2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« まる子の葛藤 | トップページ | ジンジン&まる子と良い時間♪ »

2012年9月13日 (木)

背筋をピッ!!

最近、まる子とふたりで、ご飯のあいだは「背筋をピッ!」とするようにしてますrestaurant

Dvc00002

森信三先生の『立腰(りつよう)教育入門』を読んだのですが、ここに腰を立てつづけることの大切さが書かれていて…。

私自身も、前々から、ストレッチの先生から、腰痛予防に、常日頃から腰を立てるように言われていたので、これを機に、なるべく気づいたときに、腰を立てるようにしているのです。

意識がそれると、とたんにいつもの猫背に戻ってしまうのですが、

「ママ、ママッsign01

と、まる子に背中を叩かれたりして、あわててまたピッ!として…。

お互いに、教え合うようにしてます。

森信三先生は、立腰の功徳について、こう書かれています。

『さて、いったん決心したことは必ずやり抜くという性根のある人間になるためには、朝起きてから夜寝るまで、腰骨を曲げないで立て通すことが根本です。

…また健康のためにも一番よいのであります。

つまり、こうして常に腰骨をシャンと立てていますと、内臓を圧迫しませんから、内臓はいつも全開放で、胃も腸も肝臓も腎臓も、活発によく働くのであります。

その上に判断力も明確になり、行動もまた俊敏になり、バランス感覚も鋭くなるのであります。

したがって、自分の力に余るようなアヤフヤな無理な計画は立てないようになります。

それのみか、いったん立てた計画は、必ずやりぬく人間になるのであります』

人間は、心と体がつながっている生き物です。

「心」から取りかかろうとしますと、これは、コロコロと変わりやすいものですし、つかみにくいものです。

ですから、「体」のほうから取りかかったほうが、具体的でわかりやすく、必然的に、「心」も従わざるを得ないわけです。

まずは、立腰=体から、という、先生の提案なのですね。

私もまる子も、朝から晩まで…、には到底及びませんが、気づいたときに腰を立てていたところ、私のほうは、肩凝りが軽くなりましたhappy01

効果があらわれてきたので、もうちょっとつづけてみようと思います。

« まる子の葛藤 | トップページ | ジンジン&まる子と良い時間♪ »

まるままの本棚」カテゴリの記事

コメント

立腰って言うんですね^^
骨盤のバランスを取る事はとっても大事!
骨盤がずれていると、体全体が歪んでしまいます。
凄くいい事だと思うよぉ~v^^

私は腹式呼吸をすると腰が伸びる気がしてたんだ
でもこの間テレビで言ってたのがお臍の上側を意識的に凹める様にする! 今まで下側を凹める様にしていたので、ちょっとビックリw・・wでした。 勿論下側もつれて引っ込みます。

この方がもっと背筋が伸びる気がするの^^ で、ちょっと一言~

スイート☆ポテトさん、こんにちは!
いつもありがとうございますhappy01

腹式呼吸もいいですよね!
私にとっては、精神安定剤です。
おへその上側を引っ込めるっていうのは、初耳でした!
意識してみますね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/47044096

この記事へのトラックバック一覧です: 背筋をピッ!!:

« まる子の葛藤 | トップページ | ジンジン&まる子と良い時間♪ »