップページ | 待ってるからね、ボクちゃんっ!(2) »