2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 新年会 2014 | トップページ | 自信をもって、小学校へ… »

2014年1月16日 (木)

お腹が痛いときは…

昨日は、まる子の喘息の定期検診だったので、かかりつけ医に行ってきましたhospital

前回かかったのは、スタジオの発表会の直前(先月20日)に、喘息が出てしまったときで…。

それで、お願いして、ちょっと強い薬を処方してもらったのですが、看護師さんも、先生も、無事に発表会に出られて、その後も反動なく、元気に過ごせていることを報告すると、とても喜んでくれましたhappy01

なので、喘息に関しては、お話しすることがなかったのですが、ちょっと思い出して、ここ1週間くらい、朝ごはんのときや、登園直前に、何回か、

「おなかが、いたい…despair

と、言い出す…、ということを、伝えました。

帰り際に、副担任の先生から、クラス内で、お腹の風邪が、ちょこちょこ出はじめた、と聞いたばかりでした。

お腹が痛いとは言っても、咳や発熱など、ほかの症状がないことや、ほんの一時的なことだと説明すると…。

「なにか、ストレスになるようなことは、思い当たりませんか?」

と、先生に聞かれましたear

…そういえば、長い冬休みが終わって、登園がはじまったあたり…。

保育園には、あんまり行きたくない(なにかの行事のときには行きたいのですが…)まる子ですから、そのストレスかな、と…coldsweats01

それを、先生に伝えると…。

「じゃあね、お母さん。

それは、仮病ってことじゃないんです。

まだ、なにか、自分のなかでモヤモヤするものを、言葉にできなくて、そういう表現方法になっているわけなので、『気のせいだよ』とか、『大丈夫、大丈夫!』とかって、流さずに、『そうなんだね、お腹が、痛いんだね…』と、まる子ちゃんの気持ちを受け止めてあげて、お腹をさすってあげたりしてやってください。

きっと、お母さんに受け止めてもらえたってことで、おさまると思います」

心の悲鳴が、体に反応することって、あるんですよねconfident

小学校にもうすぐ上がるっていうことで、家庭でのしつけが、ちょっと厳しくなってくる時期でもあって、そういう子のなかにも、一時的に、お腹が痛いことを訴えることがあるんだとか…。

体は、正直ですね!

« 新年会 2014 | トップページ | 自信をもって、小学校へ… »

娘、まる子のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/54620257

この記事へのトラックバック一覧です: お腹が痛いときは…:

« 新年会 2014 | トップページ | 自信をもって、小学校へ… »