2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« まる子、おねしょの朝…。 | トップページ | しっかり記憶にインプットされている… »

2013年3月12日 (火)

肩凝りと、体の柔軟性と…

やっと、マイバレエシューズを買いましたshine

Dvc00073

今までは、みーみ(千葉の妹)から、借りていたんですね…。

さて、先日の、下弦の月の晩に、いつものYumiko*さんから、遠隔で、レムリアンヒーリングをしてもらいました。

今回は、初めての、肉体に関する二つの意図で…。

ひとつめは、『改善したいこと』として、「肩凝り」。

そして、二つ目は、『実現したいこと』として、「ダンスを美しく踊るための、腰と股関節の柔軟性を上げること」。

初めての、肉体に関する意図ということで、ガイドたちも、具体的なアドバイスを、わかりやすく伝えてくれましたhappy01

肩凝りと、身体がかたいことの原因は、共通するところからきていそうです…。

「あなたの身体は、長い間、緊張することに慣れていて、深く緩むことを知りません」

 「深く呼吸すること」

 「息を吐くとき、あなたは、すべてから、解放されます」

 「リラックスすること」

 「緊張が生まれると、細胞も縮む」

 「緩めること。

 全細胞を緩めます」

 「かたい、かたい、と思うことは、身体にかたくなれと命令しているのと同じです。

 自分がなりたいと思う言葉を、身体に唱えましょう」

…どうも、左側後頭部から首、肩甲骨までセットでつながって、凝っているようで…coldsweats01

「肩甲骨を、大きく動かすこと」

「肩甲骨の隙間に、過去のネガティブな感情が、溜まります。

 それを、解放していくこと」

…体の柔軟性には、骨や関節は関係ないようです…confident

「関節や骨は、柔軟性に関与してはいません。

 関節というよりは、靭帯や筋肉が、滑らかに伸びるイメージをしましょう。

 ゆっくり、少しずつ、ストレッチすれば、必ず柔らかくなっていきます」

 「イメージが、大切です」

 「腰周りの柔軟性は、足やおなか、背中の筋肉や、靭帯が関与していて、すべての筋肉、靭帯のストレッチが必要です」

…柔軟性が足りない部分や、凝る部分は、冷えているようで…penguin

「しょうがやねぎ、根菜類など、身体が温まるものを食べましょう」

…最後に…flair

「自分自身をジャッジしない(長い間、緊張することに慣れていたのは、自分で自分をジャッジしていたからです。

自分でジャッジすれば、他者からもジャッジされます)。

自分を許すこと。

ありのままの自分自身を、受け入れること」

「今、あなたが深い呼吸をするたびに、遠い過去からの、あなたの痛みは、すべて手放されていくでしょう。

呼吸のたびに、あなたは自分を許します。」

バレエをはじめる前の2年間ほど、ストレッチのクラスを週一で受けていたのですが、そのときには、全然柔らかくなった実感がなかったんですねcoldsweats01

でも、バレエのストレッチをはじめて…、3ヶ月くらいですが、だんだん、体が柔らかくなっていきています!

やっぱり、何も意識していないストレッチよりも、バレリーナの柔軟性を意識したストレッチでは、結果に差が出るんですね~smile

イメージが、大切…shine

それは、何にでも、当てはまることかもしれませんね…。

« まる子、おねしょの朝…。 | トップページ | しっかり記憶にインプットされている… »

光の存在からのメッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/50705316

この記事へのトラックバック一覧です: 肩凝りと、体の柔軟性と…:

« まる子、おねしょの朝…。 | トップページ | しっかり記憶にインプットされている… »