2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« 感情について | トップページ | 完全さを受け入れる »

2012年12月23日 (日)

クリスマス最初のお客さん

Dvc00071

木曜の夜、毎年恒例のクリスマスディナーに、出かけてきました

古民家を改装したお店、陶芸家のオーナーさんが手作りしたお皿や置き物、自家製野菜をふんだんに使った創作料理…、まる子も大好きな場所です

オーナーさんも、お店のスタッフさんたちも、私たちのことを覚えていてくれて、

「去年より、大きくなりましたね~

毎年、来てくださってくれてますよね」

と、まる子を見ながら、声をかけてくれました

ちょっと早く到着してしまったので、準備が整うまで、店内を見て回っていたまる子。

クリスマスカードや、ポインセチア、ツリーなどが、店内のあちこちにディスプレイされ、触りたくて触りたくて…

Dvc00086

コース料理だったので、ゆっくりと美味しい時間を過ごすことができました

一年に一度、こんなふうに、次に出てくる料理を楽しみに待ったり、手の込んだお料理をいただいたりしながら、夫婦でゆっくり時間を過ごせるのは、とっても幸せなことです

まぁ、まる子がいますから、ハラハラしたり、怒ったりもしますけど…(笑)

去年は、一人で食べられなかったけれど、今年は、自分で箸やフォークなどを使って、お子様用を、お腹いっぱい食べていました

帰りに、オーナーさんお手製の、可愛らしいヘビの置物(来年の干支ですね!)と、クッキーを持たせてくれました。

私たちが、クリスマスディナー最初のお客さんだと教えてくれたのは、オーナーさんでした。

美味しいお料理はもちろんですが、ステキなお店や、可愛い陶器の数々、親切でフレンドリーなスタッフさんたちなどなど、たくさんのハッピーを受け取って、帰ってきました

また来年も、家族そろって美味しい時間を過ごせたらいいなぁ~。

Dvc00088

« 感情について | トップページ | 完全さを受け入れる »

娘、まる子のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス最初のお客さん:

« 感情について | トップページ | 完全さを受け入れる »