2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 幼い「悪さ」にとまどう… | トップページ | おにぎりとゆで卵 »

2013年11月 8日 (金)

…こどもの気持ち、忘れちゃった?

昨日の記事のつづきです…pen

まったく、まる子はっpout!、と思うこと多々ですが、昨日にひき続き、『ちいさい おおきい よわい・つよい No.89』のなかから、山本シュウさん(ラジオDJ)の「…こどもの気持ち、忘れちゃった?」より抜粋です…。

大人になると、こどもの気持ちを忘れてしまうのかな?

ボクはいっぱい覚えているよ。

台風のとき、町中の道路に水があふれて……もうワクワク。

小学生のころなんかは「嵐、サイコー!」って思ってた。

水がたまったところへザッバーンって入って、頭はドロドロ、目からバイキン、口から泥水。

それで、大人からは「あんたあの木の陰にウンコ落ちてたやろ、そんなん流れてる中に顔つっこんでアホちゃうか」って怒られた。

うん、アホかも(笑)。

でも、すべてアカンというわけじゃない。

こどもは衝動優先や。

ベッドやソファでトランポリンして遊んだことない?忘れちゃった?

ボクは、こどもが公共の場で騒いでいたりしたら、「さて問題です。ここでは跳んだりはねたりしたらアカンみたいです。大人の世界では。さあ、なぜでしょう?」って、大人の事情も伝えて考えてもらうよ。

そうすれば、こどもはちゃんと理解する。

そのたび「よーわかってんね。すごい。ボクはこどものとき気づかへんかった」って思うし、実際そんなふうにいう。

外出先で、「買って~」「○○やりたい~」とこどもが大声で泣いて訴えて、しまいには床に寝ころんでバタバタすることがありますよね。

きっかけはただ素直にそれをやりたいということだったとしても、このとき泣いている子の心の奥底にあるのは「自分の思いを気づいてもらえていない」という不満だと思う。

でも、こどもはそれをうまく言葉で表現できないから、「親を困らせたる大作戦」をとるしかない。

こどもが親のいうことを聞かないというより、親がこどもの気持ちを聴いて、理解してあげてないということやないかな。

考えてみてよ。

こんなふうに訴えてくる子は、ボクからしたら「この子めっちゃパワーもってる!」「なんて豊かな表現力か」、そう、スーパーボーイ&ガールや!

こどものする「悪い」といわれる行為には、こどもの正直な気持ちや、「だれか気持ちをわかってよ~!」というメッセージがかくれているとボクは思う。

そこに大人が気づけないのは、「それはいけません!」と頭ごなしにいっているからではないかな。

こんな頭ごなし教育は、ボクらの世代が受けてきた昔の軍隊式教育の名残かもしれない。

「ダメ!」としかれば、こどもはそこでやめるから即効性はある。

でもそれは、親にしかられてこわいからやめるだけ。

恐怖政治や。

大人がしかって教えたつもりでも、じつはこどもは「なぜそれがいけないのか」を理解していなかったということがたくさんある。

だから、「ダメ!」と制するのではなく、「これがなぜ悪いのか」を、親子で会話するなかで、こども自身が答えを見つけられるといいと思います。

たとえばレストランで、こどもがテーブルの下にもぐって遊び始めたとする。

そこでボクはまず「楽しそうやん」とこどもの気持ちになって声をかける。

それで、「そうか、楽しいか。でもね、いまスープが運ばれてきてテーブルのはしに置かれたとする。そこであなたがテーブルにゴン! と頭をぶつけたらどうなる?」「スープがこぼれる」「そうですね。するとどうなる?」「スープがからだにかかる」「かかると?」「やけどして泣く」。

…「泣くよね。あなたがやけどしたらお父さんもお母さんも泣く!」。

そうやっていくと、親にしかられたからではなく、究極のところ「自分のからだが傷つくから」「傷つくと親が悲しむから」だと気づくもんや。

親にしたって、究極のところは大事なのは子どもの命だと再確認できるよね。

でも、ところがどっこい、同じことをくり返す。

それが、こどもや。

でも、くり返すことでこどもは学んでいく。

楽器の演奏やスポーツの技術が、くり返すことで身についていくのといっしょ。

ものごとを自分のものにするには、同じことをくり返さないとアカンのや。

…やっぱり、子育ては、修行ですね~

頭ごなしに怒りつづけても、こちらが疲れるだけですから、山本さんのように、親子で心を通わせながら、確認していくほうがよさそうです。

くり返し、くり返し…。

« 幼い「悪さ」にとまどう… | トップページ | おにぎりとゆで卵 »

娘、まる子のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/53861367

この記事へのトラックバック一覧です: …こどもの気持ち、忘れちゃった?:

« 幼い「悪さ」にとまどう… | トップページ | おにぎりとゆで卵 »