2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

きょうは、いちばん いいひ…

まる子が、眠るまえに、言いました。

「きょうは、いちばん、いいひ、だった…」

なにが、よかったのかな…、と聞いていると…。

「だって、あんなに、サケが、おいしいなんて、おもわなかったから!」

毎日、今日が、いちばん良い日だった…、と思って眠りにつけたら、素晴らしいなぁ~、と思っていたのですが…、サケですか(^_^;)

今まで、まる子は、まぐろのたたきか、白身魚のフライくらいしか、魚の類は、食べなかったのですが、最近、野菜と一緒に、ホイル焼きにすると、食べるようになって…。

それで、鮭も、焼き魚にしても、食べなかったんですが、ホイル焼きにしたら、大人と同じくらい、ペロッと食べたんです(^-^)

鮭の美味しさに目覚めた、まる子なのでした。

2014年2月27日 (木)

防衛本能!?

先々週末は、記録的な大雪に見舞われた、この地域ですが、もうすぐ2週間になろうというのに、除雪作業に追われています。

今週は、晴天つづきなので、ひなたは自然にとけるのですが、日影は、凍ってしまっていて、まだ山盛りになってます(^_^;)

それで、大雪のあと、少ししてから、

「コーヒーが飲みたい!」

とか、

「ケーキが食べたい!」

などと、いろいろと食べたい物が頭をよぎり、どうしたことか…、と思っていたのですが、これは、もしかしたら、大雪で、体が危機感を感じて、食べなくちゃ!、と本能的に思ったのかな、と…。

そんなことって、あるのかな!?

Dvc00079

2014年2月26日 (水)

おっ、ゆれてる?

やっと、まる子の歯が、揺れはじめたみたい…。

下の、右側の前歯。

Dvc00074

最近の子は、早いらしくて、年中さんのうちから、3本も4本も生えかわる子もいて…。

年長さんの今や、まる子は遅い方で、まわりのお友だちが、次々と歯が抜けていき、大人の歯が生えてくるのを横目に、うらやましかったみたい。

私自身、自分がいつ、歯が抜けたのか、覚えてないのですが、まずは、抜けるまえに、奥から、6歳臼歯っていうのが、生えてくるんですね。

まる子は、去年の12月ころに、下の両方の6歳臼歯が生え、それが嬉しくて、歯磨きするたびに、鏡で観察していました(笑)

記念すべき1本目が抜けるのは、さぁ、いつか!?

 

2014年2月25日 (火)

よっぽど嬉しかったんだね♪

先週土曜日の夕方ごろから、鼻水が出はじめ、くしゃみを連発するようになった、まる子…。

翌日曜日は、ひどくならないように、一日おうちでゆっくりしていました。

すると、16時ごろに、チャイムが鳴る音が…。

ドアを開けてみると、近所のあーちゃん&いーちゃん姉妹が、お母さんと一緒に、立っていて…。

クッキーを焼いたみたいで、可愛くラッピングして、持ってきてくれたんです。

まる子は、お礼に、それぞれに宛てて、持っているシールを何枚かと、お手紙を、可愛い袋に入れてましたよ。

さらに、よっぽど嬉しかったようで、日記を書いていました。

『2/23目

きょうわ いいことが いっぱい ありました

きょうわ あーちゃんと いーちゃんが クっキいお つくって

まるちゃんに くれました

それが うれしかったです

うれしかったな~~~~~~~~~~~

まるこさく』

Dvc00076

2014年2月24日 (月)

雪かき、はかどりました!

土曜日に引きつづき、昨日も、農協青年部の後輩さんたちが、うちのハウス周辺の雪かきを、手伝ってくれました(^-^)

土曜日の午前中は、まだまだ入口のあたりで、果てしない作業のように感じましたが…。

Dvc00071

さすが、農家の方たちはエネルギッシュで、仕事がはかどり…。

昨日の午前中には、ずっと奥まで進んでいましたよ。

Dvc00073

そして、お昼まえには、終了しました!

ほんとうに助かりました!

ありがとうございましたm(__)m

2014年2月23日 (日)

お手伝いさん

昨日は、農協青年部の後輩さんたちが、うちの倒壊したハウスを立て直せるように、周辺の雪かきを手伝ってくれました!

雪が多すぎて、ハウスまでたどり着けない農家さんも、多数いらっしゃるようです。

まる子も、差し入れを持っていき、少しお手伝いしてくれました。

Dvc00071

よいしょ、よいしょっ!

Dvc00070

なかなか、家族だけでは、追いつかない雪の量なので、金曜日のNISSANの営業さんにつづき、ほんとうに助かります!

この日、まる子は、朝、洗濯物を干すのも手伝ってくれて…。

Dvc00072

自分も何かお手伝いしたいと、大人たちの様子を察しているようです。

2014年2月22日 (土)

胸をはって、1年生に!

昨日は、倒壊したハウスの片付けをしていたのですが、ちょっと人手が足りないなぁ~、というところに、タイミング良く、いつもお世話になっている、NISSANの営業さんが立ち寄ってくれ、快くお手伝いしてくれました。

ハウスに被害が出ていると聞いて、近くに来たついでに、寄ってくれたそうなんですが、とっても助かりました!

さて、木曜日は、1年間参加していた、子ども発達センターのグループ活動の、最終回で、お楽しみ会をしてくれました。

はじめの、ママたちと先生で、一年間を振り返っての話をしている30分くらいのあいだ、子どもたちは、別室で、他の先生たちと、おやつ作りをしました。

市販のカップケーキに、生クリームや小枝、カラースプレーで、デコってくれて…。

ちゃ~んと、ママの分も作ってくれて、みんなで食べましたよ~。

Dvc00066

それから、ビンゴゲームをして、ビンゴした子から、「4てん(点)」「3てん」「2てん」「1てん」と書かれたカゴから、6点分の景品を選びました。

子どもたちは、とっても楽しそうで、まる子も、ウキウキして、わりと早くビンゴすると、キラキラシールやレターセットなど、好きなものを選んでいました。

最後に、先生から、卒園式みたいに、修了証をいただき、みんなの前で、「小学校に行って頑張りたいこと」を、発表しました。

(修了証には、子どもの名前と、ママの名前が…

あなたがたは 1ねんかん ぐるーぷかつどうを がんばりましたので、ここに そのどりょくを たたえます。

むねをはって 1ねんせいを むかえましょう)

Dvc00068

まる子は、

「テストを、がんばりたいですっ!」

なんて、言ってましたよ。

ママたちの話を聞いていると、みんなそれぞれに、このグループ活動に参加させた動機があったみたいですが、それぞれに、成長があったようで、最後を惜しんでいました。

まる子にとっても、保育園とはまたちがった環境とお友だちのなかで、活動できたことで、ふだんの生活が、落ち着いてきたように感じます。

先生3人に、お友だちが10人くらいだったので、一人ひとりが尊重されて、じっくり付き合ってもらえましたから。

どうしても、保育園だと、先生2人に対して、お友だちが19人と、ごちゃごちゃした環境で…。

ひとりっ子でマイペースなまる子にとって、お友だちとの距離をはかるのに、場数を踏むしかなく、年長の秋くらいまでは、衝突が絶えなかったかな…。

それでも、子ども同士なんで、ケンカしたって、次の日には、仲直りですけどね。

とりあえず、このセンターを無料で利用できるのは、入学前までの子どもたちですが、別れ際、センターの先生から、

「小学生になっても、いつでも、遊びに来ていいからね!

みんな、できる子たちだから、自信をもって、小学校に行ってね!」

と手を振ってもらい、みんな笑顔で、帰ってきたのでした。

 

2014年2月21日 (金)

復旧いつに…2

大雪で、うちのハウスも、1棟が半倒壊してしまったのですが、昨日午前中の時点で、市へ被害届けが出ているのは、202棟(106件)となっています。

降雪が週末だったため、把握できなかったようで、週が明け、数日まえよりも、件数が増えています。

そのなかでも、稲の苗用のハウスが、多数倒壊しているようで…。

春の田植えに向けて、優先的に復旧させるようで、うちのような花卉用のハウスは、6~7月くらいまで目処が立たないとか…(ーー;)

業者さんも見通しが立たないようです…。

昨日は、県の農業改良普及センターの技師さんや、農業共済の方などが、被害状況を見に来てくれ、そんな話をしてくれました。

野菜のハウスも多数倒壊していますので、今年の田植えや、地元野菜の出来が、気になります。

除雪が進み、だんだんと日常を取り戻しつつありますが、農業の復旧は、長いスパンで見ると遠く…。

今でさえ、食料自給率の低いのに、この思わぬ災害被害で、農業をあきらめてしまう人たちも、出てきているようです。

後継者のいない高齢の農家は、ハウスを再建させる投資ができないので、廃業せざるを得ないのです。

うちのパパも、先輩のモリヤさんから、負けないように、心を強く持てと、励まされたようです。

ここが、踏ん張りどころです!

2014年2月20日 (木)

まる子、なばなの里へ行く…その2

さて、ひきつづき、なばなの里。

肝心のイルミネーションです。

ようやく、あたりが闇に包まれはじめると、だんだん、イルミネーションが点灯され、空気も冷えてきて…。

まっさきに、「アイランド富士」っていう、地上から45mほど上がり、上空から、園内のイルミネーションを一望できる乗り物に乗ったのですが、イルミネーションは一望できたものの、ハンパなく寒かったです(><)

でも、その寒さを吹き飛ばすほど、というより、その寒さから、より一層、光が凛と美しさを増し、豪華絢爛な光の世界を演出してくれていました。

Dvc00053

まる子も嬉しくて、思わず、ジャンプッ!

Dvc00048

光と花のパワーをたくさん浴びて、大満足のなばなの里でした~。

2014年2月19日 (水)

復旧いつに…

この大雪で、うちのパイプハウスがつぶれてしまったのですが、昨日の午後の時点でわかっているだけでも、市に、114棟(52件)の被害届けが出ているようです。

Dvc00059

Dvc00060

それで、直しようにも、資材が届くのが、来月いっぱいは無理ということで、まだ復旧の目処がたっていないのが現状です。

3日くらいは意気消沈していたパパですが、

「逆に、前向きに、どんどんやっていこう!」

と、できることからやっています。

幸い、他の2棟の鉄骨ハウスや、パイプハウスも半分は無事なので、植えられている苗の水やりをしました。

Dvc00058

頑張りま~す(o^^o)!

2014年2月18日 (火)

まる子、なばなの里へ行く…その1

先週の木曜日、セントレア(中部国際空港)に行った私たち家族は、そのあと、旅館で荷物を下ろし、なばなの里へ向かいました。

前々から、夜のイルミネーションがキレイだと聞いていたので、いつか行ってみたい!、と思っていたんですね。

着いた時は、まだ夕方の薄明るい時間帯で、イルミネーションがまだ点灯していなかったのですが、園内には、大きな花市場や、ベゴニアガーデンがありまして…。

ベゴニアガーデンって、聞いたときには、ピンときませんでしたが、予想以上に素晴らしかったです!

Dvc00015

温室内で温かいうえに、鮮やかで色とりどり、多種類のベゴニアが、これでもかというほど、横にも、上にも、水上にも、生育していまして…。

全然興味がなさそうだったパパでさえ、驚愕する美しさでした。

もちろん、まる子も、その華やかさにテンションが上がり、咲き落ちたベゴニアの花を、拾って集めていると…。

観光で来ていたおばさんたちも、自分が拾った花を、まる子にくれたりして…(笑)

さらに、

「うちは、男の孫ばっかりだから、ちょっとやらせて~」

と、まる子の頭に花を飾りはじめ、

「わぁ~、花嫁さんみたいっ!ステキよ~っ!」

という、大胆なおばさんまで登場しました(笑)

Dvc00027

そんなふうに、大人のテンションも上げる、素敵なベゴニアガーデン、その名も「アンデスの花園」…。

みなさまも、ぜひ一度、お立ち寄りあれ。

2014年2月17日 (月)

大雪~みんなで協力して~

Dvc00057

いやぁ~、今回の大雪には、参りました(ーー;)

お手上げでした…、ハイ。。。

いつまでも、いつまでも、ボタボタと雪が降ってきて…。

初めて、雪に世界を押しつぶされるんじゃないかと、冷や冷やしながら、空を見つめていました。

結局、1m近くの、観測史上最多の降雪量を記録。

止んでくれたときには、心底ホッとしたんですが、3棟あるうちのハウスの1棟が、雪の重さに耐えきれず、潰れてしまいました…(><)

うちは、ハウスのことで、てんやわんやだったのですが、こんな大雪のなか、近所の人たちは、みんなで協力して、自分の家の前だけでなく、ずっと向こうの道路まで、キレイに雪かきして、車が通れるようにしていてくれてました!

雪は、かいてもかいても、降ってきたのですが、一心不乱に、雪かきしたそうです。

国道は、除雪車が雪かきしてくれるので、アスファルトが見えるほどキレイになっているのですが、我が家の周辺の田舎道も、同じくらいキレイに雪かきされていて、それはそれは感動的でした!

Dvc00056

「こんなときは、みんなで協力しないと…」

と、近所の奥さんは、言ってました。

それで、昨日は、保育園の保護者会の、新旧四役引き継ぎ会があって、家族同伴で、とある中華料理屋さんに集合したのですが…。

この2年間の保護者会活動も、みんなの協力あってこそのものでした。

家族ぐるみで、和気あいあいと、やるからには一生懸命、最後にみんなで、美味しいお酒が飲めるように…( ̄▽ ̄)

卒園式後の謝恩会の余興が、最後の仕事かな。

一人ではできないことでも、みんなで力を合わせれば、なんとかなるもんですね。

2014年2月16日 (日)

まる子、はじめて空港に行く…

Dvc00009

一昨日から、昨日のお昼頃まで降り続いた雪は、昨日の7時頃には72cmという、観測史上最多を記録しましたsign01

82歳のじーちゃでさえ、こんな大雪は生まれて初めてだと驚くほど、世界は一夜にして、東北のような銀世界になってしまいましたwobbly

…さて、旅行記のつづきですが。

木曜日、家族でセントレア(中部国際空港)へ、行ってきました。

まる子が生まれてから、飛行機に乗ることなど、さっぱりなかった私たち夫婦ですが…。

まる子がお腹にいた時には、新婚旅行にバリ島へ行ったときと、その半月後くらいに、獅子舞の披露で、台湾に呼ばれたときに、この空港から飛び立ったので、ちょっと懐かしい感じがしました。

空港内のいろんなショップを見たり、ランチを食べたり…。

Dvc00010

スカイデッキに出て、飛行機の離着陸の様子を見たのですが…。

はじめは、飛び立つ飛行機を追いかけて、走っていたのものの、風が強い上に、冷たくて…、まる子ときたら、すぐにイヤになってしまいました(ーー;)

それでも、記念写真くらい…、と思って、ふと横を見たところ、スーツケースを手にした、おっとりとした印象の青年が立っていて…。

「あの、写真を撮ってもらっても、いいですか?」

と、聞いたのですが、反応が薄くて、すご~くゆっくりした動作で、ちょっと困ったような顔をしながらも、カメラを受け取ってくれました。

私は、かなりはにかみやの男性だと読んだのですが、旦那は、アジア系の外国人だと思ったようで、私に、こっそり、

「日本人じゃないから、頼んだら悪いよ…」

と言い、彼に向かって、

「ソ~リ~」

と、あやまったんです。

でも、とにかく、彼は、私たちの写真を撮ってくれたので(その間、彼は、一言もしゃべらないんです)、私も、

「サンキュー!」

と言って、カメラを受け取ったのですが…。

彼が、歩いて行った先に、彼のお父さんらしき男性がいて、ふたりの会話は、なんと日本語だったんです!!!

なんだ、日本人だったんじゃんっ(笑)

まぁ、とにもかくにも、バッチリ写真は撮れたので、良い思い出になりましたとさ。

Dsc00030

2014年2月15日 (土)

雪で旅行変更!

昨日は、こちらも、かなり雪に降られ、今朝も、まだ降りつづいていますwobbly

50センチくらいかな…、今までにないほどです!

そんな中、一昨日は、家族で、旅行に出かけていまして…。

まだ、前の日までは、晴れていて、少し風が冷たいくらいでよかったのが、昨日は、旅館に泊まって、朝起きて、外を見たら…、三重県だったんですが、けっこう雪が降っていて…。

それで、ほんとうは、旅館から15分くらいのところにある、アンパンマンミュージアムに行くところを、急きょ延期にして(高速が通行止めになると大変ですし…(^^;)、朝食を食べてすぐに、帰途についたのでした。

前日は、まだ、間近で飛行機を見たことがないまる子のために、セントレア(中部国際空港)に行き、そのあと、私の希望で、なばなの里のイルミネーションを見てきたのですが、この旅行で、まる子がいちばん楽しみしていたのが、アンパンマンミュージアムで、パン作りを体験するってことだったんで、そこに行けなかったのが、かわいそうでした(>_<)

まる子に泣かれて大変かな…、と思ったのですが、まる子も雪を見て、観念したようで、旅館のフロント近くにあった、UFOキャッチャー2回で、納得してくれました。

エラかったです(^-^)v

予定より短縮された旅行記ですが、徐々にアップしていきたいと思います…。

↓旅館の朝食風景…

Dvc00035

2014年2月14日 (金)

驚愕!!

ある日の午後、外に出て庭を見たら…。

なんと、義母が、木の、かなり高いところまで登って、剪定していました!!

えーーーーっ!!!

齢70歳。

びっくりしました(笑)

Dvc00037

2014年2月13日 (木)

可愛いなぁ~(*´`)

Dvc00008

今月はじめに、幼なじみのナッチョに、二人目の赤ちゃんが生まれました♪

昨日、お初にお目にかかったのですが、とっても可愛かったです~(*´`)

ふにゃ~っとしていて、こちらまでゆるみます…。

2014年2月12日 (水)

競争から共生、共奏へ…

最近、映画『永遠の0』を観て、主演の岡田准一、ジャニーズのイメージから一皮むけて、カッコイイなぁ~、なんて思い、こちらも主演の、大河ドラマ『軍師 官兵衛』も見はじめたのですが…tv

なんだか、どっちも戦ってるんですよね、彼…coldsweats01

今までの歴史を振り返って、時代は変われども、人間ってどんだけ戦ってるんだ…、と思ってしまいます。

そんなときに、知人のトーマさんが、こんな記事を書いていたので、紹介しますね↓

戦国時代の3大武将として、「織田信長」、「豊臣秀吉」、「徳川家康」の3人が、よく比較されます。

それぞれが、個性的で、魅力的な人物ですね。

しかし、歴史の流れを見た場合、その時代に合わせて、時代が、ヒーローを決めているような気もします。

つまり、この3人は、時代がずれていれば、それぞれ、まったく輝かなかったのです。

家康が、信長の活躍した激動の戦国時代で、活躍しようと思っても、その性格では、うまくいかなかっただろうと思います。

逆に、信長が、家康の活躍した平和な江戸時代で、活躍しようと思っても、その性格では、うまくいかなかっただろうと思います。

私は、この3人の中では、徳川家康の戦争に関する考え方が、凄いと思います。

家康は、戦争に関して、こう言ったそうです。

「戦というものは、戦が始まってからの勝負ではなく、戦が始まる前から、勝負は始まっている。つまり、戦場に出てきた時点で、その侍たちは、すでに、殺すか殺されるかで、生きる確率が、50%になってしまっている。このような危ない状況になった時点で、もう負けているということだ。本当に、戦に勝つ人というのは、戦が始まる前に、事前に未来を予測し、戦場に行かないようにする人たちだ」

家康は、「戦う」という強さも、状況によっては、必要かもしれないが、それ以上に、必要なのが、「戦わない」という強さだと言っているのです。

「本当に強くて、賢い人は、戦わないようにする強さをもった人だ」

ということです。

これは、武道的な戦い方です。

格闘技というのは、

「ルールの範囲内で、いかに相手と競って、勝つか」

を重視しますが、武道というのは、

「戦うという行為自体が、人間にとって、悲しい行為だから、できれば、これを、回避するようにする」

という姿勢が、前提になっているようです。

家康の言うとおり、戦場に来た時点で、

「生きるか? 死ぬか?」

の二つの選択肢しか、許されない状況に陥っているので、死ぬ確率は、一気に、50%に、跳ね上がっているのです。

たとえば、「ロシアンルーレット」というゲームが、ありますよね。

リビルバー拳銃の6発入る弾倉に、弾を、一発だけ入れて、それを、頭の横に当てて、引き金を引き、運だめしする勝負です。

50%という確率は、この6発入る弾倉に、3発の弾を入れて、運だめしするようなものです。

だから、

「ロシアンルーレットで、どうやって勝つか?」

なんていう馬鹿な勝負を、やってはいけないのです。

「ロシアンルーレットなど、絶対にやってはいけない」

と思っていないといけないのです。

ロシアンルーレットを、やらされる状況に陥っただけで、もう、アウトなのです。

戦争で、絶対に勝てるという必勝法など、ありません。

でも、戦争で、絶対に負けないという方法は、あるのです。

それは、戦争をやらないという選択です。

現在の日本の憲法第9条は、そのためのものだそうです。

最後に、「そろそろ、競争の社会から卒業してください」とありましたが、一人ひとりの意識変革が、大切なんですよね。

2014年2月11日 (火)

最後の参観日…先生より

水曜日、まる子たち年長さんの、園生活最後の参観日があったわけですが…。

後日、先生から、お便りが届き、またまた感動がよみがえりましたshine

『ご多用の中、参観日にお越し頂きありがとうございました。

子どもたちは、「お楽しみ会をやろう!」と決めた時から大はりきりで、自分たちで準備をすすめていました。

看板ひとつとっても、私たちは、今までの、大人が白抜きで字を書いて、子どもが色をぬり、机に貼るくらいのものしかイメージしていなかったのですが、「立てれるやつにするか」「2つ作って持てるようにしようよ」etc…、新しいアイデアがどんどん出て、字も「私、書けるよ!!」「ボクも、ちょっと書ける!」と書き出し、作り上げていく姿に、子どもたちって本当にスゴいなぁ、と感動しました。

(中略)

最後の歌は…、お母さん方を感動させたいなぁsmile、と思って選曲したのに、歌詞や、子どもたちの表情や、今日までのことを思い返していたら、不覚にも涙が止まらなくなってしまいました…sweat01

子どもたちは、お家の方に楽しんでもらえて、見てもらえて、本当にうれしそうでした。

ありがとうございました。

残り2ヶ月をきった園生活、楽しく、元気に過ごせますように、どうぞ、よろしくお願いします』

そして、連絡帳に書かれた、当日のママたちの感想を、いくつか紹介してくれてありました。

『なつかしい遊びに大はしゃぎしてしまいました。

ゲームの方も工夫されていたり、かざりつけや説明もしっかりできていて、準備も念入りにしたんだなぁ、と感じました。

けん玉の発表、歌の発表も、どの子も成長を感じられ、はっきりと声をはり上げ、できていたこと、年長さん最後の参観日にふさわしい出来だったと思います。

歌「ともだちになるために」は、泣きそうになり、涙をこらえるのが大変だったのに、まさかのアンコールと、先生方の涙に、さらにこらえるのが大変でした。

サンタ、トナカイ、オニなど、信じきっているかわいらしい年長さんたちですが、反面、しっかりしてきて、卒園が間近に感じられた一日でした。

あと少し…お友達や先生方と、楽しく充実した日々を送れるといいなぁ…』

『(略)

けん玉、お家でがんばっていた成果が出て、「もしかめ」上手に出来ていました。

緊張していて、なかなかお皿にのらないお友達には、みんなで「出来るよ!」「がんばれ~!」と、子どもたちが言っているのをきいて、感動でした

(後略)』

そうそうそうっsign03、と思いながら、読みました。

親たちだけでなく、子どもたちも、先生方も、みんな楽しめ、感動した参観日だったんだな、と感じ、とても嬉しい気持ちになりました。

2014年2月10日 (月)

雪遊び!

Dvc00043

13年ぶりの大雪に、大人は大慌てでしたが、まる子たち子どもは、ソリ遊びや、かまくらを作ったりなんかして、大いに楽しんでいました。

スピード感や、ジャンプして落ちたときの、はねた雪の冷たさ…。

なんでもおもしろかったみたいです!

Dvc00042

2014年2月 9日 (日)

雪の結晶さがし!

Dvc00036

昨日は、久しぶりの大雪でした!!

まる子は、朝から外に出ていき、雪をかき集めて、雪の結晶を見ようとしていました。

虫メガネを持って…。

残念ながら、虫メガネでは、結晶までは見られなかったようですけど、元気ですよね、子どもって…(^_^;)

2014年2月 8日 (土)

古本市と新年会

木曜日、旦那の仕事のお師匠さん宅へ、弟子たちが呼ばれ、新年会をやりました。

お師匠さんは、すでに亡くなられてしまったのですが、奥さんや、娘さんたちが、いつも温かく迎えてくださいます。

それで、お師匠さんのお宅は、諏訪にあるのですが、近くの酒蔵では、『くらもと古本市』というイベントをやっていて、先に、ちょっと寄ってみました。

Dvc00035

真澄の宮坂醸造と、横笛の伊東酒造へ立ち寄ったのですが、近くにある、3つの酒蔵も、イベントに参加していたみたいです。

趣のある酒蔵をまえに、ほんとうにここで古本市なんてやってるのかな…なんて思ってしまいましたが、併設されたスペースや、店舗の2階などで、ほんとうに古本屋さんのように、古本たちが並んでいました。

Dvc00032

宮坂醸造のほうでは、お料理や趣味の本、絵本などが並び、隅っこにカフェスペースもあって、明るい店内に、コーヒーの良い香りが漂っていました。

私たち夫婦は、お酒に強くないのですが、こういう企画なら、楽しめます♪

もちろん、まる子も行ったのですが、絵本を見たり、カフェのクッキーをねだったり、彼女なりに楽しんでいたみたい…。

ゆっくりはできませんけど、時間が止まったような異空間を、過ごすことができました。

新年会も、いつもどおり、和気あいあいとした楽しい時間となり、14時に集合してから、帰る直前の19時まで、ずーっと食べつづけていた感じです(^_^;)

モリヤさんっていう先輩ご夫婦の、漫才のような掛け合いも、健在でしたし…(笑)

朝から一緒におしゃべりしながら仕事をしていて、さて夕方になったから、奥さんとしては、やっとこれで自分の時間だと、気分を切り替えようとしたところ、旦那さんから、

「おい、もうちょっと、語り明かそうや…」

と、引き止められた話だとか…ね(笑)

仲睦まじいご夫婦です。

立春を過ぎてからの新年会というのも何でしたが、また一年、仕事を頑張ろうと、みんなで気合いを入れたのでした。

 

2014年2月 7日 (金)

ケンちゃんと図書館へ…

火曜日、保育園が終わったあと、図書館へ行きました。

ケイチ(妹)と、息子のケンちゃん(4歳)も、一緒に行きました。

まる子とケンちゃんが、自分たちの借りたい絵本を見つけに行っているあいだ、私は、図書館が勧める、子ども向けの本のリストを眺めながら、おもしろそうな本を探していました。

しばらくして、ふたりはどうしているかと気になり、絵本のコーナーをのぞいてみると…。

Dvc00025

なんと、まる子が、ケンちゃんに、絵本を読んであげていました。

ふたりとも、めずらしく、お行儀よくやっていたので、びっくりしてしまいました(笑)

こんなことも、あるんですね…。

2014年2月 6日 (木)

保育園最後の参観日

昨日は、まる子の参観日でした。

子どもたちが、お家の人たちを楽しませよう!と、コーナー遊びを企画して、準備を進めてくれたみたいなんで、とっても楽しみに出かけてきました。

「『いるけど、いない』をモットーに、今日は、先生たちは、黒子に徹します」

と、隣のクラスの担任の先生(2クラス合同でやりました)が、はじめの挨拶でお話しされたように、ほんとうに、子どもたちだけで進行していきました。

まずは、お正月から練習を重ねた、けん玉の技を、難易度の順に、次々と披露してくれて…。

Dvc00029

それから、子どもたちが、『おたのしみかい』と称して、7つのブース(なぞなぞ、ぼうずめくり、けん玉、しりとり、おばけカルタ、トランプ、すごろく)に分かれ、ママたちは、その一つひとつをまわって、終わるごとにスタンプやシールをもらっていきました。

Dvc00026

そのなかで、まる子は、なぞなぞ係だったのですが、7つ全部をまわると、ご褒美がもらえるという、サプライズ付きでした。

何をやるか、お友だちと相談したり、考え合ったりして、作り上げていったそうなのですが、今まで、小さいお友だちを楽しませようと、保育園の夏祭りや、さまざまなイベントを企画してきた集大成となったように思います。

この学年は、人を楽しませよう!っていうことが、とっても好きなんですね。

そして、最後に、歌を3曲うたってくれたのですが、ラストの『ともだちになるために』という歌では、歌いながら手話のパフォーマンスもしてくれて、ちょっと感動的でした。

アンコールの呼びかけが上がったほどです。

歌詞もいいんですが、手話をしながら歌うっていうのが新鮮で…。

この歌で、ママたちを泣かそうとしたらしいんですが、うまくできたことに感激した先生のほうが、先に泣いてしまってました(笑)

もちろん、私たちもウルウルきましたけど、卒園式まで涙はとっておきたいと思い、ちょっと我慢(笑)

今までの参観日というと、一緒に遊んだり、一緒に何か作ったり…、といった内容だったのですが、やっぱり年長さんともなると、こんなにいろんなことができるようになるんだな~って、最後の最後に感動してしまいました。

そして、子どもたちのやる気を引き出して、アイデアの実現に協力してくださった先生方にも、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

良い先生やお友だちに恵まれました!

Dvc00030

2014年2月 5日 (水)

保育園最後の懇親会

Dvc00015

土曜日の夜、まる子のクラスの懇親会がありました。

担任の先生や、副担任の先生を囲んで、お花屋さんの隣にある、小洒落たレストランで、アルコールの席が設けられ、ざっくばらんに、いろんな話ができました。

今までは、居酒屋風のお店が多かったのですが、今回は、良い雰囲気のレストランで、お花が添えられたような、手の込んだオシャレなお料理が出てきたりして、

「なんだか、女子会のようだよねぇ~♪」

と、みんな嬉しそうでした。

やっぱり、小さい子がいると、なかなか夜飲みになんて、行けませんからね…。

担任の先生も、副担任の先生も、まる子たちが年少の頃から、お世話になっている先生たちなので、話は、もっぱら卒園式で泣いちゃいそうだ…、という話題で盛り上がりました。

今の年長さんは、39人で、20人と19人の2クラス編成なのですが、この子たちの特徴は、みんながまとまっているってことみたいです。

何かの行事があると知らせれば、みんなして、

「キャーキャー♪」

飛び上がってはしゃいだり…。

誰かが何か言うとすると、みんなして、そっちの方向を向いたり…。

そして、歌声が素晴らしい、と…。

だったら、卒園式のときも、誰か一人が泣き始めたら、みんなが泣いちゃうのかな…、なんて。

母たちも、一年間、和気あいあいと、楽しく過ごすことができました。

園生活も、残りあと2ヶ月を切るばかりとなりましたが、子どもたちも、みんなで仲良く、最後までしっかり遊んでもらいたいと、願う母であります。

2014年2月 4日 (火)

みなさまにも福が来ますように…

今日は、立春ですねcherryblossom

節分の昨日、まる子の保育園にも、鬼が来て、子どもたちは、豆まきをしました!

パパは、子どもたちを応援する役で、朝から保育園に行き、私はお福さん(福の神さん)の役で、少し遅れて行きました。

正体がバレないように、ふだんかぶらない帽子をかぶり、裏口からそぉ~っと職員室に入っていくと、先生方も緊張した面持ちで、準備をしていましたdash

まる子など、前の晩から、ナーバスになってしまって、パパのお布団で寝たり、ふだんやりもしない、食事の後片付けまで、ひとりでやってくれたりしました(笑)

夕飯と、朝ご飯の食器を、洗ってくれたんですよっsign01

私は、子どもたちから絶対に見えないように、職員室の端っこで待機していたのですが、いよいよ鬼が登場すると、子どもたちの、

「キャ~sign03

とも、

「ワ~ッsign03

とも、判別がつかないような、悲鳴や叫び声が聞こえてきて、現場を見たくて見たくて、しょうがありませんでした(笑)

聞くところによると、まる子など、大泣きしちゃって、それでも、

「うぅー…、うぅー…weep

とか言いながら、豆を投げていたとか…sweat02

今年は、年少さんが勇敢だったみたいですが、年中さんも、年長さんも、恐れおののいてしまって、全然腰が引けちゃってたみたいですcoldsweats01

私の仕事は、子どもたちが鬼を追い出したあとに、クラスをまわって、福の飴を配ることだったので、最後の最後の登場となりました。

いちばん小さい未満児さんのなかには、お福さんも怖がって泣いちゃう子もいて、ちょっとかわいそうでしたけど、大きい子たちは、ホッとした顔をしてましたsmile

とっても見えにくい、小さな穴から、まる子を探し、ちょっと遠くでしたけど、正面から私(お福さん)を見ていたんですが、放心状態のようになっていて、全然表情が変わらなかったです(笑)

どんな気持ちで見てたんでしょうか…。

私は、絶対しゃべっちゃいけない決まりでしたし、全身を覆うような格好でしたので、まさか、母が自分を見つめていたとは、思いもよらなかったでしょうが…(笑)

そんなわけで、まる子などは、わからないまでも、その場に、パパとママがそろっていたというのに(パパは素でいました)、一番というほど大泣きしていたのですから、おかしなものです。

鬼が来るやすぐに、うちのパパの後ろに隠れた、年中の女の子がいたみたいですが、隠れる余裕もなかった、まる子なのでした…coldsweats01

Dvc00023

2014年2月 3日 (月)

雨の公園で…

昨日は、久しぶりの雨降りでしたが、子どもの森公園では、食の工房で、ピザ作り体験をやっていましたrain

この日は、「和風味噌味」で、ひき肉入りの味噌ベースのソースと、ネギ、コーン、チーズ、仕上げに刻み海苔を散らしたピザでした。

やっぱり、寒い時期で、雨降りということもあって、6家族くらいしかいませんでしたが、初対面の方たちとも、お話しながら、和気あいあいと、ゆっくりしたペースでできたので、よかったです。

Dvc00021

いつもだったら、発酵を待つ50分くらいの時間に、外の遊具で遊んでいるのですが、あいにくの天気だったので、館内で、持っていたけん玉の練習とか、してました。

Dvc00009

年長さんたちは、この冬、みんなで、けん玉の練習をやってるんですね。

まぁ、まる子は、そんなに熱中してやってるわけじゃないんで、まだまだ技が決まらないんですが、ちょこちょこ練習はしてるみたいです。

で、私も借りてやったりしてたんですが、そのうち、男の子を連れたお父さんが、初対面なんですが、

「けん玉、難しいよね…」

と、話しかけてくれて、自分も小学校で夢中になってやってたと、いくつか技を披露してくれたんですsmile

けん玉って、なんだか古くさい遊びだと思ってましたけど、意外にも、人と人を結びつけるんですね。

この公園のいいところは、雑貨屋さんも一緒になったカフェがあるところで…。

雨降りでも、ちょっと休憩ができます。

Dvc00016

いつもの公園より、ゆっくりと時間が進むような、落ち着いた雰囲気で、まる子も、雨降りの公園を楽しめたようですhappy01

2014年2月 2日 (日)

心のなかのどんなオニをやっつけたい?

2月になりました。

そして、明日は、節分です。

まる子の保育園でも、鬼がやって来て、豆まきしますsmile

まる子は、先生から、この鬼は、自分の中の弱い心の象徴で、その鬼を、豆をまいて追い出す日だと、教えてもらったようです。

心の中の、どんな鬼をやっつけたい?、という先生からの質問に、

「サンポウ(豆を入れる箱)に、こうやってかいたの。

ワカメキライおにを、やっつけるぞ~sign01

もうちょっとちがう答えを期待していただけに、そんなにワカメが嫌いだったんだ…、とおかしかった母であります(笑)

2014年2月 1日 (土)

骨盤、ゆがんでる!?

ここのところ、首が痛くなることがあって、産後から週一で通っている鍼では、首を重点的に治療してもらっているのですが…。

昨日、鍼の治療に保険を適用してもらうため、病院で同意書を書いてもらうように、整形外科に行って、首のレントゲンを撮ってもらったのですが、骨には全然異常がありませんでしたhospital

で、先生が言うには…。

「座っていると、全然わからないんですが、レントゲンを撮るために立ってもらったところ、骨盤が歪んでるというか、ねじれていて、体が傾いてるんですね。

そうやって、体はバランスをとろうとするから、首にきちゃうんでしょう」

と、首が痛くなる原因を教えてくれました…coldsweats01

そういえば、別の先生にも言われたことがあって、骨盤のゆがみを意識して、「操体」とか、してた時期があったことを思い出しました。

「同じ姿勢での作業には、不向きな体なので、つねに体を動かしているといいですね。

ダンスをするのは、いいことですよ」

意外にも、ダンスはOKとのことup

姿勢を良くしたり、骨盤の体操をしたりなんかして、気をつけたいと思いますconfident

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »