2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

« 可愛い顔して… | トップページ | パパと… »

2015年12月19日 (土)

出産のこと…

さかのぼってしまいますが…、ユーちゃんを出産したときのことを、書きたいと思いますconfident

予定日を8日過ぎて生まれてきた、ユーちゃんですので、予定日後の1週間っていうのは、ほんとうにお腹が重くて、動くにも寝るにも大変で…sweat01

それまで、貴重な妊娠生活だから…、と大事に毎日を過ごしていましたが、ここまでくると、そんなことは言っていられず、もういい加減出てきていいよーーーsign01、って感じでしたdash

なので、28日の朝、健診で破水していることがわかって、とっても安心したことを覚えています(笑)

でも、この病院の方針は、なるべく自然な陣痛を待つ…、ということで、破水したからといって、すぐに陣痛促進剤を使うことはなくて…。

なので、結局、28日の夜に陣痛がはじまって、でも、止まってしまったりして、朝7時ころ、やっと強い陣痛が来るようになって、9時半に分娩室に移動したんですdash

でも、3512gの大きなユーちゃんでしたから、何度いきんでも、出てくる気配を一向に感じられなくて…coldsweats01

壁に時計がかかっていたので、時間を見ていたんですねeye

助産師さんに、

「お産、進んでますsign02

って、聞いてしまったほどですwobbly

助産師さんからは、

「とても冷静で、すごいですね」

なんて言われながら、

「大きな赤ちゃんですから、産道を出たり戻ったりして、少しずつ広げてるんです。

でも、一歩進んだら、二歩さがる…みたいな感じなんですよねcoldsweats01

…ってことは、

「全然進んでないってことじゃないかぁ~~~~sign03

って、心のなかで思いつつ、そうは言っても、コレ(出産)が終わらなくちゃ、次に進まないので、腹をくくって、先のことは考えず、今に集中しましたpunch

そのうち、助産師さんが、人差し指と親指で丸を作りながら、

「今、このくらいで、赤ちゃんの髪の毛が見えてますよ~」

と、教えてくれて…。

そうですか、それならもうすぐ出てくるかな…、と思いきや、またそこからが長くて…sweat01

自分では出てきた感覚がないまま、それまで、若い助産師さんが一人で対応してくれていたのが(出産ラッシュで、私は経産婦だったので…)、何かのタイミングで、先生や、小児科の先生やら、看護師さんやらが一斉に入ってきて…dash

ようやく、先生が、私のお腹を押して、助産師さんが赤ちゃんを取り出してくれましたっdashdashdashdashdash

出てきた赤ちゃんの大きなことといったら、疲れ果てた私の意識がハッと戻るほどで、ほんとうにびっくりしました(笑)

これだから、お産に時間がかかるし、妊娠中も重かったわけだ…と。

分娩台に上がって、かれこれ3時間経過してました…sweat01

マラソン選手じゃありませんが、それこそ、

「自分で自分をほめてあげたい」

って感想でした(笑)shine

出産は、赤ちゃんとの共同作業ですから、ユーちゃんもよく頑張ったと思いますhappy01

「一緒に、頑張るよ~~sign01

って、声をかけて臨みましたから。

パパは、陣痛がはじまった深夜からそばにいて、分娩室では、私の左手を握ってくれてました。

まぁ、なにはともあれ、無事の出産で、健康そうな丸々としたユーちゃんを抱きしめて、オッパイをあげることができて…、めでたしめでたしでしたshineshine

« 可愛い顔して… | トップページ | パパと… »

次女ユーちゃんのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/63024172

この記事へのトラックバック一覧です: 出産のこと…:

« 可愛い顔して… | トップページ | パパと… »