2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 「こぴっと、がんばれしっ!!」 | トップページ | まる子のメロディオン♪ »

2014年6月 7日 (土)

私が忘れていたこと…

まる子が小学校へ入学し、まる子自身を含めて、いろいろなことが、急速に変わっていますdash

子どもは、立ち止まってなどくれず、つねに成長しつづけるものですが、今回の変化は、ついていくのにやっと…、というくらい大きなものでした。

それで、なんとなく、毎日いっぱいいっぱいで、イライラしがちで、まる子を怒ってばかりいましたが、浜文子さんの著書、『母になる旅』を読んでいましたら、私が忘れていた大切なことを、思い出させてくれて…。

私は、子どもが育つ現場に、一番無くてはならないものは「祈り」だと思っています。

 

親が、家族の病気や借金といった予定外の不運や、思わぬ事故などに遭遇した時に、いたずらに世を呪ったり、身の上を嘆いたりするよりも、子どもの前で、

「祈りましょう」

と、大いなるものの力に掌を合わせることをしたいと思います。

 

私は、特定の宗教を持ち合わせていませんが、何か人生で窮地に立たされたり、手持ちの知識や、私自身のささやかな能力では、なんとも解決などできないという物事、事態に遭遇するとき、ひとりでに「神さま、仏さま、どうか助けてください。どうぞ力をください。導きをください。お願いします」と手を合わせてきました。

 

そして、そのように自動的に動く自分の心を大事にしてきました。

 

私が、現今の育児に一番「悲しい」と感じるのは、お母さんの中に「祈り」が消えたことです。

 

(中略)

 

育児の知識がマニュアル化して、それが頭の中に大きく位置を占めると、「この子は五歳児として平均的に成長している」とか、「言語能力は順調だけれど、運動感覚が少し鈍いようだ」などというように、わが子への観察、分析が始まってしまいます。

知識で頭がいっぱいになればなるほど、分からないことは、さらに知識で解決すれば良いという発想になりますし、分からないのだから祈りましょう、という考え方は、神がかりのナンセンスな行為として、生活から嘲笑とともに締め出されてしまいます。

 

 

このような生活の仕方で一番怖いのは、子どもが自分の力だけ(人間の力だけ)を頼るものとして成長することです。

 

 

生きる道すじの中に「人間の力しか信じない」考え方だけがはびこると、自分の力が及ばないことが生じたり、何か予測できなかった不運に見舞われた時、立ち上がるのがとても大変な、困難な作業になります。

 

そんな時も自分の人生に起きたことを、冷静に客観的に見つめ、生き惑っている自分に、絶えることなく注がれている温かな目を意識できたら(そんな目を感じ、信じられたら)、人はまた辛い場所から立ち上がって生きていけます。

 

 

私は、この世のすべての子どもたちが本来持っている「信じる」という心を失わず成長できるよう、大人は努力しなくてはいけないと思っています。

 

 

それはまず、子どもの最も身近に居る母親が、わが子を「信じる」ところから出発してほしいと願っています。

 

「健やかに育て!」

 

「自分の力を信じられる大人になれ」

 

「私の子は大丈夫」

 

そう信じて育てることだと思います。

 

 

信じなければ、何事も始まりません。

 

 

お母さんの中にはときどき、「子どもが学校に行かなくなった」とか、「乱暴で落ち着きがない」「吃音が始まった」などという事情の時、いくつもいくつも病院や専門家を訪ね歩き、心を痛めきっている人がいます。

 

けれどもまずは、お母さん本人が、

 

「大丈夫!きっと、子どもはうまくいく」

 

と自分にしっかり言い聞かせることです。

 

 

お母さんの、そんな一言、強い信念の無いところでは、子どもの心も心細く漂流します。

 

「一緒に何度も祈ろうね。

 

大丈夫。

 

きっといつか全部良くなる」

 

と、子どもに言い聞かせましょう。

 

子どもの心細さは、そのお母さんの言葉と心で安心を得るでしょう。

 

大切なのはそのことです。

 

 

自分のために祈ってくれる人の存在は、それ自体ですでに子どもの心に安らかなものを与えます。

まる子は、きっと大丈夫!

« 「こぴっと、がんばれしっ!!」 | トップページ | まる子のメロディオン♪ »

娘、まる子のこと」カテゴリの記事

コメント

うん、大丈夫v^^
なんたって遠いし、それだけでも大変!
荷物は重いし、行きたくなる事もあるよ(^^;

新しい環境に馴染むのは大人でも大変
それでも頑張ってるまるちゃんは、エライ!!
それを見守るまるままさんも、エライ!

みんなエライなぁ~ って何もせずのんびりでも、私もエライ!だねv^^

見えない存在、人間だけが生きている訳じゃ無い、そんな事にも思いをはせる子供に育てる(^^;
難しいけど、そういうものを信じているまるままさんだから、大丈夫だよ!^^!
お母さんが信じて無い事は、口で何と言おうが、子供のハートには届かないだろう
だから、大丈夫!^^!
全て上手く行っている。 必要・必然・ベスト、です!

スイート☆ポテトさん、こんにちは!
いつもありがとうございますhappy01

なんだかとっても力強い応援をいただいて…!
心強くなりましたっhappy01

植物を育てていても、こちらの心配とは無関係に、そのものの力で着実に成長していきます。
「どうか、キレイな花を咲かせますように…」
それと同じ気持ちで、わが子も見てあげられたらいいのですが、物を言わない植物とちがい、子どもはそれ自身で動いたりしゃべったりしますので、こちらの感情も時に乱れたりしてしまうんですよね~
反抗されたりもしますし…
むずかしいです(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/56421948

この記事へのトラックバック一覧です: 私が忘れていたこと…:

« 「こぴっと、がんばれしっ!!」 | トップページ | まる子のメロディオン♪ »