2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« まる子の負傷 | トップページ | 苗床 »

2014年4月17日 (木)

初、先生からの電話

昨日は、夕方、担任の先生から、はじめて電話がありまして…。

なんでも、小2の男の子が、まる子に砂をかけたみたいなんです。

私は、今までのパターンからして、てっきり、まる子が、その男の子に砂をかけたんだと思いまして、先生に聞き返してしまったのですが、逆でした(笑)

目に入ったようで、痛そうにしていた…、とのことでしたが、前日のブランコから落ちて、背中を大きくすりむいたときとはちがって、まったくそのことについて言いませんでしたし、見た目もなんともない様子で…。

大したことじゃなかったみたい。

それで、よくよく話を聞いてみると、男の子は、ケンカしたようで、相手の同級生に砂をかけようとしたのが、風向きで、たまたま、まる子にかかってしまったようです。

ただ、砂と聞いて、グラウンドの慣れない砂ぼこりで、ふだんの学校生活で、喘息が出て、咳き込んだりしていないか聞いてみると、

「今のところ、咳き込んだりは、していませんね。

元気にやっています。

給食も、がんばって、食べてますし」

そして、

「よく気がついて、いろいろやってくれるので、助かってます」

と、ほめてくれました。

「え~、そうですか。

うちでは、全然、そんなふうじゃないんですけどね…」

と、ちょっと驚いて言うと、

「家庭で大事に育てられてるってことですね。

家庭で不満がある子っていうのは、どうしても学校でよくない方向に出てしまうので…。

まる子ちゃんは、学校生活、良い方向性でスタートきれてますよ」

うちは、大人ばかりなんで、どうしても、まる子がいちばん下で、手のかかるヤツ…、という感じなんですが、学校では、同級生がたくさんいるので、まる子の活躍の場があるみたいです。

こちらは、家庭訪問が5月の連休明けなんですが、ちょっとした出来事がきっかけで、先生が電話をかけてくださって、まる子の学校での様子が聞けてよかったです。

保育園だと、送り迎えのときに、必ず、先生とお話できたものですが、小学校だと、そういうわけにいきませんから…。

そうそう、その夜、なんと、その砂をかけたという、男の子のお母さんから、改まって謝罪の電話があり、とっても大げさな出来事になっていて、びっくりした母です(^_^;)

ブランコから落ちて、すりむいたキズのほうが、何倍も大きいのにね(笑)

« まる子の負傷 | トップページ | 苗床 »

娘、まる子のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/55808486

この記事へのトラックバック一覧です: 初、先生からの電話:

« まる子の負傷 | トップページ | 苗床 »