2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« まる子の個人面談…年長編 | トップページ | …こどもの気持ち、忘れちゃった? »

2013年11月 7日 (木)

幼い「悪さ」にとまどう…

日常生活のなかで、子育てほど感情的になるものって、ないんじゃないかと、最近思うsweat02

そして、時に、今までの「常識」を、くつがえされるような場面も、出てきて…。

たとえば、「ウソはいけない」って思っているところに、すぐにバレそうなウソを、まる子につかれて、怒ったり…dash

トイレから出てきて、手を洗っていないのに、洗ったって言うとか…(乾いたままの手を見たら、誰だってウソだって、わかるっ!)。

大人だったら、すぐにバレるようなウソは、敢えてつかないですよね~。

ほかにも、お友だちに意地悪言ったり、アリを踏みつぶしたり…。

大人から見たら、とっても残酷なことを、平気な顔をしてやるので、果たして、これを成長の過程として、受け入れていいのか、それとも、親として、厳しく諭したほうがいいのか…。

ちょっとした葛藤があったのですが、たまたま、図書館で見つけた『ちいさい おおきい よわい・つよい』という冊子が、参考になったので、紹介しますねbook

この号の特集は、ズバリ、『いじわる?ごまかす?和を乱す? 幼い「悪さ」にとまどう』。

その最後の、小児科医の毛利子来先生(通称、たぬき先生)の「大人を 乗り越えていく  こどもたちと」という記事の抜粋です…pen

こどもには「悪いこと」が必要なんです。

善悪って、大人のほうの基準でしょ。

そんなものを守っていたら、つまんない大人になっちゃうよ。

大げさな話だけど、悪いことができないと世の中はよくなっていかないの。

革命なんて最たるもので、その時代の法律とか行政を破って、新しい社会をつくろうとする。

権力者にとってみればとんでもない悪、大犯罪だけど、それこそが社会を変えていく原動力だ。

こどもは大人を乗り越えていく存在なんです。

いまの価値観や行動の基準を突き破り、自分たちの世の中をつくっていく。

だから、「いうことを聞かない悪い子ね」と嘆かずに、「この子は見所がある」と思ってほしいな。

悪いことをしたせいで怒られたり、罰をあたえられたり、かえって損をしたりと、こどもはおおいに鍛えられる。

「自分」という存在を意識する。

成長していくんだね。

こどもの数が減り、大人の目がいき届くようになったいま、行動が制限されすぎているとぼくは思う。

むしろ親たちには、こどもにどんどん悪いことをさせることをすすめたい。

自分にとっておかしいことだったら、人の話なんてきかないほうがいい。

みんながいい子になることはないさ。

なにが「悪いこと」かと問われれば、自分を偽ることだろう。

たしかに、どの世代を通じても「悪い」といわれることはある。

でも、それらがもつ意味は、人によってちがうわけだ。

昔から「嘘も方便」という格言があるように、相手をかばう嘘もある。

夫婦だって嘘がなけりゃ長続きなんてしないさ。

店のものを勝手に食べるのはまずいけど、家なら家族でおかずをとりっこもするでしょ?

「横断歩道を渡りましょう」というけれど、車もぜんぜん通らない、人っ子一人いないようなところでは、ねぇ。

立場や状況によって困ることにはちがいがあると、ぜひこどもには伝えてほしいね。

それは大人と子どもにもあてはまる。

からだの大きさ、ものの感じ方もちがいますから、こどもは大人の望むようなことはできないよ。

そして、大人のほうは、こどもが望んでいることに気がつかない。

そりゃ、大事なものを壊されたり、約束を破られたら、腹が立つ。

そんなときは、母ちゃんはそれをされたら困るんだ!って自分の気持ちや事情をぶつけていい。

それでも、ちょっと冷静になってから、この子にとってその行為がどんな意味あいをもつのか思いめぐらせてみたい。

あなたはそうしたかったのねと言葉をかけて、抱いてやってほしいの。

こどもに「教えてやろう」と思うのは親の宿命。

でも、毎日のように起こる事件のたびに、大人とこどもが立場や事情をぶつけあっていきたいもんだ。

ぼくも、診察室で、しゃがみこんでこどもの声を聞いてきた。

目線を同じくするということが大事なんだろうね。

« まる子の個人面談…年長編 | トップページ | …こどもの気持ち、忘れちゃった? »

娘、まる子のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/53852360

この記事へのトラックバック一覧です: 幼い「悪さ」にとまどう…:

« まる子の個人面談…年長編 | トップページ | …こどもの気持ち、忘れちゃった? »