2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« おんぶしてどこ行ったの!? | トップページ | 夜の急変に慌てて…♯8000 その2 »

2016年10月21日 (金)

夜の急変に慌てて…♯8000 その1

火曜日に、熱が40度まで上がり、痰がらみの咳が出ているユーちゃん…

翌水曜日は、朝37.7度まで下がり、食欲や元気が戻ってきたので、安心していたのですが…。

お昼ころから、だんだん熱が上がってきて、夕食はふつうに食べれられたものの、寝るころになって、また元気がなくなってきて…。

熱を測ったら、また39.4度まで上がっていました

おっぱいを飲んで寝かしつけても、痰がらみの咳が出て、30分おきに泣いて起き…。

それで、24時近くなったら、胸のゼーゼーが激しく、大泣きして、おっぱいでも寝られなくなってしまいました

高熱なのに、大泣きするから、汗はびっしょりだし、ゼーゼーもひどくなる一方

こちらの夜間救急は、22時半までしかやっていないし、長野県の「♯8000(ダイヤル)」小児救急でんわ相談も、23時まで…

さて、どうしよう…

とりあえず、

「熱のせいで、寝られないとか、食べられなくて、体力を消耗してしまうときに使うといいのですが…、特に、夜熱が上がって寝られないってことも多いので、使わなくても、持っていれば安心かもしれませんよ」

と言われて処方してもらった、解熱用の坐薬を思い出して…

坐薬を入れてから、隣の岐阜県の♯8000に、電話してみることにしました…。

(長くなるので、つづきます…)

« おんぶしてどこ行ったの!? | トップページ | 夜の急変に慌てて…♯8000 その2 »

次女ユーちゃんのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜の急変に慌てて…♯8000 その1:

« おんぶしてどこ行ったの!? | トップページ | 夜の急変に慌てて…♯8000 その2 »