2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

誕生を待つ

Dsc01012

まる子と撮ったマタニティフォトが、出来上がりましたshine

私のお腹をさわる、まる子の表情が、ちょっと緊張して、戸惑いを見せているところが気に入った一枚ですhappy01

このときの、ユーさん(お腹の子)は、どんな気持ちだったんでしょうね!?

標準サイズで成長しているようなので、予定日まではお腹にいて、しっかり妊婦ライフを満喫させてもらいたいですheart01

2015年8月30日 (日)

久しぶりの赤ちゃん♪

4月末に赤ちゃんを産んだ幼なじみが、帰省したので、久しぶりにみんなで会いましたhappy01

埼玉に住んでいるので、帰るのは年末年始かなぁ~、なんて言っていたのですが…。

思いがけず、早く会うことができ、まだ完全に首がすわらない赤ちゃんを、抱っこすることができましたconfident

彼女にとっては、はじめての出産だったわけですが、自分自身が3姉妹で、末の妹さんと10歳離れているので、さんざん妹さんのオムツを替えたり、お風呂に入れてあげたりしたみたいで…。

赤ちゃんの扱いに、とても慣れていましたshine

病院でも、経産婦さんと間違われたそうです(笑)

ナッチョも来たのですが、彼女も、妹さんと8歳離れているので、よくオムツを替えたり、お風呂に入れてあげたりしたんだとか…ear

私も3姉妹ですが、ミーミ(千葉の妹)とは年子ですし、ケイチとも3歳しか離れていないので、全然そういう経験はしてないんですよねcoldsweats01

でも、まる子は、ちょうどナッチョ姉妹と同じくらい、ユーさん(お腹の子)と離れるので、オムツを替えたり、お風呂に入れたりできるってことですね。

やっぱり、自分が子どもを産むまえに、赤ちゃんのお世話をする経験って、とっても大事だと思いますshine

私は、同居ですし、実家もすぐ近くですから、まぁ未経験でも、まわりでやってくれて助かったのですが、幼なじみの彼女は、里帰り出産をしませんでしたから、自分の経験が助けてくれたんですよねup

初産婦さんのわりに、余裕すら感じられ、安心しましたhappy01

さぁて、今度は、私の番!

彼女のように、どっしりと構え、あわてず騒がず、穏やかなお母さんになりたいと思います。

2015年8月29日 (土)

バースプランを考える

水曜日は、32週の妊婦健診だったのですが、そのあと、母親学級の第2講座もありましたchick

今回の母親学級では、今の時期に気をつけることや、どんなときに(トラブル)病院に連絡をしたらいいのか…、ということなどを助産師さんに教えていただきました。

そして、出産がはじまるときはどうなるのか…、破水からなのか、陣痛からなのか…、どのタイミングで病院に電話連絡を入れればいいのか…、という話になると、いよいよだな…、という気持ちになりましたheart02

ここでの出産は、フリースタイル。

お産がはじまったときに、どんな体勢が楽か、その場で自分で見つけてほしい…、と言われたのですが…。

なにしろ、まる子のときは、いわゆる分娩台で出産したものですから、はてさて、どうしたものか…、とcoldsweats01

まる子のとき同様、パパが立ち会う予定なので、帰ってからパパに伝えたところ、パパも困惑気味でした(笑)

パパは、体格がいいので、しっかりと支えになってはくれそうだけど…。

まだ出産までに時間がありますから、ちょっとふたりでシュミレーションでもしてみようかと思っていますsmile

2015年8月28日 (金)

9ヶ月に入りました

水曜日は、32週の妊婦健診がありましたchick

妊婦健診では、エコーで、赤ちゃんの様子を見たり、助産師さんからのお話がありまして…。

赤ちゃんは、ただいま1800gくらい、心臓もしっかり動いていて、順調そのものの様子…happy01

画像から、やっぱり女の子かなぁって感じでした。

今回は、鼻や口が見えて、顔の感じがわかりました。

う~ん、この顔は、パパだなって感じ(笑)

なんか、『うる星やつら』や『らんま1/2』、『犬夜叉』に登場する、ちっちゃいお坊さんキャラみたいな顔立ち…coldsweats01

あらら…。

そうそう、この日の朝方、両足がつるという惨事が起こりましたimpact

きっかけは、寝がえりを打ったまる子に、横向きで寝ていた私の背中を蹴られ、驚いて、急に動いてしまったのがいけなかったようで…。

右足のふくらはぎと、左足のすねなんですが、自分の両手では対応できなくて、すぐにパパを起こしました!

つりはじめて、ぎゃーっと手をあげた所に、まる子のおでこがあって、叩いてしまったので、まる子も起きてしまい…。

ちょっとした騒動でした…shock

足がつるとなると、いよいよ後期に入ったなって思います。

これで、9ヶ月に入り、大事にしていないといけなかった8ヶ月が無事に終わったので、またストレッチに励みたいと思いますsmile

2015年8月27日 (木)

火事騒動

昨日は、32週の妊婦健診のあと、母親学級が2時間ほどあって…。

午前中から午後まで、病院にいたので、携帯の電源を切っていました。

終わってから、電源を入れたら、うちの近所で火事があったという広報のメールがきていて…mailto

病院の駐車場から見ても、白い煙がもくもく流れていましたdash

ちょっと離れてるから大丈夫かな…、と思いきや、家の近所に近づくにつれ、路上に、近所の人たちの車が止められていて、交通整理の係の人から、

「これ以上先は、消防車が止まっているから、通れませんよ」

と、言われてしまいましたsweat01

「こっちの道なら…」

と、少し遠まわりして家のほうに向かったのですが、なんと、消防車や警察の車が止まっているのが、うちの前の道路だったんですねwobbly

そうだった、うちの敷地内に貯水槽があるんだった…。

ちょっと消防車に移動していただいて、なんとか空いているスペースに車を止めて自宅に戻ることができましたdash

こういうときって、自宅にいるであろう旦那に電話しても、全然通じないんですよねbearing

それもそのはず…。

私が帰った時には、すでに鎮火していて、白い煙に変わっていたのですが、火が付いたときには、爆発音が10回以上して、ものすごい炎の勢いだったとか…。

煙も、黒いものがもうもうと上がっていて…。

ふつうの民家なんですが、どうやら、古い薬剤が爆発してしまったみたいなのですshock

なので、電話線などが燃えちゃって、我が家もしばらく、電話が不通、テレビやネットも使えない状況になってしまってました。

こういうとき、子どもたちって、なんかテンション上がってるんですよね~。

学校から帰ってきた子どもたちが、我が家に集まってきて、みんな外で遊んでましたよhappy01

まる子も、宿題もやらずに、お友だちに急かされて、さっさと遊びに行ってしまいましたdash

幸い、この日は、朝から、降ったりやんだりの不安定なお天気で…rain

火災が起きてから、ザァーッと降ったり、鎮火のあと、煙や匂いがすごかったんですが、そういうのも、雨が流してくれて、帰ってきて気分が悪くなってしまったんですが、すぐに治りましたhappy01

けが人も出ず、よかったと思いますshine

火事のお宅は、ご夫婦で住まれていたのですが、ふたりとも無事で、その夜は、近所のお友だちの家に泊まったようです。

家は焼けましたが、住めるところもあるみたい…。

近所のお友だちっていうのが、大工さんなので、助けてもらえるのではないかと思いますconfident

一件落着~

2015年8月26日 (水)

2年生のプール参観 2

プール参観の画像ですcamera

Dsc01009_2

みんな、ほんとうに楽しそうにやってました~♪

Dsc01008

まる子も、この笑顔heart01

上の前歯から2番目が、最近抜けまして…。

バッチリ写ってます(笑)

日曜日の、スタジオの合同レッスンでは、発表会用のパンフレットの写真撮影もしたのですが、前歯が抜けてしまって、どんなふうに笑ったのか…、気になっている母であります(笑)

2015年8月25日 (火)

2年生のプール参観

昨日、パパと、まる子のプール授業の様子を見に行ってきました。

夏休みまえに持ち帰ってきた、ふうせんかずらの鉢を持っていかないといけなかったので、パパが一緒に来てくれて助かりましたhappy01

1年生だった去年は、右手首の骨折が治ったばかりで、ようやくプールができるようになった時期だったので、どんな様子か気になって、やっぱりパパも行ったのですが…。

子どもたちみんな、楽しそうに水の中に入っていました。

去年は、ちょっと水に慣れていない子もいたのですが、今年は、水に潜ることを怖がる子が、ひとりもいなくて、ビート板を使ったバタ足とか、積極的にやっていました。

まる子も、お友だちと順位を競い合って、やってましたよ~shine

また、画像は、明日にでもアップしたいと思いますcamera

2015年8月24日 (月)

発表会2015に向けて…

昨日は、スタジオの発表会に向けての合同レッスンがありましたnotes

12月27日という、年の瀬の発表会なのですが…。

クラスを超えての演目があるので、発表会までに、何度か合同レッスンがあるのです。

まる子も、4曲ほど、クラスを超えて踊るものがあるので、昨日は、12時半に集合して、休憩をとりながら、4時間ほど頑張りました。

このスタジオは、上下関係がなく、お姉さんたちが、小さい子たちの面倒を見てくれたりと、アットホームな雰囲気なので、長時間のレッスンでも、けっこう楽しくいられるみたいsmile

休憩時間などには、同年代のお友だちと集まって、お菓子を交換したりして、プチ女子会をしていましたよribbon

そして、最後は、まる子も、お姉さんたちを見習って、床にモップをかけてお掃除して帰りました。

こういうレッスンがあると、発表会を意識して、ふだんのレッスンに真剣味が出てくると思うので、本番までに、より丁寧に踊れるように励んでもらいと思いますconfident

2015年8月23日 (日)

カッピ2歳の誕生会

妹のケイチのとこのカッピが、2歳になりましたbirthday

誕生日の直前に、カッピは何が欲しいのか…、ケイチに聞いてみたのですが…。

おもちゃは、たくさんあるからいらない…、服も、まる子のお下がりとかあるからいらない…、ケーキも食べない…、と言われ…coldsweats01

結局、カッピのお兄ちゃんのケンちゃん(5歳)が、回転寿司に行きたいから…、と回転寿司でランチをすることになりましたrestaurant

あーりん(実家の母)は、用事があって来られなかったのですが、ジー太(父)は来てくれて…。

ワイワイと楽しいランチタイムになりましたshine

主役のカッピは、茶碗蒸しと、たまごと、まぐろを食べて、満足そうでしたよheart01

お寿司とか回ってくると、指をさして、

「あ、きた~っ!」

っていうのが、可愛かった~lovely

まる子も、こういうときがあったのになぁ~(笑)

まぁ、こんなに座って食べてはいられなくて、毎度ハラハラさせられっぱなしだったけどsweat01

Dvc00212

2015年8月22日 (土)

双子のプチトマト

「ママに、コレもってきたよっsign01

と、学校から帰ってきたまる子が、ビニール袋を渡してくれて…。

中に入っていたのが、黄色いプチトマトひとつと、赤いプチトマト2つでしたhappy01

夕飯に食べようとしたら、

「双子のトマトだから、写真撮ってからにして」

と言われて…。

よくよく見てみたら、ほんとうだ、双子のプチトマトちゃんでしたlovely

Dvc00211

その夜、パパは会合で留守だったので、

「やっぱり、パパにあげる~」

と、冷蔵庫にしまった、まる子であります(笑)

2015年8月21日 (金)

夏はやっぱりかき氷!?

東京から帰省したノビ子さんと、お茶をした、火曜日…。

この夏、ノビ子さんは、まだ、かき氷を食べてないと言い、黒豆アイスがトッピングされた、抹茶のシロップのかき氷を注文していました。

Dvc00209

私も、かき氷にしようかな…、と思ったのですが、いつも行くお店だったので、店員さんから、

「妊婦さんは、あんまり冷やさない方がいいよ~」

と言われ、それもそうだと、小ぶりな黒豆アイスにしておきました。

でも、逆に、ふだんは、かき氷なんて食べたいと思わないのですが、妊婦だから、体温が高いのか、暑がりになっているのかわかりませんが、食べたくなるんですよね(笑)

夏に一度はかき氷を食べたい…、というノビ子さんの願望は、満たされたようです。

そういう私も、この夏は、実家に行くと、孫たちのために、父が店から小さな器で、かき氷を作って持ってきてくれるので、何度かイチゴ味で食べました。

お盆を過ぎると涼しくなるこのあたりの夏ですから、昨日からの雨でまた涼しくなり、あの日が、かき氷を食べるのに最適な最後の機会だったのかもしれません…。

2015年8月20日 (木)

31週に入りました

いよいよ31週に入り、妊娠8ヶ月の最終週ですchick

お盆まえの妊婦健診で、赤ちゃんが理想的な位置にいるから、この2週間は、スクワットとか無理なことはしないで、大事にしてほしい…、と看護師さんから釘をさされたので…。

だいたい欠かさずやっていたスクワットや、骨盤体操を、お休みしていたんですね。

寝るまえの、ストレッチは、朝方足がつらないようにやっていましたけど…。

それに、1週間バレエのレッスンがお休みだったり、鍼の治療も行けなかったりしたら、ものすごく腰と肩が凝ってしまいましたsweat01

妊娠してから、呼吸が浅くなっているので、なにもしていなくても凝りそうな生活なのですが、すでに、スイカを抱えているようなお腹の大きさになっているので、そうとう体に負荷がかかっているようですwobbly

これからもっと負荷がかかってくるわけですが、なんとか折り合いをつけていきたいです。

あと2ヶ月の期間限定ですから…smile

2015年8月19日 (水)

産まれた子供はダウン症だった

こんな記事を見つけましたeye

『産まれた子供はダウン症だった 母親がその時に語った詩に心があたたまる』

妊娠中の母親にとって楽しみなことは、お腹の中にいる子がどんな子かを想像することでしょう。
男の子?女の子?活発な子?おとなしい?
エコーで顔を見たり、胎動の強さ、しゃっくりの頻度、様々な要素でどんな子が産まれてくるのか想像するのです。
そしてその想像をもとに服を買ったり、赤ちゃんと住む環境を整えたり、妊娠中の楽しさは尽きないものです。

しかしそれと同様に母親の心にあるもの、それは不安です。
無事に産まれてきてくれるだろうか…
どんな母親にとってもその不安は平等です。

アメリカに住む、エミリー・パール・キングスレーさんもそうした母親の一人でした。
が、結果的に彼女が産んだ子はダウン症でした。1987年に彼女が書いた文章にはそういった気持ちが溢れています。

「オランダへようこそ」

私はよく障害を持つ子供を育てるって、どんな感じか聞かれることがあります。
障害児を育てるというユニークな体験をしたことがない人が理解できるように、どんな感じか想像できるようにこんな話をします。

赤ちゃんの誕生を待つことは、すてきな旅行の計画をすることに似ています。
そう、旅行先はイタリア。ガイドブックをどっさり買い込み、現地での素敵な計画を立てます。
ローマのコロッセオ。ミケランジェロのダビデ像。ベニスのゴンドラ。
簡単なイタリア語を覚えるかも知れません。それはどれも、ワクワクすることです。

そして、期待を胸にいっぱいに、数ヶ月の後、待ちに待ったその日がやってきます。
カバンに荷物を詰め込み、さあ出発です。
数時間後、飛行機が着陸します。スチュワーデスがやって来て、告げるのです。
「オランダへようこそ」と。

「オランダですって?」とあなたは驚き聞き返します。
「オランダってどういうこと?私はイタリアへ行くはずだったのよ!これまでずっと私はイタリアを夢見てきたのに!」
しかし、飛行計画が変更になったのです。
オランダへ着陸したのです。
あなたはそこに滞在しなければならないのです。

ここで考えて欲しいのは、あなたたが連れてこられた場所は、疫病や、飢饉や、病気が蔓延する、恐ろしく、ひどく、ゾッとするような所でははないと言うことです。
ただ、そこは、ちょっと違う場所なのです。

だから、あなたは新しいガイドブックを買いに外に出て行かなくちゃいけません。
それから、新しい言葉も覚えなくちゃいけません。
そうすれば、あなたにはこれまで出逢ったことのない人々との出逢うことでしょう。

ちょっと違う場所へ来ただけなのです。
イタリアに比べて、時はゆっくりと過ぎていき、イタリアのような華やかさはありません。
でもしばらくここにいて、深く息を吸いこんで、周りをみわたすと…オランダには風車があることに気がつきます。
チューリップにも気が付きます。
そして、オランダにはレンブラントの絵もあることに気が付くでしょう。

でも、あなたの知人たちは、イタリアに行ったり来たりでせわしなくしていて、皆イタリアでどんなに素敵な時を過ごしてきたかを自慢するのです。
そして、あなたはこの先もずっと「そうなの、イタリアは私も行くはずだった場所なの。私が計画していたのはイタリア行きだったの。」と、言い続けるでしょう。

イタリアへ行けなかった痛みは決して消えることのないものでしょう。
なぜなら、失った夢はあまりにも大きすぎるからです。

しかし、イタリアに行けなかったことをこの先もずっと嘆いていたら、オランダのすばらしさや、美しさを心から楽しむことは決してできないでしょう。

出典:「ゆっくり・のんびり ~ダウン症児の子育て日記~」
管理者ななめさんのオリジナル英訳

出生前検査など、まったくしていないので、私の赤ちゃんも、どんな赤ちゃんなのか、産まれてくるまでわからないんですよね。

でも、どんな赤ちゃんにしろ、こういうふうにとらえることって、大切だと思います。

ダウン症じゃなくても、たとえば…。

「女の子だったらor男の子だったら…」

「もっと活発な子だったら…」

などと、希望どおりにいかなかったことを嘆くことは、よくありますもんね。

お母さんになるってことは、その子を丸ごと受け入れるっていうことなんですねhappy01

2015年8月18日 (火)

今日から2年生の2学期です

今日から、まる子たちは、2学期がはじまりましたshine

1学期は、無遅刻無欠席で皆勤賞だったので、2学期も張り切って通ってほしいと思いますhappy01

担任の先生から、1学期に、花まるをもらった2年1組さんですが、まる子にとって、1学期いちばん心にのこっている思い出は、

『1年1くみさんとの こうりゅうで すずきひよりさんが どれもたのしかったと いってくれて うれしかった』

ことのようですnote

2学期も、いろんな思い出を作ってほしいと願う、母でありますconfident

2015年8月17日 (月)

夏休みの終わり

こちらは、お盆が明けると、夏休みもおしまいですconfident

お盆中は、保育園もお休みになった、妹のケイチのとこのケンちゃん(年長)&カッピ(2歳)と、実家の屋上のプールで遊んだりして、過ごしました。

Dsc01005

Dsc01006

行事やイベントで、あっという間の夏休みでした!

2015年8月16日 (日)

お姉ちゃんになるのがコワイ!?

夜、お布団に入ってから…moon3

まる子に、

「まるちゃんも、お姉ちゃんになるんだねっ!

(私は3姉妹の長女なので…)ママと一緒だねっ!!」

と、言ったところ…。

まったく反応がなかったので、

「どうしたのっsign02

と、聞いてみると…。

「まるちゃん、お姉ちゃんになるのが、こわい…」

と、言いだしまして…。

理由を聞くと、

「だって、ママが、お料理つくってたりして、見ていないときに、ユーさん(お腹の子)が先に泣いたら、まるちゃんがいじわるしたと思って、怒られるから…despair

そんなふうに、とても具体的なイメージがあるとは…。

びっくりしましたsign01

私自身、妹とは年子で、物心つくまえに「お姉ちゃん」だったので、あとから、お姉ちゃんっていうのは妹より怒られるからイヤだな…、とは感じたものの、そんな心配などしたことなかったんですよねcoldsweats01

ほかにも、

「ママは、ユーさんのものだね。

だって、洗濯物を干すときも、寝るときも、いつも一緒だもん」

と言っていて…。

今まで、赤ちゃんが来ることに、それほど嬉しそうな反応をしなかったまる子でしたが、こんなふうに、心中は複雑だったんですねcoldsweats01

確かに、妊娠してから、つわりがあったり、ホルモンの関係で怒りやすくなったり、私自身やまわりの大人たちは、妊娠とはこういうもんだと思って、やり過ごしていますが、まる子にとったら、けっこうネガティブな経験になってしまっているのかもしれません…。

それに、我慢してることもあるのかな…。

まる子は、こんなふうに、ちゃんと言葉にして伝えてくれるので、パパにも話して、まる子も大切だということを、毎日言ってあげたいと思いますheart01

2015年8月15日 (土)

お盆 2015

Dvc00208

お盆に、義弟のとこの長男君が帰省したので、夕飯を一緒に食べましたrestaurant

社会人一年目の初々しい長男君…。

まわりの人たちに良くしてもらって、頑張ってるみたいですhappy01

次男君や三男君は、まだ大学生で、ラグビー部に所属しているので、ちょうどこのお盆に合宿があり、帰って来られなかったのですが…。

まる子は、久しぶりの長男君が嬉しくて、またまたテンションが上がり、大きな唐揚げを3個も食べていました(笑)

夕食後には、一緒に花火もやってもらって、楽しい時間を過ごしていましたnote

お盆には、ふだん遠くで頑張っている人たちが帰ってきたり、ご先祖さまを迎えたり…。

しみじみとするけれど、にぎやかな期間ですねhappy01


2015年8月14日 (金)

七夕かざりを作ったよ!

Dsc00957

ちょっと、さかのぼってしまいますが…。

こちらの七夕は、旧暦ですので、8月7日です。

この日は、稲井学校の最終日でもありまして、1時間学習したあとに、みんなで七夕かざりを作ったみたい…。

私は、てっきり、短冊など、飾りだけ作ったんだと思っていたのですが…。

まる子が、自分の背丈を超えるほどの、大きな笹を担いで帰ってきまして…sweat01

「なんで、迎えに来てくれなかったの~~っsign01

と、怒っていましたcoldsweats01

自転車で来た子たちも、こんなに大きな笹だったので、苦労して帰っていったとか…sweat01

でも、しっかり飾りごたえのある、いい七夕かざりができて、玄関に華を添えてくれましたよscissors

皆勤賞で、よく頑張りましたshine

2015年8月13日 (木)

いよいよ30週に…

30週(妊娠8ヶ月)に入りましたchick

心音もしっかり聞こえ、推定体重は1607g…。

標準サイズで、すくすく育っていますhappy01

ここまでくると、さすがに夜は、どんな体勢でも寝苦しく…wobbly

動くたびに、

「よっこいしょっsweat01

です…(笑)

夜のストレッチや、足のマッサージを怠けると、朝方、足がつるようにもなりましたbearing

おかげさまで、ユーさん(お腹の子)は、理想的な体勢でおさまってくれていますし、元気そうなので、このまま、出産までの約2ヶ月間を、大切に過ごしたいと思いますhappy01

2015年8月12日 (水)

イボじゃなかった!!

日曜日の夏祭りのあと、口の中に口内炎ができたと言った、まる子…despair

パパたちが屋台をやっていて、いろいろもらっていたから、

「食べ過ぎたんじゃない…」

なんて、言ってたんですconfident

その翌日、まる子の手のひらや、足に、いぼみたいなのができてて…。

私も、たまにできる、ウィルス性のいぼかなって思って、

「すぐに焼いてもらわないと増えるから、皮膚科に行かなくちゃdash

と、嫌がるまる子を説得して(治療が痛いから…)、皮膚科で診てもらったんですhospital

先生の前に座っても、どこにいぼができたのか、見せるのをためらっていたまる子ですが、先生に診てもらったら、

「あ、これは、いぼじゃないよぉ~」

と…。

痛いことされないことがわかって、笑顔になったのですが、

「これは、手足口病だねsign01

とわかり、微妙な表情に…(笑)

従姉妹のカッピも最近かかったばかりですし、今流行ってるんですよね…coldsweats01

熱も出ず、元気なのですが、発疹は痛いみたいで、口のなかにできると、食べるのが困難みたい…bearing

近所のお友だちは、ちょうど夏祭りのときに、食べられなくなっちゃって、点滴を打ってもらったとか…ear

かかっても、軽くすんだり、症状として外に現れない子もいるみたいですので、元気なら、普通に過ごしていていいそうですhappy01

早く良くなりますように~!

2015年8月11日 (火)

地域の夏祭り 2015

日曜日は、地域の神社で夏祭りがあり、大勢の人でにぎわいましたnotes

人形劇ではじまり、子どもたちによるスリッパ飛ばしや、バナナの叩き売り、おやじバンドの演奏、ビンゴ大会、夜の仕掛け花火など、内容は、かなりローカル…。

境内のぐるりに、地域の係の方たちや、壮年団が、かき氷やフライドポテト、焼き鳥、フランクフルト、ヨーヨー釣り、射的などの屋台を出して、活気づいていました。

パパたちは、毎年恒例の焼きそばのほかに、今年初の試みで、チョコレートタワーをやってくれましたhappy01

Dsc00988

境内の木陰は涼しく、風が気持ちよかったので、お昼ころに行ったのですが、結局夕暮れどきまで楽しみましたnote

その間、まる子は、ヨーヨー釣りのお手伝いをしたり、子ども獅子の笛に参加したり…。

Dsc00990

急きょ、獅子舞の笛の仲間たちで、カラオケ大会に出ることになり、『世界で一つだけの花』を歌ったりもしましたsmile

Dsc00993

子どもたちが楽しそうに飛びまわり、大人たちは、汗をかいてお店を出したり、係の仕事をしてくださって…notes

私は、ベンチに腰掛けて、近所のママたちや、知り合いの人たちと、おしゃべりして、半日も過ごしてしまいました。

こんな毎年の夏の風景ですが、変わりなく続いていったらいいなぁ…、と思う今日この頃でありますhappy01

2015年8月10日 (月)

ワークショップでひつじの親子を作ったよ!

今回の人形劇フェスティバルでは、はじめてワークショップに参加してみましたhappy01

まる子が、人形を作ってみたい!…と言うので、『ふわふわおや子ひつじを作って踊らせよう』という、親ひつじと子ひつじ2匹を作るワークショップです。

講師は、人形劇団「ムンドノーボぽこブヨ~ダン」のゲンさん。

Dsc00977

まる子がいなかったら、工作が大の苦手の私ですから、絶対に参加しようとは思わないプログラム…coldsweats01

しかも、実際に、劇団で使われている仕様のものを作ってみたので、作りが細かくて、完成するのに苦労しましたsweat01

偶然にも、保育園でお世話になったタカコ先生と、エミ先生と同じテーブルになり、和気あいあいとした雰囲気で制作できたことと、講師の方に手伝ってもらえたので、まぁ、なんとか…。

最後は、ゲンさんのハーモニカ&ギターの演奏に合わせて、みんなで、作ったひつじの親子を躍らせながら、パレードしましたnotes

Dsc00979

いやぁ~、完成できてやれやれ…!、といった心境の母でありました(笑)

Dsc00978

2015年8月 9日 (日)

光と音のイリュージョン♪

金曜日は、『team Lab Islands(チームラボアイランド)☆学ぶ!未来の遊園地』に行ってきましたhappy01

Dsc00976

これは、アート、サイエンス、そしてテクノロジーを融合させた、子どもたちの感性に直接訴える未来型のアトラクション…。

まずは、『お絵かき水族館』に挑戦!

Dsc00959

まる子は、クラゲを選び、好きな色を塗って…。

スタッフさんに渡すと…。

Dsc00964

たった今、描いた自分のクラゲが、壁一面に広がった大きな水槽で、泳ぎはじめました!!

Dsc00965

ほかにも、○、△、□にうまく乗ることができると、音が出て、床の映像が美しく変わる『天才ケンケンパ』や…。

Dsc00968

大きなボールで遊ぶと、音が出たり、色の変化が楽しい『光のボールでオーケストラ』でも、遊びました。

Dsc00970

Dsc00973

暑い夏には、涼しく美しいアトラクションで、まる子も楽しそうでした♪

2015年8月 8日 (土)

久しぶりのインドネシア♪

今年も、火曜日から、人形劇フェスティバルがはじまりましたnotes

全国、そして海外から、たくさんの人形劇人が来てくれて、路上や、あちこちの公民館、ホールで、上演しています。

まる子は、人形劇を観るよりも、人形を作るワークショップに参加したいというので、今回は、私が観たい人形劇を選ぶことにしましたhappy01

今年は、はじめて、ジャワ島(インドネシア)の影絵芝居とガムラン音楽を演奏する、影絵音楽団『くぷくぷ』さんが来てくれたので、インドネシア好きな私は、さっそく前売りチケットを購入し、楽しみにしていましたshine

Dsc00948

この劇団は、影絵師ローフィーさんと、ガムラン奏者&歌のひろみさん夫婦で構成されていて…。

伝統民族音楽団ハナ☆ジョスの、幼児向けユニットのようでした。

伝統民族音楽団という名のとおり、2002年、ジャワ島のジョグジャカルタにて結成され、日本で、伝統音楽ガムランと、影絵芝居ワヤン・クリを上演しているようです。

Dsc00953

なので、幼児向けユニットとはいえ、本場のガムラン楽器が使われ、ローフィーさんの影絵や踊りも本格的で、大人も十分に楽しめましたhappy01

上演後は、ローフィーさんやひろみさんとお話ししたり、楽器なども自由に触れさせてもらえましたよ。

Dsc00950

Dsc00951

帰り際に、まる子が、私とローフィーさんのツーショット写真を撮ってくれましたcamera

Dsc00955

久しぶりのインドネシアに触れられて、インドネシア語もちょこっと話せて…smile

なかなか、インドネシアには行けませんから、こんなに近くで、インドネシアを堪能できて、ほんとうに嬉しかったですheart01

まる子も、帰ってきてから、繰り返し歌われていた歌をうたっていたので、おもしろかったんだと思います。

2015年8月 7日 (金)

戦争って!?

夏休み中、地域の子どもを育む委員会のみなさんや、退職された先生たちで、稲井学校を開いてくれていますhappy01

毎日ではありませんが、日曜日からはじまりました。

はじめの1時間は、夏休みの勉強をみてくれて、そのあと、課外授業と題して、いろんな企画を考えてくれてます。

初日は、壮年団のみなさんが、昨年好評だった「流しそうめん」をやってくれて…。

プチトマトやゼリーなども流れてきて、お腹いっぱい食べてきたみたいですdelicious

戦争について学ぶ日もあり、この日ばかりは、

「話ばっかりで、おやつもくれなかったっangryannoy

などと、怒って帰ってきましたが、あとは、工作をしたり、何より、お友だちがたくさん来るので、楽しいみたいですnote

昨日は、広島に原爆が落とされた日でした…。

戦争を学ぶ日には、体験された方のお話もあったようです。

今は、戦争とはほど遠く、毎日、お腹いっぱい食べられて、思いっきり遊べる、平和な毎日を送っていますが、それは、戦争がないからこそのこと…。

あまりにも大きなギャップに、まだまる子は、ピンと来ないんでしょうねconfident

でも、大事なことですから、そうやって、地域の戦争を体験された方々が、子どもたちに、その経験を語ってくださる機会をもてることは、ありがたいことだと思います。

2015年8月 6日 (木)

『笑うお産』…池川明著

胎内記憶を研究されている、産科医師・池川先生の最新刊ですbook

出産というと、イメージされるのは…。

『痛い、ツライ、大変!…』

などなど、ネガティブなものが多いのですが…。

最近、出産を経験したお母さんたちから、

「陣痛が全然痛くなくて、楽に産めた」

とか、

「お産がとても楽しくて、笑いながら産んだ」

などの、今までとは反対の感想を聞くようになったとか…。

しかも、生まれてきた赤ちゃんたちもみんな元気で、お母さんたちも、楽しく子育てをしているようで…eye

そんなお産を、池川先生は、『笑うお産』と名付けました。

あるお母さんの体験談です↓

『以前から、妊婦さんというのは赤ちゃんと気持ちが通じ合うものだということがわかっていました。

そこで妊娠中、お腹の赤ちゃんに、どんなふうに生まれたい?と聞いたところ、こうしたいと思っている感じがしたので、その望み通りの出産ができる病院を探しました。

陣痛が来てからは赤ちゃんと細かく相談しながらすすめました。

すると本当に痛みが少なく、あっという間に生まれたのです。

生まれた子は必要なければ泣かない、成長が早い子でした。

その子を育てているだけで、こちらが幸せになるような感じがします』

こじれるお産は、妊婦さんがもつ不安が原因だと書かれています。

「笑うお産」をするためには、そういった不安を取り除いていくことや、スクワットなどで体を鍛えておくこと、日々の生活を前向きに過ごすこと、赤ちゃんとつながり、自分と赤ちゃんを信じること…、などが大切なようです。

先週から、妊娠8カ月に入り、ユーさん(お腹の子)とコミュニケーションをとれる時期になったので、私も、この本に書かれていることを参考に、「笑うお産」ができたらいいなって思ってますhappy01

お産が楽だと、産後や、子育ても楽ですからね~note

2015年8月 5日 (水)

まる子、パフェ作りに挑戦!

まる子の夏休みの「自由な学習」に、パフェを作るっていうのがありまして…。

まずは、どんなパフェを作ろうか、絵を描きました。

Dsc00944

それから、材料を用意して、ジー太(実家の父)のお店で、さっそく作ってみましたhappy01

Dsc00945

なかなか、美味しそうに出来ましたよshine

Dsc00946

私の分も作ってくれたので、溶けないうちに、いただきま~す♪

Dsc00947

作って楽しく、食べて美味しいheart01

こんな宿題なら、大歓迎です(笑)

2015年8月 4日 (火)

介護施設の夏祭り

土曜日の夕方、介護施設の夏祭りで、スタジオのダンスを発表しましたnotes

スタジオの生徒さんの曾おばあちゃんが入居されている関係で、出演を頼まれたようです。

この日の午後、まる子は、バレエ初級のレッスンがあったので、次のヴォイスのレッスンまでスタジオにいて、スタジオから直接会場へ連れて行ってもらって…。

私とパパは、出演時間のちょっとまえに、現地へ向かいました。

介護施設の夏祭りには、はじめて行ったのですが、若い職員さんたちが浴衣を着て、焼鳥やチョコバナナなどの屋台を出したり、入居者の家族に元気よく声をかけたりして、とても活気づいていましたup

Dsc00939

私たちは、子どもたちよりも早く着いてしまったので、日陰になっているテーブルに座って、屋台の焼きそばや、唐揚げなんかを食べて、夕涼み…confident

Dsc00943

夏祭りでのダンスなので、まる子も緊張するっていうより、お友だちとワイワイしながら、楽しくできたみたいですhappy01

会場から、手拍子が出たりして、けっこう盛り上がってましたし、出演者には、屋台で使える食券が出たので、終わってから、食べたり、遊んだりして、帰ってこられました。

ふだん、発表会やレッスンに見に来られない、曾おばあちゃんですが、曾孫のダンスを初めて見られて、膝をたたいて喜ばれたとか…happy02

また9月にも、介護施設での発表があるので、楽しみですnote

2015年8月 3日 (月)

美術博物館の夏まつり

土曜日は、まる子と、毎夏恒例の美術博物館まつりに行ってきましたhappy01

一年に一度、入館料が無料になり、「アロマで虫よけ」や「地球の石ころ図鑑」など18種類のワークショップや、館内をめぐるクイズラリーなど、おもしろいことがいっぱい企画されるので、毎年大盛況です!

Dsc00933

クイズラリーで、館内をまわっているときに、夏の星座、さそり座のだいたいの星の位置に、ビーズをはめこむ工作に挑戦した、まる子。

星への願いごとは、昨年同様の『ネイリストになれますように』でしたsmile

Dsc00934

Dsc00936

ほかにも、笹に、七夕かざりを作ってかざったり…。

Dsc00937

語り部のおばさんたちのお話を聞いたり、紙芝居を見たりしましたeye

先月のここの企画で、苔でテラリウムを作ったときに知り合ったシオンちゃんと、また会うこともでき、楽しい時間を過ごすことができましたhappy01

2015年8月 2日 (日)

バーベキューと花火とカノンちゃんと…

金曜日は、諏訪の、パパの仕事のお師匠さん宅に、弟子たちでお中元を届けに行きましたcar

お師匠さんは、すでにお亡くなりになっているのですが、奥さんや娘さんたちが、毎年温かく迎えてくださいますhappy01

お師匠さんの孫のカノンちゃんは、小学5年生…。

ちょうど、まる子とカノンちゃんが夏休みなので、まる子は、カノンちゃんと遊ぶのを楽しみにしていましたnotes

奥さんたちが、庭でバーベキューができるように用意してくださっていたので、みんなでバーベキューをしたあと、まる子とカノンちゃんは、暗くなるまで一緒に遊んで、花火をしました。

Dsc00928

夏の農家は忙しいのですが、毎日一生懸命仕事をしているみんなで集まって、楽しいひと時を過ごすことは、息抜きにもなりましたし、またこれからも頑張ろうって気持ちにもなりましたhappy01

みんなが、ユーさん(お腹の子)を授かったことを喜んでくれて、楽しみにしてくれるのも、嬉しいことです。

夏休みには、5日分の日記を書く宿題が出ているのですが、さっそく、この日のことを書いた、まる子ですnote

2015年8月 1日 (土)

妊娠8ヶ月のマタニティフォト

木曜日は、午前中、28週の妊婦健診に行ってきましたhospital

ユーさん(お腹の子)は、1241gと標準サイズ、元気な心音も聞こえ、逆子でもなく、順調に育ってくれているようです!

内診で、子宮頚管も短くなっていないことがわかり、早産の心配もなかったのですが、先生から、

「この1ヶ月の過ごし方で、良いお産になるか、元気な赤ちゃんになるか決まるから、大事に過ごして!」

と、念を押されましたconfident

お腹の張り具合で、ユーさんが、休みなさい…とか教えてくれますから、体を冷やさないように、無理をしないように、気をつけたいと思います。

そのあと、写真館で、マタニティフォトを撮ってもらいましたcamera

前回は、6月の中旬に撮ってもらったのですが、まだお腹が小さかったので、夏休みに入った、まる子と一緒に、改めて撮ってもらったんですねhappy01

七五三のときみたいに、ドレスアップしようとする、まる子をなだめて、なるべくナチュラルな雰囲気で撮ってもらうのに、苦労しましたcoldsweats01

Dsc00923

撮影中は、まる子が、私に笑顔を作らせようと、ヘン顔で笑わせようとしてくれたり…。

ふたりでお腹を触って撮ったときには、ユーさんが動いて、

「あ、動いたっsign01

と、ふたりで顔を見合わせたりする場面もあったりして…eye

ふたり一緒の撮影は、終始和やかに進みましたhappy01

出来上がりが楽しみですshine

Dsc00924

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »