2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« みなさんの協力で無事に終わりました! | トップページ | 歓喜の渦!…2 »

2014年3月19日 (水)

歓喜の渦!

昨日、保育園まで、まる子を迎えに行ったときのことです。

お部屋のなかをのぞくと、まる子は、机に座って工作をしていましたが、真ん中あたりで、スミちゃんと、ユラちゃんと、ノブ君が、

「もしもし、カメよ~…♪」

と、歌いながら、けん玉をやっているのが、見えました。

まる子が仕度をして、出てきたので、さぁ、帰ろうか…、と思ったときに…。

「わぁ~!」

とか、

「きゃ~!」

とか、大歓声が上がり、隣のクラスの子たちまで、廊下のほうに走り出てきて…。

それで、担任の先生が、感極まった様子で、泣いているので、なにごとかと思っていたら…。

さっきまで、けん玉をやっていたユラちゃんが、こちらに来て、

「ノブくんが、4ばんまで、もしかめができたから、できないひとが、いなくなったっ!」

と、教えてくれました。

どうやら、みんなで、「もしかめ」を4番までできるように、頑張って練習していたのですが(けん玉の技)、なかなか苦戦して達成できずにいた、最後のノブ君が、この日やっとできたようなんです(*^_^*)

担任の先生はもちろん、副担任の先生も、隣のクラスの担任の先生まで、涙、涙で、みんなが喜んで、ノブ君のまわりに集まっていまして、もうその様子は、野球やサッカーで優勝して、選手たちが、わぁっと中央に集まってくるあの瞬間のような、爆発的な歓喜の渦でした!

それで、後から思い出してみると、あのとき、スミちゃんとユラちゃんは、もうできているのに、マラソンの伴走者のように、ノブ君と一緒にやってあげていましたし、ほかの子たちも、ノブ君の成功を、自分のことのように喜び合っていて、子どもたちの熱い友情を感じました。

運動会でもなく、卒園式でもなく、ごく日常のひとコマのなかで、こんな大感動が巻き起こるとは、子どもって素晴らしいですね。

「みんなが、よろこびすぎて、ぼくが、よろこべないっ!」

という、ノブ君のぼやきを、まる子は聞き逃さなかったようですけどね(笑)

« みなさんの協力で無事に終わりました! | トップページ | 歓喜の渦!…2 »

娘、まる子のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/55421972

この記事へのトラックバック一覧です: 歓喜の渦!:

« みなさんの協力で無事に終わりました! | トップページ | 歓喜の渦!…2 »