2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

まる子、耳治る。

4月からずっと耳の調子が悪かったまる子ですが、最近ようやく治りましたhappy01

両方中耳炎で、鼓膜の内側に水がたまり、水の中にいるような聴こえ具合のときもありましたし、片方だけのときもありましたし…。

とにかく、常に、どちらかの耳、もしくは両耳が、中耳炎だったんですねear

長引いているから、ついに、チューブを入れて手術をしましょう…、という段階まできていたのですが、なにしろ喘息もちですから、安易に麻酔が使えず、来春まで投薬治療で様子を見ることになっていました。

それが、火曜日に耳鼻科に行ったときに、

「どっちも、良くなっていますね。

両方、水が抜けてますね。」

と…hospital

突然、良くなっていたのですshine

保育園の担任の先生に、良くなったことを伝えると、

「日々、変化してるんですねっsign01

と、驚きながらも、喜んでくれましたhappy01

あんなにグズグズとくすぶっていた耳でしたから、治ってくれて、本当によかったですsign03

2012年11月29日 (木)

バレエ…2回目♪

火曜日の午後、2回目のバレエスタジオへnotenote

前回は、すでにお孫さんがいらっしゃる女性や、70代の方と3人でしたので、ゆっくりゆっくり基礎をやったのですが…。

この日は、70代の方がお休みで、代わりに(?)、子どもの頃からバレエをやっていて、少しブランクがある…、という若い方が来たので、なんだか急にレベルアップしたレッスンとなり、一生懸命ついていったという感じでしたdash

体は、子どもの頃の感覚を覚えているので、動かそうとするのですが、なんだか足が重くなったみたい…sweat01

もともとカタかった股関節や腰も、アラアラアラ…sweat02

つりそうになるのをこらえつつ、バーレッスンに集中しました…。

前回はなかったのですが、翌日の昨日は、太ももの内側がしっかり筋肉痛…bearing

それでも、バレエの優雅な流れに身体が乗れると、とっても気持ちよかったですshine

優雅な流れに体を乗せる、という体感覚を求めて、バレエをやっているようなものですconfident

月曜日は、鍼に行ってきたのですが、先生にバレエを始めたことを伝えると、

「まさか、あなたが、またバレエをやり始めるとは…sign01

と、本当にびっくりされました。

と言いますのも、今まで、私がバレエのことを話題にするときは、すっごく嫌悪感オーラを発していたからです。

先生は目が見えない方なので、敏感にそういった様子を受け取って聞いていたんですね…ear

先生でさえびっくりしているのですから、当の私だって、びっくりしてます(笑)

「バレエをやる方向を、自然と引き寄せていったんでしょうね…」

鍼の先生に言われて、ほんとうにそうだったなぁ~って、思いましたconfident

まず、まる子がバレエをやりたいと、楽しそうに踊り出し…。

夏に流産して、気持ちが吹っ切れたといいますか、「受胎とは、私が選択するものではない」ことや、「新しい魂がやってくるプロセスを、心安らかに見守り、あなたが気持ちよく、幸せに感じることをして、待っていてください」とメッセージを受け取ったことや…。

(それまでは、子育て中にダンスなんてできないって思ってました。

でも、子どもは、親が自分のために夢をあきらめることを望んでいませんし、逆に、応援しようとしてくれます)

過去のトラウマがスッキリ消えて、身軽になったこと(レムリアンヒーリング)…。

そして、後輩がバレエスタジオを開いたこと…。

バレエの一点に集中するように、まわりが動いてくれたみたいで、様々な要素のおかげで、実現したことなんですよねhappy01

やめたくてやめたくて、あの手この手で訴えた、あの日の自分に、36歳になったときに、また始めるんだよ…、と教えてあげても、きっと信じないでしょうが、人生って、おもしろいものだと、つくづく感じます。

それは、ひとりだったら創り上げられないもので、まわりのすべてのもののおかげ様なんですよねっshine

2012年11月28日 (水)

携帯新調

最近、携帯の調子が悪くなり、もう2年半も使っているのだから、新しくしよう…、ということになったのですが…mobilephone

スマホではなく、従来のガラパゴス携帯で新調しましたshine

時代に逆行しているじゃないかっdown…、というお声もありましたが、だって使いやすいんだもんっnote…ということで…。

メールか、通話か、写真しかしない私ゆえ、ガラパゴスさんで十分でありますsmile

すると、新しい携帯のカメラには、おもしろい機能が付いていまして、万華鏡の出来上がりdownwardleft

Dvc00127

自然界に出かけてゆけば、もっと美しいものが写り込むことでしょうshine

2012年11月27日 (火)

次のステップへGO!

11月11日の芸術祭(バレエ)が終わり、先生から進級の提案があったまる子ですconfident

まる子たちは、スタジオに入ってきたばかりの、最初の最初、ダンスを楽しく踊りましょう♪…、というチビッ子基礎クラスでしたから、

「このクラスは楽しいけれど、やっぱり、もっと上手になってほしいから、進級してねっsign01

と…。

先生は、宝塚歌劇団の出身なので、クラッシックバレエのほかに、ジャズバレエ、ジャズ、ヴォイスなど、幅広い選択肢がありますnotes

まる子は、お姉さんたちが演じた『Bo peep Bo peep(通称:ポピポピ)』をやりたくてやりたくて、先生に申告したくらいなので…↓

https://www.youtube.com/watch?v=etN5OrZNMuA

まずは、バレエ初級のクラスで、頑張ることになりましたribbon

バレエの基本的な動きができるようになったら、ジャズバレエのクラスにステップアップですup

先週の土曜日に、バレエ初級のクラスに行ってきたのですが、空気がピンッと張り詰めた緊張感がある上に、休憩なしの90分みっちりのレッスンで…。

チビッ子クラスの和気あいあいとした雰囲気とは、天と地ほども離れたものがありましたdash

でも、このバレエ初級のクラスは、2度目なんですね、実は…sweat01

といいますのも、遡ること、まる子が初めてスタジオに入った3歳の冬snow

当時はチビッ子クラスがなくて、バレエ初級のクラスから始めたのですが、まだ右も左もわからない上に、淡々としたレッスンよりも、スタジオのほかの物やお友だちに興味をもってしまって、先生を困らせるという事態が発生dash

ふつうは、ママたちナシでレッスンをするところ、私がついていることが条件となって、Jun先生のチビッ子クラスができるまで、一緒にレッスンを受けたのでしたcoldsweats01

この時のバレエ初級の先生が、私が子どもの頃にやっていたバレエ研究所で一緒だったので、かなり大目に見て、救済案を出してくれたように思います。

まる子は、「ここで、おどりたいsign03」と気持ちいっぱいでしたが、体がまだついていけず、ふつうなら、もう少しお姉さんになってから来てください…、と言われてしまうところでしたsweat01

そんな縁もあって、今は、独立してバレエスクールを開いたその先生の大人クラスへ、私が通うことになっているんですねconfident

久しぶりのバレエ初級でしたが、あれからまる子も少し成長し、おぼつかないながらも、一生懸命真似してついていっていましたhappy01

帰りは、ちょっと疲れたみたいで、

「むずかしかった…dash

と。

チビッ子クラスで一緒だった、アオイちゃんやアヤネちゃんもいたから、みんなで頑張れたのかなshine

バレエの基本レッスンは、おもしろくないけれど、『ポピポピ』を踊るために頑張る決心をした、まる子なのです!

2012年11月26日 (月)

頑固一徹、こだわり者同士

Dvc00136

いとこ同士の、まる子とケンちゃん(3歳)。

ふたりは、とっても頑固で、こだわり派…。

実家で、ご飯を食べたとき、ケンちゃんは、スプーンが欲しくて、あーりん(実家の母)に頼んだのですが、持ってきてくれたものでは気に入らないようで、受け取りませんでしたcoldsweats01

でも、ブーイングの声を上げるだけで、どれがいいのか、わからないので、

「もう、自分でもっておいでsign01

と言われてしまって…。

そこで、立ち上がったのが、まる子ですdash

金色に輝いた、小さいスプーンを持ってくると、ケンちゃんはようやくうなずきました。

「こだわり者同士、意思が通じるんだ…」

と、その場の全員が納得(笑)

昨日のお昼に、妹とケンちゃんは浜松に帰ってしまったのですが、土曜の夜には、一緒に焼肉を食べたり、温泉に入ったり、お泊りしたり…。

昨日の午前中は、おもちゃミュージアムで遊んだり…。

ケンカしたり、くっついたりしながら、楽しく過ごした3連休でしたnotes

Dvc00142

2012年11月25日 (日)

五平もち作り、まる子張り切る。

Dvc00132

この連休には、浜松の妹とケンちゃんが、実家に帰省していますhouse

義母が、新米がとれたから、ケンちゃんたちに五平もちを作ってやりたい…、ということで、夕飯に作ることになりました。

くるみを割ったりして、味噌も手作りするので、一家総動員ですdash

まる子も張りきり、義母が適当な大きさにしたご飯を、平たい丸型に形成する作業を、ひとりでやってしまいました。

出来上がって、さっそく実家に持っていき、そこで、まる子と旦那と私は一緒に食べたのですが、まる子が自分で全部形を作った話をすると、みんなびっくりしていましたhappy01

「だから、ちょっと、へたくそだけどね…」

ケンちゃんは、美味しかったようで、たくさん食べてくれたのですが、まる子ときたら、作るのは楽しかったみたいだけど、ほとんど食べませんでしたcoldsweats01

何回か食事を一緒にするうちに、また、ケンちゃんのお馴染みのセリフが聞けそうです。

「みんなで、たべると、おいしいねっdeliciousshine

2012年11月24日 (土)

せっせとお金をためて…

2歳頃のお正月に、ジー太とあーりん(実家の両親)から、大きな貯金箱と小銭をもらってからというもの、せっせと小金を貯めている、まる子dollar

本人は、もうずいぶんなお金持ちだと思っていますsmile

そして、最近は、そのお金をどうするのか…、ということを盛んに言います。

「あかちゃんが、まるちゃんくらいになったときに、いっぱい、かってあげなくちゃいけないから、まるちゃんは、おかねをためているんだよ」

とか、

「ママが、こしがまがって、バイクがあぶなくなるから、まるちゃんが、かってきてあげるからね。

それで、ためてるんだよ!」

とか(笑)notes

この、腰が曲がるとか、バイクが危ないっていうのは、うちのおばあちゃんを見ていての発言だと思われますhappy01

赤ちゃんは、まだ来ていないのですが、まる子はすでにお姉さん気取り。

「ねぇ、ママ、いつくるの?」

と言われましても、こればっかりは、赤ちゃん側の計画次第ですconfident

2012年11月23日 (金)

まる子のお気遣い

水曜日の夜は、私のストレッチのクラスでしたmoon3

まる子も、お母さんに付いてくる中2のマイカちゃんと遊べるので、楽しみにしている時間です。

残念ながら、その日は、都合が悪かったみたいで、マイカちゃんはお休みでしたが…。

公民館の畳の部屋でやっているので、冬は寒く、ストーブが温まるまで、先生たちとおしゃべりしていると…。

まる子が、

「どうぞsign01

と、先生に座布団をもってきて…。

畳の上にそのまま座っていた私たちでしたから、先生は、

「なんて、気が利くのっ、まるちゃんっsign01

と、えらく感激していました(それをきっかけに、重い腰が上がった私たちです)。

はじまってから、遊び相手のいないまる子は、

「せんせい、せなかが、でてるよ!」

とか、

「ママは、いがいと、からだが、かたいんですよ」

などと、厳しいチェックを入れていたのですが、腹筋の場面になると、やる気を見せ、ひととおりやって、ちょっと疲れていましたdash

小さい人が、一生懸命やっている姿を見るのは、どこかしらおかしみがあります(笑)

そのあと、我々は、もう少し腹筋を鍛えたのですが、こちらが必死で耐えている脇で、

「ママ、がんばれっsign01

などと、声援を送られ、まだやってる最中から、

「がんばってるから、ハイッsign01

と、持参した水筒のお茶を差し出されるので、

「笑っちゃうから、放っておいてくれ~」

という、心境でしたcoldsweats01

この日は、午前中に薬局へ行き、知り合いに会ったので、薬ができるまでおしゃべりしていたのですが、まる子は、お茶サービスの機械から、冷水を入れて、人数分運んでくれた…、ということもありましたjapanesetea

気が利くところまででおさまればいいのですが、過ぎるとおせっかいになってしまうので、その境界線がむずかしいお年頃ではあります(笑)

2012年11月22日 (木)

マイペースは性格の範疇!

火曜日の午前中、私ひとりで、発達支援センターへ行ってきましたtulip

先日受けた、まる子の検査結果を、担当の心理士の先生から聞いてきたのです。

京都大学だかで作られた検査で、先生と同じように積み木を重ねたり、数をかぞえたり、三角を描いたり、絵を見て何があるか説明したり、ある物を言葉で説明したり(えんぴつって、なに?…みたいな…)、右と左を確認したり…、あれやこれやと、30分くらいのものでした。

この検査で何がわかるのか…、それは口頭での説明だったので、忘れてしまったのですが、「理解力」は少し高めだったほかは、いたってふつうの基準でしたconfident

先日の、保育園での個人面談で、まわりから見ていてよくわからない場面で、お友だちに手が出てしまう…、という担任の先生からのお話をすると(11/15『個人懇談会②…ココで手が出るか』参照)、いろんなことに気づいたり、考えたりしているわりに、それを相手に伝わるように言葉にすることが苦手なのかな…、と心理士さん。

まる子は、大人や、自分より大きいお兄さんお姉さんと接する機会が多いので、言葉にしなくてもわかってもらえちゃう環境なんですね。

なので、自分のことを言葉で表現しながら、同じくらいの年齢の子どもたちのなかで過ごすことが、経験不足なのです。

「これは、経験で獲得していくしかないので、今この時期にまわりの大人がフォローしてあげれば、乗り越えられることだと思います」

保育園のなかのことは、私に見えないことなので、具体的に、どういった場面で、お友だちに手が出るのか、よくわからないのですが、発達支援センターでも、グループワークで、遊びを通して、子ども同士のコミュニケーションをサポートするものがあるようで、それに参加してみることにしました。

ただ、まる子の場合は、環境や人の刺激を受けやすいので、場所や人が変われば、反応も変わっていきます。

心理士の先生とお話をして、ちょっと引いた視点で状況を眺められ、良い機会となりましたhappy01

それから、当初の「まる子のマイペースはどこからくるのか?」ということについては、「性格の範疇」ということで、特に問題とすることではありませんでした。

母としては、今まる子が苦手だと思っていること(本人に自覚はないと思いますが…)を、気づかれないようにちょっとサポートしてやって、手が出ることに焦点を当てず、潜在能力を信じて、まる子を伸ばしてやる方向に、目を向けてやりたいと思いますeye

入学前までは、このセンターは無料で利用できますので、心強い味方となってくれそうですshine

2012年11月21日 (水)

久しぶりのバレエ♪

Dvc00118

昨日は、まる子ではなく、私が(笑)、バレエをしてきましたribbon

子どもの頃は、やらされてる感いっぱいの、嫌で嫌でしょうがないバレエでしたが、実家の近くに、その子どもの頃に通ったバレエスクールの後輩(わかりやすいので後輩としますが、私などは、年だけ大きい先輩ですcoldsweats01)が、スタジオを作ったので、気楽な気持ちで体験できました。

気持ちは気楽なのですが、やることがバレエですから、姿勢からはじまり、頭のてっぺんからつま先まで神経を行き渡らせるべく、かなりな集中力を要しましたsweat01

そして、今回のいちばん大きな気づきは、今までまっすぐだと思っていた姿勢の中心軸が、ズレていたということっsign03

これは、先生(後輩)も、別のスクールで習ったときに指摘されたようで、目からウロコだったとか…。

バレエをする人たちは、

「白鳥の湖を、踊りたいshine

とか、

「美しい立ち居振る舞いを、目指したいshine

など、目標をもっていることでしょうが、私としては、中心軸を取り戻したい!、というのが、当面の目標となりそうです。

というより、この姿勢を取り戻すまでは、やめるわけにはいかないのでは…、と思っていますdash

まる子は、

「ママといっしょには、おどりませんっsign01

と言っていますから、別々のスタジオで切磋琢磨するのがよろしいのでしょう。

2012年11月20日 (火)

絵本が、よめるよ!

毎週末、保育園から、好きな絵本を一冊ずつ借りてくる、まる子。

はじめの頃は、一文字一文字ゆっくり発音していましたが、最近は、スラスラ読めるようになってきました。

いつの間に、こんなに読めるようになったのか、びっくりして、

「おぉ~っsign01

と感嘆の声を上げると、得意げな顔で、ニマッhappy01

自分でも、読めるようになって、嬉しいようです!

2012年11月19日 (月)

秋の公園、お弁当日和♪

Dvc00117

久しぶりの公園は、葉っぱがみんな落ちてしまった木もあれば、赤や黄色に美しく色づいた木もあって、すっかり季節が変わっていましたmaple

この街を見下ろす山々も、暖色系のパッチワークのように紅葉し、もっと遠くの高い山々の頂きは、真っ白い雪を被っていましたfuji

「晴れたら、公園でお弁当を食べよう!」

と、シンプルな計画で、まる子と行ってみたら、『砂絵を楽しもう!』というワークショップや、胡弓のコンサートもやっていて…。

Dvc00092

お弁当のまえに、砂絵作りに挑戦しましたart

すごく空いていて、始めた頃は、私たち親子だけだったので、まる子は、ハートと星の形で作成。

カンタンな形にしたので、まぁまぁの出来栄えでしたshine

それから、お弁当を食べている時に、胡弓のコンサートがはじまって、美しい音色が、こちらまで届いてきましたnotes

強く、太く響く音色…。

『涙そうそう』の演奏のときに、まる子が、

「あっsign01

と言って、私の顔を見ました。

子守唄でよく歌っていたので、覚えているんですねsmile

そのあと、遊具で遊んでから、園内のカフェで、ガトーショコラとココアをいただいて帰ってきましたsmile

大人も楽しめる公園で、すっかり満足notes

また晴れたら、お弁当をもって、行こうと思いました。

そうそう、まる子が、こんなことを言っていました。

「まるちゃん、きょう、あしのはしりが、わるいでしょ?

おそかったでしょ」

いえいえ、そんなことはありませんでしたよ。

ママをおいて、ひとりでサッサと遊具のほうなどへ走っていっちゃって!

それなのに、遅いって思うなんて、よっぽど広い公園だったからでしょうか…。

それとも、小学生のお兄ちゃんたちが走りまわっていて、スピードにびっくりしちゃったかな…sign02

もっと遅く走ってくれて、全然かまわないんですけど…(笑)

Dvc00080_3

2012年11月18日 (日)

115gの愛

最近、まる子は、私に、とっても「大好き」ということを、伝えたいようで…。

「まるちゃん、ママのこと、

だいだいだいだい…、だいがいっぱいの、ひゃくじゅうごグラムも、

だいすきっheart01heart01heart01

と、一生懸命言いました。

…が、私としては、「115g」のところが、すご~くひっかかりまして(笑)

それは、軽いんじゃないかと、内心ツッコミを入れたわけですsmile

そのあと、え~と、1キロって、1000gだったかなsign02

1tって、何キロだったかなsign02

と、遠い日の算数の授業を思い出したりして…。

ずいぶん使わないうちに、すっかり単位のことを忘れ去っている自分に気づいたのでありました(笑)

リットルのこととか、復習しておかないと、いつか笑われてしまう日がきそうです…。

2012年11月17日 (土)

美しきかな、紅葉…♪

Dvc00127

紅葉のシーズン到来!

いつもの景色に、赤や黄色の鮮やかな色彩が加わって、とっても美しいです…mapleshine

木々の彩りを楽しみながら、優雅にお散歩してみたいけれど、さ、寒さが身にしみる~bearing

昨日は、比較的暖かな午後だったので、ちょこっとお散歩してみました。

赤や黄色の色彩にかこまれ、暖かな陽射しを浴びて…。

暖かいって、幸せなことですね~spa

Dvc00125


2012年11月16日 (金)

開けてビックリ!…な、プレゼント♪

Dvc00121

水曜日の夕方、まる子と一緒に、私の幼なじみのナッチョ宅へ遊びに行ってきましたhouse

ナッチョの娘、キラリちゃんは、1歳をちょっと過ぎ、この間までは、立つのがやっとだったのが、この日は、ヨチヨチと歩いて、玄関まで出て来てくれましたhappy02

色白で、おめめパッチリeyeshineな、可愛い女の子ですheart04

一緒におやつを食べたり、オモチャで遊んだりして、暗くなってきたので、帰ろうとしたところ、ナッチョが、

「家に帰ってから、開けてみて!」

と、手作りおやつを渡してくれましたnote

「ねぇ、ねぇ、なにが、はいってるの???」

と、かな~りしつこく聞くまる子に、少々困りながらも、

「帰ってからの、お、た、の、し、みっheart01

と言っていたわけが、開けてみてからわかりましたsign03

ジャジャ~ンッshineshineshine

開けてビックリ、お手製バースデーケーキだったので~すっhappy02

Dvc00120

見た目も可愛く、まる子、大興奮でした(笑)notes

ホットケーキの生地を丸く焼いて、煮リンゴとミカンでトッピング。

その上に、絶妙なカラメルソースがかかっていて、フルーティな香りのなかに、アクセントがあって、食べても美味しいステキなケーキでしたshine

特性ドレッシングも上手ですし、美味しさの感性と器用さはプロ並みup

いつもありがとうねっhappy01

2012年11月15日 (木)

個人懇談会②…ココで手が出るか

保育園の個人懇談会のつづきです…。

先生からは、春先から夏にかけては、なかったけれど、それから、はたから見ていてよくわからないことで、お友達に手が出ることがある…、というお話がありましたthink

理由を聞いてみると、エッ?と思うような些細なことで手が出てしまうようで、その時々で、

「こういうときは、こういうふうに言えばいいんだよ」

と、仲裁してくれているようなのですが、どうも、手が出るようになった時期からして、体調と関係しているんじゃないか…、というお話でしたcloud

「耳の薬を飲むようになってからかな…。

体調がスッキリしないと、イライラして、手が出ちゃうのかな…」

…そうだなぁ~。

確かに、年中になってから、喘息もひどくなっているうえに、中耳炎が長引いていて…sweat02

担任の先生から、このお話を聞いた後、主任先生ともお話をしたのですが…。

この、まる子の手が出ることは、先生全員のあいだで共有されている話題のようで、

「ヤヨちゃん(主任先生は、担任の先生をこう呼びます)から、聞いてるよ~。

私としては、ままちゃん(まる子のことは、こう呼びます 笑)が、どうして手が出ちゃうのか、その理由をつかむように、よく観察して、手が出ないでいいように、先回りして排除してやれるものは、排除してやるように、アドバイスしてあるの。

もしかしたら、耳が聞こえにくいことで、お友だちのとっさの行為を怖いって感じて、手が出ちゃうのかもしれないし…」

担任の先生が、比較的あっさりしたタイプの先生なので、私とのコミュニケーションが少ないことで、こんなふうに、主任先生たちに相談して、模索しながら保育をされていることがわからなかったのですが、担任の先生も、先生なりに、試行錯誤を繰り返している姿が浮き上がってきて、ちょっと安心しましたconfident

主任先生が言うには、『年中さん』っていうのは、年少から上がったばかりで、みんな多かれ少なかれ大変な時期なんだそうです。

年長さんになると、いろんな行事を主体的にやっていく、お兄さんやお姉さんになるので、また違うんだそうear

まる子は、小さい子どもたちが来ると可愛がってやる、本来は優しい子なんだけれど、体調が悪くてもなんでも、つねにマックスで張り切ってしまう頑張り屋さんだとも…。

保育園で頑張り過ぎちゃうから、家庭では、ぜひゆっくりと落ち着いた時間を過ごしてくださいね…、とのことでしたhouse

う~ん…think

まる子という人は、どこに行っても、マックスになっちゃうんですけど…。

ゆっくり、ゆっくり…、を忘れないで、私も向き合ってあげたいと思いましたconfident

それに、まる子には、兄弟がいないので、家のなかで、子ども同士のケンカがないんですね。

だから、保育園で、そういう実践をさせてもらっているところもあるかと思います。

まる子をとりまく、先生方、お友だちのみなさん、いつもありがとうございますshine

2012年11月14日 (水)

個人懇談会①…「スイッチ」は、どこに?

月曜日の夕方、まる子の保育園の個人懇談会に行ってきましたclover

先生は、マイペースなまる子に、どんなふうに声かけをして、ご飯を時間内に食べさせたり、仕度をさせたりしているのか…。

そんなことを、いちばん聞きたかったのですが…ear

「ご飯を食べるのも、お仕度をするのも…、なにをするにも時間がかかるんですが、いったん『スイッチ』が入れば、集中してできるんですよね…。

その『スイッチ』がどこにあるのか、なかなか見つけにくいのですが…sweat01

例えば、ゆっくりお仕度をしているとき、『早くお仕度して、お外に遊びに行こう!』って言ったとします。

でも、まるちゃんにとって、外に遊びに行くことが、魅力的に感じないようで、これではスイッチが入らない…。

大人が、これならいいかな…、と思う誘い文句で声がけをしても、まるちゃんの『スイッチ』が入らない限り、動かないんですよね~」

そうなんですよ、先生っsign01

私も、まる子の『スイッチ』がどこにあるのか、探すのに苦労するんですsign03

そんなところで、先生と共感しちゃったりして(笑)

独特の感性の持ち主ですから、先生としても、模索しながらの保育なんですね…confident

育児に確かな「答え」を見つけたいけれど、

「こんなふうにしたら、どうだろう?」

「どうして、こうなっちゃうのかな?」

などと、子どもを見つめながら、内省したり、工夫したりすることこそが、大切なのかもしれませんねclover

2012年11月13日 (火)

小さな小さなお地蔵様っ!?

Dvc00108

数日前に生まれたばかりの赤ちゃんを見てきました~shine

おっぱいを飲んで眠ってしまったそのお顔は、小さな小さなお地蔵様みたいっhappy02

Dvc00110

やっと授かって、大変な出産を乗り越えて、生まれてきてくれた尊い命ですshine


2012年11月12日 (月)

芸術祭2012、当日

Dvc00094

いよいよ、芸術祭当日を迎えた、昨日shine

この芸術祭は、地域のアマチュア団体による、年に一度の、舞台芸術の祭典art

園児からシルバー世代までの幅広い年齢層が参加し、まる子の所属するミュージカルスタジオも、40分間の枠で公演しました。

ほかのバレエスクールや、ヒップホップ、ジャズのグループも参加したので、見ごたえたっぷりだったと思うのですが、何しろ小さい子どもたちのお世話で精一杯sweat01

裏方に徹し、まる子の本番すらも見られないママたちでしたweep

少々のドキドキ感で出番を待ち、本番中は、どうなっているのかしら…、と想像し、そのうちに、どんな顔で戻ってくるのか…、そちらの方が気になっていましたが、

「おちつけた~happy01

と、スッキリした笑顔で軽やかに戻ってきたまる子たちに、ホッと胸をなでおろした母たちですdash

本番を客席から見ていた、あーりんやジー太(実家の両親)、パパの話などを聞くと、なかなかそろってよく出来ていたということですから、後日販売されるであろうDVDを、楽しみにしていたいと思います(撮影一切禁止でした)confident

お姉さんたちは、バッチリ美しくキマるラインダンスで、客席を魅了したそうですが、まる子たちおちびさんのラインダンスには、会場で笑いが起こったとか…。

必死で頑張ってるけど、どこかしらちょっとズレてるあたりが、ウケたんでしょうね(笑)

とにもかくにも、喘息の嵐をどうにか凌ぎながら、精一杯のパフォーマンスができたことは、また一つ、素晴らしい体験となりましたshine

次に踊りたい曲に憧れつつ、一歩ずつ前に進んでいくまる子です。

その夜、パパがこっそり言いましたmoon3

「パパはね、まるちゃんが一生懸命踊ってるのを見て、泣けちゃって、泣けちゃって、しょうがなかったよ…」

小さい人が頑張っている姿を見て、それから、こんなに大きくなったんだ…、という想いが、胸をいっぱいにしたようです。

「まるちゃんが頑張ってるから、パパもお仕事頑張るよsign01

気合の入ったパパに、まる子ときたら、こんな一言です…。

「パパ、あしたは、おしごと、おやすみにして、いいよ」

Dvc00106

2012年11月11日 (日)

発表会に行きませんっ!?

Dvc00082

芸術祭の舞台に向けて、並々ならぬ意欲を燃やしていたまる子でしたが、昨日のゲネプロ(本番同様の衣装メイクや進行でのリハ)を終えて、家族全員に宣誓sign01

「まるちゃんは、バレエのはっぴょうかいに、いきませんっsign03

どうも、振り付けを間違えたことが、この発言につながっているようです…sweat02

喘息のほうは、薬のおかげで、ピタッと止まり、いつもの元気が戻ったのですが、昨日は、本番さながらの音響と照明に加えて、少々の観客がいて、緊張したようで…。

楽しみにしていたメイクも、舞台用の宝塚メイクでしっかり塗り塗りし、かゆかったり、不自由だったりして、お気に召さなかったんだそうthink

本番は、撮影が禁止なのですが、ゲネプロはOKをいただき、私は、客席のほうでビデオを回していたのですが、舞台からの緊張感がしっかり伝わってきましたmovie

ふだん、リズム感がとりえのまる子なのですが、ちょっと早回しをしているような体の動きで、

「落ち着いて、落ち着いてっ!」

と呼びかけたいくらいでしたsmile

それでも、直前の曲目が終わり、暗点からパッと照明が輝き、まる子たちのダンスが始まった瞬間には、感動して込み上げてくるものがありましたshine

前日には、グッタリと寝込んでいたのが、バッチリメイクをして、シャキッと舞台に立っていたのですから…。

今日は、いよいよ本番ですsign03

細かいダメ出しをしてきましたが、ここまできたら、間違えてもハズしてもいいから、無事に踊り切ることだけを願っている母ですconfident

2012年11月10日 (土)

まる子、強い気持ち、再び…

「つよいきもちでいれば、ぜったい、なおるよねっsign01

そう言ったのは、遡ること、春の親子遠足の直前。

風邪を引き、発熱と下痢で、遠足の参加が危ぶまれたときのことでした。

この気合いで、熱が下がり、無事に遠足に参加できたのですが、今回は、明日に控えたバレエの舞台が、木曜日からの喘息で、危うくなっていて…wobbly

昨日、かかりつけ医を受診して、事情を説明し、一時的に発作を止める、強めの薬を処方してもらってきましたhospital

その、かかりつけ医に向かう車のなかで、まる子が再び言ったのが、冒頭の言葉です。

先生からは、

「薬によって一時的に喘息が止まるかもしれませんが、薬が切れたときに、そのしわ寄せが出てくる可能性がありますよ。

でも、ダンスを踊りたいっていう気持ちは大事なので、今回は特別に、処方します」

と、ちょっと心配そうな顔でしたが、舞台を応援する気持ちもいただけて…heart02

グッタリしていたまる子の目が、また元気に輝いてきたのでしたshine

さてさて、今日はお昼から、本番と同じメイクと衣装で、照明や音響のリハーサル。

そして、明日が、いよいよ本番となります。

まる子を信じて、良い舞台になるよう、祈り見守る母ですconfident

2012年11月 9日 (金)

何度でも、聞きたいよ

お風呂上り、リラックスして穏やかな時間が流れたので、まる子に聞いてみましたsmile

「どうして、ママのところに、きたの?」

度々している、この質問。

いつもは、う~ん…、と、しばし考えるような、テレたような顔をするのですが、この日は、ポンポンポン!と返ってきました。

「こどもがいなかったから、かわいそうだと、おもって」

「おこらなそうだったから」

「ママのおかおが、かわいかったから」

この答えを聞いて思ったのは、『胎内記憶』の研究をされて、本も書かれている、産婦人科医の池川先生のこと…。

先生が聞いた子どもたちも、同じようなことを言っていましたから…。

まる子は、この本を読んだことがないはずです。

「なんのために、生まれてきたの?」

という質問には、首をかしげてしまいますが、質問の意味がわからないのかもしれませんconfident

もう少ししたら、また聞いてみたいですhappy01

2012年11月 8日 (木)

なんだ、仲良くやってるんじゃんっ!

昨日の朝、まる子を保育園に送っていくと、まる子の顔を見つけて、お友だちが走って来てくれました。

家で手紙を書いてきてくれたようです。

すると、ほかにも、ふたりのお友だちが、走ってきて、まる子に折り紙を渡してくれました。

「これ、(おかあさんに)よんでもらって!」

…自分で読めるよ!、とばかりに、折り紙をひらいてみると…、

『まるこ、たいすき』

…まる子、しばし無言…。

まる子って呼び捨てのうえに、「たいすき」…、彼女が保育園児じゃなかったから、ツッコミを入れたいところです(笑)

まる子も同じように感じたのか、感じなかったのかは定かではありませんが、しばしの無言は、もしかしたら、喜びを噛みしめていたのかもしれません…。

ほとんどの朝、グズグズして、すぐにお部屋に入れないまる子ですが、この日は、

「3こも、もらった~happy01

と、ウキウキでなかに入っていきましたnote

この「たいすき」の女の子とは、タイプが似ているのか、よく衝突するようで、参観日など、私が見ているときには、まる子がその子を叩いて泣かせたりして、ハラハラしてしまう場面もありましたが、仲良くできるときも、あるんですねshine

前日には、私が見ている限りでは、いつも、まる子が、口で負けて手を出して険悪になってしまう、お姉さんタイプの女の子と、ふたりで並んでおやつを食べていて…。

ささやき合ったり、じゃれあったりして、微笑ましい感じでしたconfident

時にケンカしたり、仲良くしたりして…、みんなで大きくなっていくんですね!

2012年11月 7日 (水)

母はまだおばあちゃんじゃないからねっ!

Dvc00110

先月のハロウィン仮装パレードでもらったお菓子のなかに、カフェのタピオカミルクティ無料券が入っていて…。

有効期限が過ぎないうちに、まる子を連れて行ってきました。

このお店で、以前にも一度、同じタピオカミルクティを飲んだことがあるはずなのですが、まる子はすっかり忘れてしまったようで、物珍しげに食べていましたdelicious

まる子でも、忘れてしまうことって、あるんですね(笑)

自分もストローで吸い込んでいるのに、私が太めのストローでタピオカを一つずつスポッスポッと吸い込むのを見て、

「あぶないよっsign01

その、のみかたは…。

のどに、つまっちゃうよっban

赤ちゃんが見ていたら、真似して大変だよ…dash、と心配そうな顔をしていて…。

タピオカはお餅じゃないし、私だってまだ年寄りじゃありませんけど…coldsweats01

実家近くのカフェだったので、帰りに実家に寄ろうとしたところ、向かいのおばあちゃんが、庭の手入れをされていて…tulip

このおばあちゃん、昔は、幼稚園や学校の先生だったようで、まる子を見ると、

「可愛い盛りだねhappy01

と、庭で自由にさせてくれたり、家にも呼んでくれたりするので、まる子もよくなついています。

まる子が例のごとく、

「ちょっと、みみを、かして!」

と、なにやらコソコソ…ear

Dvc00108

どうやら、ず~いぶん前に頂いた、キティちゃんのハンカチのお礼を言ったようで、

「あら、よく覚えているわねぇ~!

おばあちゃん、忘れちゃったわ~(笑)」

と感心されて、庭できれいに咲いている菊などを、

「どっちのおばあちゃんにあげてもいいから、仏様に飾ってね」

と、たくさん切って持たせてくれましたhappy01

まる子って、うまいな…、と内心思った母です。

2012年11月 6日 (火)

柿むきと、応援と、シャンプーと…

Dvc00094

渋柿をとってきて、皮をむき、軒下に吊るして干し柿をつくる…。

そんな光景が、あちこちで見られるようになりましたeye

我が家でも、じーちゃたちが、柿をむきはじめると、まる子もやりたくてやりたくて、ピーラーを使って一生懸命むきました。

ちょっと親指をすりむいちゃったけど、満足したようです。

Dvc00107

お天気がつづいたので、パパが来年に向けて、田んぼを起こしています。

さすがにこれはできないので、応援団のまる子ですsmile

Dvc00106

発表会に向けて、美容院に行ってきたまる子ですhairsalon

シャンプーをやってもらいたい時と、やってもらいたくない時がありますが、この日は、シャンプーをやってもらいたかったようです。

カットのときは、なかなか止まっていられないけれど、シャンプーのときは、気持ちよさそうに落ち着いていられます。

おっしまい!




2012年11月 5日 (月)

昼間の縁日とテキーラと…

土曜日は、実家の近くで、『丘の上フェスティバル』をやっていましたnotes

街の広い範囲が歩行者天国となり、さまざまなイベントをやっていたので、びっくりするほどたくさんの人たちで、にぎわっていました。

私とまる子とパパは、着いて早々腹ごしらえを…restaurant

フランクフルトと、牛串と、パン屋さんの屋台でパンを買いました。

ほかにも、たこ焼き、唐揚げ、五平もち、うどん、そば、ラーメンなどなど…、いろんな美味しそうなものが、迷うほどあって…delicious

お茶が、無料サービスになっていましたjapanesetea

近所のハヤト君家族や、保育園で一緒のお友だち、実家近所のお友だちなど、たくさんの知り合いにも会えましたhappy01

まる子は、縁日広場の、サイコロ投げゲームや、くじ引き、それから、ふれあい動物園で遊べましたし、パパは「痛車(いたしゃ…アニメなどのキャラクターが描かれた車)」を見たかったようで…。

Dvc00082

痛車には、フィギアやドールが乗っていたりして、マニアな世界が繰り広げられていましたheart01

コスプレのお兄さんやお姉さんも、多数見られましたし…。

さてさて、私にも何かおもしろいものがないかな…、と歩いていましたところ、バーテンダーをしている同級生のK君が、特設テントで営業をしているのを見つけてしまいまして…eye

おすすめの揚げ餃子と一緒に、テキーラを注文し、次にウォッカも頂いてしまったので、昼間から、良い気分になってしまいましたbar

Dvc00080

ここのところ、めっきり夜のバーには行けずじまいでしたから、これは良い機会だと、昼間のテキーラなら健全な匂いがするなどと思ったのですが、酔いのまわりは、昼間のほうが動く分早いような気がしましたcoldsweats01

ちなみに、この日は、地酒の紹介ブースがズラッと並び、これまた盛況のようでしたから、酔っ払いは私だけではなかったはずです、あしからず…。

まる子みたいなちびっ子から、シルバー世代まで、みんなが楽しめること満載のフェスティバルに乾杯!…と、書いていてまた酔いがまわってきそうな、そんなイベントでした(?)note

2012年11月 4日 (日)

まる子、5歳のお誕生日会…家族編

Dvc00102

昨晩、いつものカフェで、まる子の5歳のお祝いをしましたbirthday

両方のじいちゃんばあちゃんを招き、にぎやかで美味しい時間となったのですが…。

まる子は、ふだんなら、おかわりをする勢いで大好きなキッズプレートに、なかなか手をつけられないほど、照れてしまって、隣のテーブルで、お店のトランプやゲームで遊びはじめてしまったりして…。

Dvc00103

それでも、ハロウィンのお決まり、

「トリック、オア、トリート!」

は、忘れなかったようで、家族はもちろんのこと、お店のユミ&アヤちゃんにまで言っていました。

ユミ&アヤちゃんも心得てくれていて、

「いたずらされたら、困るわ~、勘弁してください!」

と、誕生会を盛り上げてくれましたhappy01

最後は、BGMとともに、アヤちゃん特製のアンパンマンのバースデーケーキが登場したのですが、なんだかさらに丸々としたようで、パパみたいな顔になっていました、とさ(笑)

Dvc00097

2012年11月 3日 (土)

病院も社交の場!?

一昨日、まる子は、朝起きてから、

「みみがいたい、あたまもいたい…despair

と言いました。

食欲も元気もあったので、保育園に送っていき、先生には、

「熱が上がってきたりしたら、連絡をください」

と、症状を伝えて、お願いして帰ってきました。

こちらとしては、中耳炎の薬はちゃんと飲んでいるし、保育園に行きたくないからナーバスになっているのかも…と、思っていたのですが、その1時間後には、担任の先生から、

「やっぱり、耳が痛いようで、9時半に37.4度だった熱が、今38.1度に上がって、『さむい、さむい…』って言うんです…」

と、迎えを頼む電話がかかってきてしまいましたsweat01

すぐに、かかりつけ医に予約を取って、まる子を迎えに行ったのですが、なんとストーブを入れてもらって、職員室のベッドで寝ていました。

病院に着いてからも、寒い寒いと言って、ぐったりしていたのですが、風邪というより、耳からの熱だったようで、強めの抗生剤を処方してもらったら、すっかり元気になってしまいましたear

それでも、かかりつけの先生から、耳で通っている総合病院の先生に、いちおう診てもらったほうがいい、ということで、昨日行ってきましたhospital

総合病院の耳鼻咽喉科は、いつも混んでいて、この日は1時間くらい待たされたのですが、たまたま同じクラスのハルト君と一緒になり、ふたりで遊んではしゃいでいましたnote

そのあとの会計もなかなか混んでいたのですが、待ち合いの椅子に腰掛けて待っている、初対面のおばあさんの隣にまる子は座り、

「こどもは、いますか?」

とか、

「おばあさんの、おなまえは、なんていうんですか?」

などと話しかけ、すっかりおしゃべりを楽しんでいました。

おばあさんは、ちょっと戸惑っていましたけど、めずらしがって相手をしてくれました。

そのスミエおばあさんが、先に会計を済ませて帰ってしまうと、今度は、あーりん(実家の母)くらいの年のおばさんの隣に行き、

「このバッグ、かわいい~」

などと、おしゃべりをはじめ、やっぱり、おばさんの子どもの話とか、おばさんの名前を聞きたがって、住んでる場所や、今日はどうして病院に来たのか、ということまで聞き出していましたhappy01

そして、最後には、

「また、あおうね!

こんどは、まるちゃんのいえに、あそびにきてね!」

と、招待しようとしていました(笑)

おばあさんとまる子がおしゃべりしているときに、ちょうど私の知り合いと会ったのですが、

「てっきり、3人で来たのかと思った~(笑)」

と言われるほどの、打ち解けようで、どうしてそんなにしゃべりかけるのか、本当に不思議なのです。

待たされがちな病院で、グズグズされるよりは、自分からおしゃべり相手を探して、楽しく過ごしてくれていたほうが楽は楽ですが…smile

なので、小児科だと、おばあさんやおばさんが少ないので、ちがう科のほうが、まる子にとっては楽しいようですnote

2012年11月 2日 (金)

まる子の誕生日は、リハーサル

Dvc00102

まる子の誕生日のその日、夕方から、11日の芸術祭に出るためのリハーサルを、本番会場でしていました。

朝は、

「ほいくえんに、いきたくない…despair

とグズグズしていましたし、帰ってきてからは、すぐに、リハーサルに向かう仕度に入ってしまったので、バタバタとした誕生日となってしまいましたdash

それでも、バレエで同じクラスのアオイちゃんから、可愛いプレゼントとお手紙をもらったり、ハロウィンパーティーで余ったというお菓子を、みんなに配ってくれたお母さんがいたので、まる子は嬉しかったようですhappy01

久しぶりに、会場となる文化会館の舞台そでにまわってみると、変わらない懐かしい匂いがしてきました。

私も、子どもの頃、何度も同じ会場で、バレエの発表会をしてきたのですが、もう何年も経ったというのに、変わらない匂いから、当時の記憶の断片がよみがえってきたんですねconfident

Dvc00097

やっぱり、本番の会場に立つということは、子どもながらに気が引き締まるようで、みんな一生懸命位置を確認しながら、踊っていましたnotes

この日は、レッスン着でのリハーサルでしたが、本番前日には、衣装やメイクをしてのリハーサルがあります。

こちらもまた緊張しそうですが、緊張しているのは親たちばかりで、子どもたちは、みんながそろうと、じゃれ合って遊んでは、

「静かにっsign01

などと、叱られているのでした。

こんな調子で、元気よく、本番を迎えてほしいものですshine

2012年11月 1日 (木)

まる子、5歳のお誕生日会…保育園編

Dvc00092

火曜日は、保育園で、10月生まれのお誕生日会があり、その親たちも、保育体験ということで、一緒に参加してきましたbirthday

さっそく、年少さんが作ってくれた、金の冠と星のメダル、年中さんが作ってくれたバラの花束のプレゼントが…present

Dvc00094

めずらしく、10月生まれの年長さんがいなかったため、まる子を先頭に、みんなが待っているお部屋へ入場しました。

トップバッターだったけど、ハキハキと、

「5さいになりました(ほんとうは、まだだけど…)。

まる子ですっ!」

と自己紹介ができ、好きな食べ物(ぶどう)なども言えて、先生からお褒めの言葉をいただきましたhappy01

一緒に園庭で遊んだり、給食を食べたりしたのですが、まる子の園での様子がわかり、良い体験になりました。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »