2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« まる子、パフェ作りに挑戦! | トップページ | 戦争って!? »

2015年8月 6日 (木)

『笑うお産』…池川明著

胎内記憶を研究されている、産科医師・池川先生の最新刊ですbook

出産というと、イメージされるのは…。

『痛い、ツライ、大変!…』

などなど、ネガティブなものが多いのですが…。

最近、出産を経験したお母さんたちから、

「陣痛が全然痛くなくて、楽に産めた」

とか、

「お産がとても楽しくて、笑いながら産んだ」

などの、今までとは反対の感想を聞くようになったとか…。

しかも、生まれてきた赤ちゃんたちもみんな元気で、お母さんたちも、楽しく子育てをしているようで…eye

そんなお産を、池川先生は、『笑うお産』と名付けました。

あるお母さんの体験談です↓

『以前から、妊婦さんというのは赤ちゃんと気持ちが通じ合うものだということがわかっていました。

そこで妊娠中、お腹の赤ちゃんに、どんなふうに生まれたい?と聞いたところ、こうしたいと思っている感じがしたので、その望み通りの出産ができる病院を探しました。

陣痛が来てからは赤ちゃんと細かく相談しながらすすめました。

すると本当に痛みが少なく、あっという間に生まれたのです。

生まれた子は必要なければ泣かない、成長が早い子でした。

その子を育てているだけで、こちらが幸せになるような感じがします』

こじれるお産は、妊婦さんがもつ不安が原因だと書かれています。

「笑うお産」をするためには、そういった不安を取り除いていくことや、スクワットなどで体を鍛えておくこと、日々の生活を前向きに過ごすこと、赤ちゃんとつながり、自分と赤ちゃんを信じること…、などが大切なようです。

先週から、妊娠8カ月に入り、ユーさん(お腹の子)とコミュニケーションをとれる時期になったので、私も、この本に書かれていることを参考に、「笑うお産」ができたらいいなって思ってますhappy01

お産が楽だと、産後や、子育ても楽ですからね~note

« まる子、パフェ作りに挑戦! | トップページ | 戦争って!? »

まるままの本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/61038269

この記事へのトラックバック一覧です: 『笑うお産』…池川明著:

« まる子、パフェ作りに挑戦! | トップページ | 戦争って!? »