2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 保育園にもクリスマスの飾りが… | トップページ | まる子のスケート靴 »

2013年12月 8日 (日)

天国と地獄

最近、滝沢泰平さんの『レインボーチルドレン』という本を読んでいるのですが…book

そのなかに、「天国と地獄の長い箸」という逸話が、紹介されています。

 むかし、ある男がえんま大王様に会いに行き、天国と地獄というのは、どういう世界なのかを聞きました。

 すると、えんま大王様は、男に、天国のようすと地獄のようすをそれぞれ見せてくれました。

 まず地獄では、ちょうど食事の時間だったので、人々が、ながーいはしを持って大きいなべの前にあつまっていました。

 この地獄では、ながーいはしで食事をしなければならない決まりなのです。

 人々はながーいはしで、なべの中のごちそうをとって食べようとするのですが、あまりにながーいので、どうしても自分の口にごちそうがとどきません。

 それでみんな、何も食べられずおなかをすかせ、やせこけて、他の人の食べ物を横取りしようとしてけんかばかりしていました。

 えんま様は、次に天国を見せてくれました。

 天国も食事の時間でしたので、人々は、地獄のと同じ、ながーいはしをもって、地獄のと同じ、大きいなべの前にあつまっていました。

 天国でも、ながーいはしで食事をしなければならない決まりなのです。

 天国の人々は、おだやかな顔をして楽しそうにごちそうを食べていました。

ながーいはしで、おたがいに仲良く他の人とごちそうを分けあっているのです。

 こうして地獄にいる人々は自分のことばかり考えているために、いつまでもけんかをして何も食べられず、天国の人々はおたがいを思いやっているので仲良く暮らせるのだ、とえんま大王様が教えてくれました。

天国と地獄って、実際は、同じ環境や条件のところみたいですが、そこにいる人たちの意識が、ちがうんですね。

そんなことを、まる子に伝えたいと思って、このお話をしてあげたのですが…。

開口いちばん。

「なんで、てんごくは、いいところなのに、スプーンがないの?

きかなきゃ、よかったsign01

でした…sweat02

そこですか…(笑)

« 保育園にもクリスマスの飾りが… | トップページ | まる子のスケート靴 »

娘、まる子のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/54169328

この記事へのトラックバック一覧です: 天国と地獄:

« 保育園にもクリスマスの飾りが… | トップページ | まる子のスケート靴 »