2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

パパ、たんじょうびおめでとう!

Dvc00174

年の瀬を迎え、なにかと慌ただしい昨日、パパが50歳の誕生日を迎えましたっsign01

まだ、私が、40歳になっていないのに…、です(笑)

…関係ないか。

それで、まる子が、前日からソワソワしはじめまして…。

なにかやってやろう…、と工作に勤しんでいたんですよ。

Dvc00156

王冠に、リボンカチューシャ付きのミニボックス(折り紙製)に、♪ハッピーバースデー♪の歌詞(じーちゃたち用 笑)…。

まる子ときたら、ハッピーバースデーの歌をなかなか歌えない、じーちゃやおばあちゃんに、本気で怒ってましたけど、前の晩に、練習してました(笑)

プレゼントのミニボックスの中から、なにが出てくるんだろう…、と思ったら、なんと同じ折り紙で丸められ、セロハンテープでぐるぐる巻かれたコロコロが、たくさん入っていて…coldsweats01

そんなプレゼントの数々に、パパが、喜んだかどうかは別として、とっても張り切っていたまる子でした…。

さて、今日で2013年が終わりますdash

みなさんは、どんな一年でしたか?

まる子にとっては、年長に上がり、保育園では、お姉さんとして、いろんな行事を運営してきました。

そして、つい先日は、スタジオの発表会を無事に終え、また、新たな目標ができたみたいですsmile

今年も愛読してくださり、本当にありがとうございましたshine

良い年をお迎えくださいねっ!

2013年12月30日 (月)

常識を覆すようなありえないことが起こりそうだ!

昨日の朝、見た、夢。

昼間、みんなで外にいたとき…。

空を見上げると、突然、見たこともないような、二つの惑星が出現していた!

しかも、月と地球の間に、そのふたつが、直列に並んでいる。

地球側のひとつは、球体に、いくつもの半球体がくっついているような、でこぼこした星…。

一緒にいた友だちや、ほかの人たちも騒然となっていた。

それで、自分のなかで、その宇宙の構造が、人体の内部構造と一致しているんだ!…、というような、ひらめきが起きて、目が覚めた。

happy01

今までは、昼間見える星といったら、月だけっていうのが常識だっただけに、意表をつくような、想像を超える現象が起こって、ほんとうにびっくりしていた。

月食や、日食といったことは、事前に、いつありますよっていうニュースがあるけれど、そういうことも、まったくなくて…。

でも、人間なんてちっぽけなもの。

世界は、そういう現象で、溢れかえっているのかもしれない。

実際に、そういった、今までの常識を覆すようなことが起きても、パニックにならないよう、夢で先に体験させてくれたように思う。

ちょっと、ワクワクしてきた。

2013年12月29日 (日)

歌って踊って元気100%!

昨日は、まる子を連れて、地元の女子高校の、音楽クラブ『パワフルコンサート』に行ってきましたnotes

先週まる子の発表会があった会場と、同じところだったので、なんとなく感慨深い気持ちで、受付をすませたのですが、やっぱり、同じスタジオの母娘さんたちが来ていて、

「なんか、寂しくて~!」

と、言っていましたsmile

楽しみにしすぎていたのか、私たちは、開場の1時間もまえに到着してしまったので、まだ入口にだれもいなくて…sweat01

一番乗りかと思っていたところ、初対面のおじさんが来て、自動ドアを手で開けてくれて、

「中で、待てるみたいだよ」

と、教えてくれました。

それで、このおじさんが、

「先週のここでの舞台は、素晴らしかったよshine

と言うので、まさかと思ったのですが、よくよく話を聞いてみると、うちのスタジオの発表会も、観に来てくれたみたいで…。

「あれだったら、お金を払ってもよかったよ!」

と、すごくよかった!と、ほめてくれたので嬉しかったですhappy01

おじさんとしても、まさか話した相手が、その発表会に出ていたとは思わなかったでしょうけどね…(笑)

さて、肝心のコンサートですが、AKBメドレーから始まって、会場を沸かせ、元気いっぱいの女子高生のノリで、最後まで突っ走ってくれましたnotes

まる子は、チアリーディングがよかったみたいですが、私は、ミュージカル『レ・ミゼラブル』からの3曲が、とっても素晴らしくて感動しましたshine

実際に、東宝ミュージカル『レ・ミゼラブル』に出演されていたOGの方の独唱もあって、プロの歌声に聞き惚れてしまいましたheart04

アイドルやチアリーディングから感じるのは、自分たちの持っている笑顔やパワーを、いかにたくさんの観客に放出するか…、みたいな研究を、すごくしてるんだな、ということでした。

高校のクラブなのに、好きでやってるレベルを超えて、ここまで完成度やサービス精神を上げて披露してくれたところに、驚いてしまったのですが、まる子にも、こういう舞台人の追求心が伝わるといいな、と思った母でありますconfident

2013年12月28日 (土)

相葉君が、出たぞ~!

ある土曜の夜、まる子は、じーちゃと「天才!志村どうぶつえ園」を見ていた様子…tv

お風呂の仕度をしていると、居間から、じーちゃの声が聞こえてきました。

「おい、相葉君が、出たぞ~!」

80過ぎのじー様から、「相葉君」って言葉が出ることに、いささかのおかしみを感じながら、聞き耳を立てていると…。

まる子ときたら、

「…わかってるっsign01

と、つれない返事…coldsweats01

まる子も、じーちゃたちのお気に入り番組である、NHKの「鶴瓶の家族に乾杯!(だったかな…)」だとか、のど自慢的なものを見て、楽しんでいるみたいなんで、異世代間でテレビを見るのは、とってもいいのかもしれませんね(笑)

まる子だけだったら、アニメばっかりですし…。

2013年12月27日 (金)

シンビジューム

今年も、実家に、シンビジュームを贈りましたpresent

昨年は、蘭を栽培する知り合いの農家さんから、直接気に入ったものを購入したのですが、今回は、うちで出荷している花市場の担当さんに頼んで、送ってもらったところ…。

玄関に入れるのもやっとくらいの、大きな箱に入った、とっても立派なものが届いてしまいましたsign01

Dvc00176

あわや、店内でじゃまになるかな…sign02、というところでしたが、レジ横に落ち着き、ホッdash

ちなみに、シンビジュームの花言葉は、『飾らない心、高貴な美人、素朴』。

いよいよ、年末年始を感じさせます。

Dvc00175

2013年12月26日 (木)

発表会を終えて…

今日は、クリスマスですね~xmas

クリスマス直前に、まる子の発表会があったので、バタバタしていて、全然クリスマスな気分ではないんですが、我が家でも、昨晩は、ピザを焼いたり、ケーキを食べたりして、まる子は、大はしゃぎでしたsmile

さて、発表会が終わり、やれやれ…dash、といった気分ですが、昨日は、業者さんから借りた、バレエの衣装を点検して、梱包し、発送するためのお手伝いをしてきました。

発表会後に、スタジオに持ってきて、干してくださってあったので、スムーズに仕事が終わったのですが、片付けてしまうと、なんだかちょっと寂しい気持ちにもなり…。

長い時間をかけて、振り付けの練習をしたり、準備をしてきたけれど、本番がはじまってしまうと、あれよあれよという間に、サッサと終わってしまった感じで…dash

そのくらい順調に、プログラムが進んでいったということですけどね…。

それにしても、あ~りん(実家の母)は、よくぞ10年も、嫌がる娘を連れて、お金と労力をかけてくれたんだな…と、親の立場になってみて、はじめて苦労を知りましたcoldsweats01

もし、今回、私も発表会に出ていたら、わからなかったことです。

華やかなスポットライトを浴びて輝く裏には、必ず、心強く、たくましいサポーターがいるんですね…。

それで、昨日は、衣装の発送手配が終わってから、先生を囲んで、みんなでランチを食べたのですが、やっぱり、憧れのお姉さんのお母さん方っていうのは、しっかりしていらっしゃって、お話していて勉強になりましたsign01

まず、なんといっても、お母さんご自身が、笑顔が素敵で、表現力があるんですよね。

まる子の前では、なるべく鬼の形相や声色は、控えようかな…、と思った母です(笑)

少しゆっくりしたいところですが、仕事や大掃除…、やりたいことがまだまだ残っていますsweat01

みなさんも、体調に気をつけて、ハッピーな一日をお過ごしくださいねhappy01

Dvc00192

2013年12月25日 (水)

クリスマスだけれど…

まる子と、スーパーの前を通ったときのこと…。

「モミのきが、いっぱいある~sign01

と、まる子が言うので、目をやると、門松用の松が、店頭に並べられていましたcoldsweats01

ちょっと黙っていましたら、

「あれ、まつぼっくりが、ついてるね…」

と、笑い出しまして、本人も、ようやく、モミの木ではないことに気がついたみたいです(笑)

おかしいですね!

2013年12月24日 (火)

はじめて、おはなをもらったね!

昨日は、無事に、まる子の通う、ミュージカルスタジオの発表会を終えることができましたshine

直前に、風邪から喘息が出て、出演が危ぶまれたまる子でしたが、薬が効き、前日のリハーサルから、本番の最後まで、やり終えることができましたsign01

母としては、上手にできたか、できなかったかということよりも、舞台に立ち、最後までやりきれたということで、やれやれ…よかったdash、という心境です。

当日のメイクは、スタジオの先生方やお母さんたち、スタッフさんが手早くやってくれたのですが、髪型は各自だったので、不器用な私は、いつもの美容師さんに頼みました。

Dvc00180

ちゃ~んと、アイロンで巻き巻きしてくれて…。

Dvc00174

はい、完成sign01

髪飾りやカチューシャを付けられるよう、おだんごも作ってもらいました…。

私は、まる子たち小さい子の、衣装を着せてやったり、舞台の下手・上手のどちらから出るのか誘導してやったりといった、裏方の仕事をしていましたので、袖からチラッと見られたものの、ほとんど、まる子の踊る姿を観ることができませんでしたsweat01

でも、スポットライトを浴びて、キラキラと光る、子どもたちの衣装や、ヘアメイクを見たときに、あぁ~やっぱり本番は、みんな輝くんだな…、と感動shine

Dvc00184

後で、DVDが出来上がるようですので、まる子のダンスは、ゆっくり観ることにします!

発表会には、家族はもちろん、あ~りんやジー太(実家の両親)、担任の先生や、お友達たちが、観に来てくれましたhappy01

そして、お菓子やぬいぐるみなど、プレゼントをいただいたのですが、まる子にとっては、お花のプレゼントが嬉しかったようです。

「はじめて、おはなを、もらったねsign01

と、帰りの車で、言ってましたから…。

まだ子どもだから、お花なんてもらっても喜ばないだろう…、と思ったのですが、意外でした。

まる子さん、発表会の成功、おめでとうございましたshine

舞台を作り上げるには、たくさんの方たちの手助けが必要でした。

みなさん、ほんとうにお疲れ様でしたsign03

2013年12月23日 (月)

今日は、いよいよ本番です!

昨日、無事に、本番と同じ会場で、衣装を付けての通し稽古を終えた、まる子happy01

心配していた喘息も、そんなに出ることもなかったですし、まぁ、ちょっとした間違いはありましたけど、パパに言わせれば、

「この年齢で、クオリティを求めるのは、無理だぞ!

出られただけで、よしとしないと!」

ということなので、そうなのかな…、と。

確かに、舞台の上で、スポットライトを浴びるまる子を、袖から見ているときに、金曜日のあのぐったりとした姿を思い出し、無事に舞台に立てたのは奇跡だと、ジ~ンとこみ上げてくるものがありましたshine

Dvc00154

今日は、これから、本番です!

今日も、出演者を含め、スタッフさんも、最高最善で、無事に終わるように、願う母であります。

2013年12月22日 (日)

ここががんばりどころです!

昨日は、一昨日かかりつけ医で処方してもらった薬が効いたようで、まる子の咳が鎮まり、熱も下がってきましたconfident

昨日の、リハーサルはお休みしたものの、今日は、午後から、本番と同じ舞台を使って、立ち位置を確認したり、衣装を付けての通し稽古があります。

寒い時期ですし、長時間なので、少々心配ではありますが、体調を見ながら、できるだけ参加できるといいと思ってますconfident

思えば、昨年、地域の芸術祭で、はじめて舞台に立ったときも、今回みたいに、風邪から喘息が出てしまって、ハラハラしたことを思い出します。

子どもなりに、緊張するんですねsmile

今日と、本番の明日が、無事に終わりますように…。

「ドキドキするけど、じょうずに、ゆっくり、おどりたいですheart01

まる子の意気込みです!

2013年12月21日 (土)

体の緊張感を伝える夢

久しぶりの夢日記です…moon3

昨日の朝、見た、夢…。

場所は、とあるバレエスタジオ…。

その住居スペースに、これから住むように言われる…。

「あなたの踊りは、体の緊張感が出て、体が突っ張っている…」

と、先生…。

突然の環境の変化や、提案に、戸惑っているうちに、目が覚めた…。

happy01

なにか、追い込まれて、もうやるしかないのかな…、というような気持ちの夢でした。

でも、自分には、全然見通しも立ってないし、自信もないし…。

夢のなかでは、バレエのことでしたが、最近、緊張しているのかも。

日常のなかでも、もっとリラックスしようと思いました。

昨日から、まる子の体調が変化…。

咳がひどく出るようになって、発熱…、どうやら、風邪から喘息が出ているようです。

どうなる、本番(明後日は、まる子の発表会)…!?

と、焦る気持ちもありますが、まる子にも、こちらの緊張感が伝わってしまったのかもしれません。

やっぱり、リラックス、リラックス~

2013年12月20日 (金)

今年最後のグループ活動

昨日は、発達センターのグループ活動に、参加してきました。

月に1度しかないのですが、ここ数カ月、まる子ときたら、行きたくない…、とグズグズしていまして…(行けば楽しいみたいなんですが…)。

それで、この日は、風邪気味でしたし、

「お休みにしようか…」

と、提案してみたところ、

「え~、まるちゃん、せっかく、じこしょうかいを、まえにでて、やってみようとおもったのにっsign01

と、なぜか、行く気満々の様子。

この「自己紹介」っていうのは、会のはじめに、子どもが一人ずつ前に出て、保育園の名前や、自分の名前、それから、最後に、先生からの質問(この日は、「クリスマスにサンタさんに頼んだこと!」でした)を、答えるんです。

それを、ここ数回は、まる子は、嫌がって(恥ずかしがって!?)、私の後ろに隠れちゃって、やらなかったんです。

でも、昨日は、なんの心境の変化か知りませんが、突然、意欲的に、挑戦しようとしたんですねup

実際に、みんなの前で、ちゃ~んとやってましたよscissors

それから、以前までは、ゲームに勝つための作戦会議(みんなでの話し合い)が、楽しくないって言って、ほとんど仲間に入らず、ボールで遊んじゃったりしてたんですが、昨日は、みんなの中に入って、話し合いをしながら、協力して、ゲームに参加していましたhappy01

話し合いが、ちゃ~んとできて、みんなでの協力体制が整うと、ゲームに勝ちやすいって体験ができていたんで、少しずつ、話し合いって大切なんだなってことが、わかってきたのかもしれません…。

最後に、男の先生から、手作りのツリーのプレゼントをもらって、ご機嫌で帰ってきましたxmas

終わりの会で、次回からのスケジュールのお話があったのですが、来年1月に、最後にこういった活動をしてからは、2月に、ゲームなどのお楽しみ会をして、それでおしまい、とのことで…。

え~、もう、終わりなんだっsign01…、と寂しい気持ちになってしまいました。

4月には、もう小学校ですもんねぇcherryblossom

2013年12月19日 (木)

寒い日も笑顔で…

昨日は、天気予報通り、雪の降る一日でしたsnow

まだ、気温がそれほど低くなかったので、みぞれのような雪で、積もるほどではなかったのですが、陽が当たらない分、芯から冷えるような寒さで…。

そんな日の夕方、郵便局に、80円切手を買いにいきましたpostoffice

小さな郵便局でしたが、カウンターの男性が笑顔で迎えてくれ、たった80円の切手を1枚買い、封筒を出しただけだったのですが、

「寒い中、来ていただいたので…」

と、ポケットティッシュを2個もくれたんです!

まる子とふたりで行ったので、2つくれたのかもしれませんが、今まで、郵便局で用事を足して、預け入れをしたならまだしも、こんなにサービスがよかったでしょうか!?

寒い時期は、やっぱり、こんなふうに、人との温かいふれあいが、心と体をあっためますねspa

寒い、寒いと、背中をすくめて、しかめっ面をしていないで、なるべくニコニコ笑顔でいようと思った、出来事でしたhappy01

2013年12月18日 (水)

おばあちゃんからまる子へ…

まる子が、寝るまえに、こんな話をして聞かせてくれましたnight

「おばあちゃんが、こんなことを、いってたよ。

おばあちゃんは、パパも、おじさん(パパの弟)も、おとこのこだったから、おんなのこが、ほしかったんだって。

だから、まるちゃんがきてくれて、よかったって。

まるちゃんは、ちいさいとき、ころんでも、なかないし…。

おきても、なかないし…。

やんちゃだし…。

とっても、たくましいこだったんだって!」

補足しますと、起きても泣かないとは、いつも機嫌よく起きる、ということですsmile

たとえ、大人の都合で起こされようとも…、です。

義母は、70代で、農家に生まれ、農家に嫁いだ人なので、女の子でよかった…、と心から思っていたとは、とっても意外でした!

まる子も、これを聞いて、とっても嬉しかったようですconfident

2013年12月17日 (火)

まる子、上から目線!?

もうすぐ、みーみ(千葉の妹)の誕生日…birthday

まる子が、カードを書きはじめたのですが…。

Dvc00174

『みーみへ

げんきかな?』

それを、横から見ていた、あーりん(実家の母)が、

「ずいぶん、上から目線だね、まる子~sign01

と、すかさず突っ込んでいました(笑)

すぐに突っ込めるほど、読める字を書けるようになった、ということでもありますsmile

2013年12月16日 (月)

裏方に徹して…

昨日、無事に、衣装を身につけての、通し稽古が終わりました~dash

はじめて、衣装を着て、当日と同じようにやってみたのですが、なかなか忙しく、まる子の衣装を着せてやるのに精一杯っsweat01

会場係や受付係をしていて、自分の子に衣装を着せてやれないお母さんもいるので、そういう子たちの衣装も、お手伝いしないといけないところなのですが、全然余裕がなかったです!

そして、あっという間に、最後の3幕まで、終わってしまった感じでしたcoldsweats01

大丈夫か、当日…sweat02

衣装を入れておくカゴなど、工夫をして、手際よくこなせるようにしたいです。

この日は、動きやすいように、髪を引っつめて、エプロン姿でのぞんだので、レッスンで、一緒にアヴェ・マリアを踊っている、ほかの2人から、

「なんだか、いつものまるままさんと、違う感じですよね。

やっぱり、お母さんなんですね…。

まる子ちゃんを育てるの、大変そうですもんねぇ~」

などと、しみじみ言われてしまいました(笑)

舞台でスポットライトを浴びながら、踊るのもいいですが、子どもたちがちゃんと舞台に立てるように、送り出す仕事もやりがいがありますsign01

あと2回、衣装を付けての通し稽古がありますので、本番までには、流れをつかみたい母ですconfident

2013年12月15日 (日)

衣装合わせ

Dvc00165

発表会を、一週間後に控えた昨日ribbon

レッスンのときに、はじめて、それぞれの衣装を着て、踊ってみました。

はじめは、グズグズしていたまる子でしたが、美しい衣装を着たお姉さんを見たとたん、スイッチが切り替わったようで、イキイキとしてきましたsmile

逆に、私たち保護者は、間近に迫るリハーサルや本番を思い、一気に緊張度がアップして…sweat01

今日は、衣装を着ての、通し稽古…。

いよいよ…、という感じですdash

なんとか、すべて無事に終わりますように…!

Dvc00156

2013年12月14日 (土)

まる子、6歳の結婚観!?

まる子と一緒に、お風呂に入っていたときのこと…spa

また、唐突に、

「まるちゃん、だいがくに、いかないっ!

おうちに、ずっと、いるっsign01

と、言い出したので、

「そんなことを言っていても、中学生くらいになれば、ママと離れたくなって、一人暮らしをはじめるんだよ」

などと、返していたのですが、急に、まる子は、どんな人と結婚するんだろう…、などと思いまして、

「まるちゃんは、どんな人が、好きなの?」

と、聞いてみましたsmile

すると…。

「いま、すきなこが、いたとしても、おねえさんになって、おとなになったら、べつのひとにかわるんですっsign01

と、キッパリ言われてしまいましたcoldsweats01

なんと、現実的な…。

女子ですねぇ…(笑)

2013年12月13日 (金)

7歳までの育ち方…2

昨日は、雑誌『ちいさい おおきい よわい・つよい』の特集、「7歳までの育ち方」から、ひとつの意見(精神神経科医、石川憲彦さん)を紹介しましたconfident

そのなかで、私が共感したのは…。

・早期教育で脳を一つの方向に向けることが、のちのち、環境の変化に対応できなくしてしまうおそれも大きい

・万が一、早期教育の効果があるとしても、その子が大人になる二〇年後にはまったく無意味になっている可能性が高い(昔は、欧米をモデルにできたけれど、今や追いついてしまい、将来の推測ができない)

・先を見通せない時代には、できるだけプリミティブな状態にあるほうがいい…どんな環境にあっても生きていけるしなやかなタフさ

…というところでした。

ピアノ、スイミング、英会話、習字…、習い事の教室はたくさんあり過ぎて、なにをやらせたらいいのか、迷ってしまうほどですが、そのまえに、生き抜いていくという、もっと根っこの部分を、大事にしていったほうがいいようですね。

そして、なによりも、まずは、親自身がタフになっていく…、と。

結局、自分がどう生きていくか…、というところになっていくのでしたsmile

2013年12月12日 (木)

7歳までの育ち方

まる子も、来春から、一年生…cherryblossom

習い事も含めて、何か、準備しなくちゃいけないのかな…。

なんて思っていたところに、見つけたのが、『ちいさい おおきい よわい・つよい』NO.88…book

ズバリ、「7歳までの育ち方」を、特集していました!

そのなかに、『鉄は 熱いうちに打て、じゃないの?』という、精神神経科医の石川憲彦さんの寄稿が、なるほど~!…と思ったので、紹介しますねpen

長文ですので、興味のある方だけ、どうぞ~↓

生後の脳の発達は、遺伝以上に学習の影響を強く受けます。

いわゆる早期教育論のベースになっているのは、この脳科学理論です。

そこから一足飛びに、早いうちから脳にいい刺激をあたえれば能力を育てられるという話になってしまうのですが、脳に悪いことは少しわかっていても、いいことはまったく不明。

そもそも「いい」とか「悪い」という価値判断自体、私たちの倫理観や道徳観にもとづくところが多く、脳の反応とはまるっきり無関係なのです。

一定の刺激が一定の化学変化を起こすことは知られているとしても、それを、その人の一定の行動に結びつけるまでには、そのほかたくさんの、何段階ものプロセスが必要で、脳にいい刺激をいい価値に変えるのは不可能です。

シナプス、つまり脳の神経回路のつながり方を刺激によって変えるという話もありますが、それだって、あるつながりができてしまうと別のつながりができなくなるのではないか、一度できたつながりの有効期間はどのぐらいあるかなど、様々な問題が未解明です。

早期教育で脳を一つの方向に向けることが、のちのち、環境の変化に対応できなくしてしまうおそれも大きいのです。

それ以上に問題なのは、万が一、早期教育の効果があるとしても、その子が大人になる二〇年後にはまったく無意味になっている可能性が高いということです。

いままではね、なんとか将来いかせる能力を見通すことができた。

というのも、戦後の日本には、一〇年二〇年先を行く欧米というモデルがあって、「欧米に追いつけ追い越せ」を目標にできた。

しかも「みんなと同じにしていれば安心」という意識が強いから、ほとんどの人が同じような未来をめざすことができました。

それがいま、崩れているんです。

まず、経済でも科学でも欧米に追いついて、モデルがなくなった。

体型がちがうからとてもかなわないと思っていたバレエやフィギュアスケートでさえ、日本はいまやトップレベルです。

こうなるともう、二〇年後にいかせる能力はどんなものなのか、推測のしようがありません。

当然、「みんなと同じ」の「同じ」が成り立たない。

「一億総中流」といわれた、同じような成功の枠組みがなくなっているんです。

(中略)

こうした先を見通せない時代には、できるだけプリミティブな状態にあるほうがいいんです。

ある形に進化してしまったら、そこからあともどりができずにとり残されていくしかない。

たとえば、刀工の技術はものすごくハイレベルですが、武士がいなくなったらもうニーズはない。

刀工に特化するよりも、鉄を打つという基本的な技術を身につけているほうが、変化に対応して技術を進化させていくことができるわけです。

じつは、日本がいまだに諸外国に追いつけないものが一つあります。

それは、どんな環境にあっても生きていけるしなやかなタフさです。

階層社会のアメリカにはハングリー精神が根付いているし、しょっちゅう国境が入れ替わってきたヨーロッパは、異なる文化にもまれてきた。

そんな多様性に耐えるタフさを育てることが、いま求められている。

まずは親自身がタフになることです。

いままでの枠組みが消えて、いわば正解のなくなったこの時代に、自分はなにを大切にして生きていくのかを考える。

この子の将来をなんとかしようなどという親としての責任感にからめとられるのではなく、こどももいっしょに生きる仲間として、新しい世界をつくりあっていく。

大事にしたいのはタフさと、生命である生き物としての原点に立ち返る勇気、それだけです。

2013年12月11日 (水)

まる子のなぞなぞ

保育園で、たくさんお絵かきをしている、まる子ですが、先日、通園リュックのなかから、こんなものが出てきました。

Dvc00154

いつもの女の子の絵と、『あかくて まるくて すっぱいものなんーだ』って、自分で書いた、なぞなぞらしきもの…。

なぞなぞの答えの、うめぼしらしきものも、その下に書かれています。

まる子なんて、うめぼしの匂いをかぐのもイヤがるくらい、うめぼし嫌いなのにな…(笑)

2013年12月10日 (火)

お友だちとクリスマス会

日曜日は、カラオケボックスで、クリスマス会をしましたxmas

受付で、かなり待たされたのですが、知らないうちに、子どもたちだけでテーブルに座って、女子会のようになっていまして…。

Dvc00177

この日のメンバーは、この女子会気取りの子どもたちが、お腹にいる頃からの付き合いなので、みんなそれぞれに大きくなって!…と、とっても感慨深いものがありましたsmile

もう、オムツや着替えを、持ち歩かなくてすむのはもちろん、トイレには自分で行けるし、ご飯も自分で食べる…。

自分より小さい子の面倒も、見ようとしたり…。

歌だって、マイクを握って、いっぱしの顔で歌う…。

この4人の女子たちは、ふだんは、別々の保育園に通っているので、こんなふうに、日程を決めて集まらないと会えないのですが、会えば嬉しいらしくて、最初は、ものすごいテンションで、圧倒されてしまいましたsweat01

タンバリンやマラカスを打ち鳴らし、きゃりーぱみゅぱみゅや、AKBをノリノリで歌っていたのですが…。

ランキングで『潮騒のメモリー』を見つけて、ちょっと入れてみたところ、あまちゃん好きだった、まる子とユマちゃんが、しっとりと歌いはじめて…。

Dvc00175

ようやく、ちょっと落ち着くことができました(笑)

曲はしっとりしてますが、歌詞を改めて見ると、ほんとうに笑っちゃいます。

なぜに、アイドルの歌に、三途の川だとか、千円返してなんて歌詞が登場するんでしょう…(笑)

まぁ、子どもたちは、言葉の意味はわからないので、調子よく最後まで歌っていましたよ。

最後に、お楽しみのプレゼント交換をして、終わったのですが、なんとも騒々しいクリスマス会となってしまいました…dash

2013年12月 9日 (月)

まる子のスケート靴

先週末は、フィギュアスケートのグランプリファイナルを、テレビでやっていましたが、まる子も、じーちゃたちと見ていたようで…tv

セロハンテープを持ち出して、さかんに何かをやりはじめたと思いましたら、こんなことを…sweat02

Dvc00174

自作のスケートだそうです…(笑)

肌に直接、セロテープを貼り付ける発想は、私にはなかったので、いつもながら驚きます!

2013年12月 8日 (日)

天国と地獄

最近、滝沢泰平さんの『レインボーチルドレン』という本を読んでいるのですが…book

そのなかに、「天国と地獄の長い箸」という逸話が、紹介されています。

 むかし、ある男がえんま大王様に会いに行き、天国と地獄というのは、どういう世界なのかを聞きました。

 すると、えんま大王様は、男に、天国のようすと地獄のようすをそれぞれ見せてくれました。

 まず地獄では、ちょうど食事の時間だったので、人々が、ながーいはしを持って大きいなべの前にあつまっていました。

 この地獄では、ながーいはしで食事をしなければならない決まりなのです。

 人々はながーいはしで、なべの中のごちそうをとって食べようとするのですが、あまりにながーいので、どうしても自分の口にごちそうがとどきません。

 それでみんな、何も食べられずおなかをすかせ、やせこけて、他の人の食べ物を横取りしようとしてけんかばかりしていました。

 えんま様は、次に天国を見せてくれました。

 天国も食事の時間でしたので、人々は、地獄のと同じ、ながーいはしをもって、地獄のと同じ、大きいなべの前にあつまっていました。

 天国でも、ながーいはしで食事をしなければならない決まりなのです。

 天国の人々は、おだやかな顔をして楽しそうにごちそうを食べていました。

ながーいはしで、おたがいに仲良く他の人とごちそうを分けあっているのです。

 こうして地獄にいる人々は自分のことばかり考えているために、いつまでもけんかをして何も食べられず、天国の人々はおたがいを思いやっているので仲良く暮らせるのだ、とえんま大王様が教えてくれました。

天国と地獄って、実際は、同じ環境や条件のところみたいですが、そこにいる人たちの意識が、ちがうんですね。

そんなことを、まる子に伝えたいと思って、このお話をしてあげたのですが…。

開口いちばん。

「なんで、てんごくは、いいところなのに、スプーンがないの?

きかなきゃ、よかったsign01

でした…sweat02

そこですか…(笑)

2013年12月 7日 (土)

保育園にもクリスマスの飾りが…

Dvc00170

保育園のホールにも、大きなクリスマスツリーが二つ…。

そして、その周辺や壁には、園児たちの手作りツリーや、リースなどが飾られ、一気にクリスマスムードになってますxmas

まる子たち年長さんは、広告の剣を使った、三角リースを作ったみたい…。

キレイな飾りを作ったら、サンタさんも、きっと見てくれるよね!…と、一人で、細い剣を9本も作り、一生懸命取り組んだようです。

このリースには、お散歩のときに拾ってきた、松ぼっくりやドングリを金や銀色に塗り、華やかに飾りつけてあります。

まわりには、サンタさんとトナカイの飾りもあって、可愛らしい雰囲気…note

子どもたちは、サンタさん宛てにお手紙を書いたりして、楽しみに過ごしているようですよwink

まる子も、サンタさんにお手紙を書いて、希望の品をお願いしたようなので、こっそり聞き出して、当日に備えようと思っている母でありますsmile

Dvc00169


2013年12月 6日 (金)

赤ちゃんを取り合うのは危険です

Dvc00154

まる子は、従姉妹のリンちゃん(ケンちゃんの妹 生後3か月)を、抱っこしたくて、したくて…。

可愛がりたい気持ちはわかるけれど、見ているこちらは、ヒヤヒヤしますsweat01

ここに、ケンちゃんが加わって、リンちゃんを取り合おうものなら、ほんとうに危険で、慌てて間に入りますbearing

なんとか、ケンちゃんが絵本をリンちゃんに見せて、リンちゃんを抱っこして、向き合うように座ったまる子が、その絵本を読んであげるってかたちでおさまったようで…。

しばし、微笑ましい光景が、繰り広げられましたとさ。

Dvc00165

2013年12月 5日 (木)

めっちゃ赤いのをっ!

「ママ~、めっちゃ、あかいのを、とってきたよ~sign01

まる子が、得意気に、袋から取り出したのは、ツヤツヤと赤いリンゴでしたapple

保育園の近くに住んでいて、リンゴ畑をもっているおじさんが、毎年、園の子どもたちに、リンゴ狩りをさせてくれるのです。

田植えの時期には、田植えを、稲刈りの時期には、稲刈りをやらせてくれるおじさんでも、ありますhappy01

まる子は、朝、パパから、美味しいリンゴの見分け方を聞いたので、みんなにも教えてあげて、なるべく赤い色をしたものを、とってきたみたい…。

脚立にのぼって、いちばん高いところのリンゴをとったんだと、自慢気に話してくれましたsmile

リンゴが美味しい季節です。

家族で味わって、食べたいと思いますdelicious

Dvc00136

2013年12月 4日 (水)

シクラメン

Dvc00132

昨日は、シクラメンのハウスに行き、贈り物用の鉢を選んできました。

パパの先輩のところなのですが、出荷を控え、色とりどりに咲いたシクラメンが並ぶ様子は圧巻で、どれにしようか、迷ってしまうほどでした。

シクラメンの花言葉は、『絆』だとか…。

色によっても、それぞれに花言葉があるようですが、カーネーションとはまた違い、見ごたえがあります。

私の部屋にも、明るいピンク色のを、ひと鉢飾りましたが、年も越し、長持ちするようですので、冬中、部屋を明るく温めてくれそうですhappy01

Dvc00086


2013年12月 3日 (火)

8+8=4のわけは…

前日の記事のつづきですが…。

どうして、8+8=4になるのか…。

まる子に、聞いてみたところ…。

「はち たす…」

Dvc00156

「はち は…、よんっsign03

Dvc00154

…たしかに(笑)。

2013年12月 2日 (月)

べんきょうしなくちゃっ!

またまた、まる子が、張り切りモードに入りましたdash

といいますのも、昨日、先月注文しておいた、学習机が届いたからなんです!

梱包された部品を取り出したり、ネジまわしを手伝ったり、到着早々、大張り切りのまる子…sweat01

家具屋のおじさんが、上手に子ども相手をしてくれる方だったので、一緒になって働いていました(笑)

Dvc00086

いよいよ出来上がると、もう、勉強せずにはいられない、まる子ですcoldsweats01

Dvc00136

自分で作った「足し算」に、答えを書くのですが…。

Dvc00132

どうやったら、8+8=4になるのか…。

正解のものもあるのですが、その辺のところを聞きたい母でありますsweat02

そうそう…。

占い師のジーニーさんが、星座別に「あなたにとって大切な人のこと」っていうテーマで、メールマガジンを送ってくださったのですが…mailto

私の星座には、こんなことが書かれていて、ドンピシャな内容でした。

ちなみに、「あの人」とは、もちろん、まる子ですよ~。

『あの人はすでに手にした大切なものをとても誇りに思っていることでしょう。

人生の中でも滅多に体験することのできない何かが、あの人にとってかけがえのない宝物になるはず。

そんな大切なものに支えられて、あの人は遠くない将来、もっと自分の可能性を確かめてみたい気持ちが強くなりそう』

2013年12月 1日 (日)

乗馬を見ながらのランチタイム

金曜日、パパと、乗馬クラブ(ケイチの旦那さんがインストラクターをしています…)のレストランで、ランチを食べてきましたrestaurant

高台にあるので、市内を一望できるうえに、すぐ真下では、馬場で乗馬をしていまして、食事も美味しかったのですが、ものめずらしい体験ができました。

Dvc00177

メインのお料理を決めると、パスタやピザ、サラダやパン、デザートなど、ビュッフェスタイルの食べ放題になっていたのですが…。

この日は、私たち夫婦しかお客さんがいなくて、パパは、ウェイトレスさんから監視されているように見えたみたいで…eye

「もっと、食べればよかったのに…」

と言う私に、

「だって、番人が見張ってるから…」

などと、言っていました(笑)

クラブ内をお散歩してもいいと聞き、ちょっと足を伸ばしてみると、ポニー牧場もありました。

驚かせないように、静かに近づいていくと、そのなかの黒いのが、私たちのほうに寄ってきて、なでられてから、また戻っていって…。

人に慣れていることがわかったので、今度は、茶色いのに目を合わせて、おいでおいでと手を振ると、ちゃーんとこちらに寄ってきて、またなでられてから、戻っていきましたhappy02

Dvc00175

でも、最後の白いのは、手招きしても、ぜ~んぜん動きもしませんでしたので、ポニーにも性格があるんでしょうかね…(笑)

高台なだけに、雪が舞うほど冷たい風が吹いてきて、長くはいられませんでしたが、ふだん、なかなかお目にかかれない光景を目にして、満足して山を降りてきた、私たち夫婦でありましたhappy01

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »